たっふぃー さん プロフィール

  •  
たっふぃーさん: たふえいんといなあふは魔法の言葉
ハンドル名たっふぃー さん
ブログタイトルたふえいんといなあふは魔法の言葉
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tough_a_enough
サイト紹介文ひとりごと、映画、犬、ゴルフ、喜怒哀楽
自由文とくに映画に関することを書きます、、、どうぞ、よろしく、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1054回 / 365日(平均20.2回/週) - 参加 2015/12/15 18:17

たっふぃー さんのブログ記事

  • アカデミー賞・外国語映画賞日本代表
  • アカデミー賞の外国語映画賞に日本代表として出品された作品一覧受賞作品羅生門(名誉賞として)、地獄門(名誉賞として)、宮本武蔵/稲垣浩版(名誉賞として)、おくりびと候補作品ビルマの竪琴、永遠の人、古都、砂の女、怪談、智恵子抄、どですかでん、サンダカン八番娼館・望郷、影武者、泥の河、たそがれ清兵衛落選あらくれ、楢山節考、野火、秋日和、私は二歳、湖の琴、黒部の太陽、神々の深き欲望、無頼漢、軍旗はためく下 [続きを読む]
  • 映画感想/片腕ドラゴン
  • 73年に公開された<燃えよドラゴン>により世界中でカンフーブームが沸き起こり71年制作のこの作品も「ドラゴン」にあやかって<片腕ドラゴン>として日本で公開される運びとなった今作の主演・監督ジミーウォングはブルースリーでさえ頭が上がらない香港カンフー映画界のドン世界中でカンフーがブームになる以前から香港ではカンフーと言えばジミーウォングだったいきなりタイトルバックの音楽がいいね〜「黒いジャガーのテーマ」 [続きを読む]
  • 映画秘宝・歴代ベスト&トホホ(1999年〜2016年)
  • http://blog.livedoor.jp/ito4925041/archives/52016001.html歴代の映画秘宝ベスト&トホホ(1999年〜2016年)以下、「いみじくも伊藤」さんのブログから抜粋映画誌最大の発行部数と最高の面白さを誇る「映画秘宝」の年間映画ランキングのまとめです。ベストは「この映画をみろ!」トホホは「この映画はみるな」チェックして気になった作品はみてみよう!1999年ベスト20第1位 マトリックス第2位 ファイト・クラブ第3位 メリーに首 [続きを読む]
  • 小室哲哉
  • 「疲れ果てました」この言葉をどのように受け取れば良いのだろうある人にとっては不倫の言い訳にしか聞こえないかもしれないし介護の経験のある人はうなずきながら素直に受け取ったかもしれないいずれにせよ妻に対する裏切り行為に対しては非難があって当然だが一番大切なことはこの先奥さん(KEIKOさん)をちゃんと介護できるのかということ「疲れてしまった」と聞いてしまっては非常に心配なことだ外野はストレス発散のようにガ [続きを読む]
  • 埋もれがちな傑作/カンバセーション・盗聴
  • ゴッドファーザー、ゴッドファーザーPARTⅡ、地獄の黙示録このコッポラの代表三作品に埋もれてしまいがちだが<カンバセーション/盗聴>も傑作だ埋もれがちな傑作世界的に最も信用できるとされる「Sight&Sound」の映画史上ランキング250ではコッポラはGF、GF2、地獄の黙示録と共にこの作品<カンバセーション/盗聴>もランキンングされているということはコッポラはGFから続いて撮った4作品を10年のうちに4本の名作を生み出した [続きを読む]
  • 天然妻A/芳村真理
  • ゴハンを食べながら次男と三島由紀夫について話していた時完全に話しに入れない妻から「でもね」の一言が妻「でもね、芳村真理ってピカソに会ったことあるんだって」「でもね」???三島何も関係ないしでもね芳村真理&ピカソそれはそれで興味深い組み合わせだなぁ [続きを読む]
  • 関根恵子
  • 今の若い人には「高橋恵子」という名前で知られているだろうがボクにとってはいつまでも「関根恵子」高橋恵子に改名して以降よりだんぜん関根恵子時代に活躍していた中学生の頃家庭教師の先生に連れられ先生の大学の学園祭に行ったとき熊井啓監督の<朝やけの詩>を観た(観せられた)ファーストシーン湖畔にて関根恵子の美しい裸体が彷徨う中学生のボクはビックリしたが大学生たちは机を叩いたり口笛を鳴らしたりの大騒ぎその映画 [続きを読む]
  • やらしいけど立派な作品200本ほど(随時更新中)
  • 立派な映画には「見せない」テクニックがある優れた監督はストレートに映さない見せない見せ方映さなくても観客に伝わる観客がイマジネーションで映っていないものを埋めるからだこの話は裸や濡れ場を映すか映さないかということではなく濡れ場を映さない監督が優秀だと言う意味でもない必要なもの、必要でないもの出来れば映さないもの、ぜったいに映すもの監督の最も重要な選択肢だ大島渚は映画というより、議論が好きなのだ映画 [続きを読む]
  • 天然妻A/うさぎ
  • ボク「ラビットとバニーの違いって何だろう?」妻「バニーは女の子っぽくて可愛くて」ボク「バニーガールっていうくらいだからね」妻「ラビットは男っぽい」ボク「オス/メス、性別ってこと?」妻「ラビットはピョンピョン飛び跳ねるけど、バニーは跳ねない」ボク「運動能力が違うんだね?」妻「バニーは飼育用で、ラビットは食用」ボク「え!食用なんだ?」妻「バニーはペット、ラビットはそこらへんの野ッ原にいるノラ」ボク「血 [続きを読む]
  • 埋もれがちな傑作/バニーレークは行方不明
  • BUNNY LAKE IS MISSINGfpdさんが<アズミハルコは行方不明>について書いていたのでこの作品を思い出した、、、<バニーレークは行方不明>明らかにアズミハルコのタイトルはバニーレークを拝借したねルビッチの弟子であり、ワイルダーの兄弟弟子である<ローラ殺人事件><帰らざる河><黄金の腕><ある殺人>の名匠オットープレミンジャー監督の正真正銘の代表作そして日本以外で行われる評論家や監督たちが選ぶ映画史上ラン [続きを読む]
  • 天然妻/マネーボール
  • なぜか映画<マネーボール>の話しになってこの映画はオークランド・ アスレチックスの話しなのだがボク「どこのチームの話しか知ってる?」と尋ねてみると妻「ニューヨークヤンキース!」と元気に答えたボク「違うよ、どうせヤンキースしか知らないのだろ?」と挑発的に返すと妻「レッドソックスだって知ってるよ!」と言い返すボク「レッドソックスってどこにある?」妻「シカゴ」ボク「シカゴはカブスだよ」妻「ロサンゼルス! [続きを読む]
  • Trailer/バルタザールどこへ行く
  • AU HASARD BALTHAZAR de Robert Bresson 映画に関して昨年一番嬉しかったことはブレッソンを語るうえで最も重要でありというか、映画史上における超名作この<バルタザールはどこへ行く>と<少女ムシェット>がソフト化されてやっと観ることが出来たこと至福の時を過ごしていた半年前すると半年もたたぬうちにBSプレミアムで放映されるという!1月20日未見の自称シネフィルたちよ必見中の必見<バルタザールはどこへ行く>これを [続きを読む]