ゆきねー さん プロフィール

  •  
ゆきねーさん: キャサリンとの日常
ハンドル名ゆきねー さん
ブログタイトルキャサリンとの日常
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/yuki-6634/
サイト紹介文なんの気ない一言から、40歳を過ぎて原付き乗りになったゆきねーと、リトルカブ「キャサリン」との日常。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/12/30 03:49

ゆきねー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • キャサリンとの日常〜18
  • 大変ご無沙汰いたしております。ゆきねーです。思い起こせば今年の元旦でした。江ノ島に行く予定が何故か下田?!そんなゆきねーの騙され旅。動画になりました。まあ、日常の忙しさに編集が遅れに遅れ、気がつけば桜の季節じゃないですか(´・_・`)ようやくうれしはずかしBBAの姿公開です。また明日から第2話の編集作業に入りまーす! [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜17
  • なんだかんだで1カ月。ご無沙汰しております。キャサリンは元気です。さて、下田から西伊豆今井浜で温泉に浸かったところまで…だったかな(笑)ひたすらあとは走る走る。伊豆高原あたりで ぴかっ!!キターーー!emptyついたー!はぁ、長かった旅も終わりかぁ  寒くて辛いけど終わってしまうと思うとなんだか寂しい(´・_・`)寂しい(´・_・`)寂しい(´・_・`)寂しい(´・_・`)寂しい?ガス欠にならねーーーーーーー!!!気がつけ [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜16
  • 伊東まできたし、半分くらいになっているだろうと、ぱかっと開けてみる。おぅふ…たいして減ってない(´・_・`)まさかの御前崎?! 緊急作戦会議議題「まじでいくの?御前崎とかやめてくれよ」結論「帰りを考えると、箱根駅伝と時間かぶったら目も当てられないため、伊豆まで行って戻れるところまでもどるべ」というわけで、下田で折り返してどこまで戻ってこられるかに変更。まあね、全員40過ぎのおっさんおばさんですからね [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜15
  • 地理に疎い。地味に辛い。YOYO (韻を踏んでみた)江ノ島がどこにあるのか、わかっているようでわかっていない。と、こうなる。気づけばここは小田原ではないですか。小田原城だと言い張ったういろう屋さんじゃないですか…青看には沼津の文字。神奈川県じゃない地名じゃないですか!まあね?そんなお気楽なことをするわけはないと、身体中にカイロ貼ってきましたよ。ハンドルカバーの中にまで入れましたよ。全然あったかくな [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜14
  • 、集合は元旦の夜10:00。正月だというのに酒も飲まず、旅に備える。お伊勢詣りから一転「江ノ島で日の出を見よう@カブの旅2016」出発前、燃費を計測しようということで一旦キャサリンのガソリンを全て抜いた。アイドリング状態で完全にガス欠になるまで…かわいそうなキャサリン…ごめんよ、すぐお腹いっぱいにしてやるからな…そこまでやる必要があるのか?(笑)その後、お腹いっぱいにしてもらい計測と共に江ノ島へ!時刻は0:0 [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜13
  • それは2015年年の瀬。くらさんが何を思ったか突然「お伊勢詣りに行こう」おぅ?赤福食べにかい? 正月にお伊勢詣りとはいいじゃないか。企画の全貌は、くらさんはハーレーでゆきねーと社長はキャンピングカーで動画を撮りつつ伊勢まで行き、汚れたハーレーを洗車しようというもの。何故洗車?そう、我が社には洗車場部門があるのだ。洗車場のPRをするのが目的の、yotubeチャンネルにUPするのが今回の企画。出発は元旦の夜。ゆきね [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜12
  • ある日。会社から帰宅するとこんな感じだったので、ちょっと走った。あけましておめでとうございます。新年早々旅に出てきました。過酷な旅でした(´・_・`)小出しにしていきます(笑)にほんブログ村 [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜11
  • あ、寒い。そろそろ冬支度をしなければ。異常なまでの寒がりゆきねー。ウインドストッパーやら、ユニクロダウンやら、N3Bやらで上半身はなんとか幸せ気分。問題は足と手だ。愛用のティンバーを履いたままオーバーパンツとかめんどくさい。そう寒がりなうえにめんどくさがりなのだ。見つけた!魚河岸と言われようがいいんだ。死にたくないんだ。これで足問題はクリア。次は手。だよね。やっぱりこれだよね。最高。あったかぁい? [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜10
  • キャサリンが我が家にきて1カ月。2660kmで生まれた元気な女の子は、元気すぎて1カ月で1000km…まさかこんなに走らされるなどとは、彼女も想定外だったことだろう。卒検富士山ツーリングのおかげで、だいぶスムーズな走行ができるようになった気はする。富士山ツーリングで付けてもらったインカム。片道40分の通勤では、スマホから音楽飛ばしたりして1人カラオケ。余裕じゃね?ゆきねー余裕じゃね?とはいいながらも、まわりの音が [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜9
  • つけまつけた。あらぁ パッチリおめめのかわい子ちゃん。イカすわよキャサリン。うちの子になってから、車体はピカピカにしたけど、どうしても落ちなかった汚れがあった。グリップ。ゴムゴム系で溝溝系ゆえ、どうにもならなかったので、大人の力でポチ?樽型グリップ、ついでにステップとキック部分も同じカラーでコーデ。大人の力で4000円も使ってやったぜ。それだけ?あはん?大人をなめるなよ?どお!みて!どお!旭風防さんと [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜8
  • ようやく卒業検定に合格した翌日、開口一番鬼教官くらさんはこう言った。「ゆきねー中免取ってこいよ」(ばかも休み休み言え) 心の声そんなくらさんの言葉はノールックパスで戻した。もう少し50ccののんびりツーリングを味あわせてくれ。富士山から戻った翌日、出勤途中のコンビニにキャサリンを停めてお買い物。お?お仲間だ!しかもかわいい!まあ、うちの子が一番かわいいんですけどね!っふ。などと思いつつ一服しながら眺めて [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜7
  • のんびりする間もなく、帰る。なんて強行スケジュールなんだ…鬼教官くらさんのしごきっぷりは、ハンパない。夜とはうってかわって交通量が多い昼間、緊張度も絶賛増量。片側1車線のトンネル内、法定速度でキープレフト。ひっきりなしに横を車が抜いていく。ん??前を走るくらさんがふわっと右に何かを避けた?と思った瞬間、目の前にぱかっ!と口をあけた段ボールが飛んできた!避けなきゃ!あ!だめ!車が真横にいる!あ!わ! [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜6
  • 死ねない…凍死寸前(言い過ぎ)の身体でようやく下山。さっきまでの寒さが嘘のような気温にはなったものの、冷え切った身体はそうそうあったまるわけもなく、市街地に出てすぐファミレスに避難。他の客は半袖。カブ主ふたり防寒着。異様な目で見られつつも、暖かい朝食とコーヒーで解凍。目的地は富士市にあるふもとっぱらキャンプ場。まあ、キャンプはしませんが。5時間かけて目的地に到着。片道約150km 雄大な富士山のお出 [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜5
  • 246をひた走るキャサリン。先導はもちろんクロスカブのくらさん。ハーレーだオフロードだと乗回すくらさんにとって、車に追い抜かれることなど初体験に等しいことだろう。思い知るがいい。法定速度30kmの恐怖を。っふ。自分がどこを走っているかすらわからない程の緊張感。ただ、ぶんぶん追い抜くトラックから生臭いにおいがしてきたことで、海に近いのだと気づく。おそらく沼津あたり?まったくわからないまま、山道へ突入。&nbs [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜4
  • バイク乗りのお守り「ガーディアンベル」をいただく。CUNEのちくびネコとコラボ。キャサリンの鍵と鉄箱の鍵をつけてご機嫌。そんな夜、いよいよ卒業検定のお知らせがきた。時間は深夜12:00をまわっていた。「富士山いくぞ」はあ?!あ…本気だ。この人本気だ。あきらめろ。言い出したら絶対だこの鬼教官…「はい、じゃ1時間後ここまできて」通勤路にあるコンビニで待ち合わせ。9月とはいえ、多少の防寒着を詰めていざ出発。何時間 [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜3
  • 夕方6:00からは部活動の時間。だいたい仕事の目処がつきはじめると、カブのカスタムをやり始める鬼教官くらさん。ゆきねーと同じ日にカブ主になったしゃちょ(社長)も、金にモノを言わせて中古のカブにあれこれつけ始めた。(手前から、ポリスカブ、出前カブ、これカブ?! という我が社のカブ主の皆様です。)負けない。あたし負けない。キャサリンにだって、なんらかのデコを施してあげるんだ!ぽち。(ネットで購入)ドリンクホルダ [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜2
  • 卒業検定までの道のりは、遠い。条件は、1人で通勤。簡単だとお思いでしょう。ところが我が家から会社までは距離にして16kmの道のり。ルートとしては、山越えクネクネコースと、環状2号線恐怖のビュンビュンコース。4回ほどクネクネコースとビュンビュンコース往復を先導してもらい、環状2号線恐怖のビュンビュンコースに決定。しかし本当に恐怖。真横すれすれでわざと抜かしていく軽とか、風圧とか知ったこっちゃないダンプとか [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜1
  • 「3台買うから 安くして」わぉ。ゆきねーのリトルカブ、しゃちょのスーパーカブ、しゃちょの◯◯のリトルカブ。納車は1週間後ということで、約束通り買っていただきました!と、喜びと同時にギア車をはたして運転できるのかという不安がどんぶらこと押し寄せる1週間。ひたすらググってはカブの操作方法をイメトレの1週間。とりあえず鉄箱を発注する1週間。水曜どうでしょう東日本縦断を見返す1週間。あっという間に1週間が過ぎ、 [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜出会うために〜?
  • 検索ワードは「リトルカブ」さすがに新車の価格はおねだり対象外。ということで検索ワード変更「リトルカブ 中古 横浜」キタコレ!見つけた。欲しい色とは違うけど。バージンベージュとココナッツホワイトとかいうまったくもって理解不能なカラーネーミング。ベージュと白でよくね?などと突っ込みを入れつつもニヤける。どお!どおなのよ!ココナッツホワイトよ!なんちゃらベージュよ!男前くらさん(買ってもらうので持ち上げる [続きを読む]
  • キャサリンとの日常〜出会うために〜?
  • カブ1択。その日からカブ探しが始まった。「かわいいカブ」で検索すると、なんともレトロな雰囲気の画像を見つけた。白と水色車体に 茶色のシート。荷台には白い鉄箱が乗っている。ペイントしたのか?!カブと言えば、白と青のお蕎麦屋さんカブじゃないのか?!荷台にはオカモチもしくはダルマじゃないのか?!リトルカブおぅふ。なんだこの誘われるネーミングは。そしてレトロ感満載のカラーバリエーション。これだ!ゆきねーが [続きを読む]
  • 過去の記事 …