田舎のtoki さん プロフィール

  •  
田舎のtokiさん: 九重 明るい農村  ビデオカメラ&フォト
ハンドル名田舎のtoki さん
ブログタイトル九重 明るい農村 ビデオカメラ&フォト
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kujyutoki-kujyutoki/
サイト紹介文九重町の明るい農村に住んで農業しています。ビデオとカメラを抱え、時々憂鬱、九重と玖珠そして農業を撮影
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/12/26 16:25

田舎のtoki さんのブログ記事

  • 台風前、長者原、小雨降るタデワラ
  • にほんブログ村10月20日、小雨降る長者原タデワラへ、カメラを持ってフラリ歩く激安1200円のアタックザックにカメラを詰めて長者原タデワラへ行く午前10時〜午後2時まで、空腹をガマンして撮影するが、午後1時30分頃から何時もの偏頭痛がやって来た。ガマンして午後2時まで撮影、その後は車をユックリ飛ばして帰宅、今日は無風なので、傘を差して撮影。雨の日は、傘をさして撮影するのが一番イイ、風が弱ければ、坊ガツルも傘をさ [続きを読む]
  • カカシの集団、伐株山、万年山「玖珠町」とセットで登る。
  • にほんブログ村万年山を下山後、伐株山へ登る。急傾斜の岩場はスリル有り万年山下山後、午後4時だったが伐株山へ登る事にした。電波塔迄、明るい内に着けば安全だから。伐株山山頂には中世代に山岳寺院・洪樟寺(興正寺、高勝寺)と複数の名称が有る。その修験道として、険しい岩場の路が残っています。その後南北朝の時代から、幾多の戦いで山城として、使用されていました。その為か、クサリで岩の上を滑る様に登る修験道のスリ [続きを読む]
  • イワギクと万年山の秋、メルヘンのススキ路
  • にほんブログ村万年山の秋。ススキ、メルヘンの風景イワギクが咲いています。2017/10/13・早朝から雨が降る。午前9時になって雨も止み、霧も晴れ気味です。昨年と同じ日に、万年山と伐株山に登る事を予定していたので、急いで乾きかけた路面を車で走る万年山10:30〜15:30 歩行時間5時間     距離 11キロ伐株山16:00〜17:30 歩行時間1時間30分  距離 2.5キロ歩数  約22000歩「伐り株山の登頂歩数も含みます」いつもと [続きを読む]
  •  涌蓋山とススキ、秋空、イワギク、ヤマジノギク、
  • にほんブログ村青空の涌蓋山をユックリと歩く。ススキ、とイワギク2017/10/09。八丁原〜涌蓋山往復歩数 約24000歩・ 歩行距離約14キロメートル 歩行時間 08.00〜17:00 9時間「休憩1時間」久住山よりも涌蓋山、猟師山の方が好きだという人が案外多い。明るくて歩きやすく、安心安全その上、涌蓋山の頂上での昼食は何を食べてもうまい々!広々とした草原を歩いて、適当に森も有ります。そして、期待させて、ひっくり返す様 [続きを読む]
  • 朝日台「九重町」付近で見つけたたセンプリ
  • にほんブログ村2017−10−7  10月6日のテレビニュースで九重山系の硫黄山の地下にマグマが上昇して、活動が活発になったと放送された。少しヒマか出来たので妻と硫黄山の良く見える朝日台へ行って見ました。噴煙が以前より多くなっている。どうでしょうね。硫黄山の観測機器は充実しているので心配する程の事は無さそうだ硫黄山から視線を左に移すと、まだ、刈り取りが多く残っている千町無田を望める直ぐ近所にセンプリ [続きを読む]
  • 稲刈後の畦畔を歩く・九重飯田高原の草花・水田と畦
  • にほんブログ村2017/10/07“九重飯田高原”花の終演のが近づく。秋の畦畔、草花、一日一日と秋が深まる刈り取り、乾燥調整の終わった10月、ホッとして近所を歩く。そして畦畔も歩く。自宅周辺の田んぼをワン公を連れて1週すると、約3000歩は歩きます5周ほど歩くと、歩数は15000歩になるので、一山登った気分になるのだが、変化が無く退屈だ。カメラを持って退屈さを紛らわします。早くも紅葉の始まった木もある、風に病んで病 [続きを読む]
  • 2017年稲刈り終了。九重飯田高原の秋
  • にほんブログ村平成29年度、稲刈り終了。9月29日 晴天 微風 不快指数ゼロ長く続かない今年の天気、秋雨にたたられて、今日まで伸び伸びでしたが、9月29日に終了。収量はと言うと、平均して10アール当たり540キロ、毎年、倒伏させずに、これ位の収量で有れば良好でしょう。そして、15%ぐらいに乾燥、籾すり、精米をして家族全員で食味を調べますこれが済むと、ホッとして他の仕事が待っているにも関わらず、どこかへ行行きたく [続きを読む]
  • 合鴫山、扇山「九重」朝日長者伝説の山、イヨフウロソウ
  • にほんブログ村2017−10−3合鴫山、扇山「九重」のイヨフウロソウとトリカブトを見ようと出かけた所が、イノシシと鉢合わせ。九重、飯田高原、千町無田の東側にある合鴫山、扇山、この2山は、地元千町無田に伝わる朝日長者伝説にとって無くてはならない山なのです合鴫山は,長者埋蔵金伝説の山・扇山は,長者が扇子で夕日を扇上げた山。この2山が無いと、朝日長者伝説は成り立たないあいにくの小雨模様で、合鴫山の頂上付近 [続きを読む]
  • 地蔵原湿原の周辺、九重町飯田高原の西端
  • にほんブログ村九重町、。九重飯田高原の西端に位置する、地蔵原湿原の周辺をブラブラ。9月は色々な農作業が多く、ブラブラの時間が取りにくい。やっと20日の午後何とかブラブラ時間が取れたので、近場の地蔵原湿原へ行く事にしました。地蔵原湿原と長者原タデワラの違い9月の長者原タデワラの写真です。地蔵原湿原はプラスノイバラ、ノリウツギ、等の雑木が有って、木道が無く、長靴が無いと歩けない、時々穴ボコが有る程度の [続きを読む]
  • 黒嶽男池近道〜大船林道を結ぶ、不思議な山道
  • にほんブログ村 2017/09/18 13時〜16時30分、カメラのみ平治岳、北山麗を通る林道への近道、不思議な登山道?以前、平治岳北側山麗の沢で、写真撮影をしていた時の事、川を渡り、向こう側で撮影していると、すぐ向こうの方に薄い踏み跡が有るのに気が付きました。当時は獣道だと思っていたが、今度行って見ると,今回は違っていました。テープが木に巻き付けてあり、これは明らかに山歩き用の道で、九林の歩行作業道ではなさそう。 [続きを読む]
  • 玖珠、荒城の月 角牟礼城と久留島庭園
  • にほんブログ村2016年から2017春の写真です。最近の物ではないのです。2017年の秋、玖珠、九重も涼しく、夜空に月が出れば美しく見える稲刈り後に見る夕月は美しく、コオロギなどの鳴き声を聞きながら見ていると、いつの間にか、次第に寒くなりコタツが欲しくなりますね。滝廉太郎の荒城の月と言えば、フォレスタのコーラスが定番です。作って見ました、駄作じみてい。自分の満足度は70%程度玖珠、角牟礼城と久留島庭園 荒城の月 [続きを読む]
  • 収穫の秋、九重 飯田高原 柿一葉 落ちて高原の 秋を知る
  • にほんブログ村2017/09/13九重飯田高原も、収穫の秋を迎えた。柿の葉一枚で?やけにこの頃イネが黄色くなった。あぜ道を歩いてオヤ?と思い、側に行って見る畦の上に赤く色づいた柿の葉一枚が落ちています。天下の秋では有りませんが、飯田高原の秋は深まりつつ有る。該当水田には、コシヒカリより熟期のやや早いヒメノモチと言う品種が植えてあります・・・・・今日はヒメノモチの刈り取りだ!柿一葉落ちて、刈り取りの時期を知 [続きを読む]
  • 黒嶽、男池の滝から男池へ。オタカラコウと歩行運動。
  • にほんブログ村2017年9月9日 午後2時から6時黒嶽、男池滝から男池周辺を周遊。体調が優れず、男池滝でお茶を濁す。オタカラコウ、メタカラコウが有った。体調が悪いので病院へ行って診察を受けた。採血、採尿をして検査に回す。直ぐには結果が出ないので、先生は取りあえず「減塩、間食は止める事、酒、タバコは良くない」そして激しい運動は控えて、ウオーキング程度の運動はするようにと私に忠告をしてくれました。ウオー [続きを読む]
  • 九酔渓の「九重町」道路工事現場と草花、フジバカマ、
  • にほんブログ村2017年9月3日九酔渓「九重」飯田高原 の急カーブを崖防災工事現場まで歩く食事処“かつら茶屋”の近くに駐車して、九酔渓最下部の防災工事現場まで、周囲をキョロキョロしながらゆつくりと歩く。普段は車で過ぎ去る所で、歩いて見なければ、見えない事が沢山有ります。大吊り橋を見学したら、九酔渓を下まで歩く、滝も全部で6つ有ります。退屈しないで歩けるはず、道路の幅員は広く有りません、歩道も狭いので、 [続きを読む]
  • 長者原タデワラ「飯田高原」・初秋の中で歩く
  • にほんブログ村2017/09/03  午後1時〜6時まで。九重飯田高原・カメラ片手に長者原タデワラ湿原を歩いた。歩数11000歩、狭いエリアを随分と歩いた。タデワラ湿原から数百メートル離れた場所にも行って、写真を撮ったので足が半分程棒になりました。午後1時から6時までミッチリ、エリア外まで歩いて数え切れない程撮影。カヤ原を分け入って見ると、すでに花期の過ぎたヒメシオン、シラヤマギク、ヤマトラノオなどの草花も未だに [続きを読む]
  • 飯田・秋色深まる千町無田・草花とイノシシ
  • にほんブログ村 2017/09/1九重・飯田高原の涼しい初秋、秋空、黄色に染まる水田、8月も月末となると、九重の飯田高原は朝夕がメッキリ肌寒くなる。朝、畦畔を歩くと膝までビッショリと濡れる、ここで写真を撮ろうと思うと、腰まで濡れる覚悟をしなければならない。千町無田周辺をウオーキングしながら、気になった風景などを撮影してみた。初秋の木の葉は風に擦られてどす黒く、穴、シミの見られる病葉は、変色して今にも落葉しそ [続きを読む]
  • 扇ヶ鼻と岩井川岳.イヨフウロ 暑さに閉口する
  • にほんブログ村九重山系、扇ヶ鼻と岩井川岳のササ原 ・2017年8月24日九重、扇ヶ鼻とついでに岩井川岳に行って見る。扇ヶ鼻ではイヨフウロがまだ咲いていた。岩井川岳は20年ぶりに行った。ササ原の優しい山容は当時と同じままだったが、何か少し狭いような感じがする。それはは恐らく、ノリウツギなどの雑木が少しずつ増えて来たからだろう午前中は風が有って涼しかったが、午後は地獄に近い蒸し暑さ近場の山なので8時半から登り始 [続きを読む]
  • 飯田高原、九重の写真を投稿。インスタグラムを試しました。
  • 九重、飯田高原、長者原などの残り物写真。未練が有って削除出来ない写真、どうしょうか? 最近、ブログに使わない写真も増えてきました。普通、写真の好きな人たちはどうしているのだろうか?私は、断捨離して殆ど削除しますが、未練が残って、削除出来ない写真、はどこか外部にストックしておきたい、そしてその上、誰かがその写真を見てくれれば、尚更うれしい。出来が少し悪い、残り物の写真。ピンタレストとインスタグラムを [続きを読む]
  • 秋の香り、九重飯田高原、足もとの秋色
  • にほんブログ村九重、飯田高原の花・夏から秋へとバトンタッチ。春から初夏へと、ケバい様なピンクの花びらのケシ、鮮やかな秋の空色チドリソウ、今はもう枯れ果てて、無彩色のぼろきれの様に成っています。そんな枯れ葉色の中に残ったケシボウズと僅かなチドリソウの花びら。秋の季節は他の花に譲ったよ、と言っているようです。ケシの実、中には、小さな種子がイッパイ詰まっている。ハウス内の整理をする。枯れ草の中のチドリソ [続きを読む]
  • スズメの来襲。必死に鍋シンバルで応酬、スズメに負ける
  • にほんブログ村飯田高原「九重」の、かなり執念深い最近のスズメ、水稲も出穂して、お盆頃にはかなり穂が傾きはじめた。ここで来襲して来るのが、最近、特に狡猾になって来たスズメ。朝夕、1時間ずつ追い払いますが、一部のスズメは執拗に稲を食害します。執念深い最近のスズメ3〜4つの集団で立ち替わり来襲する。将軍様他、5羽の幹部が来襲を指揮している様です。その証拠に、去って行くように見せかけて、私が安心していると、 [続きを読む]
  • 九重町の高原・草花、咲きました!が枯れた花も有る。
  • にほんブログ村お盆前の草花採取例年の三分の一程しか草花が生えていませんでした。今までこんな事は無かった、やはり天候がおかしかったのだ、今までの経験上この様な現象は、連動するのが常でした。今年の飯田高原は、農作物の不作が強く予想されるからこれから早めに、財布のヒモをややきつめに。草花が少ない、早めに帰る。 キスゲは終わりました。種子が出来ているそれにアブラムシがイッパイ付いている。チョツト衣服が触れ [続きを読む]
  • 九重の自然とデジカメ修理。
  • にほんブログ村九重町飯田高原から台風が去った後、久しぶりに少し外に出てみる大分県 九重町、台風一過僅かに晴れの日が有りましたが、どんよりした空模様で、下の画像の様に体の調子は今ひとつ、丸で生気が抜けかかっています。そして気が進まないが、何か良い事有るだろうと思い外へ出るこんな感じの気分。「自分の顔」朝、目が覚めたらカメラを持って自宅をでる。途中JAのドライブインでカンコーヒーを買い、一気に飲んで静か [続きを読む]