Watzio さん プロフィール

  •  
Watzioさん: 極エモを探し求めて
ハンドル名Watzio さん
ブログタイトル極エモを探し求めて
ブログURLhttp://gokuemo.com/
サイト紹介文ポップロック / ポップパンク / オルタナティブ / インディー : おすすめ洋楽まとめブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/12/13 16:56

Watzio さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • [A Great Big World] Is There Anybody Out There
  • レビュー:2人組ピアノポップバンド[A Great Big World]による2014年リリースのデビューアルバム。現在も活動中の模様で、2015年にもアルバムをリリースしています。ジャケットの色合いがとても美しく、心奪われます。クリスティーナ・アギレラとともに製作された「Say Something」は有名です。王道バラードの「Say Something」のイメージが強いですが、ピアノポップ要素が強く、結構リズミカルで明るい曲も多いです。メインは当 [続きを読む]
  • [The Royal Concept] Goldrushed
  • レビュー:スウェーデンのストックホルム出身のロックバンド[The Royal Concept]による2013年リリースの1stフルアルバム。アルバムは現在この1枚のみ。EPは2枚程出ているようです。ここで紹介するのは日本盤ボーナス・トラックを含むアルバムとなります。音調は基本的にアップテンポ。明るめでノリノリのダンス系ロックが多い印象。正統派ロックと言うよりはエレクトリック、ポップロックやパワーポップに近いです。しかしただ明る [続きを読む]
  • [The 1975] The 1975
  • レビュー:オルタナティヴ・ロックバンド[The 1975]による2013年リリースの1stアルバム。UK市場で非常に人気を博し、このアルバムでは初登場第一位を獲得しています。スタイルはオルタナティヴ・ロックですが、エレクトロニックやポップ、R&Bなど、古今東西のジャンルを取り入れブレンドした独特のメロディやリズムを醸し出します。サウンドで特に印象が強いのはドラムパーカッション。どっしりと強めに打ち込み、全体をまとめます [続きを読む]
  • [Safety Word Orange] Acceptance
  • レビュー:ポップパンクバンド[Safety Word Orange]の2011年発表の3rdEP。バンドは4thEPを最後に、2013年から活動は不明となっています。曲数は4曲と非常に少ない。スタイルはポップパンクですが、明快な音楽だけでは終わりません。ロックが強めで、非常にエモーショナルな要素を取り入れます。曲調やリズムも次々と変化し、飽きさせません。ギター、ベース、ドラムの基本バンド構成のみのサウンドですが、音の厚みもまったく問題 [続きを読む]
  • [Mercy Mercedes] Believe It
  • レビュー:パワーポップ・ポップパンクバンド[Mercy Mercedes]による2011年リリースの1stフルアルバム。このアルバムを発表した後の活動は不明です。ジャンルはパワーポップ。ポップパンク、ポップロックの要素も入っています。ほぼ明るい曲で占めており、リズミカルで伸びやかな曲が揃っています。メインはギター&ベース&ドラムのバンドサウンド。電子音は控えめですが、効果的に使用。高音でポップに奏でるシンセパッドや、聴 [続きを読む]
  • [A Red Season Shade] Interiors
  • レビュー:ポストロック・シューゲイズバンド[A Red Season Shade]による2009年リリースの2ndアルバム。2003年に結成されましたが、現在活動しているかどうかは不明。非常にマイナーであり、情報が少ないです。ジャケットが非常に美しい。彼らのサウンドをそのまま具現化したようです。シューゲイズは「鳥」が良く使われている印象です。メロディは起伏が少なく、甘美で幻想的。ゆったりとした曲が多めですが、そうでもない曲もあ [続きを読む]
  • [Breathe Electric] Honestly
  • レビュー:エレクトリックポップバンド[Breathe Electric]による2009年リリースの1stアルバム。DJ・シンガーソングライターのGrant Harrisによるソロプロジェクトとして2007年にデビュー。その後2012年に[Goldhouse]に改名し、現在も活動中です。[Breathe Electric]としては1枚のEPと2枚のミニアルバム、そして今回紹介する1枚のフルアルバムをリリースしています。スタイルはエレクトリックポップ・ダンス。シンセサイザーは控え [続きを読む]
  • 過去の記事 …