サグラ さん プロフィール

  •  
サグラさん: イタリアの話題まとめサイトSagra
ハンドル名サグラ さん
ブログタイトルイタリアの話題まとめサイトSagra
ブログURLhttp://la-sagra.net/
サイト紹介文イタリアにかかわる様々な話題について、自分なりにまとめてアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/12/18 09:19

サグラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • イタリア 3月の国政選挙の結果 まとめ
  • 2018年3月、イタリア総選挙が行われ、6月、コンテ新政権が発足しました。選挙から政権成立までの一連の流れを簡単にまとめます。まずは選挙結果から。出典:https://www.openpolis.it 2017年12月、上下両院が解散2017年12月、イタリアの上下両院が解散し、2018年3月4日が選挙日と定められました。日本と違って毎回上下両院が同時に解散し、同時に選挙を行います。選挙戦に参加した主な勢力今回の総選挙に参加した主要な政党および政 [続きを読む]
  • イタリアの2017年11月の失業率と若者の失業問題
  • 9日、イタリア国家統計局(ISTAT)が2017年11月の雇用統計を発表しました。11月の失業率は前月より0.1%低い11.0%11月の失業率は前月より0.1%低い11.0%でした(速報値)。2011年以降のデータでは、2014年11月の13.0%をピークに緩やかに下降しています。出典: イタリア国家統計局2008年8月を基準にした比較2008年8月を基準(ゼロ)にした失業率の推移(%の差)は下の図ようになります。出典: ISTAT月例サマリーユーロ圏(Euro- [続きを読む]
  • イタリア経済 基本まとめ(20180111更新)
  • (2018年1月11日更新)1. 現況(1)GDP(国内総生産)2016年のイタリアのGDPは、18,589億ドルで、世界第7位の規模。EU内では独、英、仏に次ぐ4位(世銀)。欧州主要国の1970年以降の名目GDPの推移は下の図の通り(世銀)。イタリアは1990年代初頭までは欧州2位を伺う勢いだったものの、その後、リラの下落によりフランスとの差が広がり、英経済の順調な伸張もあり、1997年以降は、一 [続きを読む]
  • イタリア議会が解散総選挙 選挙制度まとめ
  • 昨年(2017年)12月28日、にマッタレッラ大統領は議会を解散する大統領令に署名し、上下両院は解散しました。上下両院の全議席の選挙を同時に行います。総選挙の投票日は3月4日、次の議会招集日は3月23日と発表されましたので、2ヶ月間という長期間にわたって選挙キャンペーンが繰り広げられることになります。この機会に選挙制度のポイントをまとめます。参考ページ:http://www.interno.gov.it/it/notizie/elezioni-politiche-vot [続きを読む]
  • イタリアの市長選挙の仕組みと今回の地方選の結果
  • 6月11日と25日(決選投票のみ)に、イタリア全国1004の市(コムーネ)で地方選が行われました。来年には任期満了による国政選挙が控えていることとから、イタリアの将来を占う意味でも注目度の高い選挙となりました。この機会にイタリアの市長選挙の仕組みと今回の選挙結果を簡単にまとめます。1.市長選の仕組み今回の地方選で選挙を行ったのは合計1009の市(コムーネ)です。うち5つの市は5月7日に投票を行ったので、6月11 [続きを読む]
  • イタリアの電気プラグ&コンセント まとめ
  • 日本からイタリアに引っ越したとき、最初に戸惑うことのひとつが電気の差込プラグ(電気製品のコードの先端についている器具, spina elettrica)とコンセント(壁についているプラグ受け, presa di corrente)の形状の違いではないでしょうか。しかも、日本と違って家庭でも数種類のプラグが並行して使われています。日本とは電圧も異なるため、差し込んで本当に大丈夫なのかという不安が常にあります。実際、日本からもってきた電 [続きを読む]
  • 2016年12月の国民投票の結果
  • 昨年7月の記事「秋に国民投票を実施」でまとめた国民投票の結果を簡単にまとめておきます。レンツィ前政権の命運をかけて行われた国民投票に付されたのは、以下のたったひとつの質問でした。(試訳)「対等二院制の克服、議員定数の削減、諸制度の運営費用抑制、CNELの廃止及び憲法第2部第5章の見直しのための諸規定」を内容とする憲法改正案に賛成しますか?憲法改正法案全文はこちら: www.gazzettaufficiale.itすでに周知のよう [続きを読む]
  • 秋に憲法改正のための国民投票実施
  • 2016年4月、議会改革を含む大がかりな憲法改正案が議会を通過しました。この法案は、この秋に予定されている国民投票で無事承認された場合に限り、実施されます。そのポイントを簡単にまとめてみました。 1. 法案の議会通過までの経緯2014年の2月に発足したレンツィ政権は、同3月、改革の大綱を発表しました。そこには、● 上院改革 (選挙廃止、手当廃止、審議の迅速化)● 憲法第5章 (州、県、市) 改正 (国と州の権限競合解消)● [続きを読む]
  • 過去の記事 …