テニスの女王 さん プロフィール

  •  
テニスの女王さん: 勝てるテニスをマスターしよう
ハンドル名テニスの女王 さん
ブログタイトル勝てるテニスをマスターしよう
ブログURLhttps://ameblo.jp/soft-tennis39/
サイト紹介文テニスの知識や練習方法を掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/12/30 09:08

テニスの女王 さんのブログ記事

  • サーブはレシーバーのタイミングを狂わすように狙う
  • テニスの試合になったら、サーブをするときに相手がレシーブしにくい場所にボールを落とすことを考えましょう。特に相手のバックハンドを狙うのが有効になります。テニスボールがバウンドしてから相手に届くまでの距離が短いと、レシーバーはタイミングがとりにくくなります。サーブをするときは、サービスラインぎりぎりに深く打つのがとても有効になってきます。角度をつけて短く打つボールも有効になります。こうすることでサイ [続きを読む]
  • サーブを打つ時
  • テニスの試合の時に、サーブを打つとき、大声がでてしまっても相手のプレーの妨げにならなければ問題はありません。ただし、あんまり大声を出しすぎると相手のプレーヤーに嫌がられるので注意しましょう。観客が大声を出してプレーヤーがミスをしたら、それは失点と見なされます。サーブを打つ体勢に入ってから、いつまでも打たないとタイムオーバーになる可能性があります。ひとつのポイントが終わって次のプレーにうつるまで2 [続きを読む]
  • ショート乱打を練習しよう
  • 二人一組になり、お互いにサービスラインの後ろに立ちます。ここで、ドライブ対ドライブのラリーをしていきます。このとき、できるだけ手首を柔らかく使いながらテニスボールの回転を意識して行います。できるだけラリーが続くように何回も練習しましょう。次に同じようにドライブ対スライス、スライス対スライスでのラリーをやっていきます。それぞれの打ち方を変えたときのボールの回転を意識して行います。なるべくコンパクト [続きを読む]
  • ボレーとボレー
  • 二人一組になってネットをはさんで、サービスラインとネットの間に立ちます。ボレーのみでラリーをおこない、ノーバウンドで相手に返球します。お互いがあまり動かずに、その場でボレーで打ち合うようにコントロールします。最初は、足をとめて手だけで合わせて打つようにし、慣れてきたら軽くステップしてボレーするようにしていきましょう。この練習をどんどん繰り返すことにより、ノーバウンドでの返球方法を身につけることが [続きを読む]
  • サーブに変化をつけたときの注意点
  • テニスの試合の時に、トスをするときのテニスボールの高さには、とくに制限はありません。しかし、いい位置にボールを上げるのには技術が必要ですし、ボールを打つタイミングをとるのも難しいです。ジャンプサーブを使うことに問題はないのですが、打つ前に少しでもベースラインを踏んでしまうとフォールトになるので注意しましょう。打った後にベースラインを越えるのは問題はありません。フェイントをかけた時間差のようなサー [続きを読む]
  • コリアンバック
  • コリアンバックができるようになると、左手を使ってとてもパワフルなボールを打つことができるようになります。これは、一般的なバックハンドと異なり、利き腕とは反対の手でスイングを支えているのが特徴になります。さらに高い打点で早いタイミングでボールをとらえることで、パワフルなボールを打つことができるので、是非、練習してものにしてください。 テニスボールのバウンドに合わせて打点の位置に入ります。ラケットのテ [続きを読む]
  • 試合中に空振りするとフォールトになる
  • テニスの試合の時、サーブを打つ体勢をとってトスを上げて、振り下ろしたときにテニスラケットにボールが当たらなかったときは、サーブをしたと見なされフォールトになります。また、サーブを打つ体勢でテニスラケットを振ったけれど、ラケットが手から離れてしまった場合もフォールトになってしまいます。サーブの場合は、まず、サーブを何回も練習して、必ずラケットにボールがあたるようになり、コートに入るようになってから [続きを読む]
  • アンダーストローク
  • アンダーストロークは、ヒザの高さに来たテニスボールを安定感あるショットで打ち返します。基本としては、軸足の位置をできるだけ早く決め、腰を落として素早く打点に入ります。軸足に重心をのせて、右肩を入れてテニスラケットを後ろに引きます。前足へと重心を移動させながらスイングします。手首をしっかりと固定したまま、踏み込んだ右足よりも少し前でインパクトします。テニスボールの進行方向に向かって腕を伸ばし、テニ [続きを読む]
  • フットフォールトに注意しましょう
  • テニスの試合の時に、サーブの体勢に入ってからテニスボールがラケットに触れた時までに、次のような行為をするとフットフォールトになるので注意しましょう。私も、最初は緊張して、フットフォールトになった経験があります。テニスボールがラケットに当たる瞬間までは、足をベースラインの外側におきましょう。この時、足がベースラインを踏んでいたりラインより中へ入っていたらフットフォールトになります。テニスボールがラ [続きを読む]
  • アンダー・サイド・トップストロークの基本
  • 利き手の反対側に来たボールを打つときは、バックハンドストロークを使います。このバックハンドストロークは打点の高さで3種類に分けられます。バックハンドは、苦手な人も多いと思いますが、どんどん練習をすることによって、利き手よりうまくなっていきますので、練習を重ねてものにしていきましょう。体重移動と身体の回転が、すべての打ち方に共通する基本となります。 [アンダーストローク]ワンバウンドしたテニスボールを [続きを読む]
  • ダブルフォールトしてしまうと相手にポイントがはいってしまう
  • ダブルフォールトをしてしまうと相手にポイントが入ってしまうので注意しましょう。テニスの試合がはじまると、サーブを打つための定められた場所に立ち、手でボールを放り投げ、それが地面に落ちる前にテニスラケットで打つというサーブの条件をサーバーが犯したときにフォールトになります。あとは、サーブをされたボールが定められた位置に落ちなかったとき、フットフォールトをしたとき、ボールを打とうとして打てなかったと [続きを読む]
  • ダブルスのサーブの順番について
  • ダブルスの場合、各セットのはじめにペアのどちらからサーブを始めるかを決めます。第一ゲームにサーブしたプレーヤーのパートナーは、第三ゲームでサーブをします。また、第二ゲームでサーブしたプレーヤーのパートナーは、第四ゲームでサーブします。この要領で、そこのセットの終了まで同じ順番でサーブしていきます。パートナーがサーブの順番を間違えた場合は、気がついた時点から本来のサーバーがサーブをしますが、それま [続きを読む]
  • サーブの順番について
  • サーバーが打ったテニスボールの有効ゾーンは、対角線上のサービスコートです。その範囲は横はサイドラインからセンターラインまで、深さはサービスラインからネットに囲まれた部分になります。サーブは、ベースラインより後ろで、右コートで打つならセンターマークより右のサイドラインまで、左コートならセンターマークより左のサイドラインまでの間で打ちます。ベースラインより後ろにいるぶんには制限がありませんが、ベース [続きを読む]
  • 前後のストロークを練習しよう
  • 前後のストロークを練習しよう。まず、相手にボールを前後交互に連続で出してもらい、返球します。ボールを打った後は、正面を向いて次のフットワークの準備をします。これをどんどん繰り返して練習してください。慣れてくると、ネットやアウトミスが減るようになり、体重移動が制限されているときでも安定したストロークができるようになります。練習の時は、移動の時は、軸足の設定をすばやく行いましょう。あと、後ろから前へ [続きを読む]
  • 肩かつぎスマッシュを覚えよう
  • 肩かつぎスマッシュを覚えておきましょう。この練習をおこない、構えるタイミングと体全体を使って打つことを覚えましょう。相手に反対側のコートからテニスボールを山なりに上げてもらいます。そしたら、スマッシュを打つフォームでボールの落下地点に移動します。体全体を使ってスマッシュをします。このとき、腕だけでなく、体全体を使って返球することを意識します。あと、体重移動と体の回転を意識しましょう。最初は、うま [続きを読む]
  • テニスの試合中の反則行為
  • テニスの試合中に、イライラしてラケットを投げて、相手のプレーを故意に妨げたときは、そのゲームのポイントを失うことになります。相手にされたときは、すぐにレットをコールしましょう。テニスの試合が始まったら、試合時間を遅らせることなく、スムーズに進めなくてはいけません。1ポイントが終わって、次のポイントに入るときに、プレーヤーは20秒以内にプレーを始めなくてはいけません。テニスの試合中に休憩するなど、 [続きを読む]
  • 試合時間について
  • テニスの試合時間に制限はないのです。テニスの試合が長引き日没になってしまったときは、通常は主催者の判断で中断になります。日を改めて中断した時点のポイントから再開します。室外コートで試合を行っているときに、雨が降ってきた場合は、基本的に中止となります。コートが雨で濡れてくると滑りやすく怪我をする危険性が高くなってくるからです。雨が止み、コートが乾いたら中断した時点のポイントから再開します。トーナメ [続きを読む]
  • 左手でテニスボールをキャッチする
  • 二人一組になり、反対側のテニスコートからテニスボールを山なりに投げてもらいます。投げてもらったら、スマッシュを打つフォームでボールの落下地点に移動します。ボールとの距離をすばやくはかり、左手を掲げてテニスボールをキャッチします。このとき、ボールの落下地点に入るときには、スマッシュのフォームを崩してはいけません。何回も練習して、左手を掲げてボールとの距離感をつかんでください。この練習を繰り返すこと [続きを読む]
  • サーブ権はどのように決めるのか?
  • テニスの試合前に、サーブとレシーブ、コートのエンドを決めます。方法は、審判がつく試合ならコイントスになり、審判がいない場合は、ラケットを回す方法で決めます。ラケットを回すやり方は、ラケットヘッドを地面につけて回し、倒れたラケットのグリップエンドにあるメーカーのマークが、上を向いているが下を向いているかなどで決めます。選択権を得たものは、3つから1つを選ぶことができます。1)サーブを選ぶ2)レシー [続きを読む]
  • 手出しストロークで練習しよう
  • 2人一組になり、相手にテニスボールを出してもらい、それを打ちます。これを固定の位置で何回も行います。出してもらったボールを、フォアハンドとバックハンドの両方のストロークを交互におこない、何回も練習をします。このときに、体の使い方をしっかり身につけましょう。練習しているうちに、体の軸の回転運動でスイングができるようになります。手打ちではなく、軸の回転を意識しましょう。あと、トップ、サイド、アンダーな [続きを読む]
  • 距離を短くしてサービスの練習をしよう
  • 距離を短くしてサービスの練習をすると、高さや距離感のイメージをつかめることがでるようになります。インパクトのポイントを体で覚えることもできます。サーバーは、サービスラインに立ちます。ネットの距離や高さに気をつけて、サービスコートに入るようにサービスを打ちます。この練習をおこなうことで、注意しなければならないことは、普段のサービスと距離感が変わるので、ボールのコントロールを意識しておこなってくださ [続きを読む]
  • テニスボールをヘディングする
  • この練習は、反対側のコートに1人が立ち、山なりにボールを上げてあげます。ボールがきたら、ボールの落下地点に素早く入り、ノーバウンドでネットを越えるようにテニスボールをヘディングで返球します。この練習を繰り返すと、ボールの落下地点に素早く入ることができたり、正しいポジションでボールをとらえることができるようになります。私も、何回も練習したので是非おこなってください。注意点としては、ただヘディングする [続きを読む]
  • グリップを短く持ってボレーしよう
  • テニスラケットのグリップを短く持ってボレーする練習をしましょう。これを練習することによって、何が身についていくかというと、フットワークでインパクトする感覚が身についてきます。練習するときは、ラケットの面でボレーするように意識します。これは、スイングではなく、ネット付近でインパクトの形をつくってフットワークを使い、インパクトします。あとは、しっかりとボールのコースに入ることを心がけましょう。最初は [続きを読む]
  • タイブレーク
  • テニスの試合で、ゲームカウントが6−6になったらタイブレークに入ります。これは、選手の実力が拮抗している場合など、このままゲームを続けると試合時間があまりにもかかるので、試合時間を短縮するためにタイブレークが考えだされました。タイブレークは、試合のゲームカウントが6オールになったときに使われます。タイブレークになったら、相手に2ポイントの差を離して7ポイント先取した方が、そのセットを獲得できます [続きを読む]
  • 短い距離でのサービス
  • 短い距離でのサービスは、普段のサービスと距離感が変わるため、テニスボールのコントロールを特に意識して行いましょう。何回も練習して、ネットの距離感や高さのイメージをつかめるようになりましょう。サーバーは、サービスラインに立ちます。ネットの距離や高さに気をつけて、サービスコートに入るようにサービスを打ちます。最初は、うまくいかなくても、ネットの距離や高さをイメージして練習していくと、うまくいくように [続きを読む]