Cpt-Mikey さん プロフィール

  •  
Cpt-Mikeyさん: 隠れマネージャーCpt.Mikey慶應通信ブログ
ハンドル名Cpt-Mikey さん
ブログタイトル隠れマネージャーCpt.Mikey慶應通信ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/cpt-mikey/
サイト紹介文「もう1度、学ぶ喜びを」という言葉を胸に、新しい人生のスタートを2015年の4月からきってみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/12/22 17:31

Cpt-Mikey さんのブログ記事

  • ?恋のPOISSON DISTRIBUTION?
  • ちょっと暇になったので、ポワッソン分布で、恋愛の確率を考えてみました。 実は昔の同級生から真剣に結婚相手を探していると話をされ、そこから考えてみました。 ゆるーく考えているので、こちらも当たっているかは分かりません。 全く条件がない中では話がすすまないので、仮定してみました 【仮定】100人に1人は良い人と出会えると仮定した場合です。 ちなみに1000人に1人でも同じ答えになるはずです。 きっと [続きを読む]
  • 統計学〜高卒からの挑戦シリーズ⑯ 科目試験受けました
  • 2017年10月の科目試験1日目終わりました。 皆様、お疲れ様でした。 また明日もある方、ぜひ頑張ってください。 一応、高卒からの挑戦と、中学数学しか覚えていなかった私が統計学をクリアできるのかというところからスタートいたしまして、今日やっと統計学(A)の科目試験を受けてきました。 (^O^)/ 同じような方にも役立つことがあればと思って書いています。 ただここでは具体的にどんな問題だったとかそういった [続きを読む]
  • 統計学〜高卒からの挑戦シリーズ⑮ 科目試験前日
  • 高校数学すら全く覚えていない人、つまり中学数学しか覚えていない人が、慶應通信の統計学をクリアできるのかと本当におもったところからスタートしました。  ブログは基本、自分に向けて書いているのですが、もしかしたら同じような方もいるかもしれないと想い、自分の言葉で綴ってきました。  明日、いよいろ科目試験です。 前々日の昨日までは復習をしていましたが、とりあえず全ての章に目を通せたので、前日はブログ以 [続きを読む]
  • たのしい統計学〜パンの個数の問題
  • 試験を控えて、こんなことやってる暇はないかもしれないのですが、ずっと考えていたパンの個数の問題を自分なりに整理してみました。あれは不思議に思っていたんです。 なのでゆるーく考えてみました。 当たっているかは分かりません。X〜(μ、σ^2)がなぜ使えるのだろうってところです。P(x>x)=0.05は何を表しているんだろうかって考えてました。 xがうれるかうれないかという確率の起こりやすさなんですねーきっと。P(x=1)が正 [続きを読む]
  • 慶應通信に救われた命〜保健衛生
  • 難しいと言われる保健衛生ですが、保健衛生を学んでいたから、助けることができた命があるので、ちょっと書きます。 今年は、1月29日に心筋梗塞を起こされた方がいまして、私がたまたまその場に居合わせて、心筋梗塞の症状を見抜くことができました。 また私の場合は、心肺蘇生などのトレーニングを定期的には受けていたので、知っていたというのも実はあります。  その時は、保健衛生の知識が生かされました。 心肺蘇生 [続きを読む]
  • My Two Cents ~ English and Me
  • I teach English to students in my hometown from time to time. It is rare these days that I have to take an assessment on my Engli
    sh proficiency, but I took an old English exam for National Center Test for University Admissions some time ago. I finished it in
    20 minutes and I scored 196 out of 200. I kind of regret that I honestly answered all the questions to the best of my knowledge
    because n [続きを読む]
  • 雑談〜冗談でも怖すぎたターミネーターのネタ
  • ツイッターをのんびりの眺めていたら、こんなのがあったのでスクリーンショットをとっておきました。 ( ̄□ ̄;)!! これでしょ? 冗談でセリフもつけてみました。 『次のニュースです。 サイバーダインシステムズ社は近年よりAIの積極的導入をすすめ、今日最後の非AI社員が退職したことを受け、世界で初となる全社員がAI の企業となりました。 今後は世界と世界をつなくスカイネットの構築と拡大、そしてロボット工学を駆 [続きを読む]
  • 猫3匹
  • うちでは猫や犬には人の名前をつけています。 全員が捨て犬とか捨て猫と、そういう逆境を乗り越えて強く生きてほしいという願いからです。うちのエリちゃん(長女)ことElizabethです。 夜中に知らない人が捨てていったので、翌朝に見つけて保護しました。 今ではこうやってイスに座っていたりします。性格はほんとうにのんびりしていておとなしいですが、結構強いです。 特にお食事にはうるさく、グルメ家のようです。 またすごい [続きを読む]
  • 数学の参考文献探しの旅〜届いた
  • 注文した参考文献の参考に使えそうなものが届きました。 正確には高校の教科書が参考文献となっているのですが、出版社の指定がなく、結局選べず、前にちょっと復習で使ったものに代用することにしました。 聞いてしまえばとっても簡単!数学のシリーズです。 数Ⅰと数Ⅱは持っていたので、数A、数B、数Ⅲと数Cを注文しました。 中にはCDもついていて、解説が音声で聞けます。 きっと数学とかの本は、案外、買ったは良いけど [続きを読む]
  • たのしい統計学〜飛行機の座席の問題
  • Yahooの知恵袋の飛行機の座席のオーバーブッキングの問題がありました。 『「ある航空会社が、座席数240席のジェット機を使って東京―大阪間を運行しているとする。過去の経験から予約客の90%が当日、空港カウンターに現れる。しかし、残り10%の予約客は姿を見せないので自動的に予約取り消しとなる。そこで離陸直前の空席が生じないよう航空会社は、あらかじめ一定のキャンセル客を見込んで定員より多い256人の予約を受けること [続きを読む]
  • On Grade Point Average
  • Keio correspondence education has introduced GPA system. The major difference is that in the past, if a score was D or lower; it
    would not appear. As far as how the transcript appears is concerned, there was no such a thing as a fail. Under the old grading
    system, when converted into GPA, the lowest possible score would probably be 2.0 and considering that no grades below 2.0 existed,
    as far a [続きを読む]
  • 数学の参考文献探しの旅〜とりあえず決着
  • 数学の参考文献探しの旅は、案外、すんなりととりあえずは決着しました。 あれこれ探して教科書も良いのではとも思いました。 それは教科書がとても750円前後と安価だからなんですが、結局、教科書ガイド2000ぐらいになるので、教科書も高くつくんですよ。  とりあえず数Ⅰから数Ⅲまでさら〜っとテンポよく通して一回やってみてから、教科書を必要があればやればよいかな〜と考え直してみました。 また数学って教科 [続きを読む]
  • Quest for Math Reference Books
  • I have been considering taking Math (Basics) after I am done with Statistics, and when I look at the syllabus, high school math te
    xtbooks have been assigned as reference books. It has been well over 20 years since I graduated from high school and I do not hav
    e textbooks I used and I do not even remember the publishers of the textbooks I used either; so I went online to search for math t
    extbooks: [続きを読む]
  • 数学の参考文献探しの旅〜【超カンタンお馬鹿教科書事件】
  • 参考文献探しの旅です。 今回は数学(基礎)の参考文献として、高校数学の数Ⅰ、数A、数Ⅱ、数B、数Ⅲがあります。 本屋になかなか教科書を置いている所がないだけでなく、特に私の住んでいる場所は、本を探すとなると大変で、教科書となると、ことさら大変なことに気が付きました。 近所のお地蔵さんとカエルさん。 誰かが赤い頭巾を定期的に付け替えています。  本当に田んぼですね。 (春先に撮影) 自然にあふれてい [続きを読む]
  • どなたかご教示ください〜数学(基礎)の参考文献
  • 物は見方によるって言うじゃないですか。 サメもこんなぬいぐるみになっていると、すごーくかわいいと思います。 でも現実はこっちですね。 はい、サメは飛びます。 そして「ね、簡単でしょ?」って言わんばかりの通信教育です。 数学(基礎)の参考文献を履修要項で確認してみました。 汗 【参考文献】高等学校の教科書(数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、数学B、数学Ⅲ)志賀浩二『集合への30講』 朝倉書店、1988年 うー [続きを読む]
  • 統計学〜高卒からの挑戦シリーズ(14)〜楽しい復習
  • 10月の科目試験に向けて統計学を復習しています。3番目の娘(猫)のまりちゃんです。 (2番目はなかなか写真に映ってくれません。)こっちはたまたまリサイクルショップで見つけて、買ってきたやつです。 鞄とお茶は別です。こんなにのんびりしててよいのかというぐらい、のーんびり復習しています。 実はよく考えてみると、科目試験前に全レポートが合格しているといのは、英語II以来です。 時間こそかかりましたが、かなりやっ [続きを読む]
  • 統計学〜高卒からの挑戦シリーズ⑬〜全レポート無事帰還
  • 高校数学を忘れていても統計学はできる! 高卒で、数Ⅰ、数A、数Ⅱまでしかやったことがなく、本当に高校数学を忘れていた状態からスタートした統計学です。 いい方を変えたら中学の数学しか覚えていなかった状態でした。 はじめた頃は、あまりの厚さに、何度もくじけそうにもなりました。 終わらないんじゃないかとか。 でも絶対にできると信じて、必ず終わらせてやると決意を固めて、すごい遅いペースでしたが頑張ってき [続きを読む]
  • 統計学〜高卒からの挑戦シリーズ⑫〜レポート全部合格
  • すごく時間のかかった統計学です。 はじめた頃は改訂・統計学だったのが、時が経ち、統計学となっていました。 自分の性格から1本ずつやっていたら絶対に有効期限内に終わらないと思っていたので、とにかくテキストを理解してから4つまとめて提出すると決めて、コツコツとやってきた統計学です。  提出したのは2017年7月19日。 大丈夫だとは思いつつも、どうなんだろうと思い、ドキドキしながら、時折、覗いていたK [続きを読む]
  • タオル投入か
  • タオル投入は、セコンドに入って実際に投げた人でなければ、本当の理由は分からないと思います。 動きは4ラウンド目の1分50秒あたりで、少し気になる点が。 そこから、しばらくしてタオル投入によるTKO。 セコンドは正しい。 利いていた、利いていなかったとか、そういう話の前の以前に、安全配慮をする義務は、セコンドにはあると思います。  選手がとことんできるまでっていう話であれば、レフリーも、リングドクター [続きを読む]
  • タイタニック〜神話は迷信深いぐらいが良いのかも
  • タイタニックの語源は、古代ギリシャ神話にあります。 神話はこんな感じ。  「ディオニュソス君が、野原で一人で遊んでいると、こわ〜い巨人のタイタンさん達がやってきて、ディオニュソスを生きたまま食べ始めました。 ちょうどその時、野原を散歩していた女神さまがいて、あらま〜大変、と助けに入り、ディオニュソスの心臓だけは食べられる前になんとか回収することに成功。 生き残った心臓を、女神さま(多分、アテネ女 [続きを読む]
  • 雑談〜まずは最初の一歩から
  • 通信教育とは直接関係のないお話ですが、今日はアキレス腱の付け根あたりの痛みについてです。 実は2カ月ほど前に、とんでもなくアキレス腱の付け根あたりが腫れて、まともに歩くことができなくなっていました。 涙 前兆はありました。 特に膝蹴りといってサンドバッグに膝を入れる練習の時、かかと立ちになるんですが、その時、踵の辺りで「なんか動いた!」って感じが時折ありました。 なんとなく分かっていたんですが、 [続きを読む]
  • 【統計学の雑談】〜薬物検査の信頼性
  • 統計学を地道にやっていたら、いろんな視野が広がったんですが、その例の1つです。 こんな問題がありました。 問: 99%の精度がある麻薬検査を1回だけ受けて、結果が陽性になった場合、その人が本当に陽性(真陽性)である確率は何パーセントでしょうか。 答: 「その人が本当に陽性である確率(真陽性)は50%で、陽性とは出たものの実際には陰性である(偽陽性)の確率も50%なので、1回の検査だけで、その人が [続きを読む]