優月影 さん プロフィール

  •  
優月影さん: 癒しの言霊
ハンドル名優月影 さん
ブログタイトル癒しの言霊
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/mayuzuki1108/
サイト紹介文スピリチュアルカウンセリング…癒しの言霊
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/12/17 18:03

優月影 さんのブログ記事

  • 生きる言葉
  • 人が発する言葉には元気を与え合えたり 温め合えたり何気ない言葉の中には人を傷付けてしまう言葉もある思ったことを言葉にするのって簡単なようで とても難しい選んだ言葉で 全く違った心が伝わってしまう時もあるのですね心の想いを口にする事が苦手な人は不器用なのではなくて冷たいのでもなくて間違った心が伝わってしまうことが 怖いのかもしれない言葉ひとつで傷付いてしまうことも傷付けてしまうことも怖いのだと思うそ [続きを読む]
  • 感謝上手
  • 幸せへの一番の道は感謝を探して生きることどんなことにも前向きに 感謝して過ごせたら運は上を向いて歩き始める毎日の中に ありがとう を探すことが幸せの道なんです例え…泣きたいほどの辛いことに見舞われてもきっと…泣きたいほどの幸せに繋がっている死にたい と思うほどの苦しい経験は死んでもいい と思えるほどの幸せに繋がってる辛いことは幸せを感じられるための 大事な事なのですね上手に感謝を拾えば全てが幸せに向か [続きを読む]
  • のんびりと
  • 頑張っている人ほど自分への ご褒美を知らない頑張っているからこそ時にはご褒美も必要なのだけれどそんな人に限って心も体も 休める事を忘れてしまっている限られた時間に それ以上を望んで出来るだけの事をしようと頑張り過ぎてしまうのですね人のために頑張っている人ほど自分を大事にしていないのです誰かのために誰かのためと思えばこそ本当は自分を一番に 考えなければいけないのですね自分を大事に出来ないものは人をも [続きを読む]
  • 魂の階級
  • 人には魂の階級があって人との関わりに影響している人との出会いで 心通わせられる者同士は同じ魂の階級で色々なことを共感しあい 寄り添うことも出来てお互いを身近に感じられるものです生きていくなかで時に心通わせられた者同士に お別れがあったとしてもそれは誰が悪いわけでもなくてそれぞれが 違った魂の階級に引っ越ししたからなのです人は多くの魂の触れ合いで多くを学び 向上していくならば…その出会いにも 別れにも [続きを読む]
  • 念とは
  • 今の心と書いて 念と言います念とは今、現在の心…強い想いを意味する念を飛ばす…飛ばされるそんな方々に お会いする事があります人を羨み…妬み…恋しいと想うが故に 恨みに変わる念となるほどの想いとはどれ程の苦しみなのかと人である証と それほどまでの想いを真剣に思い詰めているのだとそんな方にお会いすると 胸が痛むのでした今が苦しみに陥っているならばそんなときってどんな人も幸せに見えて自分一人だけ取り残され [続きを読む]
  • 私の仕事場は沢山の心の涙を 流して頂く場所心の重荷を軽くするために浄化していただく場所そして…私はそのお手伝いをさせて頂いている人には心に抱えた苦しみに…吐き出すことも出来なくなって泣くことさえも 忘れてしまう時がある頑張って 踏ん張って平気だよ…って心を閉ざしてしまうのですそんなときには 決って最近…泣いていますか?…と お聞きすることにしている涙は 悲しいだけの涙じゃなくて嬉しくても切なくても怒り [続きを読む]
  • 彼岸花
  • 秋の花と言われる 彼岸花彼岸のその時期に 短く咲き誇る彼岸花はどこか妖艶で 大好きな花の一つです遠い昔の子供の頃…彼岸の時期になると 父に連れられ満開の彼岸花を見た記憶があります真っ直ぐに伸びた茎に鮮やかな赤の色彩はそこが何処だったのか…夢か…現実だったのか…ただ…その彼岸花の鮮やかな赤だけが今も遠い記憶の中で 鮮明に残っています昨日 仕事受けでお伺いしたお宅で門を囲む一面に見事に並ぶ彼岸花が美しく [続きを読む]
  • 幸せの種
  • おはようございます今朝はカーテンの隙間から入り込む光に 目が覚めました心地いい陽気に野鳥も元気にお喋りを始めていましたよそんな中で目覚めていく様がここ最近の幸せとなっています人は眠りにつくとその魂は 肉体から離れて自由に飛び回ることが出来る夢の中に表れる様々な事は気付かない潜在意識が呼び起こすものだから…不思議な体験をする人も多いですよね夢から覚めて 現実に戻ると寂しさも感じたりして夢の中で得られ [続きを読む]
  • 神様トンボ
  • 少し肌寒い朝の目覚めに すっかり秋の気配です今朝は仕事の前にいつもお世話になっている美容室へ母を連れて行ってきましたそこのお店には 何年か前から毎年、燕が巣を作りその巣が お店の出入り口に作られていて親鳥が餌を運ぶ姿も雛の巣立ちもあたたかく見守る 優しい店主のお心を 感じられたものでした真心を感じられる場所ってとても癒されて心が穏やかになれる 素敵な場所に思えますそんな場所だからその場は 母の楽しみに [続きを読む]
  • 心に負ってしまった傷はいつか…消える時が来るのでしょうか…昔…ある方に聞かれた言葉です心は何層ものベールで覆われているもし…露に剥き出しにされていたならその心は 傷だらけになって 破壊されてしまう心の傷を簡単に治す薬はない治せるとしたなら…それは…時間なのかもしれないその方の心の傷はとてつもない苦しみの中で深く刻まれてしまった 心の傷それでも…時を経て こうして 吐き出すことが出来ているのだからきっと [続きを読む]
  • 夏の終わりに
  • おはようございます昨日の雨は 朝にはすっかり上がって今朝は眩しい陽射しが差し込んでいます窓を開けると 少しひんやりとした風が流れて蝉の大合唱が聴こえてきました子供の頃この蝉の鳴き声が嫌いでした夏の風物詩である蝉の鳴き声が夏の終わりと共に 命の終わりを知らせてるようで好きになれませんでした蝉は何年も土の中で育ち地上に出て一週間程で その生涯に終わりを迎えるでも、それは悲しいことではなくて土の中での出来 [続きを読む]
  • 享年
  • おはようございますお盆を迎え…涼しさも戻る毎日に切なくもなり…過ぎ行く季節を愛しいと思うこの時期は帰省される方々も多く墓参りの姿も見掛けます普段、遠方にて なかなか墓参りも出来ない方々も多い中でこの時期はどのお墓も 綺麗なお花がお供えされお線香の煙る墓地がとても神聖な場に思えるのでした墓石に記されてる [享年]…とは人がこの世で修行してた期間を示すものこの世に舞い降りてこの世を旅立たれる その時までの [続きを読む]
  • まごころ
  • ブログを始めたきっかけになったのは娘に教わり 始めたブログでした機械に疎い私は…うまく使いこなせず初心者で ただ…想いを書き綴ったもの沢山の方々のブログを拝見するのも楽しくて色んな方々の想いも 心に赴を与えて頂きましたいつも拝見させて頂き毎回の更新が楽しみとなり私のブログにもお越し頂けるようになりそんな目に見えない交流でもあたたかさを感じたものです何年もの月日を そんなやり取りで彩りある日…その方の [続きを読む]
  • 漸く…
  • おはようございます夏のイメージする一つに蚊…がいます蚊に 刺される蚊に 食われる蚊に噛まれる全国的には 刺される…が正しいようで気付いたら 今年は蚊に刺されていません虫は苦手だけれど…それもまた 寂し 仕事場の引っ越しが終わりましたバタバタと忙しない毎日で漸く 落ち着いてきました人は生きてくなかでこれぞと 頑張らなければいけないときがあるそれが…転機と言えるのかもしれない新しい仕事場で 観音様もやっと落ち [続きを読む]
  • 心の毒
  • 人の発する怒りの中にはとてつもない猛毒が発生する人の怒りの吐く息の中には象をも殺してしまえるほどの猛毒が発生するらしいそんな恐ろしい猛毒を作り出してしまえば発した猛毒は 我が身に戻り…心なんて簡単に壊れてしまう猛毒を作り出してしまうほどの怒りとはどれ程の 心の爆発なのでしょうきっと…計り知れぬ程のエネルギーを要して計り知れぬ程の苦しみの中に居る人がこの世に生まれて一生かけて学ぶものは許すこと…。心 [続きを読む]
  • 雨…のち 曇り
  • 昨夜からの大雨は時に小雨になり…曇り空に落着き…そして…また雨になる最近、家の裏の川に珍しいお客様が住み着いていますワンコの夜の散歩ではワンコも足を止めてしまうほど不思議な鳴き声が聴こえてくるんです虫でもない…猫でもない不規則に音程を外した 少し音痴な蛙でしたよ朝に おはようとゲコゲコ夜に おやすみとゲコゲコゲコゲコ…じゃなく説明しにくい音痴ちゃんです 音痴なのだけれどそれがまた楽しいんですね一目挨 [続きを読む]
  • ありがとう
  • 毎日が ありがとう…で 溢れてる沢山の ありがとう…に包まれ 生きているどんなに不運と思う人生でも必ず幸せの数の方が多いんですこれまでに どれくらいのありがとうを伝えて来たでしょうこれまでにどれくらいのありがとうを頂いて来ましたか?ありがとうを伝えられたならそれだけのありがとうを頂けるはず感謝を拾っていくとそこから幸せに進んでいけるんですね ありがとう に 感謝です雨が植物に潤いを与えてくれました雨上が [続きを読む]
  • 雨上がり
  • 雨音と…野鳥の囀りで目覚める朝早朝のお客様は 今朝も元気です 雨音より 囀りが響くから雨も然程強くないみたいも少し 幻想的な世界にいたいけど…我が家のワンコたちは許してくれない それも…幸せの一つ生きてることに感謝です先日…初めてお会いしたお客様に生きてる意味を問われました様々な苦難に見舞われて生きる意味を忘れてしまったと言いますどんな人にも使命があって自分で選んで此処にいる記憶はなくても 自分で望 [続きを読む]
  • お日様とお月様
  • おはようございます日頃の慌ただしさから解放されてのんびり迎える朝は日曜日のご褒美 普段と変わらない朝に思えてどこか…気持ちにゆとりが持てて心も微笑みますね ここのところ いい天気に恵まれ毎日暑い日が続いています暑いのは苦手だけれど夜になると 日中の照り返しが嘘のようにクールダウンした 優しいお月様に お会いすることができましたお日様は 元気を お月様は 安らぎを与えてくれます今日は満月きっと…真ん丸に [続きを読む]
  • 笑顔
  • 穏やかな人でありたいずっとずっと…心掛けていること穏やかに…どんなことにも動じず心乱すこともなく優しい人でありたいと願って生きているでもそれは…心がないのではなくて心 動かないのでもなくて心に柔軟性を持ってどんなことも受け止められる 優しい人でありたいという願いだけど…人間だもの時には動揺することもあり落胆することもあり…心穏やかで過ごせないときもあったりするそんなときは私も人間なんだ…って安心す [続きを読む]
  • 魂の年齢
  • 女性に年齢を聞く人は 少ないと思うけれど…人の年齢って気になるものですよねずっと以前…買い物先で出会った 女性が居りました白髪で 小柄の品格のある方でした手にはお花を抱えていてきっと…自宅で花を活けるために 買われたのかもしれない大事そうに…まるで赤ちゃんを抱いているかのように時々 花を覗いては 微笑んでいるのでした人の表情ってその人の生きてきた歴史が刻まれている人間だもの…穏やかな毎日ばかりじゃなく [続きを読む]
  • 目覚めのお客様
  • おはようございます雨多いこの時期に今朝は晴れやかなお日様が降り注いでるカーテンの隙間から溢れる光よりも早くここ最近は…目覚めのお客様が訪れます寝室の窓のところに野鳥が遊びに来てくれるようになりました雀かな…カワラヒワかな…大きな足音は カラスかなテトテト…と 歩く足音にすっかり楽しくなる朝の一時今朝もそんな 幸せな朝でした時々…見上げる空に魅入ってしまうときがあるそれは…風だったり 流れる雲だったり [続きを読む]
  • 失う前に…
  • 今、無くなったら困るもの…一つだけ失うとしたら何を選ぶだろう無くして困るものって本当は ごく身近の当たり前に手にしているとても大事な小さな幸せとするものなのかもしれない手にある事に当たり前になってその有り難さを忘れてしまうからきっと…その大事さを思い知る事なのかもしれないそれは…物であったり…存在であったり想いや…心…人は 無くして大事さを知るそこに気付くのだと思うそんな当たり前の事に 目を向けてみ [続きを読む]
  • 生きるとは…
  • 生きていれば悩み 苦しみ 陥ることもあったり色んな葛藤に苦しむこともある生きるって…与えられた課題をこなしていく事だから。多くの事を抱えて生きていると進む道に 迷ったり…出口を探せず立ち止まったり追い込まれたりもする穏やかな毎日ばかりじゃなくて時には 呼吸困難に陥ったりもあるのかもしれない生きるって…楽じゃないけどそれでも生きていれば 沢山 幸せもあるんですどんなに悩み もがく毎日であっても足元の幸せを [続きを読む]
  • 水中の恋
  • 我が家の家族に水のお部屋で暮らす家族がいますお部屋は 1階2階に別れていて1階には熱帯魚2階には海老とタニシが暮らしていますタニシは娘が友達から譲り受けた お母さんタニシが卵を産み小さい小さいタニシ達が生まれてエビのお部屋で同居することになりましたタニシって…苔とかを餌にすると思っていたけどエビ達の餌が大好物なんです繁殖用の栄養満点のエビ達の餌をタニシが占領しちゃうなので…成長が早い早い ある日…1階 [続きを読む]