結 DipWSET さん プロフィール

  •  
結 DipWSETさん: ワイン生活@オーストラリア
ハンドル名結 DipWSET さん
ブログタイトルワイン生活@オーストラリア
ブログURLhttp://auswines.blog.jp/
サイト紹介文シドニー在住WSET Diploma保持者です。オーストラリアから美味しいワイン情報をお届けします。
自由文自然大国オーストラリアの美味しいワイン情報をお届け。美しい港町シドニーと近辺の見所も少し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/12/26 09:34

結 DipWSET さんのブログ記事

  • タスマニアにやってきましたPart3
  • ご縁あって、今年なんと3度目のタスマニア訪問中。タスマニア島でも南部に位置するホバート、日の入りがなんと20時半。ずっと明るいです。ずっと会いたかったスモールアイランドワインのワインメーカー、ジェームズに偶然会い「今日このあとインタビューさせて!」とお願いしたらあっさりとOK言ってみるものですね。今年初めに出会った彼のワイン。4つのピノ・ノワールをテイスティングさせてもらいました。産地別にブルーがNorth [続きを読む]
  • ワイン会やりますよ!
  • お久しぶりにリリーさんとタロットxワインのコラボイベントやらせていただきます!クリスマス直前、ということでオーストラリアのスパークリング・ワインを4種類ご用意します。日時:12月20日(木)19時から場所:ほんだらけHondarake -Full Of Books-Suite 204, Level 2, 35-39 Liverpool St, Sydney, Australia 2000会費:40-45ドル今回は(も)、オーストラリアの素晴らしいワインの中から4種類を厳選いたします。内容としては [続きを読む]
  • 長年の恋が実った話
  • 今から5年ぐらい前に夫が家に持ち返ったワイン当時ソーヴィニョン・ブランを毛嫌いしていた私に敢えて夫が買ってきたソーヴィニョン・ブラン。君が思ってるワインじゃないからと。クールなラベル、クリーンな味わい。当時は今ほどメジャーじゃなかったイタリア品種もいくつも造ってインディーズのバンドのファンみたいに彼らの出すワインは全部チェックしていました。そのうち日本へも進出してクラフトスピリッツなんかも作りだし [続きを読む]
  • 自白します。私は英語が下手でした
  • 最近大きな執筆の仕事を頂戴しワインメーカーや業界のエキスパートの方々をインタビューする機会がたくさんありましてインタビューは録音して後で聞き返します。オーストラリアで暮らす前からTOEICは満点に近く英語は上手いとネイティブ含めいろんな人から言われほめそやされ10数年。現地法人の職場は全員英語のネイティブで自分の英語はそこそこイケてると思っていたんですよ。そんな自分を今は殴ってやりたい。いやー、私、英語 [続きを読む]
  • 鬼が笑うよ
  • 取材のために、最近南オーストラリアとビクトリアを旅してきました。その中で出会ったあるワインメーカーが語ってくれた言葉が深く心に残っています。ワインメーカーと呼ばれている人には2種類いて①「ワインメーカー」になりたい人と②ワインを作りたいと思っている人。この2種類は大きく違う。ワインメーカーとしてのステータスを求めるのかただ本当にワインを作るのが好きなのかということですね。私も長い間ライターにずっとな [続きを読む]
  • インタビューの醍醐味
  • たまにですがフリーランスのお仕事の一環として「インタビューする」ということがあります。インタビューのお仕事というのは本当に面白いです。業界の知識人の方とじっくりお話ができるというだけでもちろん楽しいのですが大体の場合、博識な方々と2人だけでじっくり面と向かって(お電話のこともありますが)お話ができるというのは、本当に、とても贅沢な時間なのです。まだまだ毎回初めてコンタクトする方には緊張もするし冷た [続きを読む]
  • Harvest Market Launceston ファーマーズ・マーケット!
  • タスマニアは美食の島です。ローンセストン一日目はハーヴェスト・マーケットへ行きました。野菜や肉などの生鮮食品、はちみつ、オリーブオイル、塩、バターといったグルメ食品、焼きたてのパンやコーヒー、季節のお花もあって観光客向けであると同時に地元の人々も多く訪れるところでもあるそうです。売られている野菜や果物のが本当にピカピカで、これが毎週買えるなんてローンセストンに住んでいる人たちが羨ましい。春に日本で [続きを読む]
  • 美しいタスマニア
  • 先週、今年2度目でタスマニアを訪れました。春が訪れたばかりのオーストラリア、ローンセストンの気温は12度。まだまだ肌寒い。それでも日差しは強いのがオーストラリア。澄み切った空気の中で、その強い日差しがことさら強く感じます。今回は滞在が短かったこともあり、ワイナリーは2軒のみの訪問でしたがその分ゆったりと余裕をもって訪れることができました。オーストラリアのワイン産地は美しい。川の水面にキラキラと反射する [続きを読む]
  • ワインのプロの健康管理
  • ワインの専門家だからといって毎日酔っぱらってるわけではないのですよ。そもそも酔っぱらってしまったら仕事になりませんから。仕事でテイスティングをしなくてはいけないときは毎回20から50、時にはそれ以上の数のワインを一度に試飲しなくてはいけません。当然このすべてを飲み込んだら酔っぱらいますし、味も香りもわからなくなります。それでは仕事になりませんので、試飲の時は全て吐き出しています。以前、一般の方から [続きを読む]
  • 陰翳礼賛
  • 夫は日本語が堪能で、日本の文化が大好きなオーストラリア人です。妻の私が言うのもなんですが、なかなか博識な人でもあり私も読んだことのないような、難しい日本の古典文学を読んでいたりします。たとえば谷崎潤一郎の随筆の陰翳礼賛(いんえいらいさん)を読んだことのある日本人は今の時代どれぐらいいるのでしょうか。私は正直言って、聞いたこともありませんでした。その陰翳礼賛の英語タイトル In Praise of Shadowsという [続きを読む]
  • Ochota Barrelsのピノ・ムニエ
  • バスケット・レンジズのカリスマワインメーカー、オコタバレルズのピノ・ムニエ。無濾過?なのかやや濁りがあります。一言でいうとPretty、と言った感じ。お花っぽくて、軽やかで。正直なところ、そこまで深みは感じられないワイン。さらっと軽く飲みたい感じの。でもそんな気軽な値段ではないらしい。鮮やかなピンクのラベルは、ガーリーでふんわりしているこのワインに合ってると思いました。たとえば大好きなお花を生けて、それ [続きを読む]
  • 大人のリキュール Økar
  • ベトナムの話題が続いていましたが少し話題を変えて。ベトナムとシンガポールから帰ってきたら部屋の前に段ボール箱が置いてありました。Unico Zelo & Applewood Distilleryのカーター夫妻からの贈り物。「いつもサポートをしてくれてありがとう!」と。彼らのスピリッツ&ワインを、何度か記事に載せたお礼でした。Unico Zelo & OkarTシャツと、ワインとリキュール。ワインはフィアーノのオレンジワインです。う、嬉しい(´;ω; [続きを読む]
  • ベトナムの美味しいもの〜ディープなローカル編
  • ベトナムは比較的英語が通じる国ですが、もちろんザ・地元という場所に行けば、その限りではありません。ですが観光客は多いのでベトナム語ができなくてもなんとか受け入れてくださる感じです。何とか覚えたベトナム語「こんにちは」「美味しい」「ありがとう」はとりあえず繰り返し言うようにしてました。というか、これぐらいしか言えなかったので。パピー並みの語彙力。ちなみにあちらの乾杯の音頭「モッ・ヘイ・バー・ヨー(1 [続きを読む]
  • ベトナムの美味しいもの〜ベトナム料理編
  • ベトナム料理はおいしい。ハーブやリーフがたくさん入っていて甘さと酸っぱさとほんのりな辛さが絶妙なバランス。これはハノイ一日目のディナー、Chim Saoにて。英語とフランス語とベトナム語のメニュー。ハノイの名物、ブン・チャ。細いライスヌードルに、バーベキュー・ポーク、ハーブたっぷり、春巻き、漬物を併せていただきます。こちらはホイアンの名物、ホワイトローズと呼ばれる薄皮のエビのワンタン。マスタードリーフに牛 [続きを読む]
  • ベトナムは美味しい!コーヒー編
  • ハノイの美味しいものは①エッグコーヒー@Cafe Giang戦争中ミルクが不足した時に、泡立てた卵をミルクの代用として、カフェ現オーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルでバーテンダーをしていたニュエン・ザンさんが卵黄を泡立てたもの使ったのがはじまり。コンデンスミルクが入ってるので甘く、クリーム・ブリュレみたいです。②カフェ・スダーコンデンスミルクの入った濃くて甘いカフェ・スダー(ベトナムコーヒー)。スチー [続きを読む]
  • ベトナムの可愛いもの
  • ベトナムはクラフトが得意な国なようでドレス、トップ、シャツ、クッションカバー、アクセサリーなど可愛いものがたくさんありました。少数民族のキルトでできた帽子付け心地の良いスカーフ女性アーティストの描いた猫の画詩集が可愛いチュニックはフリーサイズ。ホイアン在住のフランス人デザイナーMetisekoのアクセサリー。ホイアンの路上で、可愛いおばちゃんが売ってたノート。3冊買おうとしたら、4冊にしなさい、そしたらちょ [続きを読む]
  • 恋しいハノイ
  • ベトナムで最初に訪れたのはハノイでした。到着してすぐに気づいたのは空気が黄色いこと。スモッグというのか、とにかくなんだか曇っている。そして話には聞いていたけど、交通量がものすごい。息ができない…なんか酸素が薄い…と、初日にして若干不安に。聞いていた通り、ベトナムではバイクが一番主な移動手段で女性は特に、厚手のマスクをつけて運転をしています。排気ガスすごいもんね。。。2人もしくは4人乗りは普通(しばし [続きを読む]
  • ベトナムワイン事情
  • ベトナムでは思ったよりも頻繁にレストランでワインを飲むことができました。ものすごーく安いオーストラリアワインと中堅のフランスワインが同じ値段ぐらいで売られている謎。そして意外と?多く見かけたのが、これまた安めの南アフリカのワイン。結果アルザス、ロワール、ローヌなどフランスの白ばかりを良く飲んでました。暑いし。ちなみにビールは、ベトナムでは常温に氷を入れて飲むのが基本。エアコンのないようなローカルの [続きを読む]
  • シンガポールお酒事情②
  • シンガポールにはかなり大きな日系コミュニティがあるらしく牛角ユニクロ無印東急ハンズ紀伊国屋高島屋などなど、日系のお店がたくさんありました。もちろんレストランも日本食のお店がいっぱい。なんかもう、7割日本だなーという感じ。「矢澤」という渋い名前の焼き肉店もあったりして。そして、よく見かけたのが日本酒。日本酒を取り扱うリカーショップもレストランも多い多い。一見お酒屋さんのような店構えのサケ・バーもあり [続きを読む]
  • ワイン&お酒事情@シンガポール①
  • シンガポールの主なお酒はビールらしくタイガー・ビールがどこでも安く飲めます。ワインショップもあちこちにありますがなぜかオーストラリアワインの方が、フランスワインよりかなり割高で売られている印象です。距離はオーストラリアの方が近いのに、不思議な感じ。というわけで、今回の旅はフランスワインが主。お庭の綺麗な、素敵なカフェの素晴らしいサービスで美味しいアルザスのピノ・グリをいただきました。場所はこちら。 [続きを読む]
  • Off Duty アジア旅行中です
  • 今月1日にゴールドコースト・マラソンを無事走り、そのままシドニーへ帰らずシンガポールへ飛び、その後ベトナムへやってきました。今回は久しぶりの長期休暇なのです。シンガポールもベトナムも初めてで、ワクワクしっぱなしです。シンガポールにはワインを数本持っていって、ホーカーで楽しんだりしました。旅のお供には、国内でも海外でも、欠かせないのがリーデル・オー。リーデル (RIEDEL) リーデル・オー ピノ・ノワール/ネ [続きを読む]
  • 通訳たるもの
  • 先日何度目かで、大手インポーターさまの、オーストラリア大手ブランドとのご商談の通訳に呼んでいただきました。通訳業務はワイン関係のみに限らせて時々やらせていただくのですが単に発せられた言葉を右から左に訳すだけではない、と常々感じています。このお仕事は私にとって毎回非常に貴重な勉強の機会で、日豪の超大手の両社に、継続して呼んでいただけることにはもう感謝しかありません。日本とオーストラリア、ビジネスへの [続きを読む]
  • Hoddles Creek NewVintage
  • 私の好きなヤラ・ヴァレーのピノ・ノワールホドルス・クリークの新ヴィンテージがリリースになりました。去年よりもすごくライトに感じたけれどもしかして、開けるのが早かったのかな?と思ったり。このお値段にしてこの高品質。本当にありえないぐらいお得なピノ・ノワールです。別に回し者じゃないよ。ホドルスクリーク ヤラヴァレー ピノ・ノワール 2017 750mlホドルスクリーク エステート / Hoddles Creek Estate今日も読んで [続きを読む]
  • ロックなラベル Bleeding Heart
  • 最近のモダンなオーストラリアワインのカッコ良い部分が垣間見れるようなロックなラベルのシラーズ。平日夜ごはんにピッタリの軽い、良い意味で「めんどくさくない」シラーズ。しかもファッショナブル。さらっと入った普通のバーでこのワインが出て来たらかなりポイント高いかな。今日も読んでくださって、ありがとうございます。Love, from Sydneyこちらもよろしく!Facebookページができました日本語コンテンツを書いてますワイ [続きを読む]
  • 【初イベント】幸せ空間!ワインxタロット@古書店ほんだらけ
  • 先週の金曜日は、シドニーの本好きの憩いの場、ほんだらけさんにて、タロット・リーダーのリリーさんと一緒にワイン・イベントを開かせていただきました。おかげ様で告示からすぐにご予約満員御礼をいただきこれもひとえにほんだらけさんオーナー、ともこさんの人望のおかげでございます。同じイベントを私が一人で別の場所で開催してもこんな集客力はなかったと思うし集まった方々も本当に温かくて楽しくてほんだらけさんという場 [続きを読む]