石坂久の賃貸経営ワンダーランド さん プロフィール

  •  
石坂久の賃貸経営ワンダーランドさん: 石坂久の賃貸不動産経営管理士合格プロジェクト
ハンドル名石坂久の賃貸経営ワンダーランド さん
ブログタイトル石坂久の賃貸不動産経営管理士合格プロジェクト
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tgkblog
サイト紹介文宅建試験講師の石坂久が、賃貸経営不動産管理士試験合格に向けたコンテンツを公開中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/12/14 11:32

石坂久の賃貸経営ワンダーランド さんのブログ記事

  • 27年問40 賃貸住宅の空室対策
  • 【問40】賃貸不動産の企画提案に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。1. シェアハウスの場合、管理業者が複数の借主の間に立って主導的な役割を果たす必要に迫られる場合があるので、通常の賃貸住宅より管理業務に要する時間が多くなる。解答・○解説・選択肢中、複数の借主の間に立って主導的な役割を果たす必要に迫られる場合、は確かに時間を要するかもしれません。2. 音楽専用マンションなどの特定の趣味な [続きを読む]
  • 27年問39 建築物の換気設備
  • 【問39】建築物の換気設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。1. 自然換気は、室内と室外の温度差による対流や風圧等を利用した換気方式である。解答・○解説・我々がよく知っている窓等からの吸気、換気のことを自然換気といいます。2. 機械換気の第1種換気は、居室に設けられる熱交換型換気設備等に採用される。解答・○解説・第1種換気は、吸気も排気も機械によって行われるもので、機械室や電気室など [続きを読む]
  • 試験合格心得の条
  • 賃貸不動産経営管理士試験合格心得の条 理屈は解っていなくても、まずは覚えてしまおう。はっきり言うけれど、まだ、この試験は瞬発力で受かる。解説試験に合格する力と、仕事に役立つ力は違う場合がある。今、ここで我々が目指しているのは試験に合格すること。仕事で必要なことは、仕事のときに学ぶことにしよう。ここでは試験に集中する。勉強するときはとにかく集中しよう。その間だけでも仕事を忘れてしまうくらいに。これか [続きを読む]
  • 知らなかったで済まそうとしている話し。
  • 石坂久の賃管合格魂実は講師になってからこの規定を知りました。宅建も持っていて、11年も業者をしていましたが、実は知らなかったなんて口が裂けても言えませんww媒介契約の更新は、お客さんからの申し出がないとイケナイ。業者からの申し出では更新はできない。媒介契約の更新、こちらから契約書面を送りつけていました(。-_-。)自動更新も何度かやりました。時効にはならない?笑笑 [続きを読む]
  • 27年問28 原状回復ガイドライン
  • 問28 ガイドラインに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。1. 借主は、退去時に壁のクロスの経年劣化及び通常損耗分の張替についてガイドラインで示されている下記のグラフに従い張替費用を負担しなければならない。正解・×借主の故意、過失、善管注意義務違反による使用をしていた場合に張替えの負担が発生する場合がある。グラフに従うわけではない。2. 経年年数を超えた設備等であっても、継続して賃貸住宅 [続きを読む]
  • 賃管士 28年問34
  • 問34 不動産証券化とプロパティマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。28-34-1 平成10年に特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律(現在の「資産の流動化に関する法律」が制定され、SPCが証券を発行して投資家から不動産への投資資金を集め、不動産を購入して賃料収入を取得し、賃料収入を投資家に配分できるようになった。× おそらく「配分」ではなく「配当」が答え。ようわからん出題だ。28 [続きを読む]
  • 28年問28 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 問28 ガイドラインに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。1 新築から3年経過後に入居し、グラフの始点を50%と決定していた場合で、入居1年後の退去の際、クロス(耐用年数6年)に借主が補修費用を負担すべき損耗等があった。その張替費用が6万円である場合、ガイドラインで示されている下記グラフによれば借主が負担すべき金額は2万円である。◯2 ガイドラインで示されている下記の図で、空欄Bに入るのは、「経年 [続きを読む]
  • 28年問9 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問9】「受託の標準賃貸借代理および管理委託契約書」(平成6年4月8日建設省経動発第56号建設省建設経済局長通達)又は「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」(平成13年9月国土交通省住宅局作成・公表。以下、各問において「建設省・国交省標準契約書」とする。)において、間違っているものはどれか。なお、管理受託契約に特約はないものとする。1 管理受託方式の賃貸管理とサブリース方式の賃貸管理が、賃貸住宅管理業者登録制 [続きを読む]
  • 28年問7 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問7】 賃貸住宅管理業者登録制度の登録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 賃貸住宅管理業者登録制度の登録は、宅地建物取引業の免許を受けていない者でもすることができる。◯ 制度が別なので登録をすることができる。2 賃貸住宅管理業者登録制度の登録の申請をしようとする管理業者は、規定で定める期間以上の賃貸住宅の管理業務の実績が必要である。× 賃貸住宅管理業者登録には、実務経験も実績も不要3 賃 [続きを読む]
  • 28年問6 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問6】賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 賃貸住宅管理業者は、管理受託契約の終了により管理事務が終了する場合は、管理事務が終了する前に、当該賃貸住宅の借主に対して、その旨を通知しなければならない。× 終了後に遅滞なく通知する。2 賃貸住宅管理業者は、管理受託契約を締結した貸主に対し、毎事業年度の終了後3か月以内に、当該 [続きを読む]
  • 28年問5 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 問5 賃貸住宅管理事業者登録制度において定められている賃貸住宅管理業者による貸主に対する管理受託契約に関する重要事項の説明(以下、本問において「重要事項の説明」という。)に関する次の記述のうち正しいものはどれか。1 賃貸住宅管理事業者登録制度において定められている賃貸住宅管理業者による貸主に対する管理受託契約に関する重要事項の説明は必ず対面で行う必要がある。× 対面でないとイケナイ訳ではない。2 賃貸 [続きを読む]
  • 28年問4 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問 4】賃貸住宅管理業者登録規定(以下、各問において「規定」という。)第9条に基づく賃貸住宅管理業者から国土交通大臣への報告の対象事項とされていないものはどれか。1.従事従業者数 ◯2.資産の額 ×(正解)3.受託契約件数 ◯4.受託戸数 ◯マンション管理業者の場合には基準資産額300万円という規定があるゆえ、会社の資産額も報告しなければならないが、賃貸住宅管理業者の場合には平成30年8月1日現在、 [続きを読む]
  • 29年問39 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問 39】 雨水による漏水又は浸水に関する次の記述のうち、最も不適切な ものはと゛れか。1 建物の最上階て゛は、屋上や屋根、庇からの漏水か゛多い。◯2 建物の中間階て゛は、外壁や出窓、ヘ゛ランタ゛からの浸水は少ない。× 意外とある。3 雨水による漏水の発生源を特定することは、困難な場合か゛多い。◯4 外壁か゛タイル張りの場合は、タイルの剥か゛れやコーキンク゛の劣化に起因する漏水か゛多い。◯eラーニング賃貸不動 [続きを読む]
  • 29年問38 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問 38】 賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはと゛れか。ア 秘密を守る義務とは、職務上知り得た秘密を正当な理由なく他に漏らして はならないことて゛あり、賃貸不動産経営管理士の資格証を有している限りにおいて、守らなけれは゛ならない義務とされる。× 管理士をやめても守らないとイケナイ。イ 賃貸不動産経営管理士は、自らの能力や知識を超える業務の引受けを行ってはならない [続きを読む]
  • 29年問37 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問 37】 賃貸不動産管理の重要性に関する次の記述のうち、最も不適切な ものはと゛れか。1 情報化社会の進展により、賃貸不動産の管理に関する情報を、誰て゛も容易に入手て゛きるようになったのて゛、賃貸不動産管理に関する専門的知識の重要性は、相対的に低下してきた。× 情報イコール専門知識ではない。2 不動産ファント゛の登場、不動産の証券化の進展等により、賃貸不動産管理の当事者て゛ある貸主か゛、必す゛しも実物 [続きを読む]
  • 29年問36 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問 36】 不動産賃貸経営に関する次の記述のうち、最も不適切なものはと゛れか。1 個人貸主においては、超過累進税率の適用により所得か゛増えれは゛税率も上か゛るか゛、資産管理会社を設立し、収入を会社に移転させることにより、個人の所得か゛分散し、結果として税率の緩和を図ることか゛て゛きる。◯2 不動産賃貸経営を法人化すれは゛、個人の所得に対して課される所得税の税率は、法人に課される法人税の税率より高いため、 [続きを読む]
  • 平成30年TAKKYO賃貸不動産経営管理士スーパー速習講座(ライブ版)
  • 皆さんこんにちは。TAKKYO賃貸不動産経営管理士スーパー速習講座担当講師の石坂久です。29年度も実施して楽しく終了、楽しく合格された受講生さんが大勢いたというTAKKYO賃貸不動産経営管理士速習講座が、30年度は1日完結のスーパー速習講座になって登場しました。TAKKYO賃貸不動産経営管理士スーパー速習講座のご案内サイトはこちら。第1期生 平成30年10月27日(土) 9時30分〜16時30分(昼休憩60分)第2期生 平成30年11 [続きを読む]
  • 29年問35 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問 35】 次に掲け゛る租税公課のうち、不動産所得の金額の計算上、必要経費として認められるものはと゛れか。なお、いす゛れも 資産の取得に伴う租税公課て゛はないものとする。ア 消費税(税込て゛経理処理をしている場合)◯イ 自宅に係る固定資産税・都市計画税 ×ウ 所得税×エ 事業税◯オ 住民税× eラーニング賃貸不動産経営管理士過去問解説スマホやタブレット、パソコンで学べます。初めてご利用いただく方は会員登録から [続きを読む]
  • 29年問34 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説
  • 【問 34】 保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはと゛れか。1 保険を利用して、賃貸不動産の経営における危険を軽減、分散することか゛て゛きる。◯2 保険について理解をし、関係者にアト゛ハ゛イスをすることか゛て゛きるようにし ておくことは、賃貸管理に係る支援業務の一つて゛ある。◯3 地震、噴火又はこれらによる津波を原因とする建物や家財の損害を補償す るものは地震保険と呼は゛れ、地震保険のみ単独て゛加入 [続きを読む]