ビジネスモデル専門 弁理士原田貴史 さん プロフィール

  •  
ビジネスモデル専門 弁理士原田貴史さん: 中小の製造業・個人事業主のための知財活用講座
ハンドル名ビジネスモデル専門 弁理士原田貴史 さん
ブログタイトル中小の製造業・個人事業主のための知財活用講座
ブログURLhttp://tokkyo-shinsei.com/blog
サイト紹介文中小製造業の、「ビジネスモデル特許」「資金調達」「ものづくり補助金申請」を専門にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/12/23 14:05

ビジネスモデル専門 弁理士原田貴史 さんのブログ記事

  • 筋力トレーニングのメソッドを独占する方法
  • 加圧トレーニングという筋力トレーニング方法があるのをご存知でしょうか? 加圧トレーニングは、専用のベルトを腕や脚に巻いて血流を制限した状態でトレーニングをするというものです 加圧トレーニングを行うことで、成長ホルモンが大量に分泌され、新陳代謝が活発になるなどの効果があるそうです。 ベルトの巻き方などに注意が必要であるもののシンプルな加圧トレーニング、真似しようとと思えば真似できたとも思われます。 しか [続きを読む]
  • いきなりステーキのビジネスモデル特許
  • 立ち食いステーキで人気の「いきなりステーキ」、今では行列のできるお店になっています。 2月にはニューヨークにも出店するなど絶好調です。 このような「いきなりステーキ」での肉の提供のシステム、実は、特許になっていたことをご存じでしょうか。 特許出願の内容ですが、当初は、以下のようになっていました。 ①お客様を立食形式のテーブルに案内するステップと、 ②お客様からステーキの量を伺うステップと、 ③伺ったステ [続きを読む]
  • 稼ぐ特許・稼げない特許(広告の基本特許について)
  • 数億円稼ぐ特許とはどのようなものが思いつきますか? 多くの方が、技術的に高度で、開発費にすさまじい額を投入しているようなものを想像するのではないでしょうか? 実は、数億稼ぐような特許や技術というのに限って、シンプルだったりします。 その理由は後程、解説するとして、まずはライセンス料だけで数億円を稼いだ特許について解説させていただきます。 こちらの特許ですが、いわゆる地域ターゲティングとも呼ばれているも [続きを読む]
  • 政府系金融機関の利率を−0.9%する方法
  • ものづくり補助金は、1月18日が 小規模事業者持続化補助金が1月27日が締め切りでした。 苦労して作成した補助金の申請書ですが、その内容を流用することで、 経営革新計画の都道府県知事の承認を受けることができるようになります。 現在、私も、ものづくりの内容を流用しつつ、経営革新計画の申請書を作成していますが、かなりの部分、流用できると感じています。 (細かい数字などについては、流用しきれない部分もありま [続きを読む]
  • PPAPは今後どうなるのか?
  • 無関係な方が、PPAPの名称を商標出願したことで話題になっています。 今回の出願によって、ピコ太郎がPPAPを使えなくなってしまうのではないかという疑問に、ブログにて解説させて頂ければと思います。 今回の某社による出願ですが、主に以下の4点での問題がある可能性があります。 1.特許印紙代を支払わないで商標出願している。 2.そもそも本人が商標を使う予定がない。 3.公益性との関係で問題あり? 4.ピコ太郎との関 [続きを読む]
  • 絶対に押さえなければならない特許申請前の5つのチェックポイント
  • 1. 産業上利用できる発明であること 2. 新規性があること 3. 進歩性があること 4. 実現性があること 5. ノウハウではないこと 6. おまけ(中小企業が特許を取るメリットとは) 1.産業上利用できる発明 産業上利用できる発明にならないものの例として、例えば、フォークボールの投げ方やプロレスの技などがあります。 また、宇宙の真理や、新しいゲームのルールなども産業上利用できる発明には該当しません。 また、 [続きを読む]
  • 特許を申請する前に知っておきたいこと
  • 特許を申請し、取得するための条件ですが、以下のものがありますがあります。 1.産業上利用できる発明であること。2.新規性があること、3.進歩性があること、4.実現性があること 言葉が難しく感じ、良く分からないと思いますので、それぞれについてできるだけ噛み砕いてご説明いたします。 1.まず、産業上利用できる発明であることが必要になります。 産業上利用できる発明にならないものの例として、例えば [続きを読む]
  • 特許を申請するための条件(3.進歩性について)
  • 特許を申請し、取得するための条件ですが、以下の4つが必要であることを前回、ご説明しました。 3. 産業上利用できる発明であること。2.新規性があること、3.進歩性があること、4.実現性があること 今回は、3.進歩性について解説したいと思います。 まず、前回の復習ですが、新規性とは、ざっくり説明すると、発明が従来にないものであるかどうかということです。出願する発明には新しさが要求されます。 そのため、こ [続きを読む]
  • お城です
  • お昼ご飯は関西風のお好み焼きをご馳走になりました。おいしかったです。食後、電車を使わずに少し歩いてみようと思い、景色を見ながらのんびり散歩していたら大阪城にたどり着きました。 [続きを読む]
  • 冷え込んだ朝
  • 昨夜から強い寒気が入り込んだ影響で、今朝はとても冷え込んでいます。マイナス10度ぐらいあるんだとか。地表に出ていたススキは凍りついてキラキラと輝いていました。 [続きを読む]
  • 魔法の接客術
  • 昨日は『魔法の接客術』アドバイザー生駒さんのセミナー【簡単マーケティング&『魔法の接客術』セミナーイベント 大テーマ 〜選んでいただくために…〜】に参加しました!特に、印象に残ったのは、1.まずは、顧客にサービスを購入した後のイメージが描けるように伝えるということでした。例えば、宝石を買う方に、「この指輪は1カラットのダイヤモンドを使用しています」などのように商品のスペックを説明してもイメージにはな [続きを読む]