おもろい温泉 さん プロフィール

  •  
おもろい温泉さん: (続)めっちゃおもろい温泉
ハンドル名おもろい温泉 さん
ブログタイトル(続)めっちゃおもろい温泉
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mettyaomoroionnseenn
サイト紹介文関西を中心に湯巡りしています。皆さんもご一緒におもろい温泉探索しませんか?
自由文最近そむりえになりました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供379回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/12/18 15:58

おもろい温泉 さんのブログ記事

  • ミント・リゾートイン・アリマ
  • ミント・リゾートイン・アリマは、有馬温泉郷にあります。そんな有馬温泉の中でもここはお湯がいいと、マニアのなかでは人気の施設なんです。フロントで日帰り入浴料500円を支払い早速入浴します。脱衣室はこぢんまりしています。清掃は行き届いておりました。午後1時、オープニングアタックです!やった!誰も居ません。だそうです♪こちらの画像は以前ドラム缶風呂のお湯を分けてもらった時の画像です。事のいきさつを説明し [続きを読む]
  • 兵庫県のええ温泉、野湯など行ってきましたよ〜
  • 杉本食堂は工場街の一角にひっそりと建っている住宅の路地の奥に、その食堂はありました!! うそ〜〜!?こんな場所にあるん??って感じです。ホルモン丼大990円こちらは、ホルモン焼きうどん690円テレビ、グルメ雑誌でもお馴染みの元祖ホルモン焼うどんは杉本食堂の看板メニューです。50年間変わらない秘伝のタレで焼き上げたホルモン焼うどんは、 ホルモンと麺、タレが絶妙に絡み合ったオリジナルの一品。懲りずにま [続きを読む]
  • 新穂高温泉の「槍の郷」おこじょ小屋
  • 敷地内にある「おこじょ小屋」です。有料(50円)になりますが温泉玉子もありました。北アルプスの伏流水「双六の水」は清らかで美味しいお水でした。日本で初?と言われている槍の郷名物の尻湯。足湯につかりながらお尻までポカポカ温めてくれる画期的なシステムです♪こうすると、「尻湯」でなくて「まん湯」だと言っています(汗)住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾4-8電話:0578-89-3434[でhttps://travel.blogmura.com/onsen/r [続きを読む]
  • 新穂高温泉の「槍の郷」(やりのさと)
  • 今回、秋のカレンダー撮影候補のナンバーワンのここにやってきました。ここは新穂高温泉にある「槍の郷」です。フロントです。ここで料金をお支払いします。槍の郷では趣の違う3種類の貸切露天風呂があります。40分間1か所4人までで2000円です。まずは「樽の湯」です。石造りの丸いお風呂は130cmの立ち湯で、貸切露天風呂の中では深さ日本一だそうです。檜造りのお風呂は寝湯が楽しめる造りになっています。外から見た赤と黄色 [続きを読む]
  • 合掌の森 中尾キャンプ場、薬師の湯
  • 合掌の湯の奥には女性専用の野天風呂があります。        ここが女性専用風呂薬師の湯です。        女性は混浴・女性専用両方利用できます。敷地内に源泉らしきものがありました。今回はモザイクナシです(笑)キャンプしてる人はここも使えるようです。温泉玉子なんかここで作れるみたいでした。「キケン、自己責任」と書いてあります。[https://travel.blogmura.com/onsen/ranking.html にほんブログ村 旅行ブロ [続きを読む]
  • 合掌の森 中尾キャンプ場の混浴露天風呂
  • こちらはHPからお借りしました。2017年10月20日の紅葉の様子です。こちらもHPからお借りしました2016年10月30日の様子です。で、私が訪れたのは2017年10月25日でした。施設内の紅葉はこのように最盛期を迎えておりました。でも、場所によるとまだまだ青い紅葉の葉もありましたが、今はもう2017年度キャンプ場の営業を終えられています。 日帰り入浴 (8:00〜20:00) 1人600 円合掌の湯 (男女混浴)中尾温泉湯 [続きを読む]
  • 新穂高、小さな隠し露天風呂
  • 以前来た時の写真です。露天風呂の橋をはさんだ反対側へは小さな隠し露天風呂がりがひっそりとあります。(地元の方に教えてもらいました)大きな露天風呂もいいけどこちらはこじんまりした雰囲気で湯船を独占できるのがいいですね〜お湯はかなり温め。かなり温いので入浴は夏しか無理そうですねぇ。今回は足湯で利用してみました。ここ、噂によると新穂高の湯の前の源泉なんだそうですよ〜マニアックなお話ですがこういうの大好き [続きを読む]
  • 新穂高の湯でっかい露天風呂♪
  • おもろい温泉カレンダー2018の撮影のために新穂高の露天風呂に行ってきました。ここは北アルプスの雄大な大自然に囲まれた奥飛騨温泉郷にあり、景色のよさでも人気の温泉地です。橋の上から露天風呂を覗き込んで笑っていますが・・・実は覗き込むとあんまり紅葉しておらず、(10月26日現在)苦笑いしてる私なのでした。全体の大きさのイメージが伝わりにくかったので画像を追加します。橋の上から下を見下ろした写真です。こちら [続きを読む]
  • 平湯温泉 観光案内所横にある垂れ流&つるや商店
  • 平湯温泉 観光案内所横にある垂れ流しです。 無色透明微渋鉄味微温泉臭 55.8℃ pH8.12 平湯バスターミナルから徒歩2分ほどの”つるや商店”です。地酒、土産品を販売している店なんですが温泉卵が有名なんだそう。2つ買います♪っと言ったらざるから上げてくれています。温泉につかっている卵の隣には冷水が流れ込む木の箱がありって夏はジュースなど冷やすのだろうと思います。あとゆであがった玉子を冷やすのにも使います [続きを読む]
  • 奥飛騨「蛍の湯足湯」&垂れ流し
  • 県道沿いの公園にある足湯で「蛍の足湯」です。駐車場があって、ちょうど休憩するには最高!屋根付きなので雨の日や雪の日でも安心して足湯できます♪清掃協力金100円を投入します。夏は蛍が見れるそう♪それで蛍の足湯なんですね〜温度40.2℃ pH9.49 ほぼ無色透明で硫黄臭がしました。足湯横の源泉湧出施設は何も出ていませんでした開設期間 : 通年開設時間 : 24時間 (清掃時のみ数時間不可)定休日 : 不定休電話番号 : 0578-89 [続きを読む]
  • 秋のカレンダーの撮影に行ってきました♪
  • 「2018年おもろい温泉カレンダー」を既にご予約いただいてる皆様には大変お待たせしております。今回そのカレンダーの秋の撮影(最後の撮影)に行ってきましたまだ正式な予約を受け付けてないのに既に19冊の予約をしていただいております。近日中、正式な予約を受け付けしたいと思いますので宜しくお願い致しますm(__)m早速秋と温泉のコラボを見つけ、ご満悦のおもろいです♪こののれんを見るともうどこなのかお分かりですよ [続きを読む]
  • 東鳴子温泉 「まるみや旅館」
  • 東鳴子温泉「まるみや旅館」に来ました。ここに来た理由はブログ友達のきくちゃんにお会いしたかったから。友達と言ってもネット上のお付き合いでお会いするのは初めてのことでした。「こんにちは〜来ました!」という私。驚いた顔押して目が点のきくちゃんさんでした(笑)帰りの飛行機の時間が迫っていたので長居ができず残念だったのですが、簡単に館内を見せていただきました。共用自炊場です。共用と、各部屋の炊事場と両方あ [続きを読む]
  • 鳴子温泉 「東多賀の湯」
  • 鳴子温泉「東多賀の湯」にきました。玄関前ロビーです。今回まっとうな温泉を使おうとしたのだけれど時間外で使用できず残念でした。ではさっそく入浴いたしましょう。左が女湯、右が男湯です。脱衣所は狭いです。3〜4人でいっぱいかも。泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉、泉温50.2℃、pH:5.9。こちらも、3〜4人入ればいっぱいの浴槽ですがラッキーなことに貸し切り状態で入浴することができました♪ [続きを読む]
  • 中山平温泉「名湯秘湯 うなぎ湯の宿 琢?」 鶴の湯
  • 「鶴亀の湯」とよばれる男女交代制の露天風呂です。「鶴亀の湯」露天風呂へは本館の左側に。階段を降りて行きますと入り口があります。ここが小屋登の入り口です。これ。鶴亀の湯の入り口ににあったんですけど・・・何?…。知ってる人教えて〜(笑)男女別の脱衣所があります。脱衣場の扉を開けると・・・【男女交代制露天風呂】『岩風呂鶴の湯』お湯の色は少し黄緑がかっていて、広々として開放感がありました。やっぱり同じ泉質で [続きを読む]
  • 東北に行ってきました!その3(最終回)
  • 中山平温泉「名湯秘湯 うなぎ湯の宿 琢?」に来ました。ちょっと人力車に乗って撮影しました♪画像奥の右側が女性用左側が男性用の内湯で、その各サイドから混浴露天風呂に入れます。続いて「鶴亀の湯」とよばれる男女交代制の露天風呂に。茅葺き屋根が素敵な湯船の鶴の湯。続いてやってきたのは東多賀の湯。とにかく硫黄臭の強いお湯でした。だからこそ、こんな工夫がしてありましたがその工夫わかりますか?ケロリンの桶がこんな [続きを読む]
  • 泥湯温泉内湯と混浴露天風呂のある「天狗湯」
  • 入湯券発売所から振り返るとこの南天の木が見えました。日帰り入浴は2つのお風呂に入れますが、この看板の右側に「天狗湯」左側に昨日ご紹介した「露天風呂(野天湯)があります。天狗湯の男女別の入り口です。ここは男女別の内湯と混浴の露天風呂があり混浴露天風呂は湯船が2つあります。外観を撮影しようとスマホを探しています(笑)ここが女湯の入り口です。男女別脱衣所は広くありませんが、棚があって綺麗にしてありました [続きを読む]
  • 泥湯温泉 露天風呂
  • 泥湯温泉(どろゆおんせん)は山を越えると宮城県という秋田県の最南端にあります。泥湯温泉 奥山旅館の日帰り入浴券はこの小屋で売っているのですが、名物の黒玉子もここで買うことができます。水にさらしてました。殻が真っ黒の茹で蒸し卵。 殻をむくと中は黒くありませんでした。当たり前か(笑)どちらから先に入ろうか迷いましたが、まずは男女別の露天風呂から。左は女湯、右側に男湯があります。脱衣所は広く棚がありました [続きを読む]
  • 鳴子 鬼首かんけつ泉露天風呂
  • 半分は屋根付きで半露天状態の混浴露天風呂。お湯は無色透明・無味無臭で湯温は、この日は38℃程度のぬるめでした。30人は余裕で入れそうなかなり大きな露天風呂ですが、実はここ、滅多に裸で入っている人はいないそうです。それで、土日になると観光客が沢山いて、足湯を楽しんでいるそうです。この日は若干の雨模様でしかも平日ということもあって、観光客がほとんど居ない状況のだったので貸切でこの露天風呂を楽しむことが出来 [続きを読む]
  • 鳴子 鬼首かんけつ泉
  • 入園料は 大人 400円 小中学生 200円鬼首かんけつ泉は、鳴子温泉郷の鬼首温泉にある間欠泉を見学する施設です。紅葉シーズンの10月7日(土)〜11月12日(日)は、休まず営業するとのことです。露天風呂まであるその名所は鬼首かんけつ泉には、3か所の源泉があります。そのうち、2つは吹きあがる間欠泉、残りの1つはブクブク沸くだけの源泉です。ブクブクと沸く「玉乃湯」は、まさに源泉という雰囲気。熱そうに湯け [続きを読む]
  • 嵐の中、野湯散策してきました!
  • 東北シリーズの途中ですが、ちょっと箸休め♪台風の中、野湯を見てきました。ニューアストリア、コチラ喫茶店のカツサンドは超有名です。もう何にするかは決めていました!カツサンド(野菜入)700円コーヒー400円(セット割-200円)パンはトーストしてあって、あったかくて柔らかい〜!その上揚げ立てのヒレカツが更に柔らかい〜〜!! またしても台風の中やってきました。台風ですが源泉の様子は静かで、穏やかです。底には堆積物が溜ま [続きを読む]
  • 東北に行ってきました!その2
  • 鬼首かんけつ泉は、鳴子温泉郷の鬼首温泉にあって、間欠泉を見学することができます。 着いたらちょうど吹いていました。実は施設内に露天風呂があって、入ることができるんです。温泉までもう少しというところにこんな場所があります。ココで立ち止まる事は禁止されています。硫化水素ガスがあちこちで噴出しており、長時間立ち止まっていると死亡する危険性もあるとか。泥湯温泉(どろゆおんせん)は山を越えると宮城県という秋 [続きを読む]
  • 赤倉温泉 湯守の宿 三之丞 ひょうたん風呂
  • 最後にここの温泉をご紹介します。内湯の「ひょうたん風呂」です。露天風呂の脱衣スペースより広くて、洗面台・ドライヤーが完備されていました。3人くらいでいっぱいになるくらいの広さです。男女入れ替えで細かく時間が区切られています。入浴中に男性の時間になってしまって、外から声をかけられて慌ててでました(笑)湯口から間断なくお湯が投入されていました。こちらで使われているのは2号泉で、基本的には1号泉とほとんど [続きを読む]
  • 赤倉温泉 三之亟 露天風呂
  • 岩風呂の次は男女交代制の露天風呂へいきました。混浴の脱衣所に比べると格段に小さな脱衣場でした。階段を降りると露天風呂があります。 小国川沿いに面しており、川のせせらぎを聴き、自然の風や光を浴びながらゆっくりとご入浴できます。露天風呂はあまり大きくなく3〜4人でいっぱいになるくらいの広さでした。泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉 53.5℃ pH7.9使用源泉は2号泉で、加水してますが掛け流しの湯使 [続きを読む]