たけのしん さん プロフィール

  •  
たけのしんさん: 番外札所
ハンドル名たけのしん さん
ブログタイトル番外札所
ブログURLhttp://bangai.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文四国遍路や西国巡礼をはじめとする諸巡礼に関する研究ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/12/13 08:29

たけのしん さんのブログ記事

  • 小弓城
  • 今は生実と書きますがその昔は小弓と書きました。 小弓城 ここは小弓御所 かつては... [続きを読む]
  • 真間山弘法寺
  • 真間山弘法寺弘法寺は「ぐほうじ」と読みます。真言宗のお寺ではなく日蓮宗です。とはいっても、縁起によれば、この弘法は弘法大師からつけられたことになっています。真間山弘法寺弘法寺のサイトによると真間山弘法寺(ぐほうじ)は奈良時代、天平九年(737)、行基菩薩がこの地にお立ち寄りになられた折、里の娘、手児奈の哀話をお聞きになり、いたくその心情を哀れに思われ、一宇(いちう)を建てて「求法寺(ぐほうじ)」と名 [続きを読む]
  • 下総国府神社
  • 下総国の国府は千葉県と東京都の境の千葉ギリギリの市川市にあったのです。そもそも下総国は千葉県が多くを占めますが、茨城県、埼玉県、東京都(江戸時代に武蔵国葛飾郡になるまで)も含んでいます。一つ国が3つ以上の複数の県に別れるケースは、陸奥(青森、岩手、宮城、福島、秋田)、武蔵(埼玉、東京、神奈川)とここだけのようです。これは葛飾郡を示す地図ですが、下総国もわかりやすく載っています。図のように扇型をした国の形 [続きを読む]
  • 与利幾神社
  • 与利幾神社とは寄木神社からの縁起の良い文字を当て字にした名称でしょう。与利幾神社は大洗磯前神社の自動車参道の脇の林の中にお祀りされていました。二の鳥居もお隣は茶釜稲荷神社『安永6年(1777)11月18日、明神町の漁老平大夫という者が大洋で一つの霊木(楠木)を見つけ、渚に引いて置いたところ、常のものにはあらず怪しい光を発したので、里人はかしこみてこれを祭ったという。このとき、大洗磯前神社の巫女が湯 [続きを読む]
  • 大洗磯前神社
  • 大洗磯前神社は国幣中社にして延喜式内名神大社です。御祭神は大己貴命(オオナムチノミコト)です。「日本文徳天皇実録」によると、大己貴命は856年にこの磯にある岩の上に降臨したとのこと。したがって、この鳥居周辺の岩は立入禁止になっています。この神社の元の名は大洗礒前薬師菩薩明神社以下Wikipedia常陸国上言。鹿嶋郡大洗磯前有神新降。初郡民有煮海為塩者。夜半望海。光耀属天。明日有両怪石。見在水次。高各尺許。 [続きを読む]
  • より木明神
  • 大黒屋版中嶋屋版鳥居ふたつに「より木明神」とあります。場所は茨城県の涸沼から鉾田のあたりのように見えます。西村屋版西村屋版ではもう一つの鳥居には大洗とあるように読めます。従ってこれは大洗磯前神社のことと判断できます。最初は大洗磯前神社と那珂湊の酒列磯前神社のことかと思いましたが、調べてみると大洗磯前神社の中に与利幾神社があることからこちらではないかと考え現地で調べてみました。 [続きを読む]
  • 四国80番奥之院 如意輪寺、国分八幡宮、讃岐国分尼寺
  • 讃岐国分寺の周辺の古代寺院は国分寺、根香寺の奥之院の鷲峰寺の他に如意輪寺がありましたが、今は廃寺となり公園となっています。跡地に一堂を残すのみです。このお寺から国分寺寄りに国分八幡宮があります。国分寺あるところに八幡宮あり。Wikipedia国府八幡宮(こくぶはちまんぐう)とは、令制国の国府(府中)の近くに創建された八幡宮である。「府中八幡宮(ふちゅうはちまんぐう)」と称されたり「国分八幡宮」と表記される [続きを読む]
  • 四国先達大会
  • 平日にある先達大会ですのでいつもは欠席なのですが、タマタマ夏休みと重なったので申し込んだのは良かったのですがーーー珍しいことはしてはいけませんねえ中止となってしまったようです今日は伊予国の西条から新居浜あたりを歩きましたが、明日は台風の来る高松のホテルで缶詰ですね [続きを読む]