nakko0226 さん プロフィール

  •  
nakko0226さん: トリドリ−おだやかな暮らしを彩る花といろいろー
ハンドル名nakko0226 さん
ブログタイトルトリドリ−おだやかな暮らしを彩る花といろいろー
ブログURLhttps://nakko0226.exblog.jp/
サイト紹介文神戸 フラワーアレンジメント&サンキャッチャー アトリエ ロワゾ・ブル
自由文かぞくで通えるフラワーアレンジメントレッスン&サンキャッチャーのワークショップをメインに活動しています。カラーde
サンキャッチャー(R)認定講師。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/12/17 17:37

nakko0226 さんのブログ記事

  • 〈思い出すのはどんな頃?〉
  • (役員さんの作品たちです♪)幼稚園の役員さんたちとの試作会から早くも1週間!頂いたご感想を読み直すたび、楽しんでくださっていた皆さんのお顔が目に浮かびます。「ビーズやパーツを選んでいる時は子供の頃を思い出しました」そうなんです。ビーズを選ぶときは童心にかえってしまいますよね^^私個人的には、お祭りの屋台でどんぐり飴を選んでいる時... [続きを読む]
  • プロフィール
  • にしの かえこアトリエ ロワゾブル主宰カラーdeサンキャッチャー®認定講師花育士フラワーアレンジメントインストラクター1971年生まれ。文学部フランス文学科卒。卒業ののち大学院へ進学の年に高校生の時から希望していたフランス語非常勤講師になる。同じ頃、ドライフラワーアレンジメントと出会い花と過ごす時間が心を穏やかにしてくれることを知る。2003年 夫の海外勤務に伴... [続きを読む]
  • 〈手段にとらわれない〉
  • *フォトフレームにサンキャッチャー&アナベルのリース*ワクワクと癒しを届けるには自分が初めに選んだ【花】から反れてはいけないと、ずっとずっと思ってきました。生花のレッスンが難しくなれば、造花やプリザーブドフラワーを選び、とにかく花から離れないようにしてきたことがなんて頭の固いことだったのだろう!カラーdeサンキャッチャー®の... [続きを読む]
  • 〈フレッシュハーブとひどい顔〉
  • 近頃、心配ごとが色々あってなかなかぐっすり眠れていないのは分かっていましたが、鏡をのぞいて驚きました!わーひどい顔!(笑)ひどいっていうか怖いっていうか、とにかく想像以上にお疲れさまな自分の顔を見てがっかり。これで外へ出てはいけませんね(苦笑)やっぱりさっき見かけたフレッシュハーブを買えばよかったなぁ。ある花屋さんに、珍しく、マウ... [続きを読む]
  • 〈ワクワクを忘れない〉
  • とあるドラマにて。「ワクワクする」気持ちを大切にその気持ちに沿って仕事をすることで、初心を取り戻していく登場人物たちを見て、自分はそういう気持ちをすっかり忘れていることに気が付きました。ワクワクがあれば、仕事での辛いこと、しんどいことも乗り越えられますもんね。だから…それにはやっぱり、ワクワクする仕事を選ばなければ!ですね。... [続きを読む]
  • 〈必要とされる人に〉
  • 2月の終わりから、パートタイムの仕事を始めました。前職と少しだけ共通するところもあるので応募したのですが、いやいやいやいや…難しい!!研修期間が済んだところですが、仕事内容にも職場の方々にも馴染めていない…スタートが遅いのは私のいつものパターンですが、必要とされる人になれるようにもう少しだけ踏ん張ります。…本当は、ちょっとだけ、逃げてし... [続きを読む]
  • 〈梅シロップ作り〉
  • (画像は昨年のものです)今年も梅シロップを仕込みました。あと1週間くらいで飲めるはずです。今年の梅シロップ作りはいつもと少しだけ違うことがありました。それは、私1人で作ったということ。いつもは「ヘタ取り名人」として大活躍してくれる次男が中学生になり、中間テストというものがありまして、ヘタを取ってもらっている場合ではありませんでした(... [続きを読む]
  • 〈晴れますように〉
  • 来週は予定が盛りだくさん!ホームステイの受け入れが済むと、カラーdeサンキャッチャー®のワークショップが待っています。今までのワークショップはマンツーマンが多かったので、7名ご一緒に、となると、どんなワークショップになるのかな?とドキドキしています。と同時に、7個のサンキャッチャーが一度に生まれて並ぶ様子を考えたら…どんなにキラキラするのだろう♪... [続きを読む]
  • 〈違いもたのしむ〉
  • 来週の半ば、ホームステイの受け入れというのを経験することになりました。来てくれるのはインドネシア バリ島に住む高校生。この夏、長男の学校と交換留学をする高校の男子です。今年の夏、長男は受験のこともあり、バリ島への交換留学には参加できないのですが、少しでもお手伝いできればと思って受け入れをOKしました。宗教のことだったり、食... [続きを読む]
  • 〈フランスと蚊とラベンダーと〉
  • 昨夜は5〜6年ぶりに蚊に刺されました。「ママの血はおいしくないんじゃない?」なんて家族から冗談を言われていたので、ちょっとホッとしました(笑)蚊といえば…フランスに短期語学留学した時のことが思い出されます。ホームステイ先で蚊に刺された時、マダムがコットンでてるてる坊主みたいなものを作ってくれたのです。そこへラベンダーの精油をたっぷりしみこ... [続きを読む]
  • 〈人のせいにしないこと〉
  • 「失敗を他人のせいにしないこと」先週はこの言葉が何度も頭をよぎるシーンに出会いました。自分のミスならきちんと認めて、しっかりと謝り、次はミスしないように。チームで動いている仕事ならば、誰かのミスをみんなで責めないこと。絶対に人のせいにしないこと。どちらも見ている側からすると、気分の良いものではありませんからね。さぁ... [続きを読む]
  • 〈高3の夏が来る!〉
  • 我が家の長男は高校3年生。夏休みの足音を感じながら、大学受験に向けてのランニング中です。中学受験とは違い高校生ともなると親の伴走は必要なくて、母は給水所にいる方たちと同じ感覚。衣食住を整えて、見守る係。だからゴールした時も、ゴール地点で長男を迎えるのではなく、完走した後姿を遠くから見つめる感じなのだろうなぁと。まぁ、抱き合って涙…っていうのも... [続きを読む]
  • 〈息子たちに感心させられたこと〉
  • 6月 水無月が始まりました。雨の日も増え、傘を使うことの多い今日この頃。ある日、仕事から戻り自分の傘を入れようと傘立てを見た時、息子たちの傘はいつもくるっとまとめてあることに気が付きました。(…当たり前なのですけれどね(苦笑))幼い頃は「傘はくるっとしてね(まとめてね)」と声をかけていました。それがいつの間にか、私が声をかけなくても息子たち... [続きを読む]
  • 〈失って気づくこと〉
  • 自分の足らないところを満たすためにさまざまなものを学び、色々なところへ出向き、たくさんの人と出会ったこの1年。結局のところ空回りしただけで、反対に、多くのものや大切な人とのつながりを失ってしまうことになりました。足らない何かを探し求めていた時期は、トンネルの中で渋滞に巻き込まれた時みたいだった。。目の前は暗いし、気持ちは重たいし、もがいてあ... [続きを読む]
  • 〈クスノキの根のように〉
  • 1年のうちで一番好きな季節の中にいても、心配事があると、気分は晴れません。私の場合、家族の中に何かしら困りごとがある時、気持ちにきちんと足が生えていない状態になります。そして心がふらふら、ざわざわ。そんな時はこのクスノキに会いに行くのです。樹齢400年以上のクスノキの大地に張られた立派な根を見ると、自分の気持ちもピリッとして、ちゃんと足の裏で... [続きを読む]
  • 〈フルパワー〉
  • フルパワーで何かをしている姿はうまくいっても、いかなくてもどうして清々しいのでしょうね。中学生になって初めての体育大会でのクラスリレーで最後の追い上げ要員(?)の1人として全力で走った次男は、目の前を数秒で駆け抜けていきました。その姿を見ていて、とにかく清々しかった!のです。若くないから…とか、まだちょっと自信がないから…とか、失敗するとハズカシイか... [続きを読む]
  • 〈母へのサンキャッチャーに込めた気持ちは〉
  • 実母へ、母の日の贈り物としてサンキャッチャーを作りました。できるだけクリアなものが作りたくてクリアカラーのビーズばかりをつないで作ったサンキャッチャー。すっきりしていていい感じです♪以前に少し書いたように、私は実母ととても仲良くしているわけではありません。母が求めている母と娘の関係はいつでも一緒にいて、お互いのことを何でも話す、常に連絡を取り合っている…... [続きを読む]
  • 〈あきらめない、くさらない〉
  • 5月の連休前、手術からちょうど2年が経ちました。2年経った今はと言うと、残念ですけれど、期待していたほど状態はよくなっていません。1年経った時は、「このまま、どんどん良くなるのだろうなぁ」と楽観的に考えていました。次の1年はもっと楽になるだろう、と、徐々に動けるようになってきた足腰に期待がふくらんでいました。けれど、そうそう上手くはいきませんね。それ... [続きを読む]
  • 〈コサージュにのって、元気よ届け♪〉
  • 真っ赤なアネモネのコサージュ。「友達に元気になってほしくて」とオーダーしてくださいました。アネモネはお友達の大好きな花。たくさんある色の中でも赤がお好きなのだそうです。ご依頼くださった方は、以前から何度かコサージュレッスンに通ってくださっています。「自分が今までに作ったコサージュを眺めているだけで幸せな気持ちになる」とおっしゃってくださいました。そん... [続きを読む]
  • 〈ちょっと遅かった?〉ハナミズキ
  • 桜の花便りが終わる頃、ハナミズキが咲き始めます。私がハナミズキを好きになったのは次男が幼稚園児の頃。幼稚園から車で家に戻る帰り道、ある角を曲がった瞬間、青空と富士山と葉桜とハナミズキがフロントガラスのフレームの中にぜんぶ一度に入ってきました。なかでも上を向いて咲くハナミズキの美しかったこと…!胸がキュンとするくらい美しくて。。私はこの花が好きになりました。... [続きを読む]
  • 【進みたい方向】
  • お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ブログのタイトルを変えました。理由は「フラワーアレンジメント教室」としているのに、定期的にレッスン出来ていないから。きちんと活動していないのに何とも心苦しくて…進みたい方向が少しだけ変わってきていることもあって、ひとまず「フラワーアレンジメント教室」という看板を下ろそうと思ったのです。そのあとは、ホームページ... [続きを読む]
  • 〈咳ぜんそくに悩まされる〉
  • ブログ更新が滞ってしまいました。もしかすると、楽しみにしていてくださる方がいらっしゃるかもしれないけれど、この2週間ほどはどうしても机に向かうことが出来ませんでした。理由は咳ぜんそく。喘息ではないのですが、名前の通り、一度、咳が出はじめると簡単には止まらなくなり、ゲボゴボゲボゴボの嵐。いつも風邪をひくとその延長で咳ぜんそくになりますが、今回はちっとも薬... [続きを読む]
  • 〈満開の桜に会える!〉@静岡 三島
  • 桜の花が咲き始めるころは、「春に三日の晴れナシ」と言われるようですが、今年は何十年かぶりに晴れが続いてあちらこちらから満開の花だよりが届いていますね。皆さんはお花見されましたか?「今年はお花見に行きそびれちゃったな…」という方にお勧めなのが静岡県 三島市にある国立遺伝学研究所の桜たち。「遺伝研の桜」と呼ばれています。国立遺伝学研究所には染井吉... [続きを読む]
  • 〈好きこそものの上手なれ〉
  • 小学校の卒業式を数日後に控えている次男は、毎日、何かしらのことと「さようなら」をしています。今日は習い事の1つ、習字と「さようなら」の日。「じっと集中して座れるように」と、小学校1年生で始めた習字。始めて1ヶ月経たない頃、当時、住んでいた町内で優秀賞を頂きました。「これぞビギナーズラックですね!」と、先生と笑ったのを覚えています。けれど、人間って面白い... [続きを読む]