のむ さん プロフィール

  •  
のむさん: Railway's Photo Room
ハンドル名のむ さん
ブログタイトルRailway's Photo Room
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nomu_201
サイト紹介文鉄道写真の中でも、長大編成を牽く機関車が力強い貨物列車や、四季折々の鉄道風景写真を撮影しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/12/27 10:26

のむ さんのブログ記事

  • 陽が差せば…
  • 少し前に、新桂川橋梁でGUあずさ色189系やN’EXを撮影した記事を載せましたが、EH200ブルーサンダー牽引の貨物列車82レが通過する頃には、うまい具合に陽が差してくれました。スーパーあずさが通過する時は薄日でした。陽差しがないと鬱蒼とした雰囲気ですが、陽が差せばガラリと雰囲気が変わって緑の輝きが綺麗です。紅葉の頃ならさぞ美しい風景になるでしょうね。来月あたり再チャレンジしてみようかな?(2枚とも 中央本線 [続きを読む]
  • ワンポイントアクセント
  • 写真のストックを見ていて今更ながら気づきました。DE10の運転室ドアの蝶番側に警戒色があしらわれています。注意喚起のためですが、DE10のワンポイントアクセントにもなっていますね。(品鶴線 鶴見〜新鶴見(信) 2017年8月15日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、 してください。 鉄道コム 日本ブログ村 [続きを読む]
  • 何の変哲もない写真
  • 3075レを牽くEF64 1037号機。ネタ釜でも特別な荷があるわけでもない、何の変哲もない写真ですが、いつかは「撮っておいて良かった」と思える日が来るかも?5075レを広車公開HMを掲げたEF66 30号機が牽いて来ると思って待ち続け、結局撮れず終いだった日の一枚です。貨物列車に遅れはつきものですが、狙っていた獲物を撮れないという空振りにがっくしと肩を落としたのでした。(東海道貨物線 横浜羽沢〜相模貨物 2017年10月8日撮 [続きを読む]
  • 白が映える特急色
  • 昨日は午後だけ新桂川橋梁へ行ってきました。ろくに時間を調べなかったので、189系の送り込み回送には間に合わず。GUあずさ色のかいじ188号に狙いを定めると、バラエティに富んだ車両を撮影できました。休日の中央東線はとても賑やかです。雲が多くて陽差しが望めなかったので、山間の鬱蒼とした雰囲気が出る構図にしました。189系・E257系・E259系と、白を基調にした塗色はどれも緑に映えて鮮やかです。(3枚とも 中央本線 鳥沢 [続きを読む]
  • すすき揺らめく秋
  • 先日小淵沢へ行った時の写真です。大カーブから駅へ戻る途中、すすきが群生している場所を通りかかったのでパチリ。時折風が吹いて揺らめくすすきに秋の訪れを感じます。ホントはスーパーあずさを流すつもりでしたが、シャッター速度が速すぎて単にぼかしているようにしか見えませんね。この位置からだと下り列車を後追いで撮るほうが、構図の収まりがいいかな?(2枚とも 中央本線 小淵沢〜信濃境 2017年10月1日撮影)ブログラ [続きを読む]
  • 青空・星空
  • 先日小淵沢へ行ったのは、今夏から運行を始めた観光列車「HIGH RAIL 1375」を撮りたかったからです。金属調をベースに八ヶ岳と星空をあしらったデザインは、高原の清々しさを感じさせる良いデザインだなぁと思っていました。小淵沢への送り込み回送は、青空を目いっぱい入れた構図で撮りました。清々しい青空と「HIGH RAIL 1375」の星空が調和してなかなか良い感じと自画自賛です。ところで2両の車体長の違いにお気づきでしょうか [続きを読む]
  • まばゆいほどの黄金色
  • 朝から気持ちの良い秋晴れに恵まれた日曜日。久々に小淵沢の大カーブへプチ遠征してきました。カーブの回りの田んぼはすっかり色づいて、稲刈りも始まっていました。朝日に照らされてまばゆいほどの黄金色を横目に、高原列車が登ってゆきます。(小海線 小淵沢〜甲斐小泉 2017年10月1日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、 してください。 鉄道コム 日本ブログ村 [続きを読む]
  • 明かりに浮かぶロクヨン
  • 先日中央西線で撮影した話には続きがありまして、伊奈川橋梁から再び5875レを追いかけ、藪原での運転停車中にバルブ撮影をしました。すっかり日が暮れて、駅の明かりに浮かぶロクヨンの姿に思わず見とれてしまいます。出発時刻が近づくとロクヨンのブロワーが起動します。低音から高音、やがて送風音が響く様には、ロクヨンの意気込みを感じます。そしてゆっくりと出発。2機のロクヨンとタキは闇の中へと消えていきました。(中央 [続きを読む]
  • 秋めく木曽路
  • 先日中央西線で撮影した話の続きです。南木曽で8084レを撮影後、さらに南下して岐阜県入りします。午後の下り貨物列車2本を撮るはずが、81レはいくら待っても現れず、運休にガックシと肩を落としたのでした。気を取り直してやって来たのは、恵那山が背景に見えるインカーブの定番撮影地です。秋めいた空を目いっぱい写そうと、築堤の下から見上げるアングルで構えると、順当に5875レがやって来てくれました。築堤には彼岸花がチラ [続きを読む]
  • 褪せる虹釜 Part2
  • 昨日は虹釜ことEF81 95号機が牽くカシオペア紀行をヒガハスで撮影しました。先月撮影した時は遠雷響く黒雲の下での撮影で暗い写真になりました。今回も太陽は雲に隠れましたが、なんとか明るい写真を撮りたいと流し撮りを敢行です。とはいえ、失敗を恐れてシャッター速度を1/125秒に設定。それでも車体が止まったのはホンの数コマ。辛うじて撮れた写真も疾走感はありません。さらに昨日は望遠レンズを持たず、標準レンズで撮って望 [続きを読む]
  • まさかの8084レ
  • 先日中央西線で撮影した話の続きです。寝覚ノ床で8088レを撮影後は定番中の定番ですが、伊奈川橋梁で8084レを撮影しました。が、まさかの単機牽引にビックリ!8084レの通過直前に一人の撮影者がやって来て(この日出会った唯一の撮り鉄さんでした)、ご挨拶すると「8084レは単機で牽いてますよ!連休明けは単機のことが多いんです。」と教えてくださいました。重連でないなんてガッカリ。でも、中央西線でEF64が単機でタキを牽く姿 [続きを読む]
  • 目の覚める景色
  • 連休明けの昨日、休みが取れたので中央西線に行ってきました。前日に塩尻のホテルに入り、早起きして向かった先は上松町にある景勝地「寝覚の床」です。木曽川の水流によって花崗岩が浸食されて出来た地形で、巨石はまるで自然の彫刻のようです。この絶景を往く列車を撮りたいと前から思っていました。木の枝や葉っぱが車体と被るけど、なんとか撮れそうなアングルを見つけて8088レが来るのを待ちます。とはいえ連休明けに果たして [続きを読む]
  • 台風一過
  • 今日の関東は台風一過の青空が広がりました。カメラもオーバーホールから戻ってきたので、私にとっての青空撮影の定番地、鶴見川橋梁に行ってきました。台風で空気中の埃が洗い流されたのでしょう。PLフィルターを使わなくてもこんなに澄んだ青空を撮ることができました。青空の下、単機で軽やかにやってきたのはEF65 2088号機の8584レです。続いてやって来たのはEH500-77号機の2079レ。1エンド先頭で来てくれて喜んだのも束の間、 [続きを読む]
  • 一度きりのジンボシン
  • 今回も昔の写真をセレクトしてお届けします。高崎線の有名撮影地ジンボシンで撮影した、EF64牽引の貨物列車です。神流川の橋梁を渡って緩やかなカーブを進む様は車両の格好良さが一段と増します。東京に引っ越して間もない頃の写真ですが、ジンボシンを訪れたのはこの一度きり。気がつけばロクヨンは高崎線の運用から離れ、この場所もタイガーロープが張られて、こんなふうにすっきりとは撮れなくなってしまいました。(高崎線 神 [続きを読む]
  • 岡山の夕陽
  • カメラをオーバーホールに出していて撮影はお預けのため、昔の写真をセレクトしてお届けします。岡山に住んでいた頃、新幹線を撮るのによく訪れたのがこの場所でした。トンネル直上の公園から岡山の市街地を望み、特に夕暮れ時の美しさは印象的でした。夕陽を背に700系レールスターが新大阪を目指します。(山陽新幹線 相生〜岡山 2009年11月3日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、クリッ [続きを読む]
  • 三色の0番台
  • カメラをオーバーホールに出していて撮影はお預けのため、昔の写真をセレクトしてお届けします。私が岡山に住んでいた頃、EF65 0番台がまだ走っていました。貨物列車を撮影するようになってから0番台が走っていることを知り、「こんな古い釜が未だに現役だったんだ!」と驚いたものです。しかも車体色が原色・三色更新色・二色更新色とバラエティに富んでいました。当時はネットで機関車の運用が分かるとは知らなくて、どの色の釜 [続きを読む]
  • カラシ色
  • カメラをオーバーホールに出していて撮影はお預けのため、昔の写真をセレクトしてお届けします。今回はカラシ色の貫通扉が特徴の、広島更新色を纏う機関車の写真です。この頃、伯備線ではEF64 0番代が牽引する貨物列車を見ることができました。でも、既に原色は引退して更新色ばかり。そんな中で唯一広島更新色を纏っていたのがEF64 67号機でした。ということで唯一のカラシ色というネタ物ではあるんですが、私はどうもこの塗色が [続きを読む]
  • 播但色
  • 先日カメラとレンズをオーバーホールに出しまして、しばらく撮影はお預けです。そこでカメラが戻ってくるまでの間、昔に撮影した写真をセレクトしてお届けします。ご了承ください。今回は特急はまかぜにキハ181系が使われていた頃、播但線で撮影した一コマです。真名谷トンネルから飛び出してきたキハ40系を撮影しました。ワインレッドのような鮮やかな色合いが特徴の播但色ですが、今でもこの色で残っているのかな?(播但線 長 [続きを読む]
  • 高島線をぶらり
  • 久々に天気に恵まれた週末。久々に高島線をぶらり散策してきました。まずは横浜ベイブリッジをバックに運河を渡る貨物列車をパチリ。青空が気持ちいいほどに広がっていたので、縦構図で青空を入れました。運河を渡るのはEF65が牽く5692レです。歩いてポートサイド公園にやってきました。コスモワールドの観覧車とヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルをバックにパチリ。明暗差が激しいので無理矢理撮った感丸出しですね。 [続きを読む]
  • クリーンかわさき号
  • 今月のお盆期間中の変則運用で、EF66 27号機が連日153レを牽引しました。153レは上りの152レと共に梶ヶ谷貨物ターミナル駅と川崎貨物駅を結ぶ、川崎市のごみ専用運搬列車「クリーンかわさき号」です。新川崎駅にほど近い小倉陸橋で、10人以上の撮影者と共に153レが来るのを待ち構えます。やがて尻手短絡線に2つのヘッドライトが見え、27号機がゆっくりと転線して本線に進みます。その後ろには白いコンテナがずら〜り。クリーンか [続きを読む]
  • 赤と青
  • なぜか運用が飛んでEF66 30号機が5097レを牽くというので、昨日の朝は多摩川橋梁に行ってきました。武蔵野線内をEF66とEH500が重連で運転するようになったのは昨年春からですが、今まで一度しか撮影したことがないので、いい記録になりました。2枚目の写真を撮ってすぐ、振り向きざまに撮影したものをトリミングしています。なんだか見つめ合っているようにも見える両機です。この先、赤と青の重連はいつまで、そしてどれだけ見ら [続きを読む]
  • 海岸寺の夕暮れ
  • 坪尻駅俯瞰で撮影後はすぐさま車を走らせて、予讃線の有名撮影地である海岸寺の海沿い区間にやって来ました。撮影地に着くと、遠くに3074レを牽くEF65のヘッドライトが見えて、慌てたのなんの。幸いなことに3074レは徐行していたので、急いでカメラを取り出してピントと露出を確認し、どうにか撮影したのが上の写真です。手持ちのレンズではこれ以上広角で撮影できないのですが、夕陽に照らされて輝く海も収まりました。その後にや [続きを読む]
  • 秘境駅俯瞰
  • 先日四国へ遠征した際、秘境駅で知られる坪尻駅の俯瞰撮影もしました。展望台からは緑深い山々に囲まれた谷底に、静かに佇む駅が望めます。どう行ったら駅にたどり着けるのか、道らしい道が見えないところはまさに秘境!やがて、観光列車「四国まんなか千年ものがたり」号がゆっくりと坪尻駅に進入します。乗客が一斉にホームに降りて記念撮影をする、束の間の賑わいです。しばしの停車の後、引き上げ線へゆっくりと進みます。引き [続きを読む]
  • 褪せる虹釜
  • 昨日は虹釜ことEF81 95号機がカシオペア紀行を牽くというので、久々にヒガハスへ行ってきました。昼間は青空が覗いたのですが、夕方には空一面の黒雲と轟く雷鳴に、「雨が降らないうちに来てくれ!」と願いつつどうにか撮った一枚です。ヒガハスの田んぼは稲穂が色づいているところもありました。夏らしくない空模様が続く中でも季節は少しずつ進んでいるようです。それにしても虹釜は前面も側面も赤色が褪せているのが目立ちます [続きを読む]
  • 束の間の夏空
  • 先日多摩川へ撮りに行った際、貨物列車の合間に南武線も撮影しました。どんよりとした曇り空がだんだんと晴れて夏の強い陽差しが照りつけ、空も木々も色濃く映る夏らしい風景に南武線のラインカラーが意外と似合います。さらに雲が取れて、こんなにもスッキリとした気持ちのいい夏空が広がりました。強い陽差しで現れる明暗差を使って、夏草が鬱蒼と茂る様子を表してみました。川のように見えるのは多摩川から取水して稲城市や川崎 [続きを読む]