水たま さん プロフィール

  •  
水たまさん: 徒然なるままに...趣味の記録簿 Ⅱ
ハンドル名水たま さん
ブログタイトル徒然なるままに...趣味の記録簿 Ⅱ
ブログURLhttp://701mt54.blog.fc2.com/
サイト紹介文身近な東上線の撮影記録です。沿線風景や季節を彩る植物などと一緒に撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/12/23 16:24

水たま さんのブログ記事

  • 鉄塔のある風景と赤電
  • 出先や近所でチラホラと梅が咲き始めました。本日折角の晴天は終日自宅で過ごしましたが身近な場所でも春の気配が感じ取れるようになってきたのを実感しました。ところで多摩川線と言えば個人的に思い浮かぶものの一つに高圧鉄塔があります。昨年夏に初めて沿線を歩いた時も真っ先に鉄塔のある場所へ向かいました。どうしても鉄塔と西武線を撮りたくなった昨年7月・・・・あれからはや半年以上が経過しましたが、それ以来しばしば [続きを読む]
  • 西武園ゆうえんちと伊豆箱根色の新101系
  • 西武沿線でも特に西武色が強いと思われる狭山湖や球場周辺、当たり前の事かもしれませんが伊豆箱根塗装よりは赤電や黄電の方が景色にマッチするに違いありません。でも折角の特別装飾車、撮ってみたくなるのがファンの心情と言えるでしょう。まずは晴れの日、これよりもう一本遅い位の方が側面まで光線が入ったかもしれませんが、個人的にこれで十分です。↓曇りの日 [続きを読む]
  • ほぼ新宿線系統専属の2000系初期車
  • 最近何となく空が霞むようになって来た様に思います、そして目が痒く鼻がムズムズ・・・。太陽の沈む位置も段々北寄り変わって来ましたよね。西武新宿線系統の2000系初期車、車齢は大半の車両が40年程度となっている様です。この車種は一貫して新宿線系統で運用されて来ました。池袋線に新2000系2065Fは入る前、一度だけ練馬駅で見た事がありましたが、きっと2065F以降の新2000系入線に向けた限定的なものだったのだろうと思います [続きを読む]
  • 残雪の野川を行く白電
  • 梅桃あたりは撮りに行けないかもしれませんが残雪はそこそこ撮りました。少し別の所にロウバイがあったのですが、やけに荒っぽく咲いていて写真としての写りは期待出来なかったのが惜しいです。赤電に対して勝手に白電と呼んでいます。この構図で赤電247Fも撮りましたが、木の枝と被っていたのでどうも存在感がいま一つな写り・・・。この後は更に縦構図で白電赤電を撮影しました。※屈んで撮ったのですがちょっと傾いてますかね? [続きを読む]
  • 残雪の多摩湖線を行く249F伊豆箱根カラー
  • 多摩川線で撮った249Fと再会。この車両のデザインには白地に青いストライプがとても似合っている様に感じました。今更ですが正面の窓柱がちゃんと黒く塗られているのですね。そんなこんなで最近新101系しか撮影していません。支線に行けばまだこの手の古参車が健在なので、何だか錯覚してしまいますが、本線系統は徐々に銀色の比重が大きくなってきたように感じます。また機会があれば2000系も記録したいところですね、それと勿論T [続きを読む]
  • 雑木林の残雪と多摩湖線
  • 東京郊外、日陰を中心にまだ雪がそこそこ残っていました。とはいうものの大分水っぽくなっており危ないです、長靴を持ってきて正解だったと思いました。つい先日まで多摩川線を走っていた伊豆箱根カラーの249F、赤電247Fと交換になり今は多摩湖線を走っています。 [続きを読む]
  • 残雪の多摩川線を行く赤電
  • 平野部もまだ雪が随分残っていますね。撮影する時は雪がある場所を探しましたが普段の生活の上では雪は邪魔者でしかなく、更にはそれに関連するトラブルも多数発生していますので、もう次は勘弁願いたいです。さて・・・ここに至るまで大分ミスカットを出しましたが、やっと絵になりそうな場所を見つけました。晴天とはいえ結構風があって大分冷えましたけど、来て良かったといえる写りに満足しました。 [続きを読む]
  • 西武赤電塗装とギザギザ屋根
  • ラズベリーとベージュのいわゆる赤電塗装、そしてプラットホーム上屋のギザギザした造り。昔の西武鉄道を彷彿とさせる組み合わせが今目の前に広がっている・・・・。湘南型のマスク、更にドア間に窓が四つ並び且つ戸袋窓がある車体・・・これらはかつての西武線のアイデンティティであったと思います。新101系や3000系辺りがそれらの最終進化形であると言えるのでしょう。時は平成30年・・・前面の窪みやシングルアームパンタ等に [続きを読む]
  • 多摩川線で赤電と再会 その2
  • この雪どうにかなりませんかねぇ、撮影趣味には好都合でしょうけど(現に私も撮りたい気持ちはあり)困ったもので頭抱えてマス。明日はタイヤチェーンの出番でしょうか・・・。さて昨日の続きです。果たして見える場所に赤電が停まっているのか・・・ダメかも!?などと思いながら白糸台駅に着くと、運よく撮れそうな場所に赤電がいるではないですか!。いやぁ来て良かったです、ただ撮るだけでは物足りないので運用中の列車を待っ [続きを読む]
  • 多摩川線で赤電と再会
  • 久し振りに柳瀬川で夕景でも撮ろうかと思っていました、しかしTJの青い51092Fは3210レ出庫らしいし午後になったら怪しい雲が・・・そして頭の片隅にちらつく赤電の事。気になる、いいや気にならない・・・嘘だ気になって仕方がないじゃないか・・・自分の中で葛藤が始まる。一時間位経過して気が付いたら北多磨にいました(^^;)。ネタ鉄になるつもりは全くありませんが、まだそこそこ陽がさしていたので自宅で過ごすのは勿体ないと [続きを読む]
  • まる三年経ちました
  • 普段ブログの更新に熱心でない私も今日だけは何とか形だけでも更新しておきたかった。画像:2015年1月1日 柳瀬川その理由とは・・・。8000系が東上線池袋口から消えたのが2015年1月17日ですから丁度3年が経ちました。3年前の今日、8000系が消えてこれから自分は趣味をどうしよう・・・そう考えていたと思います。まだ東上線100周年を記念したリバイバルカラーが走っていましたし、きっと暫くはそれらを撮るのだろうか・・・漠然と [続きを読む]
  • 新101系同士の交換風景とギザギザ屋根
  • 明るいうちにここに来たのですが少々平凡な写りに物足りなさを感じ、薄暗くなってから再び立ち寄ってみました。ここで見る事の出来るのは昔ながらの西武線の風景。車両が新101系なのは致し方ありませんが、この車両とて今では古参格、西武鉄道では最後の3ドア車です。一つ目の画像では見難いですが右側プラットホームの上屋の独特の造形をしています(屋根のギザギザ部分)、残っていたんだァ・・・いやぁこれ昔の石神井公園駅もこ [続きを読む]
  • 伊豆箱根カラーとなった新101系249Fを初めて撮る
  • もうすぐ赤電247Fとりゃんこで多摩湖線にやって来る249F伊豆箱根カラーの新101系。この車両の多摩川線での姿を少しでも撮っておきたいと思い、赤電以来久し振りに撮影に出掛けました。珍しく形式風写真、実は順光のカッコいい写真ってすごい苦手なんです。これでもまだ綺麗に撮れている方、これは撮影地でご一緒させて頂いた方のサポートがあったからと言えるでしょう親切にして頂きホントに感謝致します。それと沿線に詳しくなく [続きを読む]
  • 武蔵野の面影、赤電と
  • 武蔵野の雑木林に古の赤電色4両編成が行く。管理された公園とはいえ、西武線沿線でこの様な光景に出会えると嬉しくなります。公園の森林の中でカメラを上に向けて撮っていたので、4回ほど鳥撮りと間違われました・・・。247Fの多摩湖線での運用は9日までとの事です。次に会うのは多摩川線か・・・それとも赤電はこれでおしまいにしようか。遡る事半年前・・・初めは新101系と2000系をちょっとのつもりが随分と西武線に入り浸ってし [続きを読む]
  • 多摩湖線に帰って来たラズベリー
  • 最後の赤電351系が引退してどれだけ経つのだろうと思い調べてみました。91年だったっけな?記憶が曖昧でウィキペディアを見てみたところ、1990年(平成2年)6月とありました。それから28年弱の月日が流れた今、あの懐かしの赤電塗装に再会出来て非常に嬉しく思います。車種が赤電ではないと言ってしまえばそれまでですし、現に私もそんな感じに思う部分も根強くあるんです。それでもこの塗装を見ると少し目頭が熱くなりそう(大袈裟 [続きを読む]
  • 青空の下、8198F
  • 31日はもの凄い曇天でしたが正月三が日は晴天に恵まれました、ただ今日は風が強くて寒い日でしたね・・・。越生線:川角-西大家越生線高麗川鉄橋と川角駅近くで少し8000系を撮影して来ました。ホントは近場で青空や富士山、更には夕日を撮ろうと考えていたのですが、連続して人身事故が発生してしまいました。鉄道営業中の姿を撮影させて貰っているのですから流石にトラブル時は遠慮が必要と思い諦めました。↓↓以下、駅の近くの [続きを読む]
  • 2018年(H30年)を行く西武赤電
  • 新年トップが西武線の写真になるとは自分でも思っていませんでした。でも趣味なのだから自分に正直に楽しんでいきたいと思います。勿論東上線を忘れてしまったわけではありません。来月から二ヵ月ほどは趣味に時間が取れなくなる事が予想されますので、自分には今がチャンスなのです。こんな調子ですが今年も一つ宜しくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 間もなく2018年 赤電のいる西武線国分寺駅
  • 人物が写り込む写真は極力避けてきましたが、子供の頃見た光景を探る様にこの日は駅で少し撮影しました。この頃真っ白だった新101系に青になったり赤になったり・・・何だかそれだけでも楽しくありませんか?。マニア的視点から言えば新101系の赤電には違和感を感じる事実もありますが、もう古い車両が残っていないのだから贅沢は言えないと思います。赤電塗装復刻の経緯については西武鉄道HPのニュースリリースに記載がありました [続きを読む]
  • 昔の西武線を垣間見た日
  • 2017年も残り少なくなった日、懐かしの赤電復刻カラーを少しだけ見に行きました。冬の午後は太陽も既に夕日の雰囲気、ホワイトバランスもオートで撮ったので実際とはやや色味が違いますがそのままです。個人的にこの路線は西武線の中ではあまり縁がありませんが、351系が走っていた頃に乗りに来ました。今迄も広角24?ではスナップには不満が多く、この度魚眼とテレコンを捨て15-30f2.8を新調しました。純正の高価なレンズは資金 [続きを読む]
  • 2017年師走・・・西武2000系
  • 今年夏頃からちょくちょく西武2000系を追って来ましたが、とうとう年末がやって来てしまいました。冬の武蔵野を行く2000系/12月10日/田無-西武柳沢にて↓↓↓夏からの撮影記録を旧ブログの方に纏めてみました、もし宜しければお立ちよりください。西武2000系 ここ数か月間の歩み 常に不定期更新且つ変化に乏しい拙ブログですが、今年も一年間お付き合い頂き誠に有難うございました。来年の活動予定はまだ全く未定ですが、時間が出 [続きを読む]
  • 晩秋の夕暮れ時 西武2000系初期車
  • このところ新101系のリバイバル赤電が話題になっていますが、私はまだ見に行く機会がありません。やはり12月ともなるとなかなか落ち着いた時間が作れなくなり、趣味活動から遠ざかりがちです。それと私の事ですから一度赤い塗装を見たらきっと夢中になってしまう事でしょうから・・・。そうこうしているうちに東上線8000系の81111F(セイジクリーム編成)が検査入場してしまいました。もうリバイバルカラーは気にしないで、年末に [続きを読む]
  • 晩秋を飾る銀杏と西武2000系イエロー 2
  • 前回アップした写真の一週間後の撮影です。右側の背丈の低い銀杏はもう殆ど落葉していました。この大きな銀杏が黄色一色になるのを待っていました。そのわりには少ししか撮らなかったのですけどね。この忙しい時にまた風邪をひいてしまいました。寒さにはわりと強い方だと思っていたのですが、加齢のせいなのか?今シーズンもう二度目です。幸い微熱程度で済んでいますが、いつまでも気持ちだけは若いというか子供というか・・・苦 [続きを読む]
  • 晩秋の武蔵野と西武2000系初期車
  • あてもなくブラブラ歩いていたら銀杏の紅葉が綺麗な場所を見つけました。鉄道を入れて撮るとなると紅葉の写り込みが限られてしまうのが惜しいところでした。結局は紅葉の具合を見てこの近辺を数回訪問しています。公道端からの撮影ですので列車が来る直前にカメラを構えて撮影しました。 [続きを読む]
  • 東伏見稲荷参道の鳥居と西武2000系初期車
  • 東伏見駅横と東伏見稲荷神社へと続く線路づたいで目に入る朱色の大きな鳥居。これと2000系とのコラボを撮りたくなり、今まで何度かチャレンジしています。この付近は鉄道関連の設備や電信柱など遮蔽物がそこそこあり、構図を作るのが難しい部類に入ると思います。今まで思考錯誤した結果鳥居全体を入れるのは諦め、車両は後追いで一両ちょっと入る構図に落ち着きました。ちなみに画像は2413Fで、2両編成の2000系では唯一表示器が3 [続きを読む]