tete98 さん プロフィール

  •  
tete98さん: 設計図なし
ハンドル名tete98 さん
ブログタイトル設計図なし
ブログURLhttp://nopran2.blog.fc2.com/
サイト紹介文世界にたった一つのムダ格好いい
自由文思いつきで、ムダに細かく役立たずなモノを製作しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/12/18 22:07

tete98 さんのブログ記事

  • ケモノ道には程遠い
  • さて前回拾号を記念してネジロボの歴史を振り返った訳ですが、ここで心機一転!装いは全く変わらずの続きでございます。拾壱号「エルゲンハルト」パーツ量的に大作だったかも知れない前回のファンミルにおいて自分の中では割と好評でした獣型ロボ。今回もそういうスタイルで攻めてみます。とは言え、真っ先に普通の脚を作ってしまった。なので腕の長さで人型らしさを変えてみます。前傾姿勢。頭も上より前へ。如何にも攻めて来そう [続きを読む]
  • スマートネジロボ 壱号〜拾号 遍歴(募集広告付き)
  • ネジロボのスマートなバージョン製作も遂に二桁の大台に乗りました。そこで勝手に振り返ることにしました(笑)どの様に変化していったか、自分なりにおさらいしてみようと思います。まずは記念すべき?一体目。壱号「サーベドラ」兎に角シンプルを目指した一体目。余計な物は一切付けない細身の体が物凄く新鮮でありました。弐号「スティーンゼル」ライターヘッドを初めて使用しました。ただそこに行き着くまでに特に頭の部分は何 [続きを読む]
  • 拾号 記念中作 ファンミル 後編
  • 拾号「ファンミル」後編です。前回、獣型を謳ってた割にはやや迫力不足だった頭部部分。そんな時、息子があるパーツを拾ってきたので早速取り付けてみる事にしました。ムムムッ! これちょっと、獣っぽくなったんじゃないかい?ありがとう息子‼?さらに背ビレに見える様なパーツを追加で獣っぽさを強調。そしてお馴染みまるでゴジラの様な小さなお手手も健在。少し悩んでいたポージングに関しては足に動きを付ける事によって躍動 [続きを読む]
  • 拾号 記念中作 ファンミル 前編
  • さてスマートなネジロボも区切りの拾号目を迎えました。ここは一つ、区切りっぽく少し趣向を凝らした仕様にしよう・・・なんて思います。拾号「ファンミル」毎度御馴染み、いわゆる太もも部分を今回少し複雑強化。いつもより少しガチャっとした関節に。何と今回は2本足なのに4本足という久々にやや、ややこしい仕様になりました。ここからは、人型というよりは獣型に近い形を目指します。毎度決まってるようで決まっていないネジ類 [続きを読む]
  • グローで苦労知らずの9号
  • スマートな螺子ロボ、スマネロシリーズ第9弾。今回は玖号(9号)バーゲンボッシュを紹介します。まず毎度の事ながら足の部品をこさえます。これ、毎回数が増えてきているので、先にパーツを大量生産できるロボを製作したいところです。組み合わせるとこんな感じ。次に100均で見かけたグロー球。最近白いモノが多かったので、この素材と色を見つけてピーンときました。何かと背負わせるのが大好きですね。バランスと固定法などを修 [続きを読む]
  • マッドマックス フーミーロード⑥ 完結編
  • マッドマックス風味なプラモデルを紹介しています。今回はついにその完結編⁉?高校生時代から作り始めた設計図なしのマッドマックスプラモデル。映画やそのパンフの写真のみを参考に基本的には全く似ても似つかぬただただ雰囲気に徹した無謀なデザインの数々。そんなプラモデル達が約30年?もの間捨てられることも壊されることもなく我が家にあり続けたことに驚きを隠せない今日この頃であります。2015年に公開された映画「怒りの [続きを読む]
  • 捌号(ハチ)デリーフィアの巻
  • 久々の更新です。段々次が何号か分からなくなってきました(笑)捌号(ハチゴウ)です。読み方も分からなくなりそうです。お馴染みの足回り。ここの所、小柄で安定した重心が好みです。未だに滋賀のホームセンターでしか見た事のない斜めのパーツはもう残りわずかとなりました。またまた◯◯キャノン的なパーツ。音による攻撃でもするかの様にただの空洞。駅のホームで駅弁を売っている姿を思い出します。背中の部分が薄っぺらでロ [続きを読む]
  • 新しい関節技を(やっと)開発した話
  • そうなんです。螺子ロボで使用できる新しい関節パーツを偶然作り出せたんです。螺子ロボの関節と言えば、今までは・・・の様に、主に100均パーツ流用か、市販の金具を利用しておりました。これらは、螺子ロボ作りの諸先輩方&御師匠様方がやっていたやり方を、見様見真似でパクった(笑)技ですが、格安とはいえ、かなりの数を使いますので、製造費(誇大表現)を抑える意味でも何か良いアイデアが無いものかと時々は考えておりまし [続きを読む]
  • ストフベルゲンの完成形
  • 前回の終わりより少し装飾が追加された漆号ストフベルゲン。それらを踏まえてもやはりバランスの悪かった腕回り。まずこれを、小さいサイズにしてみます。大きめのものもアリではありますが、ここは小さな腕にスイッチ。次に短めだった足回り。チェーンパーツを延長追加。ここで前の仮完成体と比べてみます。こちらが仮完成体。そして完成体へ。これでイメージしていたショート丈の極太安定足ロボになった気がします。漆号(しちご [続きを読む]
  • future gun 風
  • 戦車プラモ熱が漸く一段落し、大量の塗料が余ってしまったので何か別なモノに活かせないかと色々ネットを調べていたところ、ちょっと興味深い画像を発見しました。それはカラフルなプラスチックのオモチャの銃にリアルなウェザリング塗装を施したものでこれは中々面白そうだなという事で今回は百均の銃をウェザリング塗装してみます。これはまさにオモチャの銃(笑)表面を少しだけ擦ります。後はただ塗るだけ。フラットブラック、 [続きを読む]
  • 漆号(しちごう)ストフベルゲン 前編
  • 陸号 デラトーレスがだいぶ大きくなり過ぎたので少しこじんまりとしたサイズのロボをこさえようと思います。今回意識したのは足回り。細長過ぎたデラトーレスを踏まえて極太安定足を目指します。小さなサイズにしたかったので早めに肩を形成。ネジ穴が合ったので初の滑車パーツを使用。全体のバランスを見て取り付け用のパーツを追加。いつものパーツを使いつつも、違う雰囲気を出していきたい。かなり極太な感じが出てきました。 [続きを読む]
  • またまた設計図通り作ったのか!
  • 戦車プラモデルも、Ⅳ号、Ⅲ号ときたら次は当然Ⅱ号です(笑)こちらのプラモデル、実は中古ショップで800円以内で購入できます。パーツ数も明らかに少なく初心者にも作りやすそう。実際、Ⅲ号との同時進行でⅡ号の組み立ては9歳の息子に頼みました。サーフェイサー終了後、ダークイエローを筆塗り。全体が小さいので割と早く塗り終わりました。そして軽く墨入れ。この辺もⅢ号と同時進行。むしろ車内塗りがあったⅢ号より早くウェ [続きを読む]
  • 陸王じゃなくて陸号
  • さて前回無事に立ったクララじゃなくてデラトーレス。装甲板風な骨格に覆われた強靭そうな上半身に比べて何とひ弱な足回り(泣)これではバランスが悪過ぎるという事でチョイ補強。まだまだぁ!うむむー!ついでに体幹まで補強。もはやカオス状態⁉?足回りを強化したら腕回りがか細いとか・・・じゃあ腕周りも強化ー!装甲なんかをそうこうしている内に割と最大級のサイズになってしまいました。そこんとこヨロシク。陸号「デラト [続きを読む]
  • 仕事で日本一周しています 其の五【北陸編】
  • 実は数ヶ月前まで仕事で日本一周をしていました。約3ヶ月ちょっとの道程です。そこで自分なりに気になった風景を紹介します。中には全くその土地を感じない写真もありますけどね(笑)【富山県 高岡駅】9と4分の3番線。【富山県 ヒスイ海岸】正直、皆ヒスイに見えます。【石川県 金沢駅】未来感ハンパない。【石川県の田圃道】ググった最短ルートがこれ。【石川県 金沢城跡】石垣は美しい。【石川県 千里浜】気分はカリフォルニア [続きを読む]
  • ライターヘッド
  • ネジロボの頭の部分には、最初から色々試行錯誤でした。因みに大柄体格だったファーストネジロボ達の頭は頭っぽいパーツ選びに四苦八苦してちょっとバランスの悪い少し大きめなモノになってしまいました。と、まあこんな感じです。そこでセカンドシリーズでは、弐号から、新しい頭パーツを使ってみる事にしました。それがこのライターで使われている部品です。こちらのパーツは実にちょうど良いサイズで色々な形のものがあり、しか [続きを読む]
  • まさかの可変?
  • さて旅先から戻りまして、改めて陸号「デラトーレス」の製作続きです。旅先での限られた部品からできたイメージにちょっと味付け。まずは飛行形態っぽいデザインだったので脚というより着陸できるようなスタンドを付けてみました。フロントっぽい部分には、装甲板みたいなモノ?後ろに伸びた四つの関節パーツを一応、腕の形に。装甲板をもっといかつく。ネジ穴が大量に余ってたので取り敢えず穴埋め。おお、何か可変式のネジロボに [続きを読む]
  • また設計図通り作ったのか
  • 約30年振りのプラモデル作りが結構楽しかったので、また作りたくなってしまいました。道具も色も沢山買っちゃったしね。今回はIII号突撃戦車。 通称III突!ガルパンのとは仕様が違うと後から気づいた(笑)そこまで拘ってはいないけど・・・まず素組。エッチングパーツって昔からありましたっけ?せっかく上下に動くサスでしたがサーフェイサー吹いたらだいぶ動きが鈍くなってしまいました。そりゃそうでしょう。室内スプレーが前 [続きを読む]
  • 久々に設計図通り作ってみた。
  • 息子のプラモデル作りを見守っているうちに、自分も久々にプラモデルを作ってみたくなりました。しかしながら設計図通りに作るのは約30年振りと言う事で・・・しかも、1度もちゃんと作った事がないAFV系プラモデル! 多少「ガルパン」の影響もある訳で。バリを取ったり、ヤスリをかけたり、テキトーなネジロボとはわけが違います。これが逆に難しい(笑)昔はある程度筆塗りしてからの、組み立てをしていましたが、プロは(普通) [続きを読む]
  • 仕事で日本一周しています 其の四 【九州編パート2】
  • 実は数ヶ月前まで仕事で日本一周をしていました。約3ヶ月ちょっとの道程です。そこで自分なりに気になった風景を紹介します。中には全くその土地を感じない写真もありますけどね(笑)【鹿児島県 長崎鼻】天空への階段。こういう風景好きです。薩摩富士開聞岳。青が眩しい伏目海岸。【宮崎県 青島】ネコちゃんのお出迎え。上手くいけばウユニ塩湖。名物、鬼の洗濯板。青島神社。【宮崎県 高千穂峡】写真じゃそのスケールが伝わらな [続きを読む]
  • 旅先にて
  • さて3ヶ月も地方へ仕事に出ているとネジロボ作りに関しての禁断症状が現れてきます(笑)でも地方ですから材料も道具もありません。という訳で、仕事の合間に地元のホームセンターへ行き材料少々と道具少々を購入しちょっとだけ作業しちゃう事にしました。これを陸号「デラトーレス」として進めます。ちなみにホテルの部屋にある材料や入れ物は全て現地調達です。自宅の在庫よりネジの数は多いかもしれません。とはいえ、材料の種 [続きを読む]
  • やっとスッキリ改
  • これだけゴチャゴチャ付けておきながらスッキリも何もありませんが伍号「インファンテ」最終形であります。先ず前回までの状態。どの螺子ロボもそうですが、改善点をあげたらキリがありません。設計図もないですしね。先ずは両肩の上にあった補助具の様なパーツは取り外しました。次にどーでもいい所ですが、ゆるロボウォーカー時代からあった脹脛辺りのチタン色のアルミパーツが少し歪んで見えていたので、スチール製の棒に変えま [続きを読む]
  • 仕事で日本一周しています 其の三【沖縄編】
  • 実は今、仕事で日本一周しています。約3ヶ月ちょっとの道程です。そこで自分なりに気になった風景を紹介します。中には全くその土地を感じない写真もありますけどね(笑)【残波岬】約30mの断崖が2kmも続いています。まるでローソク。【首里城】傘がいい雰囲気。中々城まで辿り着かない。迷路のような。という訳で首里城遠景。【気になる沖縄シリーズ】何故ニシにノース?カンニンして。仕事が丸かぶり。沖縄の至る所にある不思議 [続きを読む]
  • 伍号「インファンテ」仮完成までの道
  • 前回下半身部分まで作り込んだ伍号インファンテ。上半身までの骨格に今まで使った事のない長いパーツを使用したせいで少し変わったバランスになりました。背後から見た姿が、二足歩行する様には見えないですね。複雑な胴体部分。まだ何も特徴のない状態。どうしましょうね。背中にステー。装着してー。何でしょう?何かの反射板の様なモノ。まるでエイリアンクイーン?これ、動けますか?自分に絡まってしまいそう(笑)これでほぼ [続きを読む]
  • マッドマックス フーミーロード ⑤
  • マッドマックス風味なプラモデルを紹介しています。マッドマックスフーミーロード。今回はその第⑤弾!第5弾までくると、流石に独り歩き感がハンパないです。もはや、車である必要性を全く感じませんな。車らしさがないと言える最もヒドいアングルはこちら。はい、ババーン!何? 何があったの?多分、ガンダムの改造用に発売されていたパーツを無理矢理車にくっ付けた筈。速そうに見えるか熱そうに見えるかはあなた次第。そして本 [続きを読む]