リターンライダー さん プロフィール

  •  
リターンライダーさん: 路上日記
ハンドル名リターンライダー さん
ブログタイトル路上日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/streettripler/
サイト紹介文週末のバイクツーリングのことや、日々の暮らしをおやじが綴る日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供455回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2015/12/28 04:10

リターンライダー さんのブログ記事

  • 昇仙峡 仙娥滝
  • 明野のひまわりはまだ咲いていなかった。今年はやけに暑いのにひまわりの成長はやけに遅い。去年の7月16日にはもう満開だったのだけれど、今年は何本かが咲いている程度だ。それにしても暑い。標高の高い清里はさすがに涼しかったが、明野はとても暑かった。明野から昇仙峡に向かった。先導している元シロブサさんが昇仙峡の入口にある長澤橋の脇の駐車場にバイクを停めた。長澤橋の上から昇仙峡の風景を撮る。こちらは2014年の11 [続きを読む]
  • 清里テラス
  • 朝8時過ぎには山荘を出た。八ヶ岳高原ライン(県道11号線)を端から端まで走って見ることにした。いきなり国道20号線には出ずに、まずは僕のお気に入りの裏道に皆を案内した。国道20号線に出た後は、「国界」のある下蔦木まで暫く走る。八ヶ岳高原ラインはこの交差点から清里の国道141号線との交差点までの22Kmだ。朝の八ヶ岳高原ラインは空いていて、あっと言う間にまきば公園や東沢大橋を過ぎた。清里についてもすることがない。 [続きを読む]
  • 夕立の後の青空
  • 早起きして午前中に庭の作業を終え、昼食を済ませた後スーパーに買出しに行った。BBQの準備は万端だ。薪も斧で使い易い大きさにした。午後3時過ぎにはやることが無くなった。バイク仲間達は今どの辺りを走っているのだろうと思案する。連休中日でも中央自動車道下りは渋滞しているのだろうか。2時前に談合坂SAに3人で居る旨の連絡がLINEで入っていた。遅くても3時前には須玉ICを下りるだろうが、買物もある。二度の買出しでパニア [続きを読む]
  • パーゴラの改修完了
  • 電動ノコギリと電動ドリルを引張り出し、朝5時から作業を開始した。横木を仮置きしてみる。その後、横木をキシラデコールで塗装したり、単管のペンキの塗り直しをしたりで、やや段取りが錯綜したが無事改修が完了した。これならちゃんとした葡萄棚になるかも知れない。追伸こうやって写真を撮っていると、早朝と今では随分光の色が違うもんだなと改めて思う。 [続きを読む]
  • たくさん汗をかいた
  • 明日はバイク仲間が山荘に遊びに来る。明日一緒に山荘まで走ってもいいのだけれど、招待した以上、ホスト役としてやって置くべきことがある。同時に一緒に来たら買い出しや作業で慌ただしくなってしまう。僕自身最後に山荘に来たのは2週間前だ。庭も夏草が伸び放題になっていると思う。そんなわけで今朝6:30に家を出てこちらに来たのだけれど、中央自動車道の高井戸 - 八王子間はとんでもないことになっていた。バイクだからいいよ [続きを読む]
  • 山王日枝神社
  • 日枝神社の主祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)だそうだ。山の神だ。大山咋神は大年神(おおとしのかみ)の御子神で、須佐之男神と大山津見神の娘・神大市比売命との間の御子神で宇迦之御魂神の兄弟神と言われているのだが、大年神 = 大物主神 = 饒速日神という説もある。大年神は各地の大歳神社で祀られているし、大物主神は奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)や香川の金刀比羅宮他に祀られている。饒速日神は。。。これを僕 [続きを読む]
  • 永田町二丁目 「Bitte」
  • 赤坂はダウンタウンという言葉がそのまま当て嵌まる街なのだけれど、外堀通りを隔てた東側は小高い丘になっていて日枝神社や日比谷高校がその丘の上に建っている。この丘を越えて向こう側に行くと、首相官邸や議員会館、そして国会議事堂がある。丘を挟んで西側と東側では街の風景がまったく違う。昼食時はいつも西側の赤坂の街に繰り出すのだけれど、昨日はふと思い付いて丘を越えて永田町二丁目の方に向かって歩き出した。確か「 [続きを読む]
  • 下総国一宮 香取神宮
  • 明治維新以後に、皇祖神や大和平定に功績のあった特定の神を祀る神社の幾つかが、社号を神社から神宮に改めた。これはかなり異例なことで、やはり天皇を担ぎ上げて維新を推し進めた薩長閥の強い意志が働いていると思う。因みに、太平洋戦争の終結までは神宮を名乗るためには勅許が必要だった。神社の国家管理が廃止された戦後は勅許が不要となったが、神社本庁傘下において神宮を名乗れるのは特別な由緒や格式を持った神社だけだ。 [続きを読む]
  • 猿田神社
  • 自分の氏神さまではないのだが、ある縁から僕は杉並区阿佐ヶ谷の猿田彦神社には時々参拝するし、自宅には御札もある。いつの間にか崇敬会の会員にもなっている。祭神は古事記や日本書紀にも登場する猿田彦命だ。猿田彦命を祀る神社の名前が猿田彦神社であるのは、実に明快で分かり易い。猿田彦命を祀る神社は全国に二千社程あると言われているが、当然すべて猿田彦神社と呼ばれているのだと勝手に僕は思っていた。副祭神として祀ら [続きを読む]
  • 風車小屋の煉瓦の積み方
  • ひまわり祭りを開催している佐倉ふるさと広場に行ったが、向日葵は殆ど咲いていなかった。勢い興味の対象は広場にある風車小屋自体に移った。この広場には過去二回来ていて、風車小屋もその度に眺めているのだが、景色の中の断片としてしか見ていなかった。2010年12月18日2016年01月10日しかも、この風車小屋が単なる飾りではなく、本格的なオランダ風車小屋であることも知らなかった。”De Liefde(リーフデ、意味は友愛)”と命 [続きを読む]
  • とても暑い一日だった
  • 昨日の走行距離は276Km、バイク仲間12人、11台で房総飯岡方面にツーリングに出掛けた。走って風を受けている時はまだ何とかなるのだが、信号待ちで停まっている時は直射日光とアスファルトの照り返し、それにエンジンの熱で眩暈がしそうになる。熱中症にならないように休憩の度にたくさんの水分を取った。(誰かさんと誰かさんはソフトクリームを二箇所で食べていた。)帰宅してメッシュジャケットをソファの上に脱ぎ捨てていたら [続きを読む]
  • 6度目の夏
  • 今年も磯牡蠣の季節が来た。今月の定例ツーリングの主目的地は飯岡漁港だった。梅雨明けに飯岡漁港に皆と磯牡蠣を食べに行くのが、もはや定例行事となった。今年で6度目の飯岡漁港訪問だ。すべて「岸壁荘」で皆揃って食べたと言いたいのだが、残念ながら2015年の夏だけは飯岡漁港の「岸壁荘」ではなく、刑部岬の「海辺里」で少人数で食べた。2013年07月07日2014年07月06日2015年07月12日2016年07月10日2017年07月02日まあ、とにか [続きを読む]
  • フライパンは二つは必要だ
  • 白州山荘に居る時は、かみさんが居ても僕が料理を作る。でも、初台に居る時は余り勝手にキッチンに立たないようにしている。基本的にはかみさんのテリトリーだと認識しているからだ。今日は息子夫婦が夕方から遊びに来た。前回の診断では僕の初孫は女の子ということだったのだけれど、今回の診断で男の子であることが分かった。とても嬉しい。でかしたと思う。スーパーに買物にいそいそと買物に行くかみさんに、僕も何か作りたいと [続きを読む]
  • カレーも結構食べている
  • カレーは左程外食時に食べていないと思っていたのだが、結構食べている。それにどうもとんかつとの組合せがすきなようだ。ややこしいのは、カレーライスのみでなくラーメンやうどん、蕎麦をカレーと一緒に食べていることも多いことだ。1月16日 青山 「やぶ蕎麦」 玉葱と豚肉だけのシンプルなカレー、出汁は多分鰹出汁だ。2月9日 青山 「いちょう」 おばちゃんの店のカレー、じゃがいもが溶け込んでいる。2月14日 青山 「グラ [続きを読む]
  • やっぱりラーメンを一番食べている
  • 風邪を引いたようなので今日は家で大人しく本を読んでいる。体調が悪いという程ではないが、明日の皆とのツーリングにはベストの状態で参加したい。とは言いつつ退屈なので、読書の合間に写真を整理していた。今年前半に外でどれだけラーメン、担々麺(ラーメンの一種ではあるが僕の中では別分類だ。)、うどん、焼きそば、パスタ、日本蕎麦の麺類と、それにカレーを食べたか確認してみたくなった。自分が炭水化物中心の食事が好き [続きを読む]
  • 赤坂 「香港亭」
  • 雨降りだったので、今日のお昼は近場で済ませることにした。前から店の造りが気になっていた「香港亭」に入った。メニューに担々麺があったので迷わず注文した。む?とても美味い。食べログでは普通のランキングのお店なのだが、僕の食べて来た担々麺の中ではかなり上位になる。やっぱり食べログのランキングにばかり頼っていては、美味しいものに出会えないかも知れないと思った。 [続きを読む]
  • 間借りのカレー屋さん 「ガネック」
  • 昨日は昼休みに済ませなければならない野暮用もあったので、昼食は一人で街に出た。さっさと食事を済ますにはカレーライスがいいなと思いながら歩く。一ツ木通りを赤坂通りに向かって歩いていたら、左手にある洋風居酒屋さんの軒先にカレーの写真を張り付けた呼び込み用の立て看板があった。「ビーザロッサ」というお店だ。赤いキス? 店名に気を取られ立て看板を良く見ずに中に入った。洋風居酒屋さんが昼は欧風カレーのランチサ [続きを読む]
  • 蛍の飛ぶ時刻
  • 台ケ原宿裏手の龍福寺の脇に親水公園があって、季節になると川べりで蛍が飛ぶ姿が見れる。一般にはゲンジボタルは5-7月、ヘイケボタルは6-8月に見られるというのだが、緯度や標高の違いによる気温差で発生時期も異なるらしい。白州では6月には蛍を見ることは出来なかったが、もう7月に入ったのでおそらく見られると思い、親水公園に出掛けることにした。(実は7月1日の朝、車の窓にヒメボタルが貼り付いて死んでいたのを発見した。 [続きを読む]
  • ナナフシモドキ
  • あれ、扉の桟に小枝がぶら下がっていると思ったけれど、よく見たらナナフシモドキだった。ちょっと部屋の中までお連れして記念撮影。脚を自切しないように丁寧に扱う。本当に枝っ切れみたいだ。日本には十数種類のナナフシが棲息しているのだが、これが本家本元のナナフシ。ナナフシ目ナナフシ科 ナナフシモドキ。別名ナナフシ。モドキはモドキであって本物のナナフシではないだろうって突っ込みたくなるのだけれど、ナナフシはナ [続きを読む]
  • 「藪の湯 みはらし」
  • 土日のみこちらに滞在する時は、中央自動車道の渋滞を避ける為に日曜日の午後一番には荷物を纏めて東京への帰路に就く。今回は月曜日のお休みを貰ったので、昨日は慌てて東京に戻る必要もなく午後遅くにのんびりと辺りをぶらついた。日曜日の午後4時過ぎの観光地は閑散としていて心地良い。以前気になっていた「藪の湯 みはらし」に行ってみた。基本は宿泊客相手の温泉宿なのだけれど、日帰り入浴もさせてくれる。宿の入口まで少し [続きを読む]
  • 作業は少しずつ進んでいる
  • 貧乏性と言うかまめと言うか、とにかく何かしていないと落ち着かない性質だ。山荘には休養に来た筈なのだが、二日目の朝、朝食を済ませるとそそくさと庭の隅のウッドデッキ作りの続きに取り掛かった。前回は単管を組立て上げるところで終わった。秘密兵器のステンレス用ドリル刃セット。3.5mm径のビットを使う。でもこのままでは単管に簡単には穴は開かない。穴を開ける時のコツはオイルを使うことだ。摩擦熱を逃がし刃先を守って [続きを読む]
  • なんとか日暮れ前に組み立てた
  • 山荘には庭用のテーブルが一応あるのだけれど、木製なのでいくらキシラデコールを塗ってあるからと言って出しっ放しというわけにはいかない。雨に打たれ日射しを浴び続けると変形する可能性がある。普段はウッドデッキの上に立て掛けて置いて、使う時に四本の杭の上に載せる。不便はないのだが、テーブルがない時の(僕や皆の)動線がやけに低いことに気が付いた。ちょっと奮発して金属製のテーブルセットを買うことにした。金属製 [続きを読む]