drkgw2012 さん プロフィール

  •  
drkgw2012さん: 食で奏でる旅の記憶
ハンドル名drkgw2012 さん
ブログタイトル食で奏でる旅の記憶
ブログURLhttp://gourmet-travelogue.doorblog.jp/
サイト紹介文東京,千葉,神奈川を中心とした日本全国の食と旅の備忘録です。海外はアメリカが中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/12/22 00:50

drkgw2012 さんのブログ記事

  • シドニーのショッピングセンター (シドニー)
  • シドニーの中心地 "シティ City” にはジョージ通り George St を中心に大手デパートや巨大ショッピング・モールなどが数多く建ち並んでいます。ブランドショップや専門店からレストラン,映画などすべてがそろっているため,買い物スポットとしてのみならず,レジャースポットとしても楽しむことができます。「ピットストリート・モール Pitt Street Mall」シティを南北に走るピット・ストリート Pitt St の一部,King St から Ma [続きを読む]
  • ジョージ通り周辺 George St(シドニー)
  • "シティ City” の中心部を南北に縦断するジョージ通り George St. は,オーストラリアの有名ブランドからルイ・ヴィトンなどの世界的有名ブランドまでが所狭しと並んでおり,シドニーで最も賑わう通りです。「Grosvenor St と George St の交差点」「George St と Bridge St の交差点」「George St と Jamison St の交差点」「George St と Bond St の交差点」「George St と Martin Place の交差点」前方にはウェスティン・シド [続きを読む]
  • ビジネス中心区 ?シティ” (シドニー)
  • サーキュラー・キーから南のセントラル駅までの約 3 km に及ぶエリアは,ビジネス中心区(Central Business District, CBD)と呼ばれ,大手会社の本社や金融機関が集まるシドニーの政治と経済の中心です。単に “シティ City” と呼ばれることも多く,シドニーを象徴するシドニー・タワーや,博物館,美術館のほか,巨大ショッピングセンター,高級ブランド店なども建ち並び,いつも活気に満ち溢れています。「ブリッジ通り Bridge [続きを読む]
  • メッシーナ MESSINA サーキュラー・キー店 (シドニー)
  • 「メッシーナ MESSINA」は,シドニー No.1 ジェラートの呼び声も高いジェラート専門店です。昔ながらの製法にこだわり,添加物や保存料を一切使用していないその味は瞬く間に評判となり,2002年にダーリングハーストで第 1 号店をオープンして以来,現在はシドニーだけでも 10 店舗以上を展開し,メルボルンやブリスベンの他にアメリカにもお店を構えています。サーキュラー・キー店はサーキュラー・キー駅前にある複合商業施設「 [続きを読む]
  • 王立植物園 Royal Botanic Garden 後編 (シドニー)
  • ・・・昨日の続き「ファーム湾」植物園からはファーム湾を一望することができます。「モレトンベイ・フィグツリーMoreton Bay Fig Tree」イチジクの巨木です。ファーム湾を囲むように遊歩道が続いています。ファーム湾の向こうにはオペラハウスとハーバーブリッジがみえます。「Mrs. Macquarie's Point」オペラハウスからファーム湾をはさんだ対岸に位置する岬で,シドニーのシンボルであるオペラハウスとハーバーブリッジを一枚の [続きを読む]
  • 王立植物園 Royal Botanic Garden 前編 (シドニー)
  • オペラハウスの東側,シドニーの中心部に位置する「王立植物園 Royal Botanic Garden」は,30万平方メートルの広大な敷地を持つオーストラリア最古の植物園です。元々は開拓時代に移民たちが本国から持ってきた野菜や植物を植えるために耕し始めた農園で,現在は世界中から集めた数千種の植物が美しく配置された公園として整備されています。「Morshead Fountain Gate」「Morshead Fountain」「Governor Phillip Fountain」「Palac [続きを読む]
  • オペラハウス Badu Gili(シドニー)
  • 2017 年 6 月から 1 年間,「オペラハウス Sydney Opera House」で毎日日没と午後 7 時の 2 回,先住民アボリジニのアーティストの作品を映し出すプロジェクション・マッピング “ Badu Gili ” が披露されていました。Badu Gili とはアボリジニの部族であるガディガル族の言葉で “水の光 Water Light ” を意味します。「オペラハウス Badu Gili」アボリジニ・アートが次々と幻想的に映し出されます。Bennelong Point, Sydney NS [続きを読む]
  • オペラハウス (シドニー)
  • シドニーを象徴する建築物といえば,世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもある「オペラハウス Sydney Opera House」です。20世紀を代表する近代建築物で,2007年には世界で最も建造年代が新しい世界遺産にも登録されました。貝殻(シェル)をいくつも重ねたような,はたまたヨットの帆が膨らんだような独創的な外観はどの角度からみても美しく,シドニーを訪れる観光客の定番の撮影スポットになっています。「オペラ [続きを読む]
  • 鼎泰豊 ゲートウェイ店 (シドニー)
  • 上海料理レストラン「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は,1993年1月,アメリカ合衆国の『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」のひとつに選出されたのをきっかけに一躍世界的な知名度となりました。1996年,海外第一号店として新宿にオープンして以来,日本国内はもとより世界中に店舗展開する巨大上海レストラン・チェーンへと成長しました。オーストラリアでもニューサウスウェールズ州を中心に店舗展開する人気 [続きを読む]
  • サーキュラー・キー (シドニー)
  • シドニー湾に面するシドニー・コーブ(入り江)沿いのエリア一帯は「サーキュラー・キー Circular Quay」と呼ばれ,鉄道やバスなどの交通の要所であると同時に,フェリーやクルーズ船が発着する海の玄関口となっています。オペラ・ハウスやハーバー・ブリッジといった有名観光スポットに近く,周囲はショッピングモールや公園,レストランなども整備されていることから,シドニー観光の拠点として連日多くの人でにぎわっています。 [続きを読む]
  • ハーバー・ブリッジ (シドニー)
  • オペラ・ハウスと並ぶシドニーを象徴する建築物といえば,シドニー湾を南北に繋ぐ「ハーバー・ブリッジ Sydney Harbour Bridge」です。橋の両端には巨大な石造りの支柱(パイロン)がそびえ立ち,ここを支えにして鉄のアーチをかけ橋げたを吊り下げており,その美しく描かれたアーチの形から “コート・ハンガー Coat Hanger” の愛称でも親しまれています。全長は 1149 m で,シングルアーチの橋としてはニューヨークのベイヨン橋 [続きを読む]
  • フィリップス・フート (シドニー)
  • ロックスの George St 沿いにある「フィリップス・フート Phillip's Foote」は,自分でお肉を焼くスタイルのステーキレストランです。「フィリップス・フート」元々は船乗りたちを相手にしたバーだったため,店構えはレトロな雰囲気の英国風パブになっています。入口のパブ・エリアを抜けると,その奥は広々とした中庭になっており,屋外バーベキューコーナーとテラス席になっています。「COOK HOUSE」こちらの建物でお肉を注文し [続きを読む]
  • ティー・コジー The Tea Cosy(シドニー)
  • ロックスの George St 沿いにある「ティー・コジー The Tea Cosy」は,英国式アフタヌーンティーと出来立てのスコーンが楽しめる人気のカフェです。「ティー・コジー The Tea Cosy」こちらのカウンターで注文します。「Garden Courtyard」テーブルの上には網掛けのニットが置かれています。「Devonshire Tea」その日のスコーン 2 個と好きな紅茶が付くセットです。「Cheese & Chives」「Honeycomb Chocolate」エリザベス女王の絵皿 [続きを読む]
  • ロックス・マーケット (シドニー)
  • 「ロックス The Rocks 」の目抜き通りとなる George Street の北端,Playfair Street の交差点付近では,週末になるとマーケットが開催され地元の人のみならず多くの観光客で賑わいます。毎週金曜日は新鮮な食品やチョコレートなどの嗜好品が出店される “The Rocks Friday Foodie Market” が,毎週土日はアクセサリーやクラフト,オリーブオイルなどの調味料などが並ぶ 「ロックス・マーケット The Rocks Markets」が開かれます [続きを読む]
  • ロックス裏道巡り (シドニー)
  • イギリス移民が最初に入植してオーストラリア開拓を始めたシドニー最古の街「ロックス The Rocks」には,開拓時代を思い起こさせる石造りの建物や倉庫,石畳の小路など雰囲気のある場所が残っており,その裏道を巡るとタイムトリップをしたかのような感覚を味わうことができます。「ファースト・インプレッション」Playfair St の北側に ?ファースト・インプレッション” と呼ばれる入植記念碑があります。この石碑には入植時代を [続きを読む]
  • パンケーキ・オン・ザ・ロックス (シドニー)
  • ロックス地区にある「パンケーキ・オン・ザ・ロックス Pancakes On The Rocks」は,創業以来,地元の人に親しまれている 24 時間営業のパンケーキ専門店です。朝食時や昼時は行列ができることもしばしばです。「パンケーキ・オン・ザ・ロックス」「Short Stack」素材を生かしたシンプルなパンケーキが 2 枚のっています。ちなみに 1 枚が Single,3 枚が Regular Stack,4 枚が Long Stack です。トッピングはホイップバター,ホイ [続きを読む]
  • ロックス ?The Rocks” 後編 (シドニー)
  • ・・・昨日の続き「プレイフェア通り Playfair St」ロックスを象徴するレンガ造りのテラスハウスに石畳が続く小道で,いつも大勢の人でにぎわっています。「クロックタワー」「アーガイル通り Argyle St」「グロスター通り Gloucester St」「Australian Heritage Hotel」「アーガイル・カット Argyle Cut」歴史的にも非常に価値のあるトンネルです。かつて,オーストラリアはイギリスから囚人達が送られてくる流刑島でした。このア [続きを読む]
  • ロックス ?The Rocks” 前編 (シドニー)
  • サーキュラー・キーの西側に広がる「ロックス The Rocks」は,イギリス移民が最初に入植してオーストラリア開拓を始めたシドニー最古の街で,オーストラリア発祥の地と呼ばれています。今でも開拓時代を思い起こさせる石造りの建物や倉庫,石畳の細い路地などが残ってり,シドニーを代表する観光名所として多くの人でにぎわっています。「ファースト・フリート・パーク」「The Beacon」「現代美術館」「カドマンの家 Cadmans Cotta [続きを読む]
  • Quay & Co(シドニー)
  • 日本(港区浜松町)でオーストラリア発のカフェ「Byron Bay Coffee」がオープンするなど,オーストラリアといえばコーヒーのイメージが強くなりました。サーキュラー・キー駅前にある複合商業施設「ゲートウェイ Gateway」の 1 階にある「Quay & Co」は,ギリシャ料理やワインを楽しめるお店ですが,テイクアウト用のパンやコーヒーのメニューも豊富です。「Quay & Co」「クロワッサン」「ミックスベリー・マフィン」「カンポス Ca [続きを読む]
  • Sir Stamford at Circular Quay(シドニー)
  • サーキュラー・キー駅から徒歩 5 分ほどの Macquarie St. 沿いにある「サー・スタンフォード・アット・サーキュラー・キー Sir Stamford at Circular Quay」は,シドニー湾と王立植物園を望み,オペラハウスや街の中心までも徒歩圏内という観光に便利なホテルです。「Sir Stamford at Circular Quay」「Elizabeth Room」ロビーは伝統的な英国のクラシックスタイルです。正面で巨大なウォンバットのぬいぐるみがお出迎えしてくれま [続きを読む]
  • シドニー市内交通 (シドニー)
  • シドニーには電車(シティ・レール),路面電車(ライト・レール),バス,フェリーの各路線が広範囲に張り巡らされており,また流しのタクシーも多いため観光客にとって非常に便利な街です。「オパール・カード Opal Card」オパールカードとは,シドニーとその周辺地域の公共交通機関で利用できるチャージ式 ICカードで,日本の Suica などと同様のものです。電車,バス,フェリーのすべてで利用可能で,カード発行手数料はかかり [続きを読む]
  • 六厘舎 羽田空港店 (大田区羽田空港)
  • 「六厘舎」は濃厚スープに極太麺というスタイルを築き上げ,つけめん界に巨大旋風を巻き起こした人気つけ麺店です。かつて東京・大崎の本店は都内屈指の行列店として有名で,その長期にわたる行列が近隣の迷惑になってしまい,一時閉店となった経緯があります。2014年3 月,羽田空港国際線ターミナルの 3 階に羽田空港店がオープンしました。「六厘舎 羽田空港店」こちらの店舗は24時間営業で,出国手続き後に利用可能です。「餃 [続きを読む]