コシアブラ さん プロフィール

  •  
コシアブラさん: 食べて薬になる山野草はこれだ
ハンドル名コシアブラ さん
ブログタイトル食べて薬になる山野草はこれだ
ブログURLhttps://sanyasou19.exblog.jp/
サイト紹介文山野草って実は食べて薬にもなる物があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/01/03 11:28

コシアブラ さんのブログ記事

  • ノダケ
  • ノダケは、昔、秋田県にいったときに見たことがありますが、茎は、1.5mくらいに伸び、一本立ちに直立し、先のほうで枝分かれしております。葉は、互生し、3出羽状複葉で縁には鋸歯がありますが、葉柄が茎に接するあたりになると幅広くなって茎を抱くような形になります。茎の上部に出る葉柄は、球形にふくらんで紫褐色をしているものが多いです。秋には、暗紫色の小花が多数咲きます。薬用:秋に根を掘りとり、水洗... [続きを読む]
  • スイカズラ
  • スイカズラは、常緑のつる性常緑低木になります。つるは右巻に伸び、葉がこれに対生します。この葉は冬でも枯れずに寒さに耐えております。初夏に花が咲きますが、最初は白で、日が経つにつれて黄色くなっていきます。名前の由来は、管状になった花を引き抜き、管の細いほうを口に含んで静かに吸うと、よい香りがあって甘い味がするので子供達がこぞって吸いたがります。スイカズラの名前はここからきているといいます。... [続きを読む]
  • イラクサ
  • イラクサは、山地の陰地に多く自生する多年草です。高さ30cmくらいで、葉は、先のとがった卵円形で対生し、あらい鋸歯があります。茎や葉には刺毛が生え、ふれると痛いです。イラクサは、茎葉に生える刺毛にふれると痛むことから、イタイタクサ、またイライラクサの名になりました。刺毛に刺されると痛くはれますが、ゆでてアクを抜き、水にさらすと毒成分は水にとけ、完全になくなります。薬用:イラクサの全草を手... [続きを読む]
  • メハジキ
  • メハジキは、日当たりの良い道端や野原に生えております。草丈は1mくらいに伸び、葉は四角形で細毛があります。葉は、上面が濃緑色で深く3裂し、上部の葉は細線状披針形になっております。夏になると葉のつけ根に、薄紅色の唇形の小花を数個つけております。名前の由来は、茎を短く切り、まぶたにはさみ、まぶたを閉じる勢いで遠くに飛ばす子供の遊びから、目弾きとつけられました。成分:葉にルチンや、アルカロイド... [続きを読む]
  • ノコンギク
  • ノコンギクは、山野をあるけば普通に見られる野菊です。地下の根茎はよく発達し、地上の茎は50cmくらいになり、上部は枝分かれが多く、短毛が生えています。葉は、楕円形で、へりにあらい鋸歯があり、両面に短毛があります。花は、秋に、直径約2.5cmの頭花をたくさんつけ、舌状花は淡紫色、中心花は黄色をしております。花後にそうかを結ぶが、偏平で毛が生えます。冠毛は長さ5mmくらいで、茎、葉、果実と全草に... [続きを読む]
  • シロネ
  • シロネの地下茎は太く、白色で、茎は太い四角形で直立し、1m以上枝分かれせずに伸びております。葉は、広披針形で対生し、葉のつけ根に、夏になると白い唇形をした花を咲かせております。シロネは、根が白いことからつけられたと云われております。シロネを見つけたら、水洗いして日干しにします。血行促進・月経不順には、1日量10gを水400ccで3分の1に煎じ、3回に分服します。 [続きを読む]
  • イブキジャコウソウ
  • イブキジャコウソウは、高山から低山まで日当たりの良い岩場などに自生しております。茎は地上をはい、枝は10cmくらいに伸びます。葉は、5mmくらいで芳香成分を含んでおります。名前の由来は、伊吹山に多く自生し麝香のような香りがするのでこの名がついたといわれております。成分:芳香成分は発汗作用のあるパラ・シメン、カルバクロール、チモールなどの精油。薬用:地上部を水洗いし乾燥させます。カゼに... [続きを読む]
  • メグスリノキ
  • メグスリノキは、昔、神社にいったときに、そこに生えておりましたのをいまでも覚えております。葉の下面や葉柄には毛が密生しております。木の高さは、10m以上にもなるといいますが、私が見たときは5mくらいでした。秋には葉が色づくので美しくなります。昔は、樹皮を薬にしていたというのを聞いたことがあります。目がかすむようなときに煎じて内服すると遠方まではっきりするので、千里眼の薬と言われていたみたいで... [続きを読む]
  • ノコギリソウ
  • ノコギリソウの茎は、70cmくらいに伸び、葉とともに毛があります。葉をよく見てみるとのこぎりの歯のような切れ込みがあります。夏になると淡紅色の花をたくさん咲かせております。似たものにセイヨウノコギリソウがありますが、花は白か淡紅色でよく似ております。ノコギリソウの葉は質がかたく、切れ込みが浅くて幅が狭いので区別することができます。成分は、カマツレン、シネオールなどになり、ルテオリン、アキレイ... [続きを読む]
  • シロツメクサ
  • シロツメクサは、どこにでも生えており、クローバーと呼ばれていて多くの人に親しまれております。四つ葉のクローバーを見つけると願い事がかなうと昔から言われております。牧草としても盛んでありますが、山菜としても食べられます。茎は地面に平伏するように伸び、ところどころに節があり、ここから根を出します。葉は互生して長い柄があり、その先に3枚、またはまれに4枚の卵形の小葉をつけます。5月頃になると花茎の... [続きを読む]
  • イヌホオズキ
  • イヌホオズキは、荒れ地や道端などに生えております。枝分かれして横に広がり、高さは50cmくらいになります。葉はやや厚く濃緑色で互生し、広卵形で柄があります。9月に白い房様の花をつけ、果実ははじめ緑色で熟すと黒色にかわります。似たものにテルミノイヌホオズキがありますが、こちらは小花が傘状につき、葉は薄緑色になります。果実の表面に光沢があるのでこの名前があります。成分:解熱作用のあるアルカロ... [続きを読む]
  • メギ
  • メギは、山野に普通に見られます。樹高は1.5mくらいで幹は直立し、盛んに枝分かれします。枝には退化したとげが鋭く出ています。葉は、倒卵形で長さ1cmくらい、先端は丸く、鋸歯はないです。この葉が短枝のところに4〜5枚群生しているのが特異です。春になると黄色の小さい花を穂状につけて下向きに咲きます。メギの枝や根を折って水で煎じると、黄色の煎液ができます。結膜炎や充血などの目の病気の時に、この煎液... [続きを読む]
  • ノゲシ
  • ノゲシは、荒れ地、草原など、いたるところに生えております。茎は太く、中は空洞で、高さ1mくらいに伸びます。葉は、長楕円形で羽状に切れ込みがあり、とげ状のあらい鋸歯があります。茎の上部に出る葉は、茎を抱くように、その葉の基部が大きく裂けてついています。茎や葉を折ると白い乳液が出ます。花は、4月頃、黄色い頭花を開きます。頭花は直径2cmくらいで舌状花のみからなります。葉の形と、葉、茎を折ると白い... [続きを読む]
  • シラヤマギク
  • シラヤマギクは、乾いたようなところを調べれば簡単に見つけることができます。白みがかった縁をした茎は、無毛で直立し、1~1.5mほどに伸びて上部で枝分かれします。根出葉は心形で柄は長く、花の時期には枯れて見られないです。若苗を食べるのは、この根出葉の若葉。下部の葉は長い柄があって心形をしており、中部、上部の葉は柄が短く披針形で、いずれも葉もへりあらい鋸歯があって、両面ともにあらい毛があり、ざら... [続きを読む]
  • イヌビユ
  • イヌビユは、畑や荒れ地などに群生し、比較的、暖かいような場所にたくさんあります。茎は直立か斜上し、20cmくらいになり、葉は長い柄があって互生し、卵形のひし形で先端が深くくぼんでいます。花は、7月頃に緑色の小花が葉腋や茎の先に穂状につきます。花弁、がく片の区別のない花被片が3個線状へら形に並びます。果実は、ひし形楕円状で裂開せず、中に一つの種子があります。名前の由来は、昔、日本に入ったヒユに... [続きを読む]
  • ムラサキツメクサ
  • ムラサキツメクサは、全国どこでも生えており、散歩などをしていると気軽に見つけられる山野草です。草丈は30cmくらいで、夏に茎の先端の葉のつけ根から、多数の紅紫色の花を楕円形の穂のようにつけます。明治の頃には牧草として北海道などで多く栽培されたと聞いております。成分には、タンニン、樹脂、脂肪、フラボノールのクエルセチンなどを含んでおります。薬用:開花前のつぼみを採取します。花は先端に集合し... [続きを読む]
  • ノゲイトウ
  • この花は、古い時代に入ってきた帰化植物の一つで、本州で多く見られます。高さ50cmくらいで披針形の先のとがった葉が互生します。花穂には長い柄がありますが、これに似たケイトウは柄が短い。花は白色か紅色の小花で、果実には黒色の種子が3個くらいできます。学名は、セロシアといいますが、ケイトウ属をあらわしており、これはギリシャ名の燃やしたという意味で、ケイトウの葉の燃えるような赤に由来しております。... [続きを読む]
  • シュンラン
  • シュンランの根は白く、ほぼ同じ太さのものが多数出ます。かたくて常緑の細長い葉を四方に多数だし、葉の先はとがり、へりには鋸歯があってざらつきます。中央部はゆるいV字形にへこみ、上半部は湾曲して垂れ下がります。4月頃になると根ぎわより直立して出る花茎は緑色のない肉質で、数個の膜質鱗片でおおわれていて、その先端に1個の淡い黄緑色の花をつけます。がく片は倒披針形でその質はやや厚いです。花弁はがく片と... [続きを読む]
  • イヌガラシ
  • イヌガラシは、野原にいけば普通に見られる多年草になります。茎は、30cmくらいで直立に伸び、茎の下部に出る葉は鋸歯があります。春になると黄色の4弁花をつけ、果実は長さ2cmほどの円柱形を結び、種子は褐色で楕円形で小さいです。葉をかむとカラシナに似た辛みがあるので、この名がつけられたといわれております。食用としては、春先に出た若芽をつんで山菜とします。アクが強いので、ゆでて水にしばらく浸してか... [続きを読む]
  • ムクロジ
  • ムクロジの樹高は10mくらいで、葉は互生し、小葉は5〜8枚の偶数につき、長さ8cmくらいの卵状披針形で表面に光沢があります。6月頃になると、若い枝の先端に黄緑色の小花が咲き、秋になると直径2cmくらいの球形の果実をつけ、黄褐色に熟します。果実のなかには黒い種子が1個あります。ムクロジは、神社や寺院に栽培されていまも巨木が残っていますが、民家にも植えられました。これは果実の皮、すなわち延命皮を... [続きを読む]
  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウは、小川や野原に生えている多年草になります。根茎は太く短く、古い葉で包まれております。根は太く長く、多数出て、その先端にふくらみができるものがあります。葉は、左右2列に並び、はかま状となり、長さ50cmくらい、幅1.5cmくらいになります。葉の主脈は溝になってへこみ、葉の上半分は垂れ下がります。7月頃になると50cmくらいの花茎を伸ばし、先端が2つに分岐し、一重咲きの花を10個ほど... [続きを読む]
  • ジュンサイ
  • ジュンサイは、古い池や沼に行くと生えております。水底の泥の中の根茎から、水中に茎を伸ばし、多数の葉が互生します。葉は、下面中央が長い葉柄によって支えられ、水面に浮かびます。夏になると暗赤色の花を開きますが、花は午後になるとつぼみます。新芽を早春から初夏にかけて採取して食用にしますが、近年ではあまりこの植物を見かけなくなってきました。薬用:5月〜7月頃に、葉、茎を日干ししたあと細かく刻みま... [続きを読む]
  • イチヤクソウ
  • イチヤクソウは、高さ20cmほどで葉は厚く表面は深緑色で裏面は紫色を帯びています。葉は、円形で縁に鋸歯があります。中国では、イチヤクソウの全草を乾燥し、粉末状にしたものを避妊薬にします。月経が始まった当日、空腹時に酒とともに10gを服用し、毎月1回ずつ5ヶ月連続した結果、かなりの確率で成功したと言われております。成分は、利尿効果のあるクエルセチン、ウルソール酸のほか、ベータ・ジトステロール、... [続きを読む]
  • ミョウガ
  • ミョウガは、地下の根茎は多肉質で横に伸び、ところどころから地上に芽を出します。葉は長さ30cmくらいの楕円形で、葉柄は長く、互いに包みあって茎のように見えます。8〜10月ころに地下茎の先に鱗片葉に包まれた花序を出し、淡黄色の花をつけますが、花は1日でしぼみます。花穂はミョウガの子の名で知られ、辛み、芳香があり、昔から食用に利用されております。成分は、アルファ・ピネンなどの精油を含みます。... [続きを読む]
  • ノイバラ
  • ノイバラは、川辺や山林の日当たりの良い場所に多く自生しております。2mくらいに伸びる落葉小低木で、枝には鋭いトゲがあります。茎は、初めはつる状で他の植物にからみつき、盛んに分岐して茂り、徐々に幹に変化し、無毛になっていきます。葉は、5〜7枚の小葉からなる奇数羽状複葉で、枝に互生し、托葉は縁が浅く切れ込んでいます。小葉は2〜4cmの楕円形で先がとがり、縁に鋸歯があります。葉の表面には光沢があり... [続きを読む]