露太本線 さん プロフィール

  •  
露太本線さん: Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記
ハンドル名露太本線 さん
ブログタイトルNゲージレイアウト国鉄露太本線建設記
ブログURLhttps://lofthonsen.muragon.com/
サイト紹介文運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。
自由文これまで『我道を行く!』でレイアウト製作を進めてきましたが、『これからどう進む?』を考えたくなりブログを開設しました。 拙レイアウトに関する、ご感想ご意見などございましたら、ご遠慮なくコメントを頂戴できれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/12/27 17:58

露太本線 さんのブログ記事

  • 詰所の製作①前加工
  • 倉元駅機関車駐在所詰所を製作します。 使用するのはGM詰所、信号扱所と一緒に調達した着色済キットです。 詰所が建つのは駐在所機関庫と給水塔の並び位置です。 最初は屋根から、例の成形打ちっぱなしテラテラ黒色屋根です。 信号扱所と同じくフラットブラック・RLMグレイ・溶剤・水をアバウト同量混合で筆塗り、乾燥後にウェザリングし同じ風合いにしました、同時に建てられた想定です。 建屋側に照明設置すれば不要と [続きを読む]
  • 半世紀前のTMS 1963年9月号後編
  • 前回の続きです。 筆者にとって本号の目玉は何と言ってもコレ、『龍安寺鉄道の発展』です。 【TMS1962年8月号より】 龍安寺鉄道はTMS1962年8月号で発表された2.3mx1.4m、やや大型の個人レイアウトです。 昨年3月27日拙ブログで半世紀前のTMS 1962年8月号 - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記として紹介してます。 その中で『立体交差もリバースも設けず、風景製作に力点を置いて [続きを読む]
  • 半世紀前のTMS 1963年9月号前編
  • ポイント電気講座が完結したのでチョイと一服、今回はTMS1963年9月号の紹介です。 7月号表紙の3氏D51競作記事が掲載された8月号が何故か紛失してました。 誌上掲載作品・レイアウトが多いTMSにしては異色の表紙です。 給電したC62をガラス上で空転させ撮影した様です。 この号を読み返したら話題盛り沢山、とても1回で紹介し切れないので前後編にします、って苦しい時のTMSです(汗) 見開き天賞堂広 [続きを読む]
  • ポイント電気講座⑧あしたのために
  • ポイント電気講座最終回です。 本講座は以下の様な方を念頭に解説しました。 ①TOMIX通電/切替不良に嫌気が差しPeco乗換を検討中の方へ。  ⇒本講座一番のお客様です、壁を乗り越え通電/切替不良から開放されましょう。 ②KATO/Pecoユーザーで電気トラブルが発生し困っている方へ。  ⇒フィーダー/ギャップ設置法をマスターして問題を解決しましょう。 ③レイアウト製作を計画しレール選定に悩んでい [続きを読む]
  • ポイント電気講座⑦Pecoその2
  • ポイント電気講座7回目です。 6−3.ダブルスリップ 限られたスペースに理想の線形で長い列車を走らせたい、この夢実現に最も効果的なのがダブルスリップとカーブポイントだと思います。 カーブポイントは通常ポイントの形が歪んだだけなので、電気講座としてダブルスリップを取り上げます。 とは言う物のローカル線の当社には無縁の存在、調査目的に購入できるお値段じゃない、 そこで本稿は『がおう☆さん』と『た625 [続きを読む]
  • ポイント電気講座⑥Peco その1
  • ポイント電気講座6回目です。 6.Peco 6−1.インサルフログ Pecoには『ポイント電気講座②ルーツから学ぶ』で紹介したポイント界のレジェンド、エレクトロフログの他にインサルフログが製品化されています。 エレクトロフログは『選択式』、インサルフログは『非選択式』と誤った情報が流布された為、不遇を囲ってる可哀相なポイントです(笑) この間違いは『親爺ぃさん』が2016年4月に指摘されています。 [続きを読む]
  • ポイント電気講座⑤KATO その2
  • ポイント電気講座5回目です。 5−2.非選択式の特性と用法 前回KATO市販品状態の解説をしました。 『非開通内側レール開放式』(筆者命名)によりルーツポイントの選択式を使い易くした方式とご理解いただけたと思います。 KATOは電気特性変更が簡単にできます、裏側の選択/非選択ネジ締め位置を市販状態の選択から非選択に変えてみます。 内部接点導通変更により、定位反位電気極性はこの様に変化します。 ポイ [続きを読む]
  • ポイント電気講座④KATO その1
  • ポイント電気講座4回目です、宿題の中間テスト解答と解説からです。  4−5.中間テスト解答と解説 《中級問題解答》 ①最初に着目するのはエンドレス左側P1とP5トング側が背中合わせの部分です、双方の分岐先に給電するにはこの位置にフィーダーが必要です。 ②フィーダーから時計回りにP5、P4、P3とトング側が続き給電可能です。 ③反時計回りにP1、P2とトング側が続き、フィーダー1ヶ所から全線給電可能 [続きを読む]
  • ポイント電気講座③ギャップとフィーダー設置法
  • ポイント電気講座3回目です。 4−2.ギャップ設置法その2 前項で『ポイント分岐側が対向する場所にはギャップを設置する』と解説しました、その目的はショート事故防止でした。 ギャップ設置目的はそれだけではありません、線形により運転を楽しむ為のギャップもあります、最初にリバースループ線で解説します。 このリバース線形も『ポイント分岐側が対向する場所』です、従ってショート防止のギャップ1が必要です。 こ [続きを読む]
  • ポイント電気講座②ルーツから学ぶ
  • ポイント電気講座2回目です。 3.ポイントのルーツから学ぶ 現在は使い易さ追求やDCC化対応など要求事項が増え、様々な形でポイントの電気特性が発展細分化しています。 その違いを解説しても頭が混乱するだけ、筆者でさえ整理が必要(爆)な状況です。 まず最初にそのルーツから学びましょう。 3−1.Pecoエレクトロフログ 半世紀以上前の16番ポイントと全く同じ電気特性のポイントが現在も存在します、Pec [続きを読む]
  • ポイント電気講座①プロローグ
  • 予告したポイント電気講座の開講です。 誰でも「電気の壁」を乗り越えてKATO/Pecoを使いこなせるようになる目標で進めます。 メーカー毎に電気特性を解説しただけでは目標達成できませんので、解説順を工夫し、その特性を活かして何ができるかの使用例を盛り込んだ構成を心掛けてます、お気付きの点は何なりとお寄せください。 1.開講のキッカケ 1−1.設計委託業務 零細家内工業の当社が日頃お世話になってる関 [続きを読む]
  • Nレール選びについて考える
  • Nレールとポイントについて日頃感じている事をまとめてみました。 風景モジュールかエンドレスだけのレイアウトでない限り、レール選びは結局ポイント選びなのでポイント中心に話を進めます。(筆者の主観である事を予めお断りしておきます) 1.Nレール国内シェアは? 調べても確かなデータがありません、レール選びに関する公開情報を見ると、初心者にはTOMIX推奨と判で押した様に書いてあります、これはこれで間違い [続きを読む]
  • 信号扱所の製作⑪組立その2
  • 信号扱所最終回、仮完成させます。 着色済キット製作にこんなに時間掛けてたら、健康寿命内にレイアウト完成するかどうか疑問です、まずは2階照明設置からです。 ①屋根に付けると断線リスクが高いので3mm角棒の梁を用意します、側壁を押し広げずフリクションで止まる微妙な長さにしてあります。 ②梁に照明基板を瞬着固定しました。 ③作業灯の助けを借り目をこらしてポリウレタン線を半田付けしました。 ④室内灯、庇灯 [続きを読む]
  • 信号扱所の製作⑩組立その1
  • 建物本体組立は用具入れがある前面と便所がある側面のコーナー基準で行います。 キューブ材を治具替わりに双方の壁を接着します。 仮固定してあった梃子ユニットをポリウレタン線に注意して取り外し、両面テープを綺麗に剥がします。 照明配線が梃子ユニット位置を制約しない様に穴を広げました。 接着完了した2枚の壁、接合部には遮光材がありません。 遮光材で塞いでから気付きました、2階だけで良かった、1階は用具入れ [続きを読む]
  • 信号扱所の製作⑨2階床製作
  • 組立方法をどうするか悩み、2階床張りから行う事にしました。 2階床は梃子ユニット支持台基準で製作します、建物壁との関係は床を少し大き目に作り組立時に切る方法にしました。 梃子ユニット製作時に解っていたのですが、梃子取っ手をが邪魔になり2階床は1枚板で上から被せる工法が取れずに分割するしかありません。 すると梃子ユニット両側支持台だけでは床を支えられず、分割した床を一体化する構造材が必要になります。 [続きを読む]
  • 信号扱所の製作⑧照明組込み
  • 信号扱所照明は2階室内に2灯、庇に1灯に加え、当初計画になかった1階休憩室に1灯の計4灯を組込む事にしました。 1階休憩室照明をどう設置するかが問題です。 【『信号扱所梃子ユニットの設計』より転載】 そこで着目したのが2階床下、1階天井裏のスペースです。 実寸750mmスケール5mm、床板と天井板間の約3.5mmに休憩室照明LEDと回路を収容するアイディアです。 1階天井板を0.8t板紙から切り出 [続きを読む]
  • 信号扱所の製作⑦壁加工
  • 仕掛かり中信号扱所は素組みなら半日で完成するキットです、いつまで手こずってんだと言われそうですが、いかんせん追加工が多い上に手が遅くて・・・。 壁加工最初は窓ガラス入れ、付属プラシートを窓枠サイズにカッティングマット目盛基準で切り出しました。 透明なので作業スタンド光を当て撮影しました。 Gボンドクリアで接着、糸引きに注意が必要なのに細い糸が見えず苦労しました。 ①前加工で製作した2階扉の庇です。 [続きを読む]
  • KATO新型キハ58後日譚
  • KATO新型キハ58が届いたけれど・・・ - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記で休車扱いやむなしの判断をしたKATO新型キハ58の後日譚です。 1.当て外れ 当社KATOキハ58系急行「ろふと号」の先頭車新型置き換えグレードアップ計画は、新製品情報事前調査不足の天罰が下り・・・。 【『KATO新型キハ58が届いたけれど・・・』より転載】 カプラー仕様が異なり旧型と連結ができない、それに・・・。 [続きを読む]
  • 信号扱所の製作⑥梃子ユニット完成
  • 梃子ユニット製作3回目、完成に漕ぎ着けたいと思います、安易なポイント梃子位置選択で整合性に困りました。 引上げ線場内信号機が進行で上り停車列車到着待ち状態なら、下り方本線ポイント反位で引上げ線に開通してなくてはなりません。 実際配置に則し左端①②番を上り出発線用とし、中央4本を両渡り線ポイントに割り当てると、信号⑦反位とポイント⑥反位が整合します。 ⑦⑧が構内分岐と駐在所用も操作性が良さそうです。 [続きを読む]
  • 信号扱所の製作⑤梃子ユニット その2
  • 梃子ユニット製作2回目です。 次工程は機械室塗装ですが、本体が形になれば梃子棒を差して様子を見たくなるのが人情、その誘惑に負けました(笑) ①梃子棒用に調達した外径1mm内径0.6mm真鍮パイプ、初使用です。 ②これまで1.4mm/1mm使用実績は多くありますが、やはり細いです。 ③真鍮パイプ切断はカッター刃でコロコロ切ってドリルと耐水ペーパー仕上げが当社流、カッテングマットは非常に便利、升目20 [続きを読む]
  • KATO新型キハ58が届いたけれど・・・
  • 年末に予約したKATO新型キハ58が届きました。 送品開始時期に合わせ1月3日投稿記事が何故か当ブログ人気No.1に躍り出ました??? 記事の様にキハ58M車T車各1両の予約、KATO旧型キハ58系急行「ろふと号」5連が就役中で、とりあえず先頭車用に2両入手し現物を見てから追加発注判断の予定でした。 KATOのいつもの車両ケース、スカスカでカプラーボックス丸見えだった口元が少し引き締った以外、C1 [続きを読む]
  • 信号扱所の製作④梃子ユニット その1
  • 信号扱所のキーパーツ梃子ユニットを製作します。 まずはしょーもない失敗の話から、手間掛けて使えなくなった図面もネタにしないと間が持ちません(笑) 最初に設計した梃子ユニットです。 1.2mmスペーサで梃子ピッチ2.2mm、実寸36cmなら何とかなるだろうの安易な発想です。 ところが信号扱所2階寸法検討で37.6mmでは長過ぎて片側しか人が通れないと解り敢えなくボツになりました。 ボツ設計は9mm幅 [続きを読む]
  • 信号扱所梃子ユニットの設計
  • 明るく開放的な信号扱所窓から、ズラッと並んだ梃子と信号掛の姿が見える風景にしたいと思います。 梃子は16基、どうやって簡単確実に製作するか、そして建物外観と内部構造をどう整合させるかが今回のテーマです。 【倉元信号扱所設置タイプの梃子】 梃子は松井田信号扱所内部写真と筆者記憶から、床面から130cmの位置を握って操作すると仮定します。 つまり梃子棒先端は床面上約140cmスケール換算9.3mmです [続きを読む]
  • 信号扱所の製作③前加工 その3
  • 信号扱所の前加工が続きます。 側面壁の前加工中におでこの換気口が気になってました、いかにも手抜きしてますという造形です。 そこで切り妻屋根の他のストラクチャを確認しました。 従来線KATO製構内建物から職員詰所、おでこに横スリット換気口が表現されてます。 ただ周囲と同色なので目立ちません。 次にグッと小型の国鉄官舎、丸穴2個式でしっかり造形されてます。 延伸線に設置するKATO製民家は縦スリット型 [続きを読む]
  • 信号扱所の製作②前加工 その2
  • 代替キットが3月29日昼に到着しました。 地方でもポチッして36時間1日半で届く便利な世の中です。 とは言う物の時は年度末、働いてる皆さんも忙しいでしょうが、365連休年金生活者も所属諸団体の年度末、事業/決算報告と新年度計画/予算、地区や行政助成金申請などてんてこ舞いの毎日でした。 代替キットで窓枠加工再チャレンジ、今回は前面から加工ですが一点気になる部分があります。 背面窓枠部にガラス取付用段 [続きを読む]