たっふぃー さん プロフィール

  •  
たっふぃーさん: たふえいんといなあふは魔法の言葉
ハンドル名たっふぃー さん
ブログタイトルたふえいんといなあふは魔法の言葉
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tough_a_enough
サイト紹介文ひとりごと、映画、犬、ゴルフ、喜怒哀楽
自由文とくに映画に関することを書きます、、、どうぞ、よろしく、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1095回 / 365日(平均21.0回/週) - 参加 2015/12/15 18:17

たっふぃー さんのブログ記事

  • Trailer/恐怖の報酬(Wフリードキン版)
  • ちょっと気が早いのだが非常に嬉しいニュースが入ってきたあまりヒットしなかったため観た人が少なく一度VHSで発売されたが(現在12000円ほどで取引)DVD化はされず権利関係が複雑だったためにリバイバルもされていなかったあの幻の傑作と言われるウィリアムフリードキン版の<恐怖の報酬>がついについに40年の時を経て上映されることになった公開は11月24日だそうで今からたいへん楽しみだ♪SORCERERフリードキンの<恐怖 [続きを読む]
  • 映画の中の強い女100本以上
  • 映画の中で「男勝りの気の強い女」「したたかで逞しく生きる女」というのは昔からあったが、70年代の「ウーマンリヴ」「自立する女」のムーブメントにより更に女の「精神的にも肉体的にも」強さが強調されてきた沢山沢山あるので書き漏れも多々あるだろうが「映画の中の強い女」思いつくまま、、、(ファムファタール、ヴィランも含む)或る夜の出来事、風と共に去りぬ、偽りの花園、月光の女、黒蘭の女、ステラダラス、深夜の告白 [続きを読む]
  • 埋もれがちな傑作/マッドボンバー
  • 言わずと知れたAIP製作の作品<マッドボンバー>70年代ぽい、B級感漂うポスターAIPはホラー、SFを得意とするB級映画専門の映画会社だから本作もB級映画の鉄則とおりエロ、グロ織り交ぜ観客を刺激することに努めているそんなB級映画だが米国ではカルト映画とされているしかし、日本ではあまり話題にもならないただしハッキリ言って「傑作」といえるレベルの作品ではないが、70年代の傑作とされるある日本映画の元ネタ [続きを読む]
  • ウイスキー/Ichiros
  • 非常に酒に詳しい友人がボクに酒を贈りたいと言い「どんなウヰスキーが好きか?」と尋ねられ「白州」と答えた白州は手に入らないのでいったい何を贈ってくるか楽しみにしていたら「Ichiros」というウイスキーを贈ってきた秩父なんだねさっそく開けてみるコルクの栓がシャレている香りが、そして味がボクの好み〜白州好きには向いているさすがのチョイスと感心した、、、う〜ま〜う〜ま〜 [続きを読む]
  • 映画感想/カメラを止めるな!
  • 拡大ロードショーのお陰でやっと観てきました<カメラを止めるな!>このヒゲづらの暑苦しい男、見た目ウザイですが、映画を観ていると馴れますお気づきかも知れませんがボクは「キャメラ」という言葉を使いますね「キャメラ」はフィルムの撮影機材ですね映画はフィルムであって欲しいという願い込めてボクは「キャメラ」と呼びます「カメラ」はスチールカメラっぽいしビデオカメラっぽい感じがしますねでもこの映画ではビデオのカ [続きを読む]
  • 米国人が選んだ日本映画歴代オールタイムベスト40
  • http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2684.html米国人が選んだ「日本映画歴代オールタイムベスト40」1.『七人の侍 』 黒澤明 1954年2. 『羅生門』 黒澤明 1950年3. 『切腹』 小林正樹 1962年4. 『東京物語』 小津安二郎 1953年5. 『砂の女』 勅使河原宏 1964年6. 『人間の條件』 小林正樹 1959年7. 『誰も知らない』 是枝裕和 2004年8. 『雨月物語』 溝口健二 1953年9. 『ミシマ:ア・ライフ・イ [続きを読む]
  • 武家社会の濃い濃いDNAから抜け出せない日本、、、
  • こんどはボクシング界だね次から次と出てくるから面白いね前から言ってるけどこれは江戸時代から続く根深い日本人の心に張り付いた本能なんだよね武家社会が生み出し脈々とDNAが受け継がれてきたもの殿は絶対的な存在なんだよね家来たちは殿が何を望んでいるか推測して用意するそれが「忖度」であり「おもてなし」の精神だね殿はそれに対して「うんうん」と、うなずくかダメなら殿は「怒る」わけだよね殿を怒らせないために家来 [続きを読む]
  • 低予算ながらめっちゃ稼いだ利益率の良い映画50本
  • ちょっとした社会現象にもなっている映画<カメラを止めるな!>はたった250万円で撮られた自主製作映画だそれが口コミで評判が拡がりいまや全国拡大ロードショー大ヒット間違いなしこの映画の権利者はいったい、いくらの金を手にすることになるのだろう、、、以下、低予算ながら興行的にも成功した映画ボクの年代で真っ先に頭に浮かぶのは<ロッキー>あの作品によってスタローンは名実共にアメリカンドリームを掴み金だけでなく [続きを読む]
  • 大損こいた映画50本
  • もしも莫大な制作費をつぎ込んだ<タイタニック>が大コケしていたらジェームズキャメロンは<アバター>を作ることは出来なかっただろうというより、キャメロンがハリウッドで生きていくことは許されなかっただろう巨額をかけた超大作が興行的に失敗し会社の存続を揺るがした例は映画史上いくらでもあるそれでもハリウッドは、新しい大作に大金をはたき、成功を夢見る、、、以下、大金つぎこんだのに大コケした映画一覧中には、制 [続きを読む]