アンクル・トム さん プロフィール

  •  
アンクル・トムさん:  … 久慈河畔便り … 猛禽撮影、草野球・尺八・将
ハンドル名アンクル・トム さん
ブログタイトル … 久慈河畔便り … 猛禽撮影、草野球・尺八・将
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/uncle_tom-2015
サイト紹介文猛禽の姿に見る自然環境の変化、草野球・尺八・将棋から老々介護の感想など積極的な情報交換を希望します。
自由文生後10歳まで小林で過ごしました。早くに両親を失い、親類宅を転々、小学5年で首都圏に移住し、理科系大学院の途中で茨城県内に就職し、学問・研究の道に没頭しました。古希を過ぎた今、世話になった先生方(今門、長倉、稲留、原口)、級友達、遊び仲間達、緊張した矢岳遠足や運動会のロケット花火の硝煙の臭い、宮崎遠足の際、小遣いの少ない私にさり気無く30円追加してくれた友人の母君、…無性に懐かしくなるときがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/12/13 21:09

アンクル・トム さんのブログ記事

  • オオタカ と ハイタカ は大違い(その2)
  • 前に、「オオタカとハイタカは大違い」と題して記述しました(昨年4月)が、最近、このタイトルに最適の画像が得られましたので、ご報告します。県北部の小山ダムがクマタカ枯渇気味なので、少し南の十王ダムに移動したところ、地元の散歩者から、「朝早目に、大型猛禽が、♂♀でじゃれ合っているのを、先月末に見た」との情報。早速翌日、私としては午前早目(10時ころ)に現着。少し上流に陣取ってすぐ、北側尾根の向こう、 [続きを読む]
  • 山上の空き地
  • 小山ダム展望台から、遠くは「プラトーさとみ」近くの発電用の風車群が見えますが、ふと気がつくと、ダム湖近くの高所の一部が開いています。856系のレンズを通してよく観ると、木の切り株と言うより、大小の石が多いようです。これなら、大型猛禽の狩場として最適では?、と想った次第ですが、人の喧騒に近過ぎるかな? [続きを読む]
  • 樹木の霊園?
  • 私のダム通いの通路に面して、4〜5の小山の木々を切り払った所が有ります。初め気付いた時は、巣立ち間も無いノスリの兄弟が、ジャレ合いながら飛んでいたので、「ノスリ山」と勝手に名付けたのですが、今では、あちこちに散らばったらしく、めったに姿が見えません。イノシシやタヌキ、ウサギの足跡を探して歩くのですが、夕方近い光の加減で、ふと、墓石の立ち並ぶ様に見えてきました。この作業に携わった人の話では、1年前 [続きを読む]
  • 何処へ?
  • 主役も脇役も出ない時は、仕方なく、飛行機(人に依っては、自嘲気味に「鉄の鳥」、と言う)で気を紛らわすことが有ります。この日(11月3日)も、ダム堰堤近くの展望台に据えた856で、鉄の鳥を撮る始末。出発便なら、これからどこへ行くのか、多少の夢を育んでくれます。なお、日本の場合、「飛行機雲」が出ると、たいていの場合は天候が崩れますね。(欧州では、全く関係無かったようでした。)この場合も、今雨が降って来ま [続きを読む]
  • 千切れ雲
  • 武生j神社に至る林道には別記の「山また山」で書いたように、悪い記憶が有るのですが、あの雰囲気には心惹かれるものが有るし、また、大型猛禽がヒョッコリ姿を見せそうな期待が持てるのです。別記の「八溝山行」や「山また山」と同じ日の経験ですが、「武生j林道」(私の仮称)の展望の利く所でふと見た景色、題して「千切れ雲」。その意味は、空に見える雲でなく、前面の山肌に落ちた雲の日陰が、いかにも台風一過の後の強風 [続きを読む]
  • ダム湖畔の紅葉
  • 昨日は、猛禽の主役も脇役も見えなかったという意味では、不作の一日でしたが、旧知の方の車を見かけることができ、(私は運悪く、無精髭も剃ってなく、入れ歯も外していたので…)言葉こそ交わせませんでしたが、心の中では嬉しい日でした。久しぶりに、堰堤近くの展望台に856を据え、主役の出を待ちました。見込みとしては、寧ろ期待薄の場所なのですが、相当長い間、姿もシルエットも見ていないので、尾根向こうの遠望でも良 [続きを読む]
  • 山また山
  • 八溝山行が早く終わったので、武生(たきゅう)神社近くの林道に立ち寄ってみました。実はこの道は、最近家族と迷い込んだ道で、余りに新しくきれいな道だったので、足を延ばすうちに、道の真ん中にシャープに割れた石が落ちていて、それを避け切れずに、タイヤの脇腹を切られ、携帯が利かずに、近所の民家の電話を借りたり、修理業者を呼び出したり、大変な目に遭って、良い印象は無かったのです。しかし、雰囲気は悪くない道 [続きを読む]
  • 廃校後、半年経過
  • 私がクマタカを求めて小山ダム周辺を移動する範囲で、小・中学校が併設された学校が有りました。昨年などは、好奇心のまま、車で乗り込んで様子を窺ったものでした。山間に珍しく、広い平地の真ん中にポツンと、二階建ての建物が有ったような気がします。昨年のクマ騒動の頃でしたから、万一の場合、児童・生徒をどう守るのだろう?、と気遣ったものでした。今年に入って気付くと、学校に入る道路に、ロープが張ってあります。 [続きを読む]
  • 八溝山 台風二過?
  • 10月29日(月)、台風22号も脇に逸れて、久しぶりの晴天、ということで、猛禽を求めて、最難関(?)の八溝山を探って来ました。難関の意味は、県内唯一の1,000m級の山、しかも、40年近い昔、子育ての頃、古い車で3時間くらいかけて登った記憶が有るからです。いざアタックするころには、台風から変わった温帯低気圧とは言え、猛烈な風が吹き始めていました。車体を横に揺すられる感じも有りました。その後の報道では、県内で30m [続きを読む]
  • トビにも鷹斑
  • これも、小山ダム空振りの帰途立ち寄った、「ノスリ山」(私の仮称)での写真です。最近ではむしろ、ノスリはあまり見かけません。巣立ちが済んで、どこかへ飛び散ったのでしょう。さて、昨日撮ったトビの写真には少々驚かされました。昼下がり、二羽の幼鳥兄弟と思われるトビがじゃれあうように飛んで来ました。念のため、程度で撮ったのですが、鷹斑が如何にもくっきり見えるのです。普段、焦点確認程度に撮った場合でも、こん [続きを読む]
  • 伝書バト レース中の小休止?
  • 二度目の体験です。凡そ1年前に書きましたが、全く同じ場所(十王ダムの西の遊歩道?入口)で、小山ダムの帰途、十王ダムの西の方の上空、主役の影でも、と待っていますと、適度な羽音と共に、ハトが1羽、歩道のフェンスに留りました。856で撮って確認しますと、足環が3本ほど付いています。昨年の例で識者に訊いたところでは、何かの長距離レースの途中、と想像される状況です。昨年は相当の長時間、地べたの草地を突いていまし [続きを読む]
  • 小さい秋、 幾つか … 見つけた!
  • 本命=クマタカがなかなか出ませんので、秋雨を「これ幸い」と、最近の心境をまとめます;小山ダムの往復に、いかにも本命の出そうな道を選んでいるわけですが、待つ間に、季節の風情を記録しても居ます。先ずは手近に、サシバを求める谷津田の辺り。ふと振り返ると、コスモスが真っ盛り。いつの間にか、秋でした。そこには、秋のトンボも、留ったり飛び出したり…。小山ダムが近付く辺り、秋の実りが弾けていました [続きを読む]
  • はげ山の大通り
  • 県北にクマタカを求めて通っていますが、なかなか難しいものです。途中の道に、ゴルフ場を太陽光発電施設に変更した2か所とか、岩や土砂を掘削しているか所とか、如何にも出そうなところが数か所有るのですが、一か所だけ、木を伐採したばかりという感じの小山が連続するところが有ります。素人目には、切株と、低い草地のはげ山で、いかにも餌場に好さそうです。現地を往き来する郵便配達の人の話では、今年春に終わったばかり [続きを読む]
  • 鷹斑の舞い(2) クマタカ? オオタカ?
  • ここでクマタカを書くのは、凡そ半年ぶりです。その間、オオタカ観察も割愛して、高速料金を払って偵察を重ねていたのですが、空振りの連続でした。探索場所は、真夏の暑い盛りは風通しのよい男体山辺り、その他は、十王ダムを含む小山ダム周辺。その往復も、可能な限り、出逢えそうな道を選んでいます。大分前に、ふるさと何とか道路で、空(す)いた立派な舗装道路を斜めに長々と走る野ウサギを見かけた記憶が有るからです。立派 [続きを読む]
  • 男体山のアキアカネ
  • 信頼する先輩の情報で、クマタカを求めて県北西部の男体山に出かけてみました。この男体山名の由来は判りませんが、最新のカーナビで目的地設定を試みると、必ずや日光の山しか出せなくて、閉口しました。標高650m程度ですが、県内最難の岩山の尾根道で、国内外の難所を目指す人々の鍛錬コースだそうです。私が猛禽の出を待つ間にも、午前中に健脚コースを制覇した人が帰ってきて総着替えしたり、午後から大廻りの難所コースに [続きを読む]
  • ツミ …順に巣立ち、最後の給餌か…
  • 今年も、自分の予測と少し外れて、ツミの育雛の情報が入りました。巣立ちも間近とか…。例の街中の公園隣接の松林です。既に多くのカメラが見据えており、中にはもう帰り支度の人もいます。噂では、4羽ほどの子育てらしいですが、既に巣立った子も居り、残り3羽が見え、一羽は羽ばたきの練習中です。順に巣立ちの準備をしており、結局、一羽が遅れて巣に残り、親の給餌中です。ともあれここ数年、順調に巣立っている [続きを読む]
  • 忙しのサシバ、合間にキジやチョウトンボ
  • ”山師”宜しく、クマタカを求めて、県北を彷徨っているうちに、1.5ヶ月も過ぎていました。他で書きますように、それらしき飛翔姿は見たのですが、遠景ですし、決め手となる模様が同定できないで居ます。さてここでは、合間に観たサシバの確認状況をご報告。6月下旬に、近所で営巣している可能性に期待したのですが、7月の初め、漸く飛翔姿を確認しました。いかにも営巣の合間にパトロールしただけ、とでも言う様に、あっとい [続きを読む]
  • 県北の不明鳥、二題
  • 今気付いたのですが、1.5ヶ月もご無沙汰してました。 主に男体山に通って、空振りだったことは別稿で書きましたが、「スワ、クマタカ!」と胸躍らせながらシャッターを押し続けたことが、他に2件あります。先ずは数日前、小山ダム、塩釜橋中央部での観察例です。以前、低空を通過され、後ろ姿を逆光で撮影した場所です。県道脇の林の向こうで、鋭い啼声が数回したので観に行くと、東北方面から北方面へ、ゆっくりと旋回しなが [続きを読む]
  • 懸案の… サシバ、 営巣中か?!
  • 昔よく見たサシバを求めて、馴染みの谷津田を訪れ、そこでジャレ合う2羽のサシバを目にしたのは、約3週間前でした。期待を込めて、近所で営巣・育雛してほしいと思ったものでした。その後の撮影記録を観ると、全く気配を感じなくて、店仕舞いを始めたころ、当然のように辺りにテリトリー宣言を始める時も有ります。近所で真面目に営巣中で、それだけに一際気配を殺している、というのが実相の様です。 期待 [続きを読む]
  • コジュケイを守れたかな? … 歯無しの話 … (No Photo )
  • 今日、可燃ごみの日。締め切り時刻を少し過ぎてから思い出し、慌てて、入れ歯無し、腕時計無し、名刺無し、で飛び出しました(距離約700m、荷重約30kgなので、車のトランク利用)。ゴミは間に合ったのですが、最近指定された「保存の森」とかで、コジュケイが数羽、けたたましく鳴いているのに気付きました。見ようにも、膝丈以上に伸びた下草の所為で、姿は見えません。しかし、少し前から、この森の辺りで、コジュケイの特徴あ [続きを読む]
  • ダム湖の森の不明鳥(1)
  • 県北のダムでも、地元の河でも、目ぼしい対象は営巣期に入ったらしく、なかなか姿を見せません。そこで、県央部の県営ダムの話を思い出しました。当時の話では、サシバの渡りが見られる、とかでした。前に一度訪ねた時の印象では、それらしい雰囲気だけど、視界が狭く、私の性に合わない感じ。そこで今年は、折角規模の小さいダム湖、対岸から俯瞰する作戦に…。狭い周遊道路の片側に車を寄せている時から、急峻な林地の上の方 [続きを読む]
  • ダム湖の森の不明鳥は … ハヤブサ … のようです(その2)
  • 二日後、もう少し光の条件を改善しようと再訪問しました。この日は日曜日で、健康志向の走り人や散歩者、PCで有名な釣り人で賑わっていましたので、問題の不明鳥に逢えるかどうか不安になりました。 午前はソフトの練習だったので、現場到着は2時過ぎ。30分も経った頃、北の上空に現れた小さな飛翔体が、南西、上流側に消えました。その15分くらい後、ダム湖西端の森が急に騒がしくなりました。大型の野鳥が、交尾中の [続きを読む]
  • サシバ 再来 雪辱成ったか?
  • 先日、じゃれ合う2羽のサシバを初めて目撃したのはいいとして、その酷い写真しか掲載できなくてリベンジを誓ったのですが…。今日はそれから5日後、何とも聞き慣れない警戒音らしきものが数回聞こえたのですが、カラスの縄張り宣言・威嚇飛行ばかりが目立って、トビさえ高空を静かに飛んでいた次第です。そろそろ店仕舞いを始めたところ、突然1羽が左手から林に接近しました。どうにか撮れた証拠写真が次図です。それから間 [続きを読む]
  • キジ 速歩移動 近から遠へ
  • 何とも「猛禽日照り」状態ですから、その餌になる野鳥にも対象を広げています。先の日曜日、ソフトボールの村大会で運良く優勝した帰り道、家族の昼食準備に気忙しかったのですが、畑地の間の準幹線道路を横切るキジが目に入りました。彼は、舗装道路を横切り、続く畑地を歩行移動する様子です。結構な近距離だし、光も順調だったので、少し先回りして、姿を見せないよう気遣いながら、8・56を手持ちしました。手持ちといって [続きを読む]
  • サシバ じゃれ合い ・・・ どうなる?
  • このところ、北の小山ダムも、陸側のプラトーさとみも、クマタカ日照りです。加えて、久慈河畔でも、オオタカが見えません。(むしろ、近所のゴミ捨て場管理の徒歩移動中に、新開住宅地の後ろの林から、カラスに追われるように飛び出したモノは、かなりゆっくりの飛翔でしたが、腹部が白く、どうもオオタカのようでしたが、再現性が有りません。)いずれも、営巣中で、遭遇機会が激減しているだけでしょう、と時機到来を期待してい [続きを読む]