露太本線 さん プロフィール

  •  
露太本線さん: Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記
ハンドル名露太本線 さん
ブログタイトルNゲージレイアウト国鉄露太本線建設記
ブログURLhttps://lofthonsen.muragon.com/
サイト紹介文運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。
自由文これまで『我道を行く!』でレイアウト製作を進めてきましたが、『これからどう進む?』を考えたくなりブログを開設しました。 拙レイアウトに関する、ご感想ご意見などございましたら、ご遠慮なくコメントを頂戴できれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/12/27 17:58

露太本線 さんのブログ記事

  • AさんのHyper-G製作記③
  • 電気は苦手なAさんのHyper-G製作への挑戦が続きます。 【『AさんのHyper-G製作記①』より転載】 さあて次に取り付けるのはどれかな? 5.残り抵抗とコンデンサ取付(cont.) 部品表を見直したらコンデンサがもう一個あった、これは知ってる、ポイント切替に使うヤツだ。 部品に100μF/35Vと書いてあるから解り易くて良いね、白い帯に横バー、これマイナス記号?、とすると極性があるのかな? [続きを読む]
  • AさんのHyper-G製作記②
  • AさんのHyper-G基板製作は続きます。 筆者の情報提供不十分さにより、様々な苦労をさせてしまいました。 【前号より転載】 3.抵抗取付 面倒な26本のジャンパー線終ったので、今日は次に背の低い抵抗の取り付けだ。 部品配置図見ると抵抗の取付は基板間隔1・2・3スパンと3種類あるね。 2・3スパンは背が低いけど1スパンは背が高く半田付けやり悪くなるから後回しにしよう。 11本中10本が2・3スパン [続きを読む]
  • AさんのHyper-G製作記①
  • 予告したHyper-G製作記です。 『よし!作ってみるか』と多くの皆さんに思っていただける様、筆者従来線置き替え用Hyper-G基板製作を、電気が苦手な方の視点に立って物語風に進めます、主役はAさんです。 ★Aさんのプロフィール ・子供の頃から大の電車好き、親に買って貰ったTOMIXセットで鉄道模型ファンに。 ・就職/結婚で一旦離れ、子育て一段落後に鉄模熱再燃したアラフィフサラリーマン。 ・夢だっ [続きを読む]
  • 臨時休業のお知らせと予告
  • 身内に不幸があり今日明日と遠出しますのでブログを臨時休業します。 年をとるほどに慶弔の弔ばかり多くなります。 ★予告 現在連載中の露太本線仕様テープLED室内灯を一旦中断し、次回より「AさんのHyper-G製作記」を連載します。 電気が苦手な方に「作ろう」と思っていただける様、ハードル を下げ、Hyper-Gを普及させたいと考えたからです。 ご期待ください。 ★秋の味覚 16日(日)は地区敬老会で [続きを読む]
  • テープLED④先行組立確認
  • 完成した「露太本線仕様テープLED室内灯モジュール」を先行組立確認します。 ブリッジダイオードの様にまとめて作って後でアチャーとならない為です。 7.先行組立確認 7−1.オハ35近代化更新車へ組込み オハフ33近代化更新車屋根裏にモジュールを両面テープで貼りました。 6灯LED位置が約7mm右に寄ると室内と均等になりますが、集電シュー位置が難しくなります。 先行確認でNGになれば集電シュー構造を [続きを読む]
  • お知らせ:Hyper-G製作情報改訂
  • 安価で製作容易で市販品より高性能な鉄道模型用電源Hyper-Gの設計・製作・評価を公開しました。 より活用していただく為に一部補足説明と開示情報改訂を行います。 様々な電子工作経験をお持ちのoomoriさんがHyper-G製作に名乗りを上げてくれました、同時に「本当に作れますか?」と疑問やミス指摘、及び改善提案を頂戴しました。 【『作れますよ!Hyper-G』より転載】 oomoriさん:記事の内 [続きを読む]
  • テープLED室内灯③1期工事は旧客
  • 前回ブリッジダイオード8両分組立着手しました、当社在籍旧客に適用予定するです。 工作続編の前にその背景説明です。 【『オハ35系編成の室内灯改修前編』より転載】 今年春。DC9V現行電源の条件でオハ35系室内灯改修を実施しました。 演色性を重視して白熱球を2灯化しましたが中央が暗く満足には今一歩でした。 【『オハ35系編成の室内灯改修後編』より転載】 近代化更新車2両(青色塗装)はLED8個使用4 [続きを読む]
  • テープLED室内灯②部品選定が重要
  • 前回の続きです。 当社在籍車両へのテープLED室内灯本格採用を決めました。 これは大きな意味を持ってます、従来線現行9V電源では点灯しないので、12VHyper-G化が必須になりました。 これで当分電気工作ネタにこと欠きません(笑) 4.テープLED室内灯露太本線仕様 テープLED抵抗330Ω変更でワンランク輝度低下させ、ショットキーブリッジダイオードを使用すると、テープLED室内灯弱点をカバーす [続きを読む]
  • テープLED室内灯①露太本線仕様
  • Hyper-G製作と性能評価が一段落したら機関庫製作続きに戻る予定でしたが、始めて入手したテープLEDをどう使いこなすか気になり、またまた電気ネタです。 それに興が乗った時に一気にやった方が効率良く進みます。 1.触ってみて解った事 その1:ストラクチャ照明と車両室内灯は基準が違う LED室内灯常点灯性能評価で筆者が直列抵抗を1kΩに変更したのを見て「気違い沙汰」と感じたテープLED採用者も多かっ [続きを読む]
  • 『百聞は一見に如かず』の続きご存知ですか?
  • Hyper-GテープLED常点灯性能比較試験は正に『百聞は一見に如かず』、出力波形で説明するより何十倍もテープLED室内灯への効果を実感いただけたと思います。 ところで『百聞は一見に如かず』に続きがあるのをご存知ですか? 『百見は一コウに如かず』から『百コウは一コウに如かず』が続きます。 昔受講したビジネス研修講師から聞いて気に入り座右の銘にしてました。 新メンバーと仕事する際のキックオフ資料最後 [続きを読む]
  • Hyper-G性能評価③テープLEDに効果絶大
  • 計画通りにトントン拍子で進めば良いのですが、やってみるとあちこちで壁にぶつかり、思い通りに進みません、同時進行の辛い処です。 さてテープLED室内灯評価です。 7.テープLED常点灯性能比較 前回純正LED室内灯性能比較編成の2両目KATOキハ52T車を、テープLED室内灯搭載改造キハ20に入れ替えて常点灯性能比較を行いました。 マスキングテープを剥がしたので少し明るく白っぽい光になりましたがまだ [続きを読む]
  • Hyper-G性能評価②M車比較とテープLED準備
  • どうせ再評価するならテープLED室内灯もと少々手間取りました。 隔日更新にこだわらないと決めたので、無理しないペースで進めます。 やはり中2日の3日目はアクセス、ポイント共に伸びません、まっ自分で決めた事ですから仕方ないし当然ですね。 まず最初に前回追加した逆起電力保護ダイオードの回路図を追加掲載します。 ディレクションスイッチに、部品黒帯側が電源出力になる様に半田付けしてください。 5.M車負荷 [続きを読む]
  • Hyper-G性能評価①
  • 完成したHyper-Gの性能評価を行います。 特性図に加え実際の性能、特に常点灯性能が市販品比較でどの程度改善されるかを確認します。 【前号より転載】 筆者製作例は通常方式速度制御12V/1.2A 1CHに、9V電源と高機能2CH出力回路を内蔵した仕様になってます。 1.制御特性 1−1.常点灯制御特性 最初に評価対象は筆者製作例であり、前号掲載回路と一部異なる事をお断りします。 製作例は12V専 [続きを読む]
  • 作れますよ!Hyper-G(9/15改訂 第4版)
  • 本記事はHyper-G製作情報総集編ですので必要に応じ改訂します。(2018.9/14) Hyper-Gが組立完成しました。 設計プロセスを開示しましたが変更もありましたので、「全部読めば作れます」と言っても作れる方はほとんど居ないと思います。 【完成したHyper-G】 そこで製作に必要な全情報をまとめました、誰でも簡単に『高性能電源Hyper-G』を製作できると思います。 『高機能』部分は別途 [続きを読む]
  • 電源組立⑦ドタバタの末に完成
  • JAM2018で中断していた電源組立の続きです。 5−2.リボンコード配線と引き出し 6P中継コネクタを取り付けたリボンコードを40cmと60cmに切り分けました。 リボンコード配線割り付けです、「何故GNDが2本?」と思った貴方、良い質問です。 回路図上のGNDに区別はありませんが、赤黒電源出力間にはPWM方式なので常に12V/16V 20kHzが大電流で供給されてます、すると何が起こるでしょう [続きを読む]
  • 露太本線のJAM2018訪問記②
  • 1回でまとめ切れなかった前回の続編です。 5.風景モジュールから 国鉄時代にしか興味がなく車両へ執着がないと見る物は風景が中心になります。 この駅舎は昔の東急田園調布駅(現在保存中)がモデルに見えます、東横線沿線で育った筆者には馴染みの駅でした。 昭和30年代と思われる風景モジュールは、『昭和の鉄道模型●●シリーズ』の影響でしょうか。 車のヘッドライト不要な現実離れした照明輝度がチグハグな印象です [続きを読む]
  • 露太本線のJAM2018訪問記①
  • 昨年に続き2回目のJAM訪問になりました、昨年はビジターで1日、今年は出展スタッフとして初日昼から撤収まで2日半アテンドし、8月20日に自宅へ戻りました。 1.慌ただしく上京 自宅から東京への玄関口は新宿です、昨年は臨海線国際展示場駅が乗り換えもなく便利そうと利用しましたが、駅から会場まで炎天下を長い距離歩かされて懲りました。 そこで今年は東京駅八重洲口から、都バス16系統で会場入口横付けルートを [続きを読む]
  • 電源組立⑥動作確認と調整
  • 配線完了したので動作確認を行います。 4.動作確認と調整 4−1.準備作業 電源投入前に基板パターン面を拡大鏡で目視検査し、半田付け不良やブリッジショートがない事を確認しました。 って老眼は辛い、半田付け不良が後で見つかりました(笑) 電源ラインとGND間をテスターで計測すると36.4kΩ、電源入れた途端にポリッスイッチが動作する事はなさそうです。 出力回路を実装した左右CHの動作確認をするにはV [続きを読む]
  • 更新500回に想うこと
  • 今回が当ブログ開設500回更新です。 約2年8ヶ月、ほぼ隔日更新で累計41万アクセスを頂戴し、平均820/回、ロングセラー記事は2千アクセスを越えると思います。 開設当初これほど多くの方に読んでいただけるとは夢にも思わず、ブログ更新が生活の一部になり、生甲斐にもなっています、本当にありがとうございました。 【商人宿】・・・当時1泊2食¥800が相場でした これまでの節目更新で書きましたがブログ開設 [続きを読む]
  • 建設当時の生野駅夜景
  • 今回は2013年建設当時の生野駅夜景を紹介します。 お察しの通りJAM出展品発送納期に追われ、アップアップで工作時間が取れなかった奥の手です(笑) 1番線に下り急行が到着し、3番線から各停DCが発車する図です、跨線橋奥が真っ暗ですが、夜景ならそれほど不自然さ感じません。 昼景にすると未完成部が丸見えです、跨線橋奥風景製作未着手ですし空も切れてます。 ここまで固定してからレール塗装を知り、約1年4期 [続きを読む]
  • 電源組立⑤ケースと基板接続
  • 電源ケース取付部品の配線を基板に半田付けし動作可能にします。 が、その前にもう一つやる事が残っています。 【夕闇迫る生野駅】 2−8.配線電流容量強化 筆者は2CHに2.2Aトリップのポリスイッチを使い、2.7Aトリップ品を推奨してます。 どちらもショート事故発生時に2A以上の電流で回路遮断しなくてはなりません。 使用基板銅箔厚は18μm、パターン幅を計測すると0.5mmでした、計算上はΦ0.1m [続きを読む]
  • 新聞に載ちゃいました
  • 先日臨時休業で地域コミュニティ崩壊、人の絆希薄化のお話をしました。 新聞に載ったのは本業レイアウトではなく副業の地域活動で、警察沙汰ではありません(笑) 【鉄橋下より】 高齢者クラブの他に地域ボランティア団体役員を兼務しています。 困ってる方が居たらできる範囲でお手伝いする、病院送迎、網戸張替、庭木剪定、正月松飾りと鏡餅お届け等ご近所付き合いを通じ暮らし易く、災害に強い街作りを目指すささやかな団体 [続きを読む]
  • 電源組立④基板実装と配線 その2
  • 前回の続きです。 2−4.入力回路の実装 【『電源製作⑨入力回路』より転載】・・・筆者自身用は12V専用です。 この回路を実装します、電源スイッチとパイロットランプは上ケースに付いてます。 スペース余裕はありますがコンパクトにまとめました。 TR03エミッタGNDジャンパーとR18の間にC*実装スペースを確保しました。 電源配線を行い動作確認とC*必要性検証したいところですが、ケース一体化すると扱 [続きを読む]
  • 電源組立③基板実装と配線 その1
  • 本題に入る前にご報告です、8月3日40万アクセスに到達しました。 アクセス解析継続してます。 昨年夏の電気関連シリーズ開始以降急伸し、30万⇒40万は126日60更新のハイペースが続きました、皆様のご愛読に感謝申し上げます。 2.基板実装と配線 設計を進めてきた高性能電源の基板実装を開始します。 2−1.使用基板と配置設計 40年前の若い頃、70x90mmサイズに100部品以上を詰め込む基板設計を [続きを読む]
  • 鉄道模型界の後進性に想う
  • JAM納期が迫り準備に追われブログネタに事欠く始末です。 先日臨時休業し普段の顔を紹介したらJAMプロジェクト『た625』さんから『私なら1-2行で済ますのに休業でも長文』と笑われました。 今日も実質休業ですが、日頃感じてる事を書いてみます。 1970-80年代製品品質に起因する事故は現在より多発してましたが、報道される事は滅多にありませんでした。 メーカーが菓子折持参で被害者宅を訪問、お金と代替 [続きを読む]