大地 さん プロフィール

  •  
大地さん: daichiのブログ 盆栽
ハンドル名大地 さん
ブログタイトルdaichiのブログ 盆栽
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/daichi-daichid/
サイト紹介文小品盆栽の日々の手入れで役立ちそうな事や小ネタを書いてます。五葉会情報、富貴蘭等々
自由文小品盆栽を始めました。やるからには格好良い樹を持ちたい、作りたい、小品盆栽の知識、培養技術も習得したいとの思いからたまたま出会った、小品盆栽の愛好会、横浜 五葉会 に入会しました。この 横浜 五葉会 で習った事、日頃の管理をブログに書いています。特にこれからやる 黒松 湘南作り は専用のコーナーを作り細かく書いていこうと思います。良かったら覗いてみて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/12/26 22:51

大地 さんのブログ記事

  • チリメンカズラの植え替え前剪定
  • 今日は、作り直してる途上のどーでも良いチリメンカズラの植え替え前剪定をしました。このチリメンカズラ、植え替えと剪定とを同時にやると枯れると噂の樹で、あまりにも手入れを知らない樹種です。今年の寒かった冬も温室に入れてなかったのですが、中々の勢いがついてきてました。樹勢が良いかどうかの判断の1つとして、切口から乳液が出る!と聞いていたので、伸び出してた蔓を切って確認しました。乳液がバッチリ出たので、勢 [続きを読む]
  • 久しぶりに近くの園芸センター行きました。
  • 今日は朝から雨が強く降ったり霧雨になったりとしていて澱んだ天気でしたが、近くの園芸センターに行ってきました。屋根があるところからセンター内を見ると、雨に濡れた新緑の葉の青々とした色や、藤の花が綺麗でした。狙いは、仕入れ後数年放置してある黒松の苗樹だったのですが、ぬかるんでいて見る気になりませんでした。たまに、足元に奇跡の1曲がりが有るものがあって、お宝みたいな種樹があるんですが、、、↓昨年だかに先 [続きを読む]
  • 今週末は茅ヶ崎盆栽会の展示会
  • 今週末は茅ヶ崎盆栽会の展示会が茅ヶ崎駅近くのJAで開催されます。茅ヶ崎盆栽会と言えば、湘南作りの黒松のメッカなので、黒松の即売狙いで行っても楽しめるかと思います。湘南作りの腰低く曲がりの良い模様樹の黒松を狙ってる方は初日の即売狙いで出掛けてみてはいかがでしょうか?即売も魅力的ですが、展示も見応えあるので是非寄って見て下さい。↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ローズマリーの植え替え
  • 昨年に棚入れ、刈り込んだ食盆栽のローズマリーを植え替えてみました。昨年の葉の一部が黄ばんでいたので軽く掃除しておきました。昨年の葉は、樹高が30センチくらいあったこともあり、小鉢で締めて出て来た葉と比較するとかなりサイズが違ってました。新芽もしっかり伸び始めてました。今回は、ラム肉の香草パン粉に使おうと思い、新芽はしっかりとお皿に取っておきました。引っ張り下げてる銅線も切り、鉢から抜きます。わりと細 [続きを読む]
  • 真柏の鉢替え
  • 先日ですが、真柏を定石の泥物から釉薬が綺麗な風香鉢に載せ替えてみました。どーにもならない黒松を、昨年より風香鉢に入れておいて鉢のテカりをとばしておきました。定石通りの中渡朱泥に植えっぱなしの真柏ですが、見てて何か面白くないので、鉢替えしよう!て思いました。昨年に朱泥に植え替えてたので、簡単に鉢替えがかんりよしました。シャリ幅がまぁまぁあるので、脚を敢えて二本で正面にしました。真柏、前々から釉薬鉢に [続きを読む]
  • 定期消毒してました。
  • 収集癖がたたり、かなりの数の盆栽?になってしまったので、消毒もひと苦労ですが、定期的に消毒してます。薬害耐性予防や、暑い時期には薬害が出るものや、松にはペスタロチア対策の薬剤など多々有ります。今回はモスピランとトップジンMの2種混合でしました。一見、綺麗に見える棚場ですが、、、棚場のプラトレーに溜まった枯葉や、床の保水ブロックの目地に生えた草なんかも綺麗に掃除しました。ピンセットで綺麗に抜けると気持 [続きを読む]
  • もみじの片葉刈りと葉切り
  • 陽当たり全開で管理している、モミジの葉もそこそこ固まってきたので、ちょっと早いとは思いながら片葉刈りや葉切りをしました。↓先週見た時はモコモコでとにかく早く片葉刈りをしたい状態でしたが葉がまだまだ柔らかく、我慢の時でした。植え替えてない根がしっかりしているモミジでも、水切れに対してシビアな芽の状態でした。↓そして本日触った感じ、まだ完璧に葉が固まったわけではないのですが、待つのも限界だったので、片 [続きを読む]
  • 黒松のミドリ調整
  • 昨年芽切りを見送った黒松や、チョンマゲを伸ばすべく黒松のミドリがかなり伸びてきてました。この古い黒松も、この1週間で急にミドリが伸びてきて、下枝と樹冠部との差が激しくなり過ぎたのでミドリの長さを少し調整しました。ほんの少し先っぽを摘んでチョイ抑制したり、超強い所は気持ち多めに切りました。まだミドリ調整には早過ぎる時期で、あまり強く調整するとミドリの元の傍からまた芽が出てきてしまうので慎重に調整しま [続きを読む]
  • 集めた鉢の箱作りや箱書き
  • 樹も好きですが、盆栽鉢もいつのまにか蒐集しまくって増え過ぎたので、家のそこらじゅうに積んである鉢の中から、目についた鉢の箱を発注しました。植え替えの時にすぐに使える様に待機してる鉢たちです。こんな感じの棚から取り出して、箱が無い鉢の箱と箱書きをとある盆栽園にお願いしてます。毎回、5枚〜8枚くらいお願いしてるのでとても大きな段ボール箱で到着します。緩衝材の新聞紙を片付けながら開封しないと、部屋中新聞紙 [続きを読む]
  • 黒松の芽の切り替え
  • 気候も暖かくなってきて、冬の寒さから解放された黒松のミニ模様樹の芽の切替剪定をしました。今回狙うは、黒丸の中の部分です。枝元に良い芽があったので、思わず切替を狙い切りました。別角度からこれも別角度から切りたくなる別角度から先週の時に切り、今現在の様子です。拡大して他の枝の箇所も枝の元にバンバン芽あたりが出て来てます。ミニ模様樹なので、追い込んで、胴吹きをさせては追い込んでの繰り返しを1年の間に2回〜 [続きを読む]
  • 椿(小矢部)剪定&植え替え
  • 先月から少し強く肥培して植え替えに備えていた椿の新芽が動き出したので、ようやく強い追込み剪定と植え替えが出来ました。↓画像は昨年に無理矢理、本鉢に押し込んで鑑賞した時の姿です。そして、今日の剪定前↓前前年とかの古い葉が黄ばんできてました。下から見ると、おまけに針金もビッシリです。針金を一度全て外し、葉1枚残しまで切り戻しました。BeforeAfter切った枝を見ると中々の長さを切り戻してます。そして鉢から抜き [続きを読む]
  • 春の葉透かし
  • 桜も散り、そろそろ樹も動き出してきたので、色んな手入れが発生する時期になってしまいました。楓も目的があって少し早くから湘南長老スペシャル肥料を与えているのはモコモコでした。中の方に陽が入らなくなってしまうので、大きい方の葉を透かしました。(下画像の上下の大葉)↓ピンセットで押さえてる枝です。全体的に透かしましたが、これで幾分マシな陽の入り方になったと思います。多種多様なモミジも、適当に芽摘みをしま [続きを読む]
  • 三多摩盆栽展に行って来ました。
  • 昨日から府中の森美術館で開催されている、三多摩盆栽展へ行って来ました。府中市は私の地元よりも暖かく、桜も散り始めていました。会場入った正面は小品盆栽が飾られていました。桜の小品盆栽です。会場の外周には、立派な普通盆栽が綺麗に飾られていました。黒松の甲羅吹きの様な面白い樹立派な模様樹に目がいきました。普通サイズだと色々な樹形表現が出来ます。モザイク模様の肌になってる豪快なカリンも。凄い座でした。挿木 [続きを読む]
  • 夜桜が綺麗でした。
  • 数日前でしたが、近くの公園に咲く桜が綺麗だったので、真鍮ランタンや好みの酒を持って近くの公園に夜桜見物に行ってきました。公園はそこそこ街灯で明るいのですが、ランタンの燈はまた格別でした。街灯元には、桜と新緑のモミジです。通い徳利には焼酎を入れて狸の置物みたいに手に持って歩いて行きました。良い具合に月と桜が撮れました。帰り際には、時折風も強く吹き、花吹雪も見れました!気付くと手持ちのコップの焼酎にも [続きを読む]
  • 長寿梅の花摘み
  • 最近気になる長寿梅の花を摘みました。あまりにも爆咲きしてて、樹勢が心配になる程でした。白花の長寿梅ですが、毎年凄い量の開花です。一箇所から5輪くらい開花するので、枝が枯れないか心配になります。樹勢が良いのか花の色が真っ白ではなく少し黄緑色を帯びてます。全部花を取ってしまうと寂しいので、少しだけ蕾を残しました。先月植え替えた赤長寿梅もヒコ生えとともにかなり咲いたのですが、咲く度に花を摘んでも摘んでも [続きを読む]
  • 性の良いケヤキと大格闘
  • 今日も合間に盆栽の手入れでした。駄温鉢に入った状態で入手した、性の良いケヤキと乱闘騒ぎの大格闘です。と、ある園に取り置いてもらってたので売約済!が立ってます。入手時に某園主と色々話してて解ったのが、枝が飛びにくく、ゴツくなり難く解れる良い性の兄弟樹でした。そうだとすると多少の埋設物の処理も仕方がないと思い植え替えましたが、、、、、、購入時から多少は仕方がないと思える良い性の樹で、これくらいの暴れ具 [続きを読む]
  • 老黒松の枝整理
  • 最近植え替え三昧で春のその他の作業が滞っていましたが、厄介で楽しい黒松の枝整理をしました。約3年前に棚入れした、老木黒松でしたが、ガレガレで、少し樹勢が乗ったかと思い作業すると作落ちしてしまう厄介な樹でした。昨年は、あまり弄らずいて、今日見た感じ、有り余るくらいの樹勢になったと思い作業しました。↓枝先に芽が数個強く出ています。このまま維持していくと、逆に維持するのに樹が体力を消耗してしまうと思い、 [続きを読む]
  • 放置してある雅バラを手入れしました。
  • トゲがどーにも痛くて手入れをする気が無くなるバラ盆栽です。先日のプチ土払いの時にほとんどのバラ盆栽は出してしまったのですが、この樹を植えてある鉢がお気に入りだったので、このバラも残りました。画像を見て、角をホツってる??と思って後から見たらホツってました。二重鉢にしてたので、超小さい穴から穴と同じくらいの太さの根が張り出して底に敷いていた鉢の中に根鉢が出来てました。小さな線香香炉みたいな鉢で、生育 [続きを読む]
  • ”藤(八重黒龍)の植え替え”
  • 昨年入手した八重咲きの藤盆栽の黒龍の根を見てみました。この八重黒龍の小さい自分の思う幹模様の盆栽仕立てが無いので、ホームセンターで見つけた時に思わず買ったのですが、8号ポットに入っていて、開けたらゴボウみたいな根がグルグルだった事を思い出しました。藤は、根を切られるのを嫌うから、なるべく温存して根を切らないで丸めて植える。なんて事が通説なのですが、そんな事をやってたら小さくならないので、昨年に通説 [続きを読む]
  • 甲州野梅の植え替え
  • 最近、時間を作っては植え替えばかりしてます。今日は数鉢植え替えた中から甲州野梅です。たしか2年前に三本線の超硬質赤玉を使って植え替えた樹です。超硬質赤玉三本線オンリーで植えてあるので、粒は全く潰れてませんでした。でも、鉢底は軽い根腐れがありました。ほぐしていったのですが、そこそこ良い感じの根の張り具合でした。前回は切らなかった行儀の悪い太根も今回はバッツリ切りました。画像中央くらいに写り込んでる極 [続きを読む]
  • 観れる感じの黒松模様樹の植え替え
  • 先日ですが、観れる感じの黒松と、枯れそうだったところから復活して観れる感じになった黒松とを植え替えました。↓の樹、肥料汚れと菌根菌とで水の通りが極端に悪くなっていました。鉢から抜くのも、一苦労で割りたくなる衝動を抑えて何とか抜きました。根の状態も良く、菌根菌もあり元気有り余る感じでした。崩して行くと、菌根だらけ、、、↓竹串でサクサク崩してから、缶も斬れるとか言うキッチンハサミで根も切り詰めた状態。 [続きを読む]
  • 枸杞子(クコ)の植え替え
  • 食盆栽?薬用盆栽?な感じのクコを植え替えました。クコの盆栽は樹格が低いとか不人気樹種なようで、あまり情報が無いので、今時期の植え替えが正しいのかはわからないです。鉢から抜くと、まるで先日のメロンの様な感じに見える根が出現しました。このクコの根は、以前に鉢変えをする時に少し触った記憶だと、簡単に消失してしまうので、崩し過ぎ注意だったと記憶してます。もう春の胴吹きが盛んに出てるので、根を崩しながら片っ [続きを読む]
  • 真柏の植え替え
  • 雑木や黒松の植え替えばかりだったので、真柏も植え替えてみました。迫力がある樹なので、長方とか強い鉢に収めて見たいところですが、入らないなんて事もあるので、画像以外にも事前に何枚か引っ張り出しておきました。入手後、長野の松紅園でサンドブラスト加工をしてもらったり、切った張った曲げた等をしてもらってました。昨年末に持ち帰って来て、今回初植え替えなので、何が出るかドキドキです。難なく捌け、このまま植えつ [続きを読む]
  • 天城砂について
  • 盆栽用として使用している天城砂についてです。天城砂は、神奈川の一部の盆栽人たちが黒松を植えて使ってたところ、成育良いとの事で珍重されています。この天城砂、自分も盆栽を始めて初めて知りました。一般には売られている事が皆無だと思っていたのですが、昨日頂いたブログコメントから色々と調べたり、電話で聞いたりしたところ、この天城砂。は本来、建築資材として用いられる『スコリア』でした。用途は、多孔質な性質を利 [続きを読む]
  • 黒松の植え替え
  • 陽気が一気に良くなったので黒松を植え替えてみました。ザル作りのチョンマゲの芽は既に少し動いてました。まずは、天城砂の微塵を徹底的に抜く作業から手でガサガサやりながら良く洗って、出てくる水が透明になるまで徹底します。今回植え替えるのは、K長老の手書き設計書付きのヤツです。この樹の植込み用土が、天城砂50:赤玉土50との事なのか、葉が異様に太く特異なので、今回は天城砂100%にして肥料の残り具合の違いで葉がどの [続きを読む]