おもろい温泉 さん プロフィール

  •  
おもろい温泉さん: (続)めっちゃおもろい温泉
ハンドル名おもろい温泉 さん
ブログタイトル(続)めっちゃおもろい温泉
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mettyaomoroionnseenn
サイト紹介文関西を中心に湯巡りしています。皆さんもご一緒におもろい温泉探索しませんか?
自由文最近そむりえになりました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2015/12/18 15:58

おもろい温泉 さんのブログ記事

  • 恋人の聖地!? 三段壁 足湯
  • 再びここにやって来たおもろいです。はい、ここは三段壁の足湯です。ガッカリ台風の被害でやってませんでした(>_三段壁の足湯には縁の無いおもろいです。実は、前回来た時も来るのがが10分遅かった為、お湯が入っていませんでしたでも、こんなに絶景なんです♪今度こそ三段壁の足湯に浸かれますように・・・余談ですが・・・この三段壁が2016年4月『 恋人の聖地 』 に認定されました!足湯がやってなかったのでこの辺りをちょっとうろ [続きを読む]
  • 和歌山某所、湯の華いっぱい滑る垂れ流し♪
  • 場所は内緒ですがここは、白浜の某所です。「きっとお役に立てるかと存じます。」そんなメッセージを添えてある方がこの場所を教えてくれたのはもう随分前のことです。いつもは閉まってる小屋のドアが開いてますね!そう、この日は点検の日のようでした。肉眼では向こうの方の船がはっきりと見えるんです。手前は天然のプールのようになっています。これ、余った源泉を捨ててるんです。何とももったいない・・・この源泉を浴びようと [続きを読む]
  • 「湯崎浜広場足湯」とインスタ映え間違い無し!パンダアイス♪
  • 「湯崎浜広場足湯」は源泉かけ流しの足湯で、一度に14人が利用可能の足湯です。ただ、源泉が高温で、かけ流しのため常時加水はされているそうです。足湯の左側に見える建物は公衆浴場で自動販売機もあり、便利です。ご覧の通り、白良浜方面の景色を楽しめます♪泉質:含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉温泉名:礦湯(まぶゆ)2号泉温72.5℃ 浴槽温度41℃ 湯崎浜広場足湯定休日 / 年中無休料金 / 無料駐車場 / フィッシ [続きを読む]
  • とれとれ市場
  • 白浜に来たらまず食べたいのはやっぱり、海の幸!ということで、白浜に着くや否や西日本最大級の魚市場「とれとれ市場」にやってきました♪店内はこんな感じです。※写真はHPよりお借りしました。和歌山産の真鯛とつばすです。値段は非常にリーズナブルで鯛が1匹1000円程。ツバスは1匹500円それぞれお刺身にしてもらいました♪もちろん、調理代は混みです。ということで、買った魚を持ってこちらにやってきました!とれと [続きを読む]
  • 白浜に行ってきました♪
  • 白浜に来たらまず食べたいのはやっぱり、海の幸!ということで、白浜に着くや否や西日本最大級の魚市場「とれとれ市場」にやってきました♪入り口を入るとすぐに目についたのがパンダのぬいぐるみでした♪次に、買った魚を持ってこちらにやってきました!とれとれ市場内で販売している魚介類などの食材を持ち込んでこちらでバーベキューが楽しめるんですよ〜♪デザートはこちらで♪夏ももう終わりなのでやってきたのがこちらです。 [続きを読む]
  • 2019年めっちゃおもろい温泉カレンダー予約開始します!
  • 皆様大変お待たせ致しました!今年も来年のめっちゃおもろい温泉カレンダーを作成致しましたので予約を開始させて頂きたいと思います。今回、どれくらい注文が必要なのかを確認したいと思いますので欲しいと言ってくださる方は是非、予約してくださいね!昨年も卓上カレンダーを販売したのですが、1400円で販売致しました。注文する部数が少ないのでどうしても割高になっちゃって・・・ゴメンなさい。なのであまりおススメもして [続きを読む]
  • 「くつろぎの郷 湯楽」とカレンダーの補正作業
  • 以前取材でお邪魔した「くつろぎの郷 湯楽」に再訪問してきました。くつろぎの郷 湯楽では「岩の湯」と「檜の湯」の2つのテーマ風呂があり、 男女日替わりで入れ替え制です。各月の奇数日は男性(岩の湯)・女性(檜の湯)偶数日は男性(檜の湯)・女性(岩の湯)となり、この日は女性が檜の湯でした。前回訪問時と反対で良かったです♪「あひる横町お祭り風呂」約1000羽のあひるを浮かべたお風呂です。こちらはお子ちゃまたちに [続きを読む]
  • 海と一体化した天然の露天風呂♪
  • 野湯ばっかりですみません。今日で勝浦の記事はおしまいです。もうしばらくお付き合いくださいね〜じゃ〜ん!いきなりですが、ここは潮だまりではありません。正真正銘の源泉かけ流し、海と一体化した天然の露天風呂です♪ほら、ここが湯口です。湯の華で白くなってますね!温度を計ってみると39度。舐めてみるとこんなに海に近いのにほとんど塩の味はしません。湯口付近は硫黄臭でいっぱいです♪でね、実はここ温泉旅館跡なんで [続きを読む]
  • 和歌山県 串本町 湯の谷のポリバス温泉♪
  • ここは和歌山県串本町某所。写真は単なる掘っ立て小屋にみえますが、ここは野湯マニアの間では有名な温泉の源泉小屋なんですよ〜小屋の右側からこのように白いものが流れ出ていましたが・・・これは透明なお湯なのですが、白い湯の華がたくさんあってこのように白く見えているのでした。白いホースが見えていますね!このホースをたどっていくと・・・じゃ〜ん!ホースをたどっていくとここにつながっていました!ステンレス浴槽の湯です [続きを読む]
  • 海岸の筒から湧き出る温泉
  • トンネルを抜けると・・・海岸に出ます。そこには、ぽつりとこのような筒があるだけですがナント、ここから温泉が湧き出ているんです。どうやら廃業温泉の源泉のようです。浅いですが、尻湯だけならできます♪温泉は30℃ちょっとで薄い塩味がします。記念撮影してみました。結構風が強かったです。 [https://travel.blogmura.com/onsen/ranking.html にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ(文字を )]↑この度ブログ村登 [続きを読む]
  • 海に入った後は、廃業施設の源泉で♪
  • 実はここ、今回訪問した最後の温泉でした。海の近くの野湯に行って、満潮だったので海水にもどっぷり浸かって塩まみれになってしまいました。で、塩を落とそうとここにやってきたおもろいでした。ここは勝浦某所です。※以前来た時の写真です。そうそう、以前来た時はここでセルフまぐろ丼を食べました♪ほら、めちゃ美味しそうでしょ?1パック200円のまぐろを3パック程使用しているのですが、安いからって乗せ放題です♪(笑 [続きを読む]
  • インスタ栄え間違えなし!勝浦「花咲きまぐろ丼♪」
  • 勝浦に来るとたいてい、まぐろの自販機で200円のまぐろを購入しセルフマグロ丼を作るのですが、今回はどうしてもカメラマンさんに食べさせたいまぐろ丼があって那智勝浦駅前にある「お食事処大和」に来ました♪店内は満席でした。実は、外に名前を記入する紙があって待ち人数1組で3分も待てばすぐに入れました♪じゃ〜ん!こんなん出ました!!(特製大和丼DX・2000円)出てきた丼は、まるで花びらのような盛りつけでマグ [続きを読む]
  • 勝浦でまぐろを買って、まぐろを食べて、温泉に入ってきました♪
  • いきなりですが、やってきたのはまぐろの無人販売店です。ここは新鮮なまぐろが全て1パック200円なんです!まぐろのカツも200円なんですよ〜以前来た時はここで200円のまぐろを買い込んでほか弁でご飯を買ってセルフDEまぐろ丼を作りました♪この日は、クーラーボックスを持ってきたのでお土産にまぐろのカツを買い込んで持って帰りました♪勝浦と言えばやっぱりまぐろ♪お昼は「お食事処大和」で♪じゃ〜ん!こんなん出まし [続きを読む]
  • 赤倉温泉 「癒し温泉の宿遠間旅館」
  • ここは「赤倉温泉 遠間旅館」です。温泉ソムリエであれば一度は訪れてみたい温泉宿ですよね!そう、ここは温泉ソムリエ家元のお宿なんですよ〜♪お家元の旅館がどんな雰囲気なのかとても興味が湧きます。今回は日帰り温泉で利用させて頂きました♪入浴料は大人500円玄関は広々としていて和風な感じでした。それでは早速入浴させていただきましょう♪女湯の脱衣場は手狭な感じでしたが、清潔感があってとても気持ちよく着替える [続きを読む]
  • 赤倉温泉足湯公園
  • 赤倉温泉足湯公園には無料で利用できる足湯があります。泉質:カルシウム・ナトリウム・マグネシウム−硫酸塩・炭酸水素塩泉ph:6.6 (中性)泉温:51.1℃湯船によって、熱め、温かめ、冷たい目と温度を変えています。妙高山から引湯した源泉を使用しているそうです。こちらはペットが利用できる足湯です。赤倉温泉足湯公園の近くを森林セラピーロードに指定された“妙高高原自然歩道”が通っていて家族でも楽しめます。駐車場 [続きを読む]
  • 尻焼 温泉ダイブ
  • おもろい温泉の動画の中で、視聴回数 6200 回近くの動画です。なぜこの動画がこれ程にも視聴回数が多いのか・・・その秘密は、「撮れた?」っておもろいが言ってるのですがどうやら(ブラが)「取れた!」と勘違いしてるようです(汗)尻焼温泉の魅力は何と言っても「川の湯」と呼ばれ、長笹沢川を堰き止めて作った巨大露天風呂です。温泉名は「尻を焼いた」、つまり、河底から湧き出す湯で温められた石に腰を下ろして、痔を治したこ [続きを読む]
  • 新潟県 某所 野湯 「滝見露天風呂」
  • 今回行ってみたかった野湯に急遽、挑戦してみようと決めました。ハイヒールを履いていますが、来る予定ではなかったのでお許しください。ルートは詳しくはご紹介できませんが、かなり険しく細い登山道を登っていきます。道中、滝が見えました。リンドウが咲いて居たり、オニヤンマが居たり・・・登山道では、あちらこちらに、お湯が湧き出ていました。 ここまでくると更に過酷になってきましたが、まだまだ登っていきます。この後、ロ [続きを読む]
  • 燕温泉 黄金の湯
  • この先に黄金の湯があります。少し歩くと黄金の湯へ到着です。こちらが黄金の湯の入り口です。黄金の湯は男女別の露天風呂です。料金は無料ですが、お賽銭を入れましょう。黄金の湯は幾つもの巨大な天然石を連ねた野天風呂です。湯船と脱衣所は男女別になっています。※この写真は前回訪問時に撮影した写真です。源泉そのままのお湯は白濁していて、硫黄のにおいがします。前回黄金の湯に訪れたのは秋でした。この温泉が黄金の湯と [続きを読む]
  • 燕温泉 河原の露天風呂
  • 燕温泉温泉(つばめおんせん)は新潟県の南部、妙高市にあって 登山でも有名な妙高山の東麓、標高1,100mのところにある温泉地です。温泉街からしばらく歩くと、この標識が見つかります。更にもう少し歩いていくと黒い橋が見えてきます。この橋(妙仙橋)を渡るともうすぐです。橋の下の小道を歩きます。温泉までの道のりはまさに秘境です。あっ、見えました。ここです!無料ですが、お賽銭を入れましょう。簡素ですが、男女別の脱 [続きを読む]
  • 夏のカレンダー撮影に新潟方面に行ってきました♪その2
  • ゆっくり目に蓮華温泉を後にし、ランチのお店を探しつつ糸魚川市内をうろつきましたが、日曜日だったので行きたいお店は行列・・・仕方なく高速に乗り、SAでランチを取ることにしました。で、ランチはここに決めました!【北陸自動車道】新潟県名立谷浜なだちたにはまSAは日本海を間近に望み、晴れた日には佐渡島が見えることもあるそんなSAです。おもろいが食べたのは白えび天そば 530円いつもはうどんなのですが、は何故かこの日は [続きを読む]
  • 白馬岳蓮華温泉ロッジその3
  • さて、写真撮影の為ロッジを出たのは9時前でした。ちょっとゆっくり目のスタートですね!ぐるっと一周1時間ほどかかる道のりをここから歩き始めます。4つの混浴露天風呂はロッジの裏手のこの看板から山道沿いに点在しています。それぞれ景色も泉質も異なる温泉ですので楽しめますよ〜♪10分ほど歩いたところでまず最初にあるのは「三国一の湯」なんですが・・・残念ながら今回はお湯が入ってませんでした仕方がないので前回訪問 [続きを読む]
  • 白馬岳蓮華温泉ロッジその2
  • おはようございます!!朝になりました 気持ちの良い目覚めです〜♪疲れていたのかな?ぐっすり眠れました。朝食は6時からですが、まだ、誰も居ません。お腹が空き過ぎておもろい一人、フライングで食堂にやってきました(笑)朝食は、山小屋としても旅館としても、とてもシンプルです。朝食 玉子焼き・香の物・佃フキの煮他 海苔 ご飯 お味噌汁ご飯おかわり!!いっぱい食べて今日も温泉頑張るぞぉ〜。朝食後は一休みして、 [続きを読む]
  • 白馬岳蓮華温泉ロッジその1
  • 蓮華温泉までの道は、全面舗装されてはいるのですが、道幅は狭く、コーナーが連続する細めの林道を長い距離走って来なければなりません。この蓮華ヒワ平ゲートが見えればあともう少しです。蓮華ヒワ平ゲートは6月中旬頃〜10月下旬位までしか開いていません。その他の時期はこれより先、車での侵入はできません。夕食は5時45分から。到着が夕食の時間に10分ほど遅れてしまいました。疲れたぁ。お腹空いたぁ。駐車場に車を止 [続きを読む]
  • 姫川温泉 朝日荘 天望露天風呂
  • いきなりですが朝日荘に行く途中に大糸線の1両列車とすれ違いました。詳細は後程ご説明しますね!ということで、昨日は岩風呂の女湯と混浴大岩風呂をご紹介しましたが今日は天望露天風呂をご紹介したいと思います。天望露天風呂への階段。宿から一旦外へ出て、外部の階段を上った先に天望露天風呂はあります。天望露天風呂は宿の中からも上がって来れます。姫川と大糸線の橋が見えます。天望露天風呂は男女それぞれに分かれていま [続きを読む]
  • 姫川温泉 朝日荘「混浴大岩風呂」
  • 姫川温泉 朝日荘は長野県小谷村にあります。こちらは、長野県にあるんだけど新潟県を通らないと行けないんです。向いに流れる「姫」とはやさしい名前の川なのですが、度々の氾濫で暴れ川の異名がつくほどだったそう。。。「姫川温泉 朝日荘」ここはかつてはもう少し栄えていたのかもしれませんが、今はひっそりとしたそんな旅館でした。玄関から入るとチャイムの音がして、奥から女将さんらしき方が出て来られました。日帰り入浴料 [続きを読む]