水たま さん プロフィール

  •  
水たまさん: 徒然なるままに...趣味の記録簿 Ⅱ
ハンドル名水たま さん
ブログタイトル徒然なるままに...趣味の記録簿 Ⅱ
ブログURLhttp://701mt54.blog.fc2.com/
サイト紹介文身近な東上線の撮影記録です。沿線風景や季節を彩る植物などと一緒に撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/12/23 16:24

水たま さんのブログ記事

  • 多摩川線の秋 その6
  • 電車も背景もみんな秋色・・・・足回りが隠れてしまうのが誠に惜しい!。何となくのんびり走っているかの様なイメージの多摩川線・多摩湖線ですが駅間は結構飛ばします、夕方前の2時間程度で秋を探すのは結構難しかったですし何より露出も厳しくなりかなりノイズが出ています。この時はまだ構図調整中でしたが、一番夕日光線が綺麗でしたのでアップしました(多少は演出が入ってます)次はぜひとも赤電色で撮りたいところです・・・( [続きを読む]
  • 伊豆箱根鉄道色も走っています
  • 秋も大分深まってまいりました。過去を振り返ると秋の撮影といえば柿やイチョウとススキ、そして冬が近づくと夕日と富士山位しか撮っていなかった事に気づかされます。平野部の決まった路線にしか関心がありませんので仕方ないといえば仕方ない事かも・・・ですが今年は多摩川線・多摩湖線という選択肢が増えましたから、もう少し秋を意識して撮ってみる事としました。河津桜の木も上の方から日に日に黄色くなり落葉し始めています [続きを読む]
  • 赤い電車を待つ
  • 赤い電車が好き、まだかまだかとまるで子供の頃に帰ったかのような気分・・・ちょっと恥ずかしい。光線状態が良く黄色い葉っぱがとても綺麗でした・・・赤電塗装が来るまでまだ2時間近くありましたがせっかくなので待ってみる事に・・・。この木は欅かと思いましたが、葉っぱの形が丸っこくてどうも違うようです・・・カツラの木?赤電塗装が来る頃にはすっかり影が多くなってしまいました、目立たなくていい緑の部分まで目立って [続きを読む]
  • 多摩川線の秋 その5
  • これも少し前の撮影になりますが、車窓を眺めていたら柿の大群が目に入りました。農家さんが頑張っているのでしょう、かなりボリュームがありましたので広角から標準域まで色々試してみました。個人的に黄色ツートンは前照灯が点灯していない姿が好みです。一昔前までは日中はライトを消灯していましたね、室内灯さえ消している場合もありましたが当時は今の電車に比べて窓が多く、それほど暗い感じはしなかったような気がします。 [続きを読む]
  • 多摩川線の秋 その4
  • この日は赤電カラーがお休みでしたが、天気がとても良かったため多摩川線まで足を延ばしてみました。10月初旬の撮影でまだ幾らか暑さが残るような日だったと記憶しています、かれこれ一か月前の撮影ですね。初めは柿を撮ろうかな?と思っていました、でも空があまりにも秋らしいのでこちらの撮影に切り替えました。これも電車を待っているうちにジワジワ形が変わって流れていってしまうのですね。どうも構図がまとまらず本当は撮影 [続きを読む]
  • 秋の色に染まる赤電カラー259F その2
  • 都合により記事の昇順を一部変えています。早いもので11月に入ってしまいましたね、秋も深まりそろそろ紅葉の季節・・・とは言いましても平野部はもうちょっと待たねばならないようです。紅葉が早い樹木以外はちょっと青々とした感じでした。実際よりも多少大げさに写っています。確かここにヤマボウシの木があったと思ったのですが、はて?こんなに背が高っただろうか?幹はつるつだけども葉っぱの形はどうだったかな・・・駄目だ [続きを読む]
  • 形は違っても・・・色による懐かしさ
  • 赤電カラー、時折普段以上にとても懐かしく感じる時があるんです。昔の塗装ですから懐かしいのは当たり前でしょうが、この写真を撮っている時もそうでした。ここは公園ですが樹木がとても多いです、手前の花壇はボランティアの方々が植えられた菊だそうですが、自然の豊かな場所に赤電カラーは似合うなぁ!と感じます。一口にリバイバルカラーと言いましても、実物の車両がかつて纏っていたものもあれば、そうでないものなど色々あ [続きを読む]
  • 秋の色に染まる赤電カラー二世
  • 気が付けば10月も残り僅かとなり、平野部でも徐々に秋の深まりを感じ取れる様になってきました。赤一色に染まる木はハナミズキでしょうか?沿線を歩いていてふと目に留まった一つの景色。赤電カラーの似合いそうな自然の雑木林とは趣が異なり、いかにも都市計画で植樹された木々でしたが撮ってみる事にしました。しかし一度目は曇ってしまい断念・・・撮り直す程引き付けられる光景ではない様にも思いましたが、折角だからともう一 [続きを読む]
  • 新101系赤電カラー二世現る
  • 最近検査出場してくるごとに異なる色を纏う新101系。個人的にはもう1本赤電復刻カラーが出て来て欲しい!叶わぬであろう私の超個人的な想い・・・・。え?多摩湖線を赤電カラーが走っているのですか??何の事やら初めは分からず、はて??WEB検索してみると259Fが赤電色になったらしいとの事・・・これはいま行くしかないと!今なら動けますけど全く動けない時期だってあるのですし、しかも今後は動けなくなるパターンが増えそう [続きを読む]
  • 多摩川線の秋 その3
  • ※先ほど投稿した筈の猫の写真が投稿失敗しているようですので、ひとつ前の記事に再アップします。田圃のあった場所では収穫された稲の天日干しが行われていました。これ、いわゆる「はざかけ」のある光景ですね。東上線の奥地で見た覚えがありますが23区にほど近い都会の近郊でこの様な農業風景を見られる事をとても貴重に思います。完全逆光下で撮影です。東武ツートンも同様ですがこの手の塗装は逆光では黒潰れが顕著で、露出設 [続きを読む]
  • 君はいつかの・・・?
  • そこら辺で遊んでいる子供が猫がいるぞと喋っていたのですが、猫なんかいやしない。で、どこに猫いるのって聞いてみたんです。そしたら凄く高いところでくつろいでる。カメラマンですか?違うよ・・・趣味で撮ってるだけだよ(笑)、じゃぁまたねって。そして猫の撮影を試みたのですが、これがオーバーパスの脚台の上にいるんです、4メーター程度だとは思いますけど・・・君は鳥か!。200?+クロップを使用しても全然足りず、諦めれ [続きを読む]
  • 多摩川線の秋 その2
  • 晴れていても曇っていても、あぁ今秋なんだなぁ・・・って日々感じています。趣味活動の時は晴れている方が表現の幅が広がりますが、日々の生活の中では曇天も嫌いではありません。少し前にアップした柿http://701mt54.blog.fc2.com/blog-entry-405.htmlの晴れバージョンです、折角なので青空を入れ広角気味にして撮ってみました。恐らく昔から変わらない武蔵野台地の風景なのでしょうけど、近年は宅地化や駐車場などへの用途転用 [続きを読む]
  • 祝 東上線30000系初ヘッドマーク その2
  • ※都合によりこの記事と一つ前の記事に写真を追加し加筆しました、その3までアップする予定でしたがこれで終わりにします。一番初めに撮った1030列車は池袋到着後、各停の成増往復を終え再び準急川越市行きとなるはずですので、私も再び朝霞カーブにやってきました。この焦点距離で撮るのもかなり久々でしたが、曇天で気温低めでも500?を超えると流石に大気の影響を受けますね。晴れれば陽炎が酷くなってどうしようもなかったでし [続きを読む]
  • 祝 東上線30000系初ヘッドマーク その1
  • 本日は陸上自衛隊観閲式の決行を告げる花火の音で目が覚めました。朝霞のカーブへと向かう途中ではあちらこちら警備が敷かれ、画像の右側にある仲町の公園もそうでしたがカメラマンや見物客で賑わいを見せていました。30000系31604F=31404F 和光市-朝霞私は昨日の30000系臨時列車が撮れなかった事もあり、本日は標題の車両が運用に入っていたら絶対撮ろうと心に決めていました。何といっても東上線に転入してきた30000系10両13本の [続きを読む]
  • 多摩川線の秋
  • 少し無理やり感がありますが、柿の木と近江鉄道カラー251F。濃い目の水色を纏った新101系も見慣れてくるとなかなか良いものです。まだ暑い日もありますが、首都圏沿線の風景はもうすっかり秋です。過ごしやすい日が続いてくれると良いのですけど、近年は春と秋が短く感じられますね。我々の子供の頃とは気候が変わってきたように思います。 [続きを読む]
  • まだ残っている2000系トップナンバー
  • ここ数年のうちに2000系初期型はそこそこ置き換えが進んでいましたが、昨年から池袋線9000系の除籍が始まった絡みもあるのでしょう?。予想外でしたが年度末の2000系廃車は無く、最古参の2001Fや2003Fなどが今も運用されています。いずれも車齢は40年ほどに達しています。さて・・・所望の構図は影の落ちがかなり酷かったので多少の陽炎は承知の上、500?+対1.2クロップを使用しました。ただし正面防護板がギラリと光るのを期待し [続きを読む]
  • 51093F川越まつりHM
  • 昔の中央線特別快速を思わせる長方形の大きなHM。今は素材がステッカーとは言えここまで大きいマークはかなりの存在感を感じます。TJライナー用車両に掲出という事でなかなか撮影する機会が無かったのですが、本日午前遅めの下りの入庫運用が撮れそうなので朝霞カーブに!↓これを撮ったらすぐにISOをオートに切り替えカメラを反転。どうにかこうにか後追い正面を捉えました。 [続きを読む]
  • 地上9000系同士、離合
  • 9000型と9050型、両者を纏めて9000系という呼称でいいのですかね?写真に車両の特徴がしっかり写っていないですが、左9152Fと右9108F(どちらも東上線内地上運用)でした。TJ1号送り込みの60レに焦点を定めた夕方ちょこっと鉄でしたが、夕暮れがすっかり早くなりあっという間にご覧の状態です。東武東上線:成増-和光市ついこの前の台風の去った月曜日の夕方のこと。東横線自由が丘で電車を待っていると、下りに9000型の優等列車が [続きを読む]
  • 青空の下、趣味活動をしたい
  • また雨降りです、明日は回復しそうな感じですかね。そおいえばこの前の未明の台風通過・・・・皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?個人的に台風でこんなに恐怖を感じたのは生まれて初めてだと思います。あの物凄い暴風・・・外では何か壊れる音がしていましたし、何より自宅の破損を本気で心配しました。1/6 西武多摩湖線・西武遊園地-武蔵大和 見上げれば冬の済んだ青空と懐かし赤電写りの良し悪しは兎も角、写真なら過去 [続きを読む]
  • 秋空TJ-LINE
  • 早いもので9月も残り少なくなり、いよいよ本格的な秋を迎えようとしています。久しぶりに平日ちょこっと鉄。写りにやや不満がありましたのでこの後数列車撮ってみたのですが、結局これが一番良い写りだったようです。このところ雨ばかりだったので車両の1両目が汚れたものが多かったです。東武東上線 朝霞-朝霞台この近くにいた野良の茶トラ、9月に天国に旅立ったそうです。小屋が置かれていた場所に張り紙があり、そのように書か [続きを読む]
  • 東武東上線 彼岸花その5
  • 2週続きで懲りずに出かけた越辺(おっぺ)川。沢山写真は撮りましたが曇ってしまった時間帯も多く、そして2週目は痛んだ個体もそこそこ多くて始終模索しながら撮っていた感じです、正直車種を狙って撮る余裕はありませんでした。ちょっとゴチャゴチャした写りですが、晴れている時に列車が通過した貴重なコマです。殆どいじっていませんがここまで写ってくれました。光線の有難みを痛感した次第です。 [続きを読む]
  • 東武東上線 彼岸花その4
  • こちらは東上線の支線系統の越生線です。朝霞情報さんにここを教えて頂きまして、越辺川へ向かう前に少しだけ立ち寄りました。数列車撮りましたが、惜しい事に列車が通過する時は全て曇り・・・。この前、彼岸花は好みがはっきり分かれる花みたいですよとこの前書きました。私は彼岸花といえば高麗の巾着田を思い出すんですよ。高麗駅近くの新興住宅に親族が数世帯住んでいました関係で、巾着田にはよく遊びに行きました。まだ西武 [続きを読む]
  • 東武東上線 彼岸花その3
  • 彼岸花を撮りに行った際に一コマからです。一週間前もここで撮りましたが、土手を挟んだ反対側の田園地帯では稲の収穫が行われていました。※都合により少しトリミングしています。ここで2本位の列車を撮ってから土手の斜面降りて彼岸花を撮影することにしました。但しこの日は殆ど曇り空でしたのでこの時はホントに貴重な晴れ間でした。一日を通して太陽が顔を出す時間が非常に少なかったです。↓帰り際にまた数列車撮影しました [続きを読む]
  • 東武東上線 彼岸花その2
  • 越辺川(おっぺがわ)の土手に咲き乱れる彼岸花をまた撮りに行きました。前回は蕾が多かった土手の河原寄りの部分もすっかり花開き、痛んだものも散見された為に工夫が必要でした。北坂戸-高坂ここで先週に続き朝霞情報さんと撮影をご一緒させて頂きました。晴れないねぇ・・・彼岸花はすぐ痛むねぇ・・・なんて話だながら、だけども私とは違い朝霞情報さんは撮影に没頭されていました。写真と真剣に向き合うその後姿は動物写真家 [続きを読む]
  • 東武東上線 彼岸花その1
  • 暑さも大分収まってきました、そして気が付けばお彼岸ですね。先週末の一番の目的は彼岸花の撮影でした。北坂戸-高坂秋を感じさせてくれる花の一つですが人によっては縁起が悪いとか、好き嫌いがはっきり分かれる花かもしれません。 [続きを読む]