風水研究会 さん プロフィール

  •  
風水研究会さん: 風水間取り
ハンドル名風水研究会 さん
ブログタイトル風水間取り
ブログURLhttp://xn--nbk857hxwqo01bxhd.net/
サイト紹介文風水を考えた間取り、家相に配慮した間取り参考例、鬼門と玄関、トイレの方位について
自由文風水を考えた間取り、家相に配慮した間取り参考例、鬼門と玄関、トイレの方位について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/12/23 17:19

風水研究会 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 家相の良い間取り図
  • 今回家相診断する住宅は42坪4 LDK パントリー収納のある間取りになります。玄関ホールを入ると1.5畳のシューズクロークそして玄関ホールに近い所に階段があります。階段室が近くにあるのでより玄関のホールが広く見える効果が狙えます。玄関付近のシューズクロークは2か所から出入りできるように一つは土間の方からと玄関ホールから出入りします。リビングダイニングキッチンの方は南側にリビングとダイニングとが面してキッチン [続きを読む]
  • 間取り 風水 診断
  • 今回の間取は43坪の2階建て5LDKの間取り図です。家相的に玄関は東玄関になり鬼門方向の北東方位を外してあるので問題のない位置になります。トイレや洗面バスの水回りも北西に位置して家相や風水的には鬼門の北東方位では無く問題のない位置になります。2階のトイレも方位的にな問題はないのですが窓をつけるとなれば、外壁側に寄せるようにして寝室のクロゼットの位置を変更することで対応できます。階段位置は外壁に面していない [続きを読む]
  • 張り欠けのない家は家相の良い間取り。
  • 今回は張り欠けのない間取りについて解説していきます。今回の間取りは玄関が北側になってます。玄関ホールを入ると階段室があって3畳の玄関ホールが広く見えているという風に工夫されています。客間の和室が6畳で押入れが1畳、床の間が0.5畳になっています。北西の方位に洗面脱衣室が3畳で浴室とトイレが配置されています。北東の鬼門の方位を外して北西の方に水回りを配置しているのでこちらの方は家相上問題のない位置になって [続きを読む]
  • 家相を気にしない結果どうなるの?
  • 今回は家相についての考え方を紹介していきます。家相についてなんですけれども、よく聞かれるのは鬼門。嫌われるのは鬼門という方位です。鬼門というのは北東ですね。北東側の方へなぜ嫌われるようになったかって言うと昔中国で北東の方角から敵が攻めてくるといわれたことから北東側の方位がすごく嫌われていました。現代では北東側の方がいいから敵が攻めてくるとかそういうことはなくなりました。海外ではあるところもあるのか [続きを読む]
  • 西玄関の住宅の間取りを家相診断
  • 参考の間取り図は35坪5LDKのプランです。間取り図は長方形で張り欠けもない整った形状です。家相的には1階も2階も張り欠けのない間取りがよいです。特に2階の平面図は屋根形状に影響するので屋根ができるだけシンプルになり雨漏りのリスクが軽減します。玄関の方位は北西に配置されてます。北東の鬼門の方角や南西の裏鬼門の方角を避けられているので家相的には問題のない玄関の位置になります。1階のトイレは南東の位置に配置され [続きを読む]
  • 風水家相を考慮してトイレを移動した間取り例
  • 参考の間取りは34坪の二階建ての間取り図です。1階も2階も張りや欠けなどのでこぼこがなく、整った形状の間取りですので家相上の問題はありません。特に2階も屋根形状がシンプルになる張り欠けのない形でゲリラ豪雨や台風などの時の雨漏りのリスクが少なくなります。玄関はやや北西寄りの北玄関で北東の鬼門を外しています。トイレの位置は1階がやや北東の鬼門委書かていますので北西のほうに移動して配置を変えることで鬼門のトイ [続きを読む]
  • キッチンが裏鬼門にあ間取りの家相診断
  • 参考の間取りは39坪の北玄関の間取り図です。玄関ホールは北西の位置にあり、北東の鬼門をはずして配置されています。建物は長方形で張りや欠けもなく整った形状の平面の間取り図になります。1階と2階が同じ面積の総2階で屋根形状もシンプルになるためコストを軽減することも可能になります。屋根形状がシンプルだと雨漏りのリスクも少なくなり、ムダや半端のない平面は構造的にも耐震性の高い住宅になります。1階と2階のトイレの [続きを読む]
  • 北道路北玄関の間取り図の家相診断例
  • 参考の間取りは39坪6LDKの2階建ての住宅です。間取りの形状は長方形で張りも欠けもなく、屋根形状もシンプルで雨漏りに強い屋根経常にすることが可能です。構造的にも均質に力が流れるため、耐震的にも強くできます。無駄がなければコストも抑えられるので建築費に影響します。トイレの位置は北西にあり北東の鬼門をはずしており問題がない方位です。北東の鬼門のトイレは冬に気温が下がりやすく心臓への負担がかかりやすいという [続きを読む]
  • 38坪二階建ての間取りの家相診断
  • 参考の間取りは38坪4LDKです。玄関は南東に配置され、鬼門の北東を避けられており家相的に問題のない方位になっています。裏鬼門である南西も避けられています。気になる1階のトイレの位置も北東と南西を避けることができています。南西のトイレは室温が上昇して不快なことと匂いが充満することがあります。北東ののトイレは冬に室温が下がることから健康面での負担がかかる可能性があります。室温の温度変化が心臓へ負担をかけ [続きを読む]
  • 家相診断
  • 参考のプランは39坪4LDKの間取りです。家相的に張りも欠けもなく長方形ですし、2階の間取りも屋根形状がシンプルになる間取りで安定した家相になっているといえます。玄関も北東の鬼門方位を避けて1階のトイレや千めにゃバスルームの水回りも鬼門を避けた設計になっているので家相的には良好です。2階のトイレは鬼門にはないものの近いということで気になるようだったら納戸の位置に移動するとよいでしょう。現在の位置でも問題な [続きを読む]
  • 鬼門に玄関があるかもしれない場合の家相診断
  • 鬼門の玄関、北東の玄関を家相では嫌います。その時にプランに大きく支障が出てしまう場合鬼門を外して東玄関になっていると考えることもできます。つまり鬼門にはぎりぎりはいっていなかわしているということ。裏鬼門の南西にトイレが入っていの出はと気になる場合もぎりぎり裏鬼門ではなく西にはいっていると考えることもできます。気になってしょうがない、何とか変えたい場合。玄関を南に配置してトイレも東に非道する方法があ [続きを読む]
  • 間取り診断で鬼門の方位からトイレを外す
  • 参考の間取りは33坪4LDKに二階建て、玄関ホールにはシューズクロークがあり収納量もあります。玄関部分が欠けになっているので収納を拡大して欠けをなくしていきます。玄関の方位は北西で鬼門の北東ではないのでよい方位に配置されている間取りになっています。リビングダイニングキッチンは18畳対面式キッチンで和室がリビングに隣接。リビング階段で二階へ上るプランで引き戸で仕切っているため暖かい空気が上の階に抜けるのを [続きを読む]
  • 家相的に理想の間取りとは
  • 参考の間取りは2階建て5LDKの北玄関の間取り北道路の場合北東の鬼門の玄関を避けた場合北西の玄関が理想的な位置になります。北東や南西のの強い風やから避ける位置になるため雨風にも配慮した玄関の位置になります。トイレも北東の冷える位置や南西の熱しやすい位置を避けます。こちらの間取りでは上手に避ける配置になっています。二階のトイレも北西に配置され南西の位置のトイレのような夏場に不快なほど暑くなるようなことは [続きを読む]
  • 張りと欠けのない家が家相で重要な理由
  • 参考の間取りは平屋の間取りで、北玄関のプラン大きな問題はないですが、北西のほうに水回りと玄関移動して、さらに部屋と入れ替えるというのもありでしょう。風水や家相と言うと根拠が薄い迷信のように考える人もいるかもしれません。今回のように平屋で正方形の場合、張りや欠けがなく家の形はとても良い家相であるといえます。欠けのない家は屋根が綺麗に収まるので雨漏りのリスクが減ります。また、構造的にも安定した間取りに [続きを読む]
  • 家相 玄関 北西
  • 参考のプランは37坪4LDKの間取りです。西道路で西玄関の間取りで、南に庭があります。玄関は北西で鬼門の北東を外しているのでベストの位置と言えます。トイレの位置は北東の鬼門ではありませんが北西へ移動、階段と入れ替えます。南東に欠けがあるので家事室を大きくするか間に収納をかませるなどして部屋を大きくして長方形の間取りに変えます。二階のトイレも鬼門には配置されていませんが近いので北西に配置換えします。南 [続きを読む]
  • 家相診断でトラブルのリスクを軽減する
  • 家相診断をしているといじらなくても良い間取りなのかなと思うこともあります。そこをあえて指摘するなら家の形でしょうか小さな凸凹はコストアップも生みますし吹き溜まりや雨風の影響をうけるのでできるだけ長方形か正方形にしておくのが無難意図しないでこぼこプランは直しておくと後々の災いも避けれるようになるでしょう。ちょっとしたことですけど少しでも改善することで地震に強かったり、思いもしない雨漏りもなく長く健康 [続きを読む]
  • 家相 間取り 平屋
  • 今回紹介するのは平屋の間取りの家相について家の形は正方形で張り欠けがなく安定した形正方形の家は屋根が無理なくかけられるため雨漏りのしにくい形状になります。構造的にも骨組みが変形しにくく力が均等に加わるので安定します。特に平屋は上に部屋がないので支える重力も軽く地震に強い間取りになります。耐震的にも良い家になるのです。トイレは鬼門の北西から外れているので冬場に極端に寒くなってヒートショック、心臓まひ [続きを読む]
  • 風水 玄関
  • 風水的に玄関の位置はどこが良いかと聞かれたらまずは鬼門の北東と裏鬼門の南西を外したところそう答える設計士が大半でしょう。それでも気にしないで間取りを作ってしまいあとで治したいということもありま。間取り的に気にいっているのに風水的に不安がある場合、反転する方法があります。現在の玄関の位置が北東にあるトイレなどの水回りも鬼門にある場合反転することで動線計画はそのまま風水では問題ない間取りにすることがで [続きを読む]
  • 鬼門とは
  • 風水の良い家を作るのに気になるのが鬼門鬼門というのは北東の位置で、一般的には鬼門の位置に水回りを避けることで家相の良い家の間取りにしていく計画をします。鬼門を避けることで災難、災いを避けていくようになります。昔は北東から敵が攻めてくることから中国からの言い伝えでよくない方位という意味合いもありました。火災や病気、盗難や土砂崩れや雨漏りなどから家を守るための迷信と言われていましたが現代ではそうでもな [続きを読む]
  • 風水 間取り 実例
  • 今回紹介する間取りは北玄関の2階建ての間取り部屋数は4LDKで32坪の大きさでファミリータイプの住宅です。玄関は北西に配置されていて、北東の鬼門を外しているので良い方角の玄関の間取りになっています。トイレも1階2階とも鬼門の北東や裏鬼門の南西を外しています。現代の住宅においては方位などの家相や風水のほかに家の断熱性能や設備などもよい家相の家の条件になってきます。寒い季節になると実際に寒い間取になってい [続きを読む]
  • 過去の記事 …