リターンライダー さん プロフィール

  •  
リターンライダーさん: 路上日記
ハンドル名リターンライダー さん
ブログタイトル路上日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/streettripler/
サイト紹介文週末のバイクツーリングのことや、日々の暮らしをおやじが綴る日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供489回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2015/12/28 04:10

リターンライダー さんのブログ記事

  • 強烈なピートの香り
  • 月曜日は鍵っ子の日だ。かみさんは留守だが食事の準備はしてある。本当は帰宅途中に渋谷のレコード店に行きたかったのだが、残業で会社を出るのが遅くなってしまった。駅前でスコッチモルトウイスキーを一本買って鞄に放り込み、丸ノ内線に乗る。新宿でお土産のケーキを買う。母親が腰を痛めてリハビリ中だが、姉が付きっ切りで面倒を看てくれている。僕に出来ることと言ったら、何日かに一度ケーキを買って帰る位だ。(週末山荘に [続きを読む]
  • UNDER CONSTRUCTION
  • 山荘でのBBQパーティーに遊びに来てくれるなら、春か秋がいい。夏は陽射しが強過ぎて、夕方からでないと庭に出る気にならない。春と秋のどちらがいいかは悩むのだが、やっぱり秋、それも11月がベストの気がする。今なら木の葉の絨毯でお出迎え出来るし、紅葉した裏庭の林も散歩して貰える。そうなのだが、お招き出来ない事情がある。不味いタイミングでBBQピットの作り直しを思い付き実行に移してしまった。せっかく来て頂いてもBB [続きを読む]
  • 薪の四方山話
  • 僕は頭も眼も悪いが(この頃は耳も悪くなって来た。)、鼻は犬並みにいい。人生において刻んで来た時間の中で、臭いで思い出すことがとても多い。今日はとても暖かい一日だったのだけれど、夕方から気温が下がって来たので薪ストーブに火を入れた。ただ今の室温は25℃、お蔭でTシャツ一枚で山荘の中を動き回っている。オオムラサキセンターから薪を譲って貰い、軽トラから薪を下ろす時にこれは欅の木、これは栗の木、そしてこれは [続きを読む]
  • MONKEY SHOULDER
  • ”猿の肩”はウイスキー業界の専門用語らしい。蒸留所でのフロアモルティングは重労働で、日に何度も麦芽を攪拌する職人達は肩を痛めた。職業病と言っていい。その肩の痛みをMONKEY SHOULDERと呼ぶそうだ。長年フロアモルティングに従事している職人は両肩が前に出て歩く姿が猿に似て来る。こちらが本当のMONKEY SHOULDERの語源だと言う人もいる。ブレンデッドスコッチウイスキー、と言ってもグレーンウイスキーは一切使わずに、モ [続きを読む]
  • 今朝の甲斐駒ヶ岳
  • ”猿の肩”はウイスキー業界の専門用語らしい。蒸留所でのフロアモルティングは重労働で、日に何度も麦芽を攪拌する職人達は肩を痛めた。職業病と言っていい。その肩の痛みをMONKEY SHOULDERと呼ぶそうだ。長年フロアモルティングに従事している職人は両肩が前に出て歩く姿が猿に似て来る。こちらが本当のMONKEY SHOULDERの語源だと言う人もいる。ブレンデッドスコッチウイスキー、と言ってもグレーンウイスキーは一切使わずに、モ [続きを読む]
  • 代田橋駅北口 「かぶら屋」
  • 以前に代田橋の「代一元総本店」に中華そばを食べに行った。その後、職場が変わってから暫く顔を合わせていない同僚からメールがあった。久し振りに会おうかという話になった時、彼の家が「代一元総本店」から歩いて帰れる距離であることに気が付いた。一人で訪問した時にメニューを眺めたら、相当品数は充実していた。町中華で飲むのもいいなと思い、代田橋橋の駅前で待ち合わせて「代一元総本店」に二人で行くことにした。店に向 [続きを読む]
  • 自宅で「吉野家の牛丼」
  • 今日は鍵っ子の日だ。かみさんが作ってくれていた料理は酒のつまみで食べてしまった。冷蔵庫の中を物色していたら、「吉野家」の牛丼があった。レトルト食品として売っているんだね。これも袋のまま電子レンジに入れられた。 [続きを読む]
  • 帰宅後のあれこれ
  • 午後4時に帰宅して後片付けを終え、5時から書斎でウイスキーを飲み出したのだけれど、いつの間にか眠ってしまったようだ。階下が急に騒がしくなったので、かみさんが帰宅したのが分かった。夕飯なので起きなさいと言われるのだが、すぐには起き上がれない。暫くしてから食堂に向かった。グラスにワインが注がれていたが、もうお酒は飲みたくない。。。。とは言えないので少し飲んだ。牡蠣トマト鍋だそうだ。ビジュアル的には素晴ら [続きを読む]
  • 手を抜いた
  • 紙屑は庭にある炉で燃やしてしまうのだが、作業で使った路盤材やセメントのビニール袋を燃やすのは按配が悪い。土日、1日半の滞在中に暮らしからのごみは左程出なかったのだが、ビニール袋が結構溜まった。ごみを引き受けてくれる北杜市の白州総合支所は道の駅 はくしゅうのすぐ近くにある。午後1時から受付なので帰宅途中にビニール袋を引き取って貰う為に寄ることにした。国道に出ないで、山荘の裏手の道から向かうことにしたの [続きを読む]
  • WHITE HORSE
  • ちびっこギャング達のおかげで日本のウイスキーは値上がりしてしまっているので、この頃はスコッチウイスキーを飲むことにしている。年代物ではなくノンエイジドなのに白州は7,000円以上と高止まりしている。元々4,500円のボトルだ。偶に飲むならいいが、日常的にウイスキーを飲む身にこの状況はしんどい。この間は勉強も兼ねて、モルトウイスキーのBOWMOREを買って飲んでみた。とても美味しかったのだけれど、シングルモルトのウ [続きを読む]
  • 今日はここまで
  • 午後4時半、日が陰って来て気温も下がって来た。作業を止めて山荘の中に入る。今日また少し前進した。二つ目のベンチの脚は一つ目のベンチの脚より上手に出来た。BBQピットの土台の上に耐熱煉瓦を組み始めた。もう一段頑張れば、後は壁組みのルーティンワークになる。む? BBQピットとベンチの脚の平行度が今一つだが、今更手遅れだ。ワイルドがウリだった主庭も来年の春には結構垢抜けた感じになる気がする。 [続きを読む]
  • 今朝の甲斐駒ヶ岳
  • 日野春駅下のトンネルを抜けると、甲斐駒ヶ岳がいつものように迎えてくれたのだけれど、今日は辿り着くまで結構大変だったんだよ。双葉SAのENEOSの皆さま本当にお世話になりました。バイクでパンクは度々経験しているが、車でパンクを経験したのは始めてだった。山荘への道はタイヤを労りながらゆっくりと進んだ。 [続きを読む]
  • 浅草 「浅草ビアホール」
  • ビアホールに一人で行く馬鹿はいない。ビアホールは皆で行く場所だ。先日、浅草を散歩していて「浅草ビアホール」を見付けた。それから暫く様子を伺っていた。色々画策した結果、昨日僕を含めて10名が集まった。アサヒ、キリン、サッポロ、サントリーの生ビールが同時に飲める珍しいビアホールというのが、僕が使ったプロパガンダだった。そんなビールメーカー側の論理と圧力から解放されたビアホールなのだけれど、いざ集まってみ [続きを読む]
  • 忙中閑有
  • JIMTOF(日本国際工作機械見本市)が始まった。それほどムキになる必要もないのだが、業界の変化は感じ取って置きたい。珍しく西ホールのカフェテリアで昼食を取った。10分待って10分でハンバーグカレーを食べた。食後、西ホールの屋上から東ホールに無料リムジンが出ていると分かったので屋上に出た。何だか皆とても寛いでいる。そうだよね。そんなにムキになってもしょうがない。 [続きを読む]
  • BOWMORE NO.1
  • スコットランドのモルトウイスキーの産地は、ハイランド・スペイサイド・アイラ・アイランズ・ローランド・キャンベルタウンの6つに分類される。この中でスコッチウイスキーの聖地と呼ばれるのがアイラとスペイサイドだ。スコットランドの西岸に連なる島々をヘブリディーズ諸島と言い、その最南端のアイラ島で造られるウイスキーがアイラモルトで独特のスモーキーさ、ヨード臭、ビート香がある。。。。。とウイスキー検定の為の勉 [続きを読む]
  • 気分晴々
  • 健康診断のレントゲン写真で胸部に影があるのでCTスキャンの検査を受けるように言われた。 昨日スキャンをして今日結果を聞いた。 結果を聞くまでは、何となく煙草も不味い。CTスキャンの結果は、全く問題無し。レントゲン写真の影も勘違いだったそうだ。 孫と遊べなくなるかと心配をして損をした。 空は快晴、気分は晴々、煙草が美味い。 [続きを読む]
  • 久々に皆で「榮林」の酸辣湯麺
  • 健康診断のレントゲン写真で胸部に影があるのでCTスキャンの検査を受けるように言われた。 昨日スキャンをして今日結果を聞いた。 結果を聞くまでは、何となく煙草も不味い。CTスキャンの結果は、全く問題無し。レントゲン写真の影も勘違いだったそうだ。 孫と遊べなくなるかと心配をして損をした。 空は快晴、気分は晴々、煙草が美味い。 [続きを読む]
  • さすがに疲れた
  • 実は今日はお休みを貰っていた。お休みを貰っていたのだが、休んでいたと言うより朝早くから働きづめだった。昨日も終日庭弄りをしていたし、今日も作業で忙しかった。幸せな時間ではあったが、年寄りにはかなりハードな二日間だった。上半身は左程でもないが、足腰がもう限界だと音を上げた。路盤材やセメントの袋は20Kgはある。コンクリートブロックは種類によるが10Kgから18Kgある。こう言う重さのものを何十回となく運んだ。煉 [続きを読む]
  • 二つの初めて
  • この齢になると、生まれて初めて体験するという行事や状況は余りない。人間は考える猿だから、一度目の体験を自分なりに咀嚼した後、二度目からは慌てずに冷静に対処することが出来る。(まあ、そうじゃない場合もたくさんある。)今日は一日の中で、生まれて初めての出来事があったエキサイティングな一日だった。その1生まれて初めてセメントと言うものを使った。水の量やら乾く速度やらマニュアルばかりを頼ったが、BBQピットの [続きを読む]