池上ヒロシ さん プロフィール

  •  
池上ヒロシさん: あきゅらぼ
ハンドル名池上ヒロシ さん
ブログタイトルあきゅらぼ
ブログURLhttp://acculabo.webcrow.jp/
サイト紹介文ピストル射撃競技メイン。射撃用品製造販売
自由文各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/12/27 13:01

池上ヒロシ さんのブログ記事

  • 「おうちでブルズアイ」改良版のテスト動画
  • 箱の底面に跳ね返り防止板を2枚追加することで、BB弾の回収率をUPした「おうちでブルズアイ・改良版」のテスト動画をYoutubeにアップしました。フロントシート無しでも、10発撃って10発とも回収されました。なお、なんか真っ暗な中で撃ってるように見えますが肉眼で見ると周囲は普通に壁とか床とか見える程度には明るいです。ライティングユニットでターゲットを照らしていて、その明るさにカメラの露出をあわせてるので周囲が真っ [続きを読む]
  • 学校の部活動は、対外試合を禁止するべきだ
  • 以前から考えていて、実際にあちこちで主張してることなんだけれど、改めて文章としてまとめてみる。学校の部活動は、本来なら自主的な活動であり、参加するのも参加しないのも自由、参加する場合でもどのくらいのレベルで参加するのか、あるいは参加しないのかも自由であるはず。だが自分自身の経験でも伝え聞く範囲でも、現状は全くかけ離れた状態、つまり参加は強制であり参加しないという選択肢は存在せず、休めばたとえ事情が [続きを読む]
  • ひたすらブルズアイ in 新宿MMS(2018年8月)
  • いつもは第4土曜に開催してる「ひたすらブルズアイ in 新宿MMS」ですが、今回は久々に第1土曜開催としました。APS東京本大会後の「はじめてのひたぶる」でしたが、多数の参加をいただきました。初参加の方もお二人です。ありがとうございます!※協賛:マルゼン、ノーベルアームズ協力:新宿MMSけっこう強めの台風が直撃しそうということで、最初は7月28日開催予定だった「第13回 ひたすらブルズアイ in 新宿MMS」を1週間延期しま [続きを読む]
  • 「おうちでブルズアイ」が人知れずバージョンアップ
  • 箱の底部に設置していた「跳ね返り防止柵」を、両面テープで貼り付けたスポンジからポリカ板2枚へと変更しました。これにより、フロントシート無しでもかなりの回収率を実現しました。もちろんフロントシートを装着すればさらに回収率はUPします。自宅で、APSカップなどのエアガンを使った精密射撃の練習をするための便利グッズ「おうちでブルズアイ」、おかげさまで好評をいただいております。実射練習をしてもBB弾が散らばらず、 [続きを読む]
  • 「おうちでブルズアイ」をもっと便利に使う
  • 先日の「ひたすらブルズアイ in 新宿MMS」では、「おうちでブルズアイ」を初めて使用しました。普段、自宅で自分だけであれやこれや考えながら使っているだけでは分からない問題点や、より便利な使い方、BB弾の回収率を上げるコツなどを利用者の皆さんからお聞きすることができました。ターゲット・プレートを上下逆に使う複写式ターゲットの着弾痕をハッキリ見えるようにするため、塩ビのシートで挟んでいますが、その挟む向きを [続きを読む]
  • 「良く見えるフィルター」に新色追加
  • TALEX製の「モアイレンズ」を使った「良く見えるフィルター」。品切れだったパープルを復活、さらに新色としてブラウンを追加しました。眩しさを抑制して目の疲れを軽減し、細かい文字などが楽に見えるようになってオフィスワークが捗る、みたいな触れ込みで販売されてるTALEX製の「モアイレンズ」。TALEXはサングラス用のレンズメーカーとしては評価が高いところらしく、眼鏡店に行くと入り口周辺にかっちょいいポスターが貼って [続きを読む]
  • フィルターホルダーを少し改良しました(主に自分のために)
  • 30mm径のカラーフィルターやアイリスシャッターを、射撃用眼鏡のレンズに取り付けるための「フィルターホルダー」。「アイリスシャッター(本格派)」と、モアイレンズ使用の「良く見えるフィルター」を、あまり無理せずに2枚重ねで使えるように小改良しました。改良点は主に下記の2点です。厚みを増やして、フィルター2枚重ねが楽にできるようになった。両端を止めているネジをM3からM2に変更、コンパクトスリムになった。カラー [続きを読む]
  • あきゅらぼオリジナル newブルズアイターゲット 販売開始です
  • あきゅらぼオリジナルのブルズアイターゲットがリニューアルしました。A4サイズに5つのターゲットを配置した「五文的」から、APSカップの練習用として広く使われているB7サイズ(128x91mm)に1つのターゲットを配置した「一文的」になりました。ピンポイントシューティング(今の「ひたすらブルズアイ」の前身みたいなマッチ)を始めた時に作った「あきゅらぼオリジナル ブルズアイターゲット」は五文的でした。ターゲットの左右を [続きを読む]
  • 「おうちでブルズアイ」用フロントシート
  • 「おうちでブルズアイ」の前面に取り付ける薄手のプラスチック製シート、交換用の4枚セットをラインナップに追加しました。フロントシートに開いている穴は、大きければ撃ちやすくなりますがBB弾の回収率が下がり、小さければ難易度が上がるかわりに回収率が上がります。自分の技量や自宅の環境によって適切な大きさのシートを選ぶことが大事です。フロントシートは、BB弾が当たっても無傷で跳ね返すほど頑丈なものにはなっていま [続きを読む]
  • おうちでブルズアイ練習キット、組み立て説明書について
  • おうちでブルズアイ練習キット、おかげさまで好評です。現在ご注文いただいている分は、週明けに郵便局から発送します(厚さがあるのでポスト投函ができないため)。付属しているマニュアルについてお詫びと訂正です。「03/衝撃吸収シートの貼り付け」の部分の写真が一点、白い四角のままになっていました。「あとで撮影して入れ替えるつもりで忘れていた」のが原因です。すでにお買い上げいただいた方にはご迷惑おかけしました。 [続きを読む]
  • 新製品「おうちでブルズアイ練習キット」の紹介
  • 自宅で「ひたすらブルズアイ」や「APSカップ・ブルズアイ」の練習をするための、BB弾回収機能のあるターゲット・ボックスを発売します。細長い箱の奥にターゲットを設置することで、跳ね返ったBB弾が箱の中にとどまり(注意:回収率は100%ではありません)、部屋をあまり散らかさずにエアガンの実射練習ができます。おうちでブルズアイ練習キットの特徴B7サイズ(128x91mm)のターゲットにぴったりのサイズ箱の上面が透明なので光 [続きを読む]
  • Gun Professionals 2018年6月号【最近のお仕事】
  • 久々(十数年ぶりくらいだったり?)で「月刊Gun」に記事を書きました。簡単なイラストなんかの依頼はちょくちょく受けてましたが、6月号では連載記事が2本もスタートしています。新連載は、「ピストル講習会」です。エアピストルなどのISSF系だけでなくAPSカップみたいにエアガンを使った競技も含め、「片手でピストルを持って、ターゲットを狙って撃つ」系の射撃競技の紹介や、技術や練習方法などを解説していきます。6月号掲載 [続きを読む]
  • 競技用ピストルのグリップを輸入
  • 最初はSサイズ(右)で銃を注文したのですが、予想外に小さくて手が入らなかったため急遽Mサイズのグリップ(左)をメーカーから直接購入しました。試合に使わなきゃならなかったためSサイズはけっこう削ってます(青い線で描いたのが削った部分)。「ようやくフリーピストルの所持ができた!」と喜びのツイートを投稿したのが4/12のことでした。けれどその時に使っていたグリップは、たかが22LRの反動ごときで激痛が走るほどに、 [続きを読む]
  • 「モアイレンズ」を使った射撃用フィルターを販売開始
  • 先日、記事でちょっとだけ書いた「LED照明のギラつきを抑えるレンズ」ですが、使用してみたら確かに良い感じでしたので「あきゅらぼ通販」の商品ラインナップに追加しました。サングラス用のレンズメーカーとして評価が高いTALEXから出ている、LEDの屋内照明によるギラつきを抑制し、ものがハッキリとよく見えるようになるという「モアイレンズ」を使った30mm径フィルターを販売開始しました。公式サイトによる「モアイレンズ」が [続きを読む]
  • 名銃、バウ300Sが韓国で丸コピーされていた件【海外の反応】
  • 「エアライフル射撃」というスポーツのあり方そのものを大変革させた世紀の名銃、ファインベルクバウ300S。昔、新宿歌舞伎町に実銃が撃てる射撃場があった時代に貸し銃として使われていたのもこの銃です。私が唯一、「撃ったことがあるエアライフル」でもあります。画像引用元:Pilkguns.com先日アップしたモリーニの新型エアピストルに関して盛り上がっていたTargetTalkのトピックですが、途中で少しだけ話題がそれて別の話が始ま [続きを読む]
  • 身にならない苦労をした話
  • なぜか、ブログに新しい記事の投稿ができなくなったと思ったら、なんと「容量がいっぱいになっている」のが理由だった。同じ理由でコメントの書き込みもできなくなっていたようだ。いくら無料プランといっても1GBもあるんだからそう簡単にいっぱいになるはずないのに……と思って調べてみたら、確かに限界突破している。画像だけで800MB以上もある。写真いっぱいのブログというわけでもないのに。この無料プランそのものが、「以前 [続きを読む]
  • 「LED照明のギラつきを抑える」というレンズを買ってみました
  • 照明がギラギラと眩しくて、標的の黒丸と前後サイトが霞んで見えてしまうという現象に悩まされる「使い込んだ眼」の所有者にとって、ギラつきを抑えてくれるフィルターというのは、もし本当にそれの効果があるのなら少々の出費は厭わないレベルで欲してやまないグッズの一つです。「LED照明のギラつきが悩ましい」と思うのはどうやら射撃人だけでなく、ごく普通のオフィスワーカーさん達にとっても悩みの一つになっているそうで、 [続きを読む]
  • 射撃に年齢制限ってあるの?【海外の反応】
  • 国内の大会でも60年代生まれ・70年代生まれ・80年代生まれが3人並んでファイナルを撃つなんてことがしょっちゅう起きるくらいには、射撃ってのは競技者の年齢幅が広いスポーツです。参考:平成23年度全日本ライフル射撃選手権大会特に最近は、低年齢層の育成に力を入れてきた成果が出てきたのか普通に高校生とか大学生くらいの子達が全国大会や選手権なんかで上位に入ってくるのが「当たり前」な感じになってきています。昨年のこ [続きを読む]
  • モリーニの新型エアピストル「CM200 EI」【海外の反応】
  • ドイツで開催中のIWA2018。銃砲関連の新製品などが一挙に公開されることが多い展覧会(兼即売会)です。アメリカで年始に開催されるSHOT SHOWとも似ていますが、競技射撃関連の出展はIWAのほうがはるかに多く、実際に新製品発表のタイミングとして選ばれることも多いので競技シューターとしては見逃せないものがあります。既にいくつか興味深いニュースが入ってきていますが、その中でも多くの注目を集めているのが、モリーニの新 [続きを読む]
  • 格安の自作射撃メガネを披露したら総ツッコミ喰らった件【海外の反応】
  • ターゲットとサイトの両方がくっきりはっきり見えればどれだけ射撃が楽になることでしょうか。少しでもその「理想の状態」に近づけるために、いろんなグッズが販売されています。中にはすごい値段が高い製品もあります。射撃専用のメガネフレームって、専用のものを買うとけっこうな値段がします。レンズを含まないフレームだけの値段でも安いもので3万円、高機能なものだと5万6万は当たり前の世界です。レンズ込み3000円でメガネ [続きを読む]
  • 2018年2月・ひたすらブルズアイ in 新宿MMS 結果
  • あきゅらぼ主催の精密系エアガン射撃会、「ひたすらブルズアイ」。今月も土曜夕方から新宿MMSにて開催しました。※協力:新宿MMS毎年のことですが、あっという間に終わってしまう2月もはや後半。ひたすらブルズアイは毎月第4日曜開催としていますが、今月は第4にはMMSさんにイベント予定が入ったため、一週間繰り上げて第3土曜の17日に開催となりました。参加人数は私入れて3名、ちょっと寂しいのは確かといえば確かなんですがその [続きを読む]
  • いや、質問に答えてくれよと言いたい【海外の反応】
  • 安定した台に万力を使って銃を固定した状態で、決められた弾数(通常は10発)をターゲットに撃ち、弾着がどのくらいまとまるかを試す「バレルテスト」。トップレベルの人だと弾のロットごとに微妙に性能が変わるのでシーズン初めに必ず行って、相性がいい弾をまとめ買いするなんて話もあります。射撃競技みたいに道具を使うスポーツでは、「どういう道具を使うか」「消耗品はどれが良いか」みたいなのは頻発質問になります。他のス [続きを読む]