ジージ さん プロフィール

  •  
ジージさん: ジージのドイツ散歩
ハンドル名ジージ さん
ブログタイトルジージのドイツ散歩
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ji-ji1213
サイト紹介文ドイツ、ハンブルク市に在住、39年目。 海賊版の退治方法を掲載しています。 どうぞご訪問下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/12/23 06:44

ジージ さんのブログ記事

  • ロキ・シュミット庭園の紅葉
  • ハンブルクの今日の天気は15度で曇り、時々雨で、今日から低気圧の谷間に入り、毎日のように雨マークで、気温は15度前後です。天気予報のサイトには、前にも後にも低気圧、と書いてありましたからね(笑)えー、無理やり色づいた葉ばかり撮りました(笑)僕はロキ・シュミット庭園を訪れると、園内に入る前に写真を撮るクセがあります。まあその日の天気占いのような物ですね。イチョウが色づくのには、まだまだ早いようです。 [続きを読む]
  • そして博物館からお別れ
  • 長かった博物館シリーズも今回が最後です。長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。今回は、前回の記事に入りきらなかった画像からスタートしますね。調味料の棚にありました。Zucker 、砂糖と書いてあります。なんと、ふいごがありました。暖房も兼ねていると思いますが、ここで調理するのです。調味料の棚ですね。アイロンはわかるのですが、他にはなんだかわからない物がありますね。ここには国民学校がありました [続きを読む]
  • 2階の展示品
  • まだ博物館内です。しつこく写真を撮りすぎてしまいました。今日は2階に何があるかを見ます。当時の生活、キッチンなどの展示と階段の途中に書いてありました。そして階段を登ると…足踏み式のミシンですね。左側から登ってきました。ミシンの向こうの階段は屋根裏部屋に続きますが、それは非公開でしたね。最近はミシンを使える若い奥さんがいるのでしょうか。手での縫い物も出来ないような気がするのですが。ウィルヘルムスブル [続きを読む]
  • 博物館内を歩く
  • 今日は皆様に、博物館内に何があったか紹介させてください。僕にとっては非常に興味のある物ばかりで、画像がかなりあるため、退屈かもしれません。どこ社製か、興味があったので撮ったのですが、撮影失敗でした(泣)この家具は、前回掲載していましたね。掲載する写真の準備をしてから気が付きました(汗)彫刻ではなくて、模様になっている場合は、その模様を描くのではなくて、色の違う木を合わせてから削り、その後でオイルな [続きを読む]
  • ウィルヘルムスブルクとは
  • 今日は建物の中を紹介させていただくのですが、その前に、ウィルヘルムスブルクとは何かを説明させてください。この地はもともと Kirchdorf 教会の田舎、と呼ばれていて、教会があったのですが、その向かい側にハノーファーのお役所として建てられたのです。そしてこの地が1672年にウィルヘルム卿の統治下になり、Wilhelmsburg ウィルヘルムの館となりました。そしてその名前が今でも残っているわけです。Burg ブルクは城、館 [続きを読む]
  • エルプインゼル・ウィルヘルムスブルク博物館へ
  • しかし長い博物館の名前ですね。前回来たけれども閉まっていました。日曜日が開館日だ、と聞いたので、あの博物館にまた来ました。これで閉館だったら怒りますよーフェデルより13番のバスを使って、博物館前で降り、来た方向に戻ります。すると道路を挟んだ向かい側にこのような田園風景が広がります。葉の縁だけ色づくのは珍しいですね。この前は牛がもっといたのですが、今日は日曜日だからお休みでしょうか(笑)“ 博物館 ” [続きを読む]
  • 予定が思うようにいかなかった日
  • タイトルなのですが、何かいい日本語はないでしょうか。ネタばらしをすると、この日午前中は雨、午後は晴れの予報だったので、午後になって晴れていたため、傘を持たずに出かけました。まあ白い帽子は被っていましたけれど。そして最寄り駅に行くと、ダムトア駅に行く電車が中央駅止まりで、代行バスでダムトアに行くことになりました。でも代行バスはダムトア駅ではなく、元ハンブルク中央郵便局近くで降りなければなりませんでし [続きを読む]
  • インディアンの物語は終り
  • インディアンについての展示や企画がロキ・シュミット庭園で始まった時、なぜここでインディアンの紹介をするのか不思議に思いました。何度かは記事にしましたし、ロキ・シュミット庭園に来るとインディアンのテントが見えるのですが、もう興味はなくなっていましたね。とは言っても、布の買い物袋を買いましたが。ロキ・シュミット庭園にも温室がありますが、学生と教員、そして庭園マイスターしか入る事ができないのです。それが [続きを読む]
  • 色の競演
  • えータイトルは大げさすぎます(笑)このようなタイトルの方が読者の方々にアピールできると思ったので。それでも画像にある様々な色をご覧下さい。空と雲も色のうちですからねー手前に植物があって、その間から見える黄色く色づいた木を撮ったのですが、やっぱり気になりますね。どうも逆光で撮るのが好きなんです。花は気にしていませんでしたが、茎と葉からしてユウゼンギクだと思います。コスモスですが、僕は天邪鬼なので、殆 [続きを読む]
  • 今日は陽が照っていました
  • 気温こそ19度ですが晴れ、やはり陽が出ているとうれしいですね。そしてブログですが、景色ばかりだと飽きるので、花の写真も時々入れますので。電車の駅から、今日も正面玄関を使わないで、花が咲いている場所にまず向かいましたが、その前にバス停付近で撮った写真を紹介させてください。駅に着いた時には所々黒雲が見えました。ドイツの柏の木です。ドイツの柏の木は、紅葉もするし、黄葉もするので、見ていて楽しめます。黄葉 [続きを読む]
  • 白い雲と青い空
  • タイトル、そして画像は願望です。申し訳ございません、今回もお休みの記事になってしまいました。今日のハンブルクは16度で曇り、時々雨の気候で、1日中どんより暗かったですから。僕は1度掲載した画像を使う事はありませんが、今回掲載した画像については自信がありません。こんな天候だといいのですが。でも明日は晴れで19度の予報です。自分で自分のお尻を叩いて写ん歩に出かけますね。今日もジージのブログを訪問いただ [続きを読む]
  • 夕焼け空に
  • 今日のハンブルクは19度c、曇り時々雨の天気でした。まあ、この時期にはこれで普通ですから。ですから写ん歩に行く気力もなく、また資源の再利用です。これは夕焼けの時にやはりボツにした画像で、理由は太陽に絡んでいなかったからです。まあ、それでもご覧いただいて、厳しい批評をお願いします。もっと太陽に近い空を飛んでいてくれればよかったのですが、まあガンにも都合があると思います。わざわざ夕焼けに飛ぶガンの編隊 [続きを読む]
  • 田舎の風景
  • 今日も休憩で、画像も1枚だけです。その画像は、開いていなかった博物館から南エルベに向かう途中で撮りました。当時、ボツにした写真の1枚です。ボツにした、と言っても出来が悪かったのではなく、写真が多すぎたので削りました。田舎の風景と書いたのですが、ここはSバーンとバスを乗り継いで、中央駅から1時間くらいの場所ですから。緑が、自然がたくさん残っているのが、僕がハンブルクから離れられない理由ですね。まあ他 [続きを読む]
  • 休憩させてください
  • 今日、以前訪問した時に開いていなかったエルプインゼル・ウィルヘルムスブルク博物館を訪問したかったのですが、気力が全く起こりませんでした。ここのところ腰も痛いし、ブログネタがなくなりました。1日休めば快復すると思っていますが、もう少し時間がかかるかもしれません。今日行きたかった博物館です。日曜日しか開館していないので、またいつか日曜日に狙いますね。9月17日は敬老の日ですね。以前は確か9月15日だっ [続きを読む]
  • 木橋からカモのいる小川公園へ
  • 前回最後の写真の木橋ですが、違う角度で何枚か撮りました。それを比較していただきたいので、前回最後の写真を再掲載させていただきます。この橋の下には、以前川が流れていたと思われます。詳しく書きますと、この窪はカモのいる小川につながるのですが、カモのいる小川は、途中で水道水として使うために、地下に流れて行きます。その結果、今まで水が流れていた場所が干上がって、あの木橋の窪みになったのです。カモのいる小川 [続きを読む]
  • 市庁舎から公園へ
  • 本題に入る前に少し書かせてください。僕自身スマホもアイフォンも使っていませんが、多くの事を耳にしますし、時々電車の中でもそのような携帯を操作している人を見ます。そのような携帯は、小型のPCですが、PCがなんだか知らない人も扱っています。例えばクッキーとかキャッシュとか、あっ、これはPCを扱っている人も知らないかもしれないですね。閲覧履歴を削除しないと、そこから様々なデータが流れる可能性があります。ですか [続きを読む]
  • 災害見舞い申しあげます
  • 電気が回復した地域もあるようですが、今回の地震による災害は大きかったようですね。ハンブルクの電車の駅にもニュースが流れるのですが、そこでも北海道の地震を伝えていました。まだ余震がかなり続いていて不安だと思います。僕は祈る以外は何も出来ない事が悔しいです。S3とS31が長い間工事をしていたためハールブルク方面に行けなかったのですが、今日、久し振りに出かけました。天気もこのようによくて、気温は24度と過 [続きを読む]
  • 夕暮れ時の光景
  • いろいろな事情があって、今日はブログに載せる写真がなくなってしまい、夕方7時頃になって写ん歩に出ました。目当ては買い物の往復で見た、きれいに黄葉していた枝なのですが、これがことごとく失敗でゴミ箱行き。まあそれは家でPCのモニターを見てわかった事なのですが。そこから駅のホームが見えるので撮りました。これも盗撮の一種でしょうね。そのあとは夕焼けを撮りに運河の土手に向かったのです。これは運河を撮ったのです [続きを読む]
  • 楽しい祭りもやがて終り
  • 台風21号は四国、関西地方に多大な被害をもたらせたようですね。特に関空は現在使い物にならないようです。復旧作業が速く進む事を願っています。さて、今回は前回の続きです。このフェデル地区の航空写真ですが、描いたのではなくて、写真のように焼き付けたのでしょうか。祭りの大うちわです(笑)3つ並んでいるのはゴミ箱で、お手玉のような物を3個、別々の箱に入れると景品がもらえるようになっていました。本来ブルーは紙 [続きを読む]
  • ハンブルクの秋祭り
  • 台風21号は日本を縦断しそうですね。上陸したあとは駆け足になるようですが、何事もなく通過する事を祈っています。日本もそろそろ秋祭りの頃ですね。そんな秋祭りとガラッと変って、僕が住んでいる地区、Veddel 、フェデルが地域制定250年なので、そのお祭りが、僕がよく使っている買い物道路で催されました。その日はお祭りを祝うような好天でしたね。最初に250年祭、と知った時にはウソだろう、と思ったのですが、日本 [続きを読む]
  • 雨のロキ・シュミット庭園
  • この日は雨の予報でしたが、久しくロキ・シュミット庭園を訪問していなかったので、雨支度をして出かけました。この日、庭園に入るのに正門を使わず、大学内を通って庭園に行き、帰りは正門を通って出たのです。まあ花の撮影を中心に考えました。これは僕が雨宿りによく使う場所です。屋根が面白いですね。この道を通るのが、様々な花が咲いている可能性の高い場所に近いのです。正面左奥の木はカラタチです。今年は花を撮り損なっ [続きを読む]
  • そろそろ秋の気配
  • インゼルパークで車椅子バスケ世界選手権大会が開かれたあと、跡がどうなっているのか知りたかったのと、最寄り駅、およびインゼルパークがバリアフリーである事を皆様にご覧いただきたかったのです。駅を出て、左を見ました。ここは僕が住んでいる場所の隣駅です。今度は右、インゼルパーク側を見ました。今回の写真は2回に別けるのには少なかったので、かなりカットして1回に押し込みました。ですからたくさんありますよー横断 [続きを読む]
  • そしてカープ・サン・ディエゴ号とお別れ
  • 長かった話も今日が最終回です。個人の趣味で、エルプフィルの建物の写真が多く出てくることをご容赦ください。今回は、船の用語でなんと言うのかわかりませんが、最初に来た甲板に戻ります。主甲板とでも言うのでしょうか。スクリューが飾ってありました。この船が走る時には、これをはずして取り付けるそうです。↑ウソです(笑)またまたエルプフィルの建物です。窓の1つをズームアップしてみますね。上の展望階もそうですが、 [続きを読む]
  • 甲板に出てきました
  • 船内から甲板に出てきて空気を吸うと、すがすがしく感じましたね。潜水艦内から外に出た時よりも、いっそうすがすがしかったですから。今度ははっきり写っています。以前ここにはライオンキングの建物だけだったのですが、いつメリーポピンズの建物ができたのか、知りませんでした。デッキよりも下はもういいですから、今度は上のデッキに行きますね。ケーブルなどが見えていますが、こんなエルプフィルもいいのではないでしょうか [続きを読む]
  • エルベプロムナードからカープ・サン・ディエゴ号へ
  • タイトルがだいぶ長くなってしまいましたが、他には思いつかなかったのです。前回の記事に書き損なったことがあります。それは、最後の写真を撮ったあとで、土砂降りの大雨になって、ひさしのあるコーヒー店の外で雨宿りをしていたのです。あとで気付いたのですが、あの三段重ねの大道芸人はどうしたでしょうね。しばらくそこに居ると、多少雨が弱まったので、カープ・サン・ディエゴ号に向かって歩き始めました。こんな天気でした [続きを読む]