nakko0226 さん プロフィール

  •  
nakko0226さん: トリドリ−おだやかな暮らしを彩る花といろいろー
ハンドル名nakko0226 さん
ブログタイトルトリドリ−おだやかな暮らしを彩る花といろいろー
ブログURLhttps://nakko0226.exblog.jp/
サイト紹介文神戸 フラワーアレンジメント&サンキャッチャー アトリエ ロワゾ・ブル
自由文かぞくで通えるフラワーアレンジメントレッスン&サンキャッチャーのワークショップをメインに活動しています。カラーde
サンキャッチャー(R)認定講師。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/12/17 17:37

nakko0226 さんのブログ記事

  • 〈決まりました!〉
  • 先日の大雨の日と重なったこの講習会を11月に延期してくださることが決まりました。PTA会長さまと係りの方が幼稚園に掛け合ってくださったと聞き、本当にありがたい…しっかりやらないと!と自分に言い聞かせています。ご尽力くださった皆さま、本当にありがとうございます!***PTA講習会へ出張させて頂きますよ。きらきらでワクワクする... [続きを読む]
  • 〈13歳の次男へ〉
  • 次男が13歳になりました。春から中学生になり、少しずつ、都合の良いことしか話さないお年頃になってきたなぁと感じる今日この頃、偶然、カバンの中から見つけた紙にこんな言葉が綴ってありました。「私にとって平和とは争いがなく、人も動物もみんなが幸せにくらせること」これはこの夏、教会学校のキャンプで平和について考えた時のまとめ。わーなん... [続きを読む]
  • 〈残念だけれど、前向きに行こう!〉
  • 幼稚園での講習会がなくなりました。金曜日からの大雨警報が今朝になっても解除されなくて幼稚園は休園。予想はしていましたが、現実になるとやっぱり残念。本当なら中止になるところを、役員さんから「中止ではなく、延期で」と連絡をいただきました。お気遣いいただき有難い限りです!新たに日程を組んでくださるとのことです... [続きを読む]
  • 〈講習会の裏側お見せします!その3〉
  • 裏側お見せします!シリーズを更新する間もないほど、自然の力に逆らえない数日間を過ごしていました。心がざわざわしても、私は私。自分の目の前にあることを1つ1つこなしていく以外に私の暮らしを前に進ませる術はありません。講習会の準備もその1つ。急に「ぱっ!」と準備が終わるなんていうことは魔法でもかけなければありえませんので... [続きを読む]
  • 〈さいごの夏休み〉巣立ち
  • 長男が家で過ごす最後の夏休みが終わり、今日から二学期スタートです。そして、お弁当作りも今日から。高校3年生の三学期はほとんど学校へ行かないようなので、お弁当を作るのもあと何回くらいかな?***○【随時、受付中】?ご褒美サンキャッチャー?を作りませんか?カラーdeサンキャッチャー®の、レッスン&ワークショップ受付... [続きを読む]
  • 〈講習会の裏側お見せします!その2〉
  • PTA講習会まであと7日。お天気の良い日はクリスタルボールのチェックです。講習会で使う材料は講師用資材ショップに注文しています。クリスタルボールもその1つ。ショップで検品してくださっていますし、丁寧に梱包されているのですが、1つ1つ袋から取り出して自分の目でもチェックします。今回は基本のクリアカラー以外に、オプションでお好み... [続きを読む]
  • 〈講習会の裏側お見せします!〉
  • 9月は久しぶりに大きな仕事が待っています。幼稚園のPTA講習会。22名の保護者の方たちと一緒にサンキャッチャーを楽しむためただいま急ピッチで準備中です!実はきらきらなサンキャッチャーを作る楽しさを広める講師が裏方の仕事をお見せするのはどうなのだろう?とは思うのですが(汗)、当日までどんな準備を重ねているかとか、どんな気持ちを込め... [続きを読む]
  • 〈ランドセルをリメイクしてもらう〉アトリエタカさま
  • 突然ですが、小学校を卒業したお子さんのランドセルってどうしていますか?我が家はですね、長男の時は卒業→すぐに引っ越しだったので、終業式と同時に引っ越しダンボールに詰め込んで、そのまま思い出の品たちと一緒にストレージの中に仕舞っていました(汗)それをこの度、次男が卒業するタイミングに合わせてリメイクして頂きました。じゃーん!(笑)... [続きを読む]
  • 〈氷好き〉京都 錦 もちつき屋
  • 子どもたちがキャンプへ出かけている間に、ちょっと京都まで出かけてきました。メイン→お墓参りサブ →かき氷を食べる実は私、夏場は三度の食事がかき氷でも大丈夫なくらいかき氷が好きなんです!(笑)なので、お墓参りの後のサブのかき氷のことが楽しみで楽しみで!…というのは私だけのヒミツです(笑)選んだゆずシロップは甘酸っぱくて飽きの... [続きを読む]
  • 〈天使のサンキャッチャー〉グリーンVer.
  • さわやかなグリーンのガラスビーズと星形の金属パーツをつないで天使のサンキャッチャー グリーンVer.が出来上がりました。ブログとは別にSNSでもUPしたものを見てくれた静岡時代の友人がオーダーしてくれました。お久しぶりのメッセージが思いがけずオーダー希望の内容で何だか二重にうれしかったです。富士山のふもとでキラキラの輝きを楽しんでもらえますように☆... [続きを読む]
  • 〈学び舎へ〉
  • 4年ぶりに開かれた高校の同窓会へ。今年は母校で開催だったので参加者もたくさん。久しぶりの同級生と大勢会うことが出来たのですが、普段から連絡を取り合っていない人には話しかけるタイミングを失ってばかり。そのドキドキ感がとても苦手です。だから…同窓会への参加はこれでおしまいにしようかな?!なーんて(苦笑)***○カラーdeサ... [続きを読む]
  • 〈身の丈に合うように〉HP閉鎖のお知らせ
  • 2017年8月に開設したHPを閉鎖することにしました。レッスンの宣伝よりもこれまで出逢った生徒さんのために生徒さんたちの作品やレッスン風景の写真をたくさん載せて、「今までありがとう」の気持ちを込めて心をつくして作ったものでした。そのおかげか褒めて頂くことが多かったし、新しいお仕事を頂くきっかけにもなりました。活動のことを知って頂くツールとして... [続きを読む]
  • 〈ワークショップ〉
  • ○ワークショップ1)サンキャッチャー (1回〜3名まで。お1人でもOK!)カラーdeサンキャッチャー®は日本サンキャッチャー協会の認定教室。カラーセラピーとクリスタルを組み合わせたオリジナルの講座は単なる手作り講座ではありません。色の不思議を楽しみ、クリスタルガラスとガラスビーズの輝きとひんやり感に触れるひとときは、セルフセラピーを体験して... [続きを読む]
  • 〈天使の色〉
  • もし私たちに天使が見えるなら、どんな姿なのでしょう?ヨースタイン・ゴルデル著『鏡の中、神秘の国へ』の中に出てくる天使は金髪でもなければ、(毛も生えていません…!)背中に羽も生えていなくて、皮膚というものさえありません。限りなく透明な存在。そんなことを思い出しながら天使のサンキャッチャーを作っていると、「天使は何色にすればいいの... [続きを読む]
  • 〈きれいに撮れた♪居待月〉
  • 月の呼び名はいろいろありますね。新月、三日月、十五夜、十六夜、満月…月齢18の月は居待月(いまちづき)。月が少し遅めにのぼってくるので、月を愛でるために「居=座って」待っているくらいでちょうどよい、ということなのだそうです。(諸説あり)夕飯の後片づけが済んで、ちょっとベランダに出てみると、月が輝いているではないですか!「これはカメラに収めな... [続きを読む]
  • 〈ワークショップメニュ―&材料費〉
  • カラーdeサンキャッチャー®?ワークショップではとても高品質のクリスタルパーツを使います。普通のガラスと違うところは「透明度の高さ」。虹の輝きをたっぷり楽しめます。チェコのプレシオサ社、エジプトのアスフォー社のクリスタルを使用。(スワロフスキー社クリスタルもご用意できます)☆画像つき材料費リスト☆←Click!*ミニサンキャッチャー長さ15cm... [続きを読む]
  • 〈ハッピー・ノートコラムからの卒業〉
  • ミキハウス子育て総研サイトハッピー・ノート.comにて、「花のある暮らし」というテーマのコラムを書かせて頂いていましたが、この度、事務局の方にお願いをしてコラム執筆を終了させて頂きました。私にたくさんのインスピレーションを与えてくれた子どもたちには大きな「ありがとう」を贈ります☆保育園での花育クラスで出会った園児たちと自宅での花育キッズク... [続きを読む]
  • 〈19th〉
  • 7月24日は19回目の結婚記念日。今までは1年1年を積み重ねていく感覚があったのですが、今年は少し違いました。うーん、何に例えればよいでしょう??糸をつむぐみたいに、自分たちを丁寧にひっぱりながら、細く長く伸ばしてつなげている…そんな感じかな?あ、でも20年目を迎える来年にはまた違った感覚になっているかもしれません。それもまたよし。固まって... [続きを読む]
  • 〈それがファイナルアンサーですか?〉
  • 初めての三者面談にて「それがファイナルアンサーですか?」と担任から問われました。「ご家庭では、この選択を認めていらっしゃるのですか?」一瞬、ひるんでしまいそうな問いかけでしたが2年前から随分と話し合ってきたことなので、自信を持って、「はい」と答えられました。長男の進学に対する考えを初めて聞いたのは私の入院3日くらい前だったと思います。そ... [続きを読む]