アンクル・トム さん プロフィール

  •  
アンクル・トムさん:  … 久慈河畔便り … 猛禽撮影、草野球・尺八・将
ハンドル名アンクル・トム さん
ブログタイトル … 久慈河畔便り … 猛禽撮影、草野球・尺八・将
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/uncle_tom-2015
サイト紹介文猛禽の姿に見る自然環境の変化、草野球・尺八・将棋から老々介護の感想など積極的な情報交換を希望します。
自由文生後10歳まで小林で過ごしました。早くに両親を失い、親類宅を転々、小学5年で首都圏に移住し、理科系大学院の途中で茨城県内に就職し、学問・研究の道に没頭しました。古希を過ぎた今、世話になった先生方(今門、長倉、稲留、原口)、級友達、遊び仲間達、緊張した矢岳遠足や運動会のロケット花火の硝煙の臭い、宮崎遠足の際、小遣いの少ない私にさり気無く30円追加してくれた友人の母君、…無性に懐かしくなるときがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/12/13 21:09

アンクル・トム さんのブログ記事

  • オオタカ親子 、メクラ撃ち、… お久しぶり!
  • ここ暫らく、小山ダム周辺のクマタカ探しに熱中していて、オオタカとはご無沙汰しておりました。それでも、偶には、県北からの帰りに、コロニーに立ち寄ってはいたのですが、殆ど遇えなかったのです。ギャラリーも、殆ど居なかったり、県外の人々だったり、例の土木工事後は、出が悪くなったのは確かなようです。オオタカに限らず、ミサゴの回遊や飛び込みにも合えず、トビやノスリも見なくなっています。どうもやはり、数時間単位 [続きを読む]
  • クマタカ日誌…その4
  • 眼はパッチリと、 色 黒く…次の記事と前後するタイトルになりましたが、この日も似たような曇天でした。一昨日のことです。新しい車の高速性能を確認する意味でも、一部高速を使って、結果として早く着いてしまいました。「高速に弱い」、という噂と違って、i-ACCで115km/hまで容易に制御できましたので、ひとまず安心です。将来性を考えると、130km/hまで欲しかったのですが…。今日は、天気も悪くて他の地点が望み薄だし [続きを読む]
  • クマタカ日誌…その3
  • このタイトルで、前回ご報告から100日以上が経過しています。何とも長い期間でした。この間、天候に恵まれなかったり、家族が体調を崩したり、車が不調で、更新車を探しまわったりしていましたが、私の方で他の猛禽に目を奪われたりして、クマタカ観察を蔑ろ(ないがしろ)にしたわけではありません。むしろ、営巣期間が長かった、営巣場所が巧みに隠されていた、その間の採餌行動が人目につきにくい時間帯や場所であった、等の理 [続きを読む]
  • クマタカ日誌…その2
  • 前回のご報告から、あっという間に時間が過ぎてしまいました。大して進展してない、という思いから筆が進まなかったのと、家庭の内外に小さからぬ出来事が生じたからです。それでも、振り返ってみると、それなりに記録は有りますので、天気も悪いことですし、家に籠って順に記します;4/16 前回最後の報告から3日目、私が定位置に決めた場所で、間もなく正午という頃、カラスが2羽、啼いて西方向に去ると間もなく、北の空が騒が [続きを読む]
  • クマタカ日誌
  • あれほど恋い焦がれていたクマタカに、比較的容易に逢えるようになって、また半月経ってしまいました。日誌風に振り返りますと;4/1、午後到着し車を止めるころ、北西上空でじゃれ合って飛んでいた2羽のクマタカが、当方に気付いたように南北に別れ、1羽は、林の陰に隠れてしまいました。(撮影の暇なし。)約25分後、気が付くと、東上空で、例のハト畑を偵察するように一羽旋回しています。よく観ると、別れたものの、まだ時々啼 [続きを読む]
  • クマタカ 大空に舞う!
  • 狙いの場所について1.5時間も経った頃、向かいの稜線のピークの辺りに、ポッと鳥影が現れ、左に回って軽くU-ターンして稜線の向こうに消えました。写真を見ても、実態が確認できません。(2秒間で、11枚撮影)。この後の一連の出来事から、カップル・クマタカの片方だろうと思われました。なお写真は、何れも6・4x1.4 で撮影し、処理後、リニアで2倍に拡大してあり、距離感を出すために、小さい像もそのまま掲載してあります。 [続きを読む]
  • クマタカの ・・・ お土産?
  • 前回の出逢いからちょうど2週間経ちました。この間、天気さえ許せば、家族がデイケアで不在の月・水・金を中心に、偶にはソフト練習をサボって、クマタカ恋しさに、出かけました。今日で5回目でした。前回得た自信に比べ、大分間が空いた印象です。前回と同じ場所で店開きしてして約30分、突然上空から、という感じで黒い鳥影が現れました。「先ずは撮ってから、…」という訳でシャッターを。しかし、空抜け用に調整し直している [続きを読む]
  • 山の彼方の空高く… クマタカ翔ぶと人の言う…
  • この数か月間、クマタカを求めて来ましたが、全くの不作でした。恰も、カールブッセか牧水か、の心境でした。先ず、小山ダム周辺、加えて水沼ダムや花園神社奥、反対側の111号線沿いからのアタック、最後に里見高原辺り。そして偶には、男体山や竜神峡辺り、武生神社周辺、月寄山、等々。冬本番に入ってからは、私のFF・ノーマルのいでたちでは県道は何とかなっても、初期に登れた山道は、チェーンを付けても、圧雪・結氷に押し [続きを読む]
  • 山の… 牧場の… キツネ
  • 本命を求めて、主に県北部の小山ダム周辺で待って、逢えない時には、西寄りの「プラトーさとみ」方面に転じることが多いこの頃です。この日は、県道22号の雪は大分溶けていたことから類推し、久しぶりに、「野外センター」直行でなく、プラトー回りを選びました。牧場周辺の雪の具合を確認する意味もあったのです。曇りがちの薄ら寒い日の午後、車が頂上に近づいたころ、道路脇で何かを漁るものが居ます。私をかわしたいらしく、 [続きを読む]
  • ハイタカの縄張りに入ったかな?
  • 県北の牧場です。 クマタカの噂で、ここ1年半通っているのですが、まだ会えていません。代わりに出逢うのは、ハイタカです。初めに遇ったのは、約2か月前でした。(’17.12,18付)下に陣取った私に気付かず、塒入り前の丁寧なルーティンワークのようでした。その数日後、若駒の山頂に上った時、突如眼前で小鳥を追い回す姿に唖然として写真も取れなかったのですが、どうやらハイタカのようでした。先日も、麓の広場に車を止めて [続きを読む]
  • Super Blue Blood Moon
  • 先の1月31日は、数年振りに、月が近距離で Super, 当月2度目の皆既月食で Blue, 色が赤銅色で Blood … Moon とかで、TVアナの煽りで、野次馬宜しく、撮影しました。久しぶりの天体ショーで、寒くて暗い中では、時間設定もままならず、結局、適当にお任せ撮影になりました。最初の満月狙いも数分過ぎていて、左下は既に欠けていますが、7D + 64x1.4 の自慢の解像力の確認用です。時間も待てず、そろそろ皆既というころを見計 [続きを読む]
  • 山のけむり
  • 「山のけむり」という青春歌謡(?)が有ります。私の忘れえぬ歌の一つです。二木氏によると、1952発表のNHKラジオ歌謡で、作詞:大倉芳郎、作曲:八洲秀章、唄:伊藤久男、だそうです(二木紘三のうた物語)。今から約50年前(大学、学部時代)、敬愛する高校の級友A君と、上州西部から信州東部の山を歩いた事があります。車山とかいう単調な峰を巡って、午後の日射しの中、下山の途中で、いかにも地元の人、という様子の若 [続きを読む]
  • 幾山河…
  • 私は、生後10年間を宮崎県で過ごした。どういう訳か、同郷の歌人、若山牧水の 「幾山河 越え去りゆかば 寂しさの 終(は)てなむ国ぞ 今日も旅ゆく」 の歌が、日頃脳裏に染みついている。むしろ、私の半生の大部分も、同じような心境で過ごしてきたように思う。猛禽の主役に逢えない日など、風景の方に心惹かれている自分を発見する次第。あの遥かな峰でも、10数km。物理系の研究生活を卒業した今、体力さえ続けば、カー [続きを読む]
  • 樹冠のノスリを見下ろして…
  • 小山ダムで主役が出ない日が続くので、気晴らしに男体山方面に出向きました。途中で、男体山でも主役の出が悪いことを思い出し(今年の夏は、殆どここで涼んでいました…。)、つつじヶ丘に陣を敷きました。ここなら視野も広いし、散歩の人の情報も期待が持てるからです。9日前にも、地元の散歩者から、「今年のクマタカは出が悪い。今朝も非常に高い所を通過したのみ。久慈川へのサケの遡上が少ないからだろう。那珂川なら見込み [続きを読む]
  • これぞ… 紛れなく ハイタカ でしょう!
  • ハイタカの同定は、多くの場合容易でないようです。しかしこの日は、比較的近くで撮影出来て、紛れなく判定できた次第です。一週間前の月曜日、例によって小山ダムで主役に出逢えず、通行止めの県道を数km遠回りして、里見の牧場に回ってみました。ここには、小山ダムとは別の家族がいるらしい、とは、経験者の話を総合した結果です。偶に雲が出ましたが、クッキリとよく晴れた日でした。(数日前の雪が結構多く残っているところ [続きを読む]
  • 懐かしの … ミソサザイ
  • 天気予報が早めに外れ、昼過ぎには小山ダムも本曇りになって、細かい氷雨さえ交じって来ました。已む無く、晴れていそうな「プラトーさとみ」へ移動することにし、久しぶりに、途中ゴルフ場近くのはげ山「ノスリ山」に立ち寄ってみました。ここもどんよりした天気でしたが、この場所で初めて、目前の倒木の溜り(伐採して放置した木が、流されて低所に積み重なったもの)の中を、ちょこちょこ動く小鳥がいました。啼き声には [続きを読む]
  • あまりの無聊に、ノスリの慰問を受く
  • 11月の下旬のある日、「新小山橋」で2時間待っても、折角の快晴でありながら、主役の気配が有りません。そろそろ、西へ約20kmの牧場への移動を考慮している時、後方から、私の頭上を越えて飛んだものが有ります。それは、約40m先の電柱の天辺に留り、左右に首を回しています。よく見ると、ノスリです。しかし、1分も経たずに飛び立ち、……次の電柱に移りました。ここでも同様に左右をキョロキョロ…。そして1分 [続きを読む]
  • オオタカ と ハイタカ は大違い(その2)
  • 前に、「オオタカとハイタカは大違い」と題して記述しました(昨年4月)が、最近、このタイトルに最適の画像が得られましたので、ご報告します。県北部の小山ダムがクマタカ枯渇気味なので、少し南の十王ダムに移動したところ、地元の散歩者から、「朝早目に、大型猛禽が、♂♀でじゃれ合っているのを、先月末に見た」との情報。早速翌日、私としては午前早目(10時ころ)に現着。少し上流に陣取ってすぐ、北側尾根の向こう、 [続きを読む]
  • 山上の空き地
  • 小山ダム展望台から、遠くは「プラトーさとみ」近くの発電用の風車群が見えますが、ふと気がつくと、ダム湖近くの高所の一部が開いています。856系のレンズを通してよく観ると、木の切り株と言うより、大小の石が多いようです。これなら、大型猛禽の狩場として最適では?、と想った次第ですが、人の喧騒に近過ぎるかな? [続きを読む]
  • 樹木の霊園?
  • 私のダム通いの通路に面して、4〜5の小山の木々を切り払った所が有ります。初め気付いた時は、巣立ち間も無いノスリの兄弟が、ジャレ合いながら飛んでいたので、「ノスリ山」と勝手に名付けたのですが、今では、あちこちに散らばったらしく、めったに姿が見えません。イノシシやタヌキ、ウサギの足跡を探して歩くのですが、夕方近い光の加減で、ふと、墓石の立ち並ぶ様に見えてきました。この作業に携わった人の話では、1年前 [続きを読む]
  • 何処へ?
  • 主役も脇役も出ない時は、仕方なく、飛行機(人に依っては、自嘲気味に「鉄の鳥」、と言う)で気を紛らわすことが有ります。この日(11月3日)も、ダム堰堤近くの展望台に据えた856で、鉄の鳥を撮る始末。出発便なら、これからどこへ行くのか、多少の夢を育んでくれます。なお、日本の場合、「飛行機雲」が出ると、たいていの場合は天候が崩れますね。(欧州では、全く関係無かったようでした。)この場合も、今雨が降って来ま [続きを読む]
  • 千切れ雲
  • 武生j神社に至る林道には別記の「山また山」で書いたように、悪い記憶が有るのですが、あの雰囲気には心惹かれるものが有るし、また、大型猛禽がヒョッコリ姿を見せそうな期待が持てるのです。別記の「八溝山行」や「山また山」と同じ日の経験ですが、「武生j林道」(私の仮称)の展望の利く所でふと見た景色、題して「千切れ雲」。その意味は、空に見える雲でなく、前面の山肌に落ちた雲の日陰が、いかにも台風一過の後の強風 [続きを読む]
  • ダム湖畔の紅葉
  • 昨日は、猛禽の主役も脇役も見えなかったという意味では、不作の一日でしたが、旧知の方の車を見かけることができ、(私は運悪く、無精髭も剃ってなく、入れ歯も外していたので…)言葉こそ交わせませんでしたが、心の中では嬉しい日でした。久しぶりに、堰堤近くの展望台に856を据え、主役の出を待ちました。見込みとしては、寧ろ期待薄の場所なのですが、相当長い間、姿もシルエットも見ていないので、尾根向こうの遠望でも良 [続きを読む]
  • 山また山
  • 八溝山行が早く終わったので、武生(たきゅう)神社近くの林道に立ち寄ってみました。実はこの道は、最近家族と迷い込んだ道で、余りに新しくきれいな道だったので、足を延ばすうちに、道の真ん中にシャープに割れた石が落ちていて、それを避け切れずに、タイヤの脇腹を切られ、携帯が利かずに、近所の民家の電話を借りたり、修理業者を呼び出したり、大変な目に遭って、良い印象は無かったのです。しかし、雰囲気は悪くない道 [続きを読む]
  • 廃校後、半年経過
  • 私がクマタカを求めて小山ダム周辺を移動する範囲で、小・中学校が併設された学校が有りました。昨年などは、好奇心のまま、車で乗り込んで様子を窺ったものでした。山間に珍しく、広い平地の真ん中にポツンと、二階建ての建物が有ったような気がします。昨年のクマ騒動の頃でしたから、万一の場合、児童・生徒をどう守るのだろう?、と気遣ったものでした。今年に入って気付くと、学校に入る道路に、ロープが張ってあります。 [続きを読む]