大まゆ均の活動日誌 さん プロフィール

  •  
大まゆ均の活動日誌さん: 大まゆ均の活動日誌
ハンドル名大まゆ均の活動日誌 さん
ブログタイトル大まゆ均の活動日誌
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hitoshi-oomayu
サイト紹介文日本共産党 三木市議会議員 大まゆ均です。 議会のことや日々の活動を報告します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/12/26 18:52

大まゆ均の活動日誌 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本会議で質問しました。
  • 質問は次のとおり 日本共産党の大眉均です。提出議案に対する質疑と一般質問を行います。 まず質疑ですが、第36号議案、農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例についてであります。この条例は農業委員会等に関する法律が改正に伴い、農業委員会の委員と農地利用最適化委員の定数を定めようとするものであります。 これまでの農業委員会法と大きく変わる点は、一つ目には、法の第一条の目的から、「農 [続きを読む]
  • 副市長選任同意などで臨時市議会
  •  8月3日10時から臨時市議会が行われます。副市長2人の選任同意を求める議案と県議会議員補欠選挙費用の一般会計補正予算専決処分の承認を求める議案があります。 また、地方自治法100条の規程により2015年11月19日に行われた幹部慰労会問題を調査する「前三木市長主催の幹部慰労会問題に関する特別委員会」の設置が議員提案で行われます。 この特別委員会は、正副議長を除く議員14名で構成して①前三木市長主 [続きを読む]
  • 議員と市長などの期末手当の引き上げに反対
  •  12月21日の本会議で市議会議員と市長などの期末手当の引き上げに反対の討論をしました。討論の内容は次のとおりです。 私は、ただいま議題となっております第58号議案 議会の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について並びに第59号議案 市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について反対の討論を行います。 2つの議案は、議員と市長、副市長、教育長の期末手当を年間4.2か月から [続きを読む]
  • 市長倫理審査請求書を受理し、市長等倫理審査会の開催を求める決議
  •  12月21日の三木市議会本会議で「市長倫理審査請求書を受理し、市長等倫理審査会の開催を求める決議」を提出しました。提出者は私と藤本幸作議員、賛同者は板東聖悟、中尾司郎、大西秀樹、古田寛明、岸本和也議員。この7人と「よつ葉の会」の穂積豊彦、草間透、吉田克彦議員の3人が賛成、合わせて10人の賛成で可決されました。反対したのは加岳井茂、堀元子、泉雄太、内藤博史、松原久美子議員の5人でした。決議は以下の通り 三 [続きを読む]
  • 12月市議会での質問
  • 12月9日の本会議で質問をしました。内容は次のとおりです。 日本共産党の大眉均です。質疑並びに一般質問を行います。 まず、質疑ですが、第60号議案、一般職の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。このたびの条例改正は人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準拠し、一般職員の勤勉手当の支給率、給料月額並びに扶養手当等を改正します。一般職員について、介護と仕事の両立を支援するため、介 [続きを読む]
  • 3月議会での質問
  • 今日、議案に対する質疑と一般質問の通告をしました。質問項目は次の通りです。≪質疑≫〇第7号議案、一般職の給与に関する条例改正について・人事院勧告の内容に準拠して給料月額を平均0.4%引き上げ、期末勤勉手当の支給月数を4.10か月から4.20か月に引き上げする。 対象者は全職員に対して何人か・幼稚園教諭の給与表をなくして一般職の給与表に合わせることについて対象となる教諭は何人か〇平成28年度一般会計予算・緑が丘 [続きを読む]
  • 後期高齢者医療制度の保険料軽減特例
  •  2月15日に行われた兵庫県後期高齢者医療広域連合の議会に兵庫県社会保障推進協議会と全日本年金者組合兵庫県本部から「後期高齢者医療制度の保険料軽減特例の維持、継続と保険料の引き下げを求める請願書」が提出されました。 私は、紹介議員として趣旨説明をしました。養父市の藤原敏憲議員は賛成の討論で兵庫県広域連合として厚生労働省に対して要望してきたのと同じであり、議会としても広域連合議会としても国に要望する [続きを読む]
  • 後期高齢者医療広域連合議会
  • 2月15日午後2時から兵庫県後期高齢者医療広域連合の2月定例議会が神戸市三宮のセンタープラザで行われました。このたびは、2年ごとに改定される保険料の条例改正案や平成28年度の予算案など13件の議案が審議決定されました。養父市の藤原敏憲議員が議案に対する質疑をしました。私は保険料値上げの条例改正案と後期高齢者医療特別会計予算に反対の討論をしました。また、低所得者の保険料軽減特例廃止と保健事業について [続きを読む]
  • 後期高齢者の保険料引き上げ
  • 1月25日、神戸電鉄に乗って三ノ宮へ、兵庫県後期高齢者医療広域連合の医療制度懇話会を傍聴しました。会議の資料は広域連合のHPに公表されております。今回は、高齢者医療に関する国に対する要望、平成28年度、29年度の保険料の改定、保健事業について説明がありました。保険料改定案は、均等割り額を年額で現行の47,603円より694円引き上げ、48,297円に、所得割率を現行の9.70%より0.47ポイント引き上げ、10.17%にす るという [続きを読む]
  • 後期高齢者医療の保険料改定
  • 75歳以上の高齢者が加入する後期高齢者医療制度の保険料は2年ごとに改正されることになっています。2016年度と2017年度の保険料の検討が後期高齢者医療広域連合で行われています。1月25日に兵庫県後期高齢者医療制度懇話会が行われ、保険料について協議されます。懇話会は、被保険者の代表5人、保険医、保険薬剤師の代表5人、公益代表5人、被用者保険等保険者の代表3人の18人で構成されています。制度発足以来2年ごとに保険料が引 [続きを読む]
  • イノシシ撃退10年大作戦について
  •    イノシシ撃退10年大作戦として被害防止の柵設置助成2億2300万円、檻購入700万円、罠購入1500万円、狩猟免許取得助成1500万円合わせて総事業費2億6000万円の計画が出され、12月の平成27年度補正予算で猪の被害対策として1000万円が追加されました。 6月議会で岸本議員、9月議会で大眉が質問した時にはあまりいい回答がなかったのですが、被害の大きさに他の自治体でもやっている施策を取る [続きを読む]
  • デイサービスセンターの改修について
  • 12月の補正予算でデイサービスセンター志染の改修のための設計費が750万円が追加されました。デイサービスセンターの改修や補修についてのやり取りは次の通り(大眉 均議員) 平成27年度三木市一般会計補正予算でデイサービス志染を平成29年4月までに改修するための設計委託料750万円が計上されております。平成8年に建設されて19年が経過し、風呂の設備が古くなって狭いこと、廊下を仕切って更衣室にしていること、地域住 [続きを読む]
  • マイナンバー制度について
  • 12月議会では個人番号の利用に関する条例改正が行われました。私は、質疑と討論を行いました。21日の採決では共産党だけの反対で可決しました。12月10日の主なやり取りと21日の反対討論は次の通り(大眉 均議員) 第69号議案、個人番号の利用に関する条例改正についてであります。 このたびの改正では、マイナンバー制度で、①福祉医療費助成事務、②就学援助事務、③外国人に対する生活保護事務、④心身障害者扶養共済 [続きを読む]
  • 12月議会 副市長を二人制について
  •   副市長を2人にする条例改正について日本共産党、公政会、志公、走政クラブ、三木みらいの会が反対しましたが、よつ葉の会、三木新党、公明党の賛成で可決されました。 副市長に元自衛官で平成21年4月がら平成26年3月まで理事兼防災監だった井上茂利氏を選任することについてはよつ葉の会の穂積豊彦議員が退席したため7:7の可否同数になり、議長決済で可決されました。副市長を二人にすることについて12月10日に質問し、21日 [続きを読む]
  • 12月議会 副市長を二人制について
  •   副市長を2人にする条例改正について日本共産党、公政会、志公、走政クラブ、三木みらいの会が反対しましたが、よつ葉の会、三木新党、公明党の賛成で可決されました。 副市長に元自衛官で平成21年4月がら平成26年3月まで理事兼防災監だった井上茂利氏を選任することについてはよつ葉の会の穂積豊彦議員が退席したため7:7の可否同数になり、議長決済で可決されました。副市長を二人にすることについて12月10日に質問し、21日 [続きを読む]
  • 市議会最終日 4つの議案に反対討論
  •  12月1日から開会した三木市議会は、市長提出議案17件、請願2件を採決して閉会しました。今期の定例会の焦点は、理事兼企画管理部長が飲酒運転で逮捕されたことに伴う市長副市長の給与減額条例、副市長を2人にすることに議会がどういう結論を出すのかでした。日本共産党は、給与減額については逮捕された職員の処分が決まっていないこと、市長と部長が建設会社社長と飲食を共にしたしたことについて倫理条例の結論が出されてい [続きを読む]
  • 所得税法第56条は廃止を
  • 三木市議会に「所得税法第56条の廃止を求める意見書」についての請願が出されました。今日の本会議で採択を求めて賛成討論を行いました。結果は、日本共産党の2名の賛成しかなく不採択となりました。討論の原稿は次の通りただいま議題となっております請願第5号、「所得税法第56条の廃止を求める意見書」についての請願に賛成の討論を行います。 この請願は、所得税法第56条の廃止を国に求めるものであります。 所得税法 [続きを読む]
  • 過去の記事 …