和子の記録 フォト&俳句 さん プロフィール

  •  
和子の記録 フォト&俳句さん: 和子の記録 フォト&俳句
ハンドル名和子の記録 フォト&俳句 さん
ブログタイトル和子の記録 フォト&俳句
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/katuraju
サイト紹介文長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/12/16 21:34

和子の記録 フォト&俳句 さんのブログ記事

  • どんど焼き 松戸神社
  • 祭典も終わりに近づきお焚き上げの火お神酒を頂くお餅を手に それを竹串に刺すお餅をあぶる、お餅が一つの人 二つの人 三つの人様々この鍋でお汁粉を温めているお汁粉1月15日 正午 どんど焼き祭が 松戸神社でありました。松戸神社は寛永3年(1626)の創建とされ水戸光圀公も崇拝した松戸の総鎮守で松戸宿の街道沿いにあります。松戸駅からあるいて10分のところにありこの日は正午きっかりに神事は始まりました。。ど [続きを読む]
  • ふなばし アンデルセン公園 Ⅱ
  • ハンス クリスチャン アンデルセン 童話作家 詩人アンデルセンの故郷 フュン島にあるオーデンセの農家を再現しています。 中も見学できますアルキメデスの泉芝生広場は子供たちの遊具があります季節ごとに向日葵やコスモスなどが植えられてイエローフライトアンデルセン公園は千葉県船橋市にあり姉妹都市になっているデンマークのオーデンセ市が童話作家アンデルセンの出身地であることにちなみその名があります。1800年 [続きを読む]
  • 今年の干支のお菓子 
  • 干支の亥を祭る神社は東京近辺では御徒町にある徳大寺だけでしたが2日には地元の産土神社にもお参りをすませました。。お年賀では亥の絵のあるお菓子を色々頂きました。子孫繁栄や無病息災の象徴とも言われている縁起の良い動物の猪だそうです。恙なく時重ねゐて初参 [続きを読む]
  • 亥年の守護神 摩利支天 徳大寺(上野)
  • イノシシの上に立つ摩利支天日本三大摩利支天のひとつ アメ横のパワースポット本堂の中に入って撮影させてもらいました日蓮宗のお寺浄行菩薩堂 像を洗い清めて病気平癒祈願する気力・体力・財力のお守りをいただきました。ますます運が開けますように。あけましておめでとうございます。2019年の干支、”亥”が仕える「摩利支天徳大寺」にお参りしてきました。JR御徒町駅北口から歩いて2分のところに「摩利支天徳大寺」は [続きを読む]
  • 新宿御苑便り  冬の温室の花木 サガリバナ ジャボチカバ
  • サガリバナ落ちたサガリバナジャボチカバ12月の御苑の温室では洋ランの花の特集をしていましたがその他にも珍しいサガリバナが咲いていました。夜開花して芳香を放ち朝方には花の役目を終えて散ってしまうサガリバナが御苑にもあるとは今まで気が付きませんでした。日本では南西諸島のマングローブの川沿いの湿地に自生しているそうです。次に珍しかったのはジャボチカバでした。常緑性の高木でブドウのような実がついているので [続きを読む]
  • 早朝の小田代ヶ原  日光
  • 11月の初旬、深夜に松戸の自宅に迎えに来てくれた写友の車に乗っ4人で日光の小田代ヶ原に撮影に行ったことがありました。赤沼茶屋到着午前3時。午前4時半始発の電気自動車に乗り込んで小田代に向かいました。外は未だ暗いのですが車内は超満員。15分で小田代ヶ原にに着きましたがすでに自転車などで来た人がいて整備された木道に三脚を並べていました。日の出まで一時間以上あり冬支度をしていても手がかじかむほどの寒さです [続きを読む]
  • 湯島聖堂の櫂の木の紅葉
  • 一本だけ剪定されていない櫂の木杏壇門の前に剪定されている櫂の木の後ろはイチョウです孔子の像の前にある一番大きかった櫂の木は大きく切られて孔子銅像東京文京区湯島にある湯島聖堂は1690年(元禄3年)5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟で江戸時代には官立の大学のような役割を担っていたそうです。御茶ノ水駅から歩いて3分ほどの位置にあります。ここには4本の櫂の木があります。中国山東省の孔子の墓所に植え [続きを読む]
  • 新宿御苑だより 12月
  • ハナノキとジュウガツザクラペーパーホワイトヒマラヤザクラ12月5日に新宿御苑の紅葉を探しに行ってきました。4日と5日は12月とは思えないほど暖かい日となりました。11月に訪ねた時、台風の塩害で木々の葉が枯れあがってしまい今年のもみじは期待が出来ないとがっかりしていましたが木によってはまずまずの色付きだったように思いました。早くから咲いていたジュウガツザクラも今は満開で道路を挟んで目の前にあるハナノ [続きを読む]
  • 紅葉の東北を訪ねて Ⅲ 抱返り渓谷 角館 猊鼻渓舟下り
  • 抱返り渓谷紅葉にはまだ早い満開の枝垂れ桜の写真はこのあたり丁度高校生がおもてなしで太鼓演奏して猊鼻渓 午後二時半の予約で乗る下船して面白かった船頭さんは自分でもお客さんをスマホで撮り掲載してるいるとか三日目はお天気もまずまずでした。最初に行ったのは宿からも近い抱返り渓谷、東北の耶馬渓とも言われ原生林のなかの青い渓流が美しいところです。自由時間が短くて滝までは行けなかったのが残念です。ここも紅葉はま [続きを読む]
  • 紅葉の東北を訪ねて Ⅱ 八甲田 奥入瀬 十和田湖
  • 奥入瀬渓流50分間の遊覧船に乗る乙女の像 高村光太郎作遊覧船より五色岩 昔の火山噴火によると推測されて従業員の太鼓ショー民謡を歌ってお客さんがお餅つきをお汁粉が配られて旅行2日目、八甲田ロープウェーで山頂に登りましたが生憎と雨風が強くて視界ゼロ。もし見えたとしても山頂の紅葉はすでに終わりに近かったので見る価値はそれほどないと自分で自分を納得させてロープウェーを降りました。降りる途中、眼下に黄葉が少し [続きを読む]
  • 紅葉の東北を訪ねて Ⅰ 青森古牧温泉にて
  • お客様の荷物を運んでくる観光用馬車本館玄関 見えていないが宿泊は本館、西館、東館と3カ所に分かれるている八幡馬ラウンジ 食事どころにもなっているそうです浮見堂(ここで以前結婚式もしたらしい。現在はほとんどないとか)太鼓演奏と民謡スコップ三味線 大会で優勝したメンバースコップ三味線をお客さんにもさせてフィナーレの踊りスコップ三味線優勝でもらった柄が津軽塗のスコップと賞状など10月下旬、青森、八甲田、 [続きを読む]
  • 新宿御苑便り 11月菊花壇展
  • 大作り花壇 白孔雀 一株から花を半円形に仕立てる 610輪懸崖作り花壇江戸菊花壇この形は今年初めてこちらも初めて菊栽培所入り口に初めて公開された菊栽培所菊の種をとるそうです種まき後一本一本ポットに植えて育てる11月1日から15日まで新宿御苑で皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ菊花壇展が開かれていました。日本に園芸品種の菊が渡来したのは奈良時代末から平安時代初めだそうです。その後、室町、江戸時代と発達し明治 [続きを読む]
  • 紅葉を求めて Ⅲ 小谷林道から鎌池へ
  • 鎌池サルナシの実 コクアとも言う 味はキーウィ―のような笹ヶ峰牧場を後にして次は小谷林道を一時間以上かけて走り鎌池に向かいました。林道を通る車は少なく随所で車を止めては撮影して進みました。。鎌池に着くと多くのカメラマンやハイキングの団体に出会いました鎌池は標高1190メートルのところにあり一周2キロの遊歩道とブナ原生林に囲まれていて草を刈る鎌の形に池が似ているのでこの名があるようです。依然何度も池 [続きを読む]
  • 紅葉を求めて Ⅱ 妙高高原笹ヶ峰牧場
  • 鎌池休暇村を出発した頃に降っていた雨も笹ヶ峰牧場に着く頃には上がって青空が見え隠れしてきました。笹ヶ峰牧場は新潟県妙高市にあり標高は1300メートルで132ヘクタールの広大な放牧地、草地が広がる牧場です。。昨年ここを訪ねたのは10月25日でしたがその時は黄葉はすでに落ちていました。さて今年はその時より一週間早い19日に訪ねましたら見事な黄葉に歓声をあげたほどです。雨上がりの日差しの中で光輝く木々は [続きを読む]
  • 紅葉を求めて  Ⅰ 志賀高原から松川渓谷へ
  • 志賀高原 一沼木戸池山田牧場松川渓谷不動滝 紅葉はこれから10月18日から長野へ紅葉を求めて3日間出かけました。長野駅で地元の写友の出迎えを受けてまずは志賀高原に向かいました。台風での塩害を心配していましたがそれほどの被害もなく例年通りの色付きだった所もありました。一沼、木戸池、山田牧場、松川渓谷を廻って今日の宿のある妙高高原休暇村に着いたのは夕刻の5時を過ぎていました。途中休暇村に着く手前から見 [続きを読む]
  • 赤城山での撮影会
  • 手前が覚満淵、奥に見えるのが大沼10月16日所属する地元松戸の写真倶楽部はバスを仕立てて午前5時半に松戸を出発し赤城山に向かいました。道中のお天気は快晴でしたが赤城山の覚満淵に着く頃にはだんだんと雲が湧き出てきてしまいました。先ずは一番上の駐車場から覚満淵を眺めて撮影し、次に小沼にもより最後に下の駐車場にバスを止めて覚満淵を一周してから大沼商店街で昼食となりました。草紅葉は綺麗でしたが紅葉にはまだ [続きを読む]
  • 佐渡を訪ねて Ⅱ 石名天然杉 他
  • 日蓮宗の妙宣寺大膳寺の能舞台丁度虹が出て前日の長岡 蓮花寺の大杉名物へぎそばの店石名天然杉は大佐渡山脈の主稜線付近の標高900メートル前後のところにあり、その地区の名前を取って石名天然杉木と名付けられています。ここは年間を通じて霧が発生しやすく冬は積雪も多く季節風も強いために杉の生育には非常に厳しい環境だそうです。そのために特異な形状の杉が見られました。遊歩道もできていて途中何人かのハイカーにも出 [続きを読む]
  • 佐渡の巨木を訪ねて Ⅰ 大佐渡石名天然杉
  • 天然杉への入り口佐渡島には厳しい風雪に耐えてきた300本近い巨樹、巨木があるそうです。それを巨樹探索を趣味とする我々仲間で訪ねようということになりました。当初は仲間7人で10月初旬に佐渡汽船観光主催のツアーを利用して行く計画でしたが、台風の襲来で新潟と佐渡の両津港を結ぶジェットフォイルが欠航したため中止となりました。予約していた宿や新幹線もすべてキャンセルしました。遠い佐渡まで行くのはそう簡単では [続きを読む]
  • 新宿御苑だより 10月温室の花
  • キイジョウロホトトギスじょうろに似てますね植木鉢で育てているキイジョウロホトトギスオスモキシロン・リネアーレパイプカズラベニゲンペイカズラヒメノウゼンカズラオオシロソケイ珍しいキイジョウロホトトギスが温室で咲いているとの情報を得て早速行ってきました。初めて見る花だったので、事前に調べてみると紀伊半島南部の固有種で山中の崖から垂れ下がり黄色い花を下向きにつけるとありました。御苑では植木鉢でこの花を見 [続きを読む]
  • 網走大曲湖畔のコスモスとヒマワリ オホーツク流氷館(天都山)
  • 背の小さな向日葵満開オホーツクマラソンでランナーを迎えるコース雨に打たれるコスモス園クリオネオホーツクの貝流氷にのるキタキツネアザラシ流氷館パネルから撮影 サンゴソウの最盛期はこんな色らしい網走地方の紅葉はまだこの程度でした今日は旅の最終日です。サンゴ草群生地をもう一度見学した後に150万本のヒマワリ畑とコスモス満開の大曲湖畔園地を訪ねました。大曲湖畔園地は網走刑務所の農場があった自然豊かな所で今 [続きを読む]
  • 北海道の旅 能取湖畔のサンゴ草
  • サンゴ草宿の2階から早朝に見て 一瞬薄日が差して2階からの眺め2階からみて湿地帯を散策 まじかに見たサンゴ草泊まった宿土壌を常に検査している白い箱ツアー旅行の2日目の宿はサンゴ草群生地が目の前に広がる湖畔の一軒宿「かがり屋」でした。 キャッチフレーズには群生地まで歩いて1〜2分、ライトアップして輝くサンゴソウを見ることができるとありましたが、光力が弱いライトが一灯のみでうす暗く、輝くサンゴソウとは程遠 [続きを読む]
  • 北海道の旅 丸瀬布の山彦の滝 サンゴ草のコムケ湖
  • 山彦の滝滝を裏側から見てコムケ湖サロマ湖キムネアップ岬エゾオグルマキタノコギリソウハマナスナミキソウウンランコスモス園を後にして山彦の滝を見に行きました。森林公園いこいの森を左手に見ながら小さな駐車場に到着。道を塞ぐように倒れている倒木などを避けながら訪れる人もほとんどいなそうな滝への山道を行きました。十数分ほど登った所で突然水音とともに高さ28メートルの滝に到着しました。この滝は裏側からも見るこ [続きを読む]
  • 北海道の旅 遠軽のコスモス園
  • 高台の東屋からダブル という種類シーシェル 貝殻のような筒状の花びらベルサイユピンクレモンブライトチョコレートコスモス これは宿根草ハッピーリングあかつきこれから咲く畑はまだ緑大雪山を訪ねた翌日、遠軽にあるコスモス園へ行きました。10ヘクタールの敷地に1000万本のコスモスが咲き日本最大級のコスモス園だそうです。6月に種を蒔いた後、長雨が続き開花が遅れたそうですが満開のコスモスに出会えること [続きを読む]