のむ さん プロフィール

  •  
のむさん: Railway's Photo Room
ハンドル名のむ さん
ブログタイトルRailway's Photo Room
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nomu_201
サイト紹介文鉄道写真の中でも、長大編成を牽く機関車が力強い貨物列車や、四季折々の鉄道風景写真を撮影しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/12/27 10:26

のむ さんのブログ記事

  • お盆休みのヒガハスにて
  • 稲穂が色づく田んぼ。青空の高いところに浮かぶ雲。お盆休みのヒガハスでちょっぴり秋の気配を感じました。やって来た貨物列車がオール空コキなのもお盆休みならでは。(東北本線 東大宮〜蓮田 2018年8月15日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、 してください。 鉄道コム 日本ブログ村 [続きを読む]
  • 深緑のあずさ
  • 多摩川でムーンライト信州号を撮影した翌日、笹子トンネル出口で特急「あずさ77号」を撮りました。深緑の世界に飛び出す深緑色の189系は、あずさの絵幕も誇らしげに駆け抜けていきました。緑に埋もれそうな、笹子トンネルの石造りの坑門が歴史と風情を感じさせます。今回はちゃんと絵幕で来てくれて良かった。撮り終えてホッと胸をなで下ろしました。(中央本線 笹子〜甲斐大和 2018年8月12日撮影)ブログランキングに参加してい [続きを読む]
  • ムーンライト信州?
  • 夜明け前のほの暗い多摩川を渡る189系「ムーンライト信州号」を撮りました。と言っても通じそうですが、本日運転された特急「あずさ81号」です。幕が故障していたらしく、まさかの「ムーンライト信州」表示にビックリ!写真に雨粒が写るほどの土砂降りの中を通過していき、カメラも私もすっかり濡れてしまいました。(中央本線 立川〜日野 2018年8月11日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら [続きを読む]
  • 草いきれ その2
  • 以前に草いきれの感じを出し切れなかった写真を載せましたが、あらためてチャレンジ。西日本豪雨の影響で単機となっている臨8063レ(EH500-44号機)を撮りました。緑濃い草むらから真っ赤な顔を出すイメージで撮りましたが、前回よりは草いきれの感じが出せたかな?(武蔵野線 梶ヶ谷(タ)〜府中本町 2018年7月29日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、 してください。 鉄道コム 日 [続きを読む]
  • 七夕まつり
  • 七夕まつりの夜。色とりどりの吹き流しに、束の間の涼を感じて・・・。(中央本線 阿佐ケ谷 2018年8月4日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、 してください。 鉄道コム 日本ブログ村 [続きを読む]
  • 夏を見つめる
  • 日曜日の多摩川にて。ほぼフレームライナー(荷がない)77レと単機の1094レ。ならばと、あえて釜が半分だけフレームインする感じで撮ってみました。PFもEF64も夏を見つめるかのようです。果たしてこんな写真はありやなしや。皆様の忌憚のないコメントをお待ちしています。(2枚とも 武蔵野線 梶ヶ谷(タ)〜府中本町 2018年7月29日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、 してください [続きを読む]
  • 夏空と原色ロクヨン
  • 台風一過の青空が広がった日曜日に鶴見川橋梁へ行ってきました(「またか」とツッコミが入りそう・・・)。久々に上京した原色ロクヨンが早くも帰ってしまうのでお見送りです。荷の載りはイマイチでしたが、まばゆい夏空の下を往く原色ロクヨンを撮影できました。EF64 1023号機は原色に戻ってから初めての上京だったはず。青空よりも深い青15号はまだ艶々でした。また上京してほしいのですが、それよりも中央西線で原色重連を実現して [続きを読む]
  • 草いきれ
  • 酷暑厳しい日の多摩川にて。川べりでも涼しさは全くなく、草むらから熱気が立ち上ってクラクラするような暑さでした。そんな草いきれの感じを出したくてこんな構図にしたのですが、一見爽やかな感じに見えるのは何故?写っているのはEH500-9号機の単臨8063レ。西日本豪雨の影響による単機運転です。一方こちらは単機が日曜日恒例、EF64 1002号機の単1094レです。青空と川面を入れて涼しげな感じにしてみました。が、この時間でも酷 [続きを読む]
  • 夏雲湧く
  • 前回の記事の続きです。川上村のレタス畑から小淵沢の大カーブに移動しました。午後になって八ヶ岳からはもくもくと雲が湧き、夏らしい空模様に。青い空と白い雲がまばゆい空の下、高原列車は終着駅へラストスパートです。さらに時間が経ち、湧き立つ雲があまりに素晴らしかったので、折り返しの列車を大カーブの内側からパチリ。脳裏に焼き付くほどに印象的な夏空の写真が撮れました。(2枚とも 小海線 小淵沢〜甲斐小泉 2018 [続きを読む]
  • レタス畑を往く
  • 特大貨物を追いかけた日、帰路の途中で小海線に立ち寄りました。川上村のレタス畑を往くハイブリッド気動車キハE200形をパチリ。一面緑色のレタス畑と夏空に彩られて一見爽やかそうですが、陽差しと暑さは強烈でした。暑さにやられてHIGH RAIL 1375の通過を失念し、撮り損ねたのが悔やまれます。(小海線 野辺山〜信濃川上 2018年7月15日撮影)※農家の方のご厚意で、レタス畑の中の畦道で撮影させていただきました。ブログラン [続きを読む]
  • 続・大物を追う
  • 特大貨物を追う遠征話の続きです。朝焼けの立場川橋梁での撮影に満足しつつも、すぐさま出発して岡谷へ先回り。みどり湖方面と辰野方面の分岐点にかかる歩道橋で撮影しました。朝日を背にブルサン+シキ801B2+ヨ8402の特大貨物列車がゆっくりと通過します。でも、ここでの本命はこの下の写真です。山裾まで広がる住宅地をバックに、シキ801B2とヨ8402がよく見える後追いショットです。大物車や車掌車を上から見るなんて滅多にない [続きを読む]
  • 大物を追う
  • 先日、八王子駅で変圧器を積んだ特大貨物を見て「走っているところを沿線で撮りたい」という思いが沸いて遠征を敢行!レンタカーを借りて真夜中の中央道をひた走り、立場川橋梁で9495レを撮りました。朝焼けの空に、ブルサン+変圧器を積んだシキ801B2+車掌車の姿が浮かぶ狙いどおりの画に、八ヶ岳の稜線もかろうじて見えてくれて、嬉しさのあまり眠気もどこへやら。遠征した甲斐がありました。もちろんこの後も追いかけましたが [続きを読む]
  • クリームプレート
  • JR貨物のEF65が全検で続々と国鉄特急色に衣替えする中、更新色青プレだった2101号機が前面にクリームプレートを付けた姿で出場したのには驚きました。さっそく撮ろうと新金線で1091レを牽く姿を撮りました。残念ながら陽差しが遮られて荷の載りもイマイチでしたが、まだピカピカの国鉄特急色にクリームプレートという出で立ちで貨物を牽くのは懐かしいやら嬉しいやら。いやぁ、いいものですね。それにしてもクリームプレートを撮っ [続きを読む]
  • 夏空とクマイチ
  • 青い空にぽっかり浮かぶ綿雲。夏空が広がった日曜日の昼下がりに鶴見川橋梁で撮りました。「またか!」とツッコまれそうですが、青空を撮りたくなるとここを選ぶ、私の定番撮影地です。下調べもせずに来ましたが、2079レは嬉しいことにEH500-901号機が牽いてきてくれました。見上げる構図にしたのでキンタクマイチの顔がイマイチ見えず。でも、夏空に真っ赤な塗色が映える鮮やかな写真が撮れました。(品鶴線 新鶴見(信)〜鶴見 [続きを読む]
  • 大物に出会う
  • 七夕の夜に出会った大物です。6月末から7月中旬の3週連続で、川崎貨物から南松本まで変圧器を運ぶ特大貨物輸送列車が運行されています。ぜひこの目で大物車を見たいと八王子駅に行ってきました。22時頃に着くと、EH200-16+シキ801B2+ヨ8402で編成された9495レが側線に止まっていました。中央線ホームからじっくり見て回ります。シキ801は荷受梁の間に貨物を吊り掛ける「吊掛式大物車」という形態です。これまで配給列車で貨物の [続きを読む]
  • 田園
  • 今回の只見線遠征は、会津美里町にある蓋沼森林公園からの俯瞰撮影で締めくくりました。会津盆地や磐梯山を見渡す絶景ポイントで、2年前の583系あいづ号撮影の合間に訪れて以来の再訪です。もう稲が育って緑の絨毯になっていると思ったら、ところどころ水面が見えたので水鏡でパチリ。さらに向きを変えてパチリ。広大な田園風景の中をディーゼルカーはトコトコと走っていきました。(2枚とも 只見線 会津高田〜根岸 2018年6月17 [続きを読む]
  • ふたたび深緑の世界
  • 只見線遠征記の続きです。大志集落俯瞰場所を後にして、第一只見川橋梁の北側の船着き場にやって来ました。日の長いこの時期なら順光で撮れると踏んでいたらそのとおりで、陽光に輝く深緑の世界を撮影できました。写っているのはラッピング車両付きの427Dで、写真右上の鉄塔の足元が第一只見川橋梁を俯瞰するお立ち台です。初日に同じ場所で撮ったのがこちらの写真。陽光のあるなしで印象が変わりますね。(1枚目 只見線 会津桧 [続きを読む]
  • 川辺の集落
  • 只見線遠征記の続きです。川のほとりに立ち並ぶ赤い屋根の家々。こぢんまりとした集落をかすめるように只見線は走ります。今回の遠征でぜひ訪れたかった大志集落俯瞰場所に行ってきました。未舗装の隘路をひたすら進んでも視界が開けず、「これ、辿り着けるんか?」と不安になったところに視界が開けて、只見川と大志集落を見下ろす絶景ポイントに辿り着きました。428Dが来るまで絶景を眺めながらのんびり待っていると、天気が回復 [続きを読む]
  • 青空を映して
  • 只見線遠征記の続きです。2日目も川霧に期待して第一只見川橋梁の俯瞰場所へ行きましたが、残念ながら川霧は現れず。でも天気が回復して陽が差しはじめ、423Dが通過する頃にはご覧のとおり。いわゆる"まんだ〜ら"な状態ですが、列車と橋梁には日差しがあたって水鏡もバッチリ。スポットライトに照らされたような写真になりました。そして15分後、424Dが通過する頃には、川面に青空を映して、まるで空の上を列車が往くような絶景を [続きを読む]
  • アーチ橋を渡る
  • 只見線遠征記の続きです。只見線に沿う国道を走っていると、石造りのアーチ橋を見つけました。ここでは川を渡らないのですが、地形の関係で架けられたのでしょうか。緩やかにカーブするアーチ橋の、重厚で歴史を感じさせる趣に惹かれ、国道脇から見上げるアングルで430Dをパチリ。帰ってから調べると、福島県近代化遺産にも指定されている「細越橋梁」という橋だそうです。撮り鉄の皆さんには「只見線のめがね橋」と呼ばれる有名な [続きを読む]
  • 深緑の世界
  • 只見線遠征記の続きです。第一只見川橋梁の俯瞰場所を降りて、反対側の船着き場にやってきました。山の木々の深緑とそれを映し出す川面の深緑。深緑の世界の中を列車はゆっくりと走ります。ラッピング車両つきの425Dをパチリ。程なく426Dがやって来ましたが、川面にさざ波が立ってしまいました。この後は定番撮影地をハシゴして夕方まで撮影しました。列車本数が少ない分、合間にロケハンしたり地元のおいしいご飯を食べたりと、ゆ [続きを読む]
  • 霧は霧でも
  • 「そうだ!川霧を撮りに行こう!」と思い立って、このあいだの週末に只見線へ撮影に行ってきました。前乗りして会津若松に泊まり、夜明けと共に出発して第一只見川橋梁を俯瞰するお立ち台に行くと、霧は霧でも川霧ではなく霧雨に煙っていました。上りの始発列車はラッピング車両が繋がった2両編成。静かな川面は完全な水鏡と化していました。天気予報が悪かったからか、この時ここで撮影したのは私一人。ある意味贅沢な時間です。7 [続きを読む]
  • スッキリ!
  • 北海道を除いて日本全国が梅雨入りし、雨の季節がやって来ました。ジメジメ鬱陶しい気分を吹き飛ばしてもらおうと、今回はスッキリ!晴れ渡った写真を載せます。梅雨入り前の日曜日に鶴見川橋梁で撮影した、EF64牽引の3075レです。私好みの見上げるアングルで撮ると、うまい具合に雲がぽっかり浮かんでくれました。PLフィルタをちょいと利かせて色濃い風景にして、気分は「夏を先撮り」です。金太郎が牽く2079レは、日曜日恒例の [続きを読む]
  • 黄菖蒲と赤い列車
  • 夕暮れ時、傍らに黄菖蒲が咲く田園風景を、一陣の赤い風が駆け抜けていきました。ヒガハスでヤグルマギクとキンタクマイチを撮った後に居残って撮影した、ひと月前の写真です。この時狙うはカシオペア紀行の返却回送でしたが、日没の時刻にやってきたので薄暗い写真になってしまいました。(2枚とも 東北本線 東大宮〜蓮田 2018年5月12日撮影)ブログランキングに参加しています。もし写真を気に入ってもらえたら、 して [続きを読む]
  • カシオペア・クル・クモル
  • 梅雨の晴れ間が広がった週末、いつもとは違う場所でカシオペア紀行を撮ろうと思い、ワシクリの黒小屋踏切に行ってきました。青空バックに撮りたかったんですが、通過時には上空の雲が増えて西の空の薄雲に陽光が弱まり、ご覧のとおりの結果になりました。牽引機がEF81 81号機だと晴れないというジンクスがあるらしいのですが、そのせいかな? イマイチな結果にはなりましたが、カシオペア紀行を待つ間に、漆色のハイグレードな奴 [続きを読む]