大叔父・大田節三の慕情 さん プロフィール

  •  
大叔父・大田節三の慕情さん: 大叔父・大田節三の慕情
ハンドル名大叔父・大田節三の慕情 さん
ブログタイトル大叔父・大田節三の慕情
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/toyo0181
サイト紹介文シアトルからロスアジェルスそして・・・胸の中に仕舞っていたものは・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/12/12 21:23

大叔父・大田節三の慕情 さんのブログ記事

  • 胸掛け水車、
  • ? 自転車置き場の向こうの灯りは、埼玉県寄居町の16時、駅の改札に通じる階段。?? 山あいを抜けて、熊谷方面に向かう電車が、乗る人も電車に乗っている人も、少なかった日曜日。柵越しに、なんとも去りがたい気分になって・・ぼんやり、と。駅の前には、町並みにはそぐわない、近代的なビル、寄居町の役場庁舎が、ド〜ンと存在感をアピールしていた。??荒川、上流2番目にできた玉淀ダム、戦後間もない水害から(カスリ [続きを読む]
  • そして・・・多摩川になる。
  • ? 私の名前は、一ノ瀬川、今日は2〜3日前からの寒さで、氷が張る羽目になってしまいました。本格的な冬が来るのでしょうか。一ノ瀬川、山梨県の川。?? もう少し上流に行けば、本谷という名前に変えられて、?? 笠取山、この頂上辺りから、私は、目がくらむような昔から、流れているのですが・・。隣の沢の名前は、知らないけど、?? 大菩薩峠の裾野辺りの雄滝、ここも小菅川に流れ、でこぼこ道の傍の [続きを読む]
  • 寄居町の山あい
  • 3万2千人が住む、埼玉県県寄居町に、荒川の左岸を、秩父鉄道の貨物列車が、ゆっくりと走る。宿場町であり、城下町であった町、日暮れになれば町の灯りもまばらに、人の気配もなく、ひっそりした、山あいの町。寄居町を横断する荒川には、縄文時代に人が住んでいた史跡もあり、ルート140、熊谷市から秩父を経由し、山梨県南巨摩郡富士川町に通じる、一般道。夕暮れ歩いていました。ネギ畑の傍を走る電車、三峰神社の神話 [続きを読む]
  • 猫に不審者の烙印押されて!
  • 今日は、埼玉県寄居町の「川の博物館」に行ってきました。埼玉県を縦断する「荒川」の歴史など、子供が川に親しめるように造られた施設、専門用語など、七面倒くさい文言は見当たりません。学芸員の知識は、飾られたパネルの説明文以上で、接し方は極めて親切。とても、居心地のいい博物館でした。心地のいいまま、上流にある、荒川に造られた「玉淀ダム」を、見学したのですが、そこで、警戒心満載の猫に、出会い、四苦八苦・・ [続きを読む]
  • 産泰神社のロマン!
  • 神社で、地元の方と思える女性が、摂社や末社に手を合わせる姿に、たびたび出会いました。その情景を撮ろうと、ファインダーを覗くのですが、侵してはいけない、時間。結局、シャッターボタンを押したことはなく・・・。前橋藩主酒井忠世の奥方の難産だった為、安産祈願を行い、子を母を救った神社。ここ、安産・子育ての産泰神社では、全く赤の他人のカメラに、? 快く映しやすくポーズを作ってくださった方もいた。家族の喜び [続きを読む]
  • 前橋市 安産の神・産泰神社で。
  • ここに載せる神社も、年を越さなくて済みました。?? 上州、前橋市の産泰(さんたい)神社、歴史はかなり古く、1500年を祝っていて、13万年前、赤城山の「石山なだれ」の現象で、突出した大きい巌があり、男性が触ってはいけない、底の無い『ひしゃく』、水がす〜っと抜けるようにと、女性の安産を祈願場所であれば、なんとなく神聖な心地になつて、写真を撮っているだけの私は、昔、よく言われた「罰当たりが〜」と、反省 [続きを読む]
  • 天使
  • 35年は経った。身体も口も元気でした。怖いものがなかったけど、車を走らせ関東平野、遠く、小さな灯りを追うのは、胸に詰まる日々、小さな出来事の、大きな出来事の、見つける糸口が見えない時でした。那須高原展望台、幾度登ったか・・。一人、舞う雪を仰いで、立つ手すりに、聞こえたのが、デッキに挿した、ボリュームいっぱいの曲。積もる窓の隙間に、語ろうとしないが、微笑んでいた顔、今もたまに思い出す。初めて聞いたスサ [続きを読む]
  • 誰が彫ったか、医光寺の赤城神社
  • のんびり屋の私、いつも気にするのはカレンダーで、何事につけ、後何日あるかと、あせるのですが、まあまだいいか、と、手抜きをすれば、のんびり屋、当然四苦八苦してしまいます。気づけば、今年も幾日もなく、月日があっという間でした。6月から、眠っていたファイルは彫刻の作者不明の神社。関口文治郎という、武芸も達者な人物が彫刻が、デビューしたのは、上州桐生から、日光に抜ける、日光裏街道、黒保根水沼信号から4キ [続きを読む]
  • いい国だと思ったけど、置いてけぼりになっちまった。
  • ? 山梨県、黒岳の麓から撮った富士山でしたが、今日から1週間ばかりの仕事で今年は、自由に使える時間があるかもしれないと、喜んではいますが、投稿する記事が、不足しています。それに、考えされる法案がすんなり通ってしまった。「外国人材拡大」は移民。大雑把にとらえて、明治初めからアメリカに移民としてシアトルの日本人12万人が、幾たびも繰り返された排日運動の結果、1943年、ルーズベルトによって、強制 [続きを読む]
  • 上野東照宮 2
  • ? 家康の遺言、私が死んだら、まず、久能山に納め、神として祭るように。葬式は増上寺で行い、三河の大樹寺に位牌を立てよ。一周忌が過ぎたら、日光山に小さな堂を建てて勧進せよ。関八州の鎮守となろう。戦国時代あーだこーだと云いながら、こっちにくっついたり、裏切ったり。最後は天下を統一してしまった、東昭大権現と言われた家康、東昭=薬師如来、権現は神様や仏さまが、人間など仮の姿でこの世に姿を見せる、というの [続きを読む]
  • 上野東照宮 1
  • 去年の今頃は、山間部へ行く用心に、タイヤを冬用に変え、今から変えて、どこへ行く?と云われました。内緒は内緒で、応えもしないで、いたものでしたが、暖冬とは云え、そろそろ気にし始めてもいいかな、と、思っている今日です。昨日、上野公園の都立美術館を訪れた後、、動物園の脇に徳川家康を祀る、上野東照宮も拝観していました。東照宮の名は全国に130社ほどで、一時は700社もあったと云います。拝殿、幣殿、本殿一体 [続きを読む]
  • 秋季・蒼騎展を見て・・。
  • 秋 芸術の秋。ここ上野公園は美術館、博物館,藝大などがあり、眼にすることができない、画家の名作が公園内の、あちらこちらで、見られますが、今日は、勤労感謝の日、動物園パンダを見る人、人で、ルーベンス展も、フェルメール展も、ひと、ひと、美術館を訪れるのは、平日の雨の日が、いいわけでして、みんなパス。ただ、パス出来ない展覧会があって、東京美術館に出かけました。ここで、ムンク展が開かれていますが、同様、 [続きを読む]
  • 黄金色の道を、リンゴの春巻を・・・。
  • 晴れた日の月曜から3日間歩いた数が46,624歩。山登りのウォーミングアップと思えば、大したことは無いのでしょうが、夜、8~9時には親指と人差し指で、瞼を開けて見る、パソコン画面でした。雨の予報の今日の八王子、目覚めて、ブログの訪問の方が24人、見た方が40人。あらまぁ〜。小机と小机、山積みになった紙屑が、減るのであれば、嬉しいけど、極端に減りまくった、ブログの数字を気にしながら、5日前のいちょう [続きを読む]
  • 多摩御陵・いちょう祭り。
  • 八王子のいちょう祭りが終わりました、18日。天皇一家のお墓がある武蔵野御陵、多摩御陵。760本の銀杏が甲州街道八王子から、高尾の駅前までの4キロ、毎年、大正天皇、皇后、昭和天皇、皇后を偲んで、90年間。今年は特に人出が多かったと云います。高尾山方面、景信山でしょうか!?? 多摩御陵までの、欅の並木を歩いているとピ〜ンと、空気が張っているような感覚になってきます、南浅川の土手が人 [続きを読む]
  • 釈迦ヶ岳に登って
  • スズランの群生地が黒岳の裾野に、可憐な花が咲くのは、雪解けが始まり、春が来る、それを花ことばで「幸福が帰る」になるのだという。山梨県、芦川沿い登るほどに、でこぼこ道、葉が散り切った谷あいに「すずらんの街灯」が、不釣り合いに感じるけど、来年の景色に、期待感が湧いてくる。河口湖を俯瞰して、富士山を撮影する車が、続々と降りてくる。絶景展望台があるらしい。予定は黒岳と釈迦が岳へ、16日の朝7時。360度展望 [続きを読む]
  • わたらせ渓谷鉄道、うさぎと亀を口ずさんで・・。
  • ここは280年前、神社に画期的な彫刻を施した、彫刻師達が住んでいた『銅街道」の宿場町。秋になると美しい紅葉を「渡良瀬川」に、映し、沢山の人たちを心を潤している。穏やかな流れは、対岸まで歩いて渡れるほど、と、付いた名前。が、一旦暴れると、手が付けられず、見る間にあふれる川の水かさは、多くの民家を、砕いて流したという。昔、知る人たちは、流れる家より、増水した川の水が、子供心に恐ろしかったと・・・今は [続きを読む]
  • 赤城・駒ヶ岳の夜道、ライトの灯りで・・。
  • 昨日、1時間20分ほど、道路に車を止め、公道に姿を見せるまで待ってくれた女性を捜しに、赤城山の大沼まで行きました。会えませんでした。手掛かりは、外人の女性、流暢な日本語は、外人ではありませんでしたが、ライトに照らされた顔は、外人でした。?? この辺りは黒檜山を下り始めた頃、このあたりで、駒ヶ岳に着くころには、暗くなると、覚悟を決め、なら景色を撮ろうとした頃です。?? 岩場の無い道は、腰を下ろ [続きを読む]
  • 上州、赤城・黒檜山から駒ヶ岳 1
  • 昨日、年内は登れないとしていた山に登りました。群馬県を訪れる度、いつかは登りたいと思っていた山、赤城山。空を眺めて、あきらめたことも、今日こそはと思い、胸を膨らませた時に、雑用?が先行してしまったり、群馬県(私には上州と呼んだほうがはるかに近親感が湧きます)に逗留していて、この機を逃せない。冬の前に、紅葉が残る前にと、意を決し、昨日(12日)、赤城山大沼に出かけました。曇りの筈ですが、青い空。赤城神社 [続きを読む]
  • 渋川赤城神社
  • 平成17年 渋川市津久田の赤城神社で、上州花輪彫刻集団を率いた関口文治郎の名前が出た。文治郎の資料では一番新しいもので・・。もともと赤城神社、1774年近郷の村々が、お金を出し合って完成させた神社。類焼もあり、ぼやもありで、記録は残っておらず、冒頭平成17年の改装で、胴羽目の彫刻の裏面に、東上州上田沢村 彫物師 関口文治郎安永3年ノ7月〇〇日弟子 助次良 徳次良 善次良 傳次良 と、案内看板にも書いていま [続きを読む]
  • 西沢渓谷、七ツ釜を。
  • 雄々しい西沢渓谷の流れを見れるのは、今月いっぱい。耳がシンと冷たく、手はかじかみ、上空わずかの風に、舞い散るブナの葉。紅葉酒のノンアルコールビールさえ、ザックの中で出番がありません。ただ歩くだけ。一方通行のマナーは約5時間、私はプラス2時間で。西沢渓谷まもなく冬です。最近、いい性格になった。どんな小さな祠にも、手を合わせるようになった。竜神の滝。駐車場から1時間ほど、白肌の巌を滑るよ [続きを読む]
  • 冠稲荷神社 2
  • 1767年、彫刻大工、前原藤治郎と小倉弥八が、本殿胴羽目が背面を彫った後、冠稲荷神社をあとにする??。1815年、本殿側面の胴羽目を彫ったのは、飯田仙之助、藤原義長、小久保仙五郎。45年後、本殿の3方が彫刻で埋まる??。まもなく、明治。冠稲荷神社は、後世、天皇家の仕事をするとは思いもしない、彫刻大工に、日高聖天宮を彫らせる。1857年伊勢崎下渕名生まれの弥勒寺音次郎、音八親子。飯田仙之助の門人で [続きを読む]
  • 冠稲荷神社は、朱かった。
  • 先の長い話となると、極めるまでには、強固な意志と忍耐が必要で、挫折する場合もある。幸い、私には、一生にやるべきことを考えるという、思考のページは破って捨てる、信条があって、物事を知るのに、期限は1年、半年、3か月と区切ってしまうので、挫折する余裕がないわけであります。そんな私だから、生涯一つをめざし、成している人を見ていると、自分の身の愚かさを棚に上げて、人間として、叶わないなぁ〜と、今度生まれた [続きを読む]
  • すすきの草原、箱根。
  • 寒いと言葉が出た、陽の当たらない朝、予定を1日伸ばした、箱根。行きの箱根裏街道(正式名です)は崖崩れの復旧工事で通行止め、迂回路は細い山道で、すれ違いに要注意でした。箱根の映える紅葉は、11月に入ってからでしょう。箱根湿地園の花を・・・。キリシマリンドウ(青色)ヤマラッキョウ(赤いのですが・・・)十文字草十文字草ホトトギスウメバチソウ黄金色になる見ごろ、少し早かったかもしれません。仙石原入り口にある茶 [続きを読む]
  • タヌキ、それいけえ〜化学復興。高畑勲の窓
  • 最近、隣町多摩の町が寂れている。こんもりした山の木を伐採し、キツネを追い出し、住みよいベットタウンにしたけど、最近、老人ばかりになって、灯りが消えた窓が多くなった。タヌキの反対に押し切られ、開拓をやめればよかったかもしれない。最近タヌキが道を横切ると、会話に出た。秋の陽ざし、まさか工事に反対したタヌキが、それ見たことかと、ハチマキ、たすきに変えて、駆け足、昔住んだ、多摩の山、住みよい街になるか、 [続きを読む]