テニスの女王 さん プロフィール

  •  
テニスの女王さん: 勝てるテニスをマスターしよう
ハンドル名テニスの女王 さん
ブログタイトル勝てるテニスをマスターしよう
ブログURLhttps://ameblo.jp/soft-tennis39/
サイト紹介文テニスの知識や練習方法を掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/12/30 09:08

テニスの女王 さんのブログ記事

  • インプレー中にテニスコートのネットに触ると失点になります
  • テニスの試合中に、どんな条件であってもプレーヤーの体やラケット、ウエア、持ち物などがネット、ポスト、シングルス・スティック、ストラップ、バンド、コード、相手のコート内の地面に触れたらタッチとなり失点になります。帽子などをかぶる人は、とくに気をつけたほうが良いと思います。しかし、相手コートに自分の持ち物が落ちても相手が気づかず、ポイント後に相手が気づいた場合は、失点にはなりません。相手が打ったボー [続きを読む]
  • 相手が打ったボールはネットを越えてから返球しましょう
  • テニスの試合の時に、ボールがネットを越える前に打ち返すと、ファウルショットになり失点します。ネットを越したボールが自分のコートの有効ゾーンに1バウンドしたあと、風やイレギュラーなどで相手コートに戻った場合、このボールは、まだ、インプレーなので、相手のコートに1バウンドする前にネットに触らないように打ち返さなければなりません。このボールを打ち返さなければ失点となり、逆に相手が打ち返してしまったら相手 [続きを読む]
  • 1バウンドかノーバウンドで打ち返す
  • テニスの試合中、インプレーのボールは、2バウンドする前に相手に打ち返します。1バウンドではグランドストロークやグランドスマッシュなどの方法があり、ノーバウンドではボレーやスマッシュがあります。2回以上バウンドさせてからの返球はノットアップとコールされますが、そのボールがネットを越えなかったときはコールされません。どちらにしてもボールが2回以上バウンドすると、そのボールを打たなければならない側のプレ [続きを読む]
  • ストロークは重要です
  • テニスの試合は、相手のコートの有効ゾーンに、ボールを1球多く入れた方が勝ちとなります。攻撃的に攻めてもいいし、相手のミスを誘うようにラリーでねばるのも良いでしょう。テニスの試合の経験がある人は、わかると思いますが、サーブとレシーブが行なわれた後は、ラリーが続きます。ラリーは、グランドストローク、ボレー、スマッシュ、ロブの4つのストロークによって構成されます。テニスの試合中は、ストロークの構えはとて [続きを読む]
  • レシーブ(ダブルス)
  • テニスの試合で、1ゲーム目にサーブを受ける方は、どちらが最初にレシーブをするかを決め、そのプレーヤーはそのセット中の各奇数ゲームの最初のサーブを受けなければなりません。パートナーは各ゲームを通じて、交互にサーブを受けます。試合中に、レシーバーが順序を間違えたことに気づいても、そのゲームが終わるまでそのまま続けます。次のレシーブのときに、正しい順に戻るようにします。打ったボールが見方の前衛に当たった [続きを読む]
  • レシーブは、深く返すようにしよう
  • テニスの試合は、相手が打ちにくい場所にボールを打って、相手のミスを誘います。テニスは、最初にボールを打つサーバーが有利で、ゲームの主導権を握っています。レシーバーは、試合のときになったら、いかに相手のボールにうまく反応できるかがポイントになります。テニスの試合を経験している人はわかると思いますが、レシーブの基本は、深く返すことになります。ボールをベースライン近くの深いところにリターンすれば、サーバ [続きを読む]
  • レシーバーは素早く反応しよう
  • テニスの試合になったとき、レシーブで大切なことは、いかに素早く動いてスウィングできる姿勢に構えるということです。相手のサーバーが打った瞬間に反応できるように、前後・左右にすぐに動ける姿勢をとってサーブをまちましょう。サーバーが打つ瞬間にスプリットステップすると反動がついて動き出しやすくなります。スプリットステップとは、相手のインパクトのタイミングで、両足でポンと軽く跳ねることをいいます。素早く動け [続きを読む]
  • レシーブのルール
  • テニスの試合で、相手のサーブをレシーブする場合、必ずサービスコートにワンバウンドしたボールを打ち返さなければなりません。ノーバウンドのボールをリターンしたり、レシーバー側の前衛が打ち返したりすると、レシーバーの失点になります。サーバーが打とうとしているときに、レシーバーが動いても問題はありません。ただし、サーバーを妨害しようと故意に動き回ったり、なかなかレシーブ体勢に入らないような行為をすると、サ [続きを読む]
  • レシーブの位置(ダブルス)
  • レシーバーは、前衛と後衛を交互に行います。レシーバー側は、1ポイントごとに交代でレシーブをしますので、レシーブするサイドは変わりません。サーバーは、1ゲーム中、同じ人がサーブをするので1ポイントごとにコートを左右に入れ替わることになります。レシーバーのポジションは、サーバーから見て正面が基本ですから、シングルスよりサイド寄りになります。レシーバーのパートナーはネットの自分の側なら、どこに位置してい [続きを読む]
  • レシーブの位置(シングルス)
  • シングルスの場合のレシーブの位置は、左右どちらにも動けるように正面に構えます。試合をしてもわかると思いますが、ファーストサーブはサービスエースを狙った速いボールがくるので、ベースラインより少し後ろに構えます。セカンドサーブは、フォールトしてしまうとダブルフォールトになりますので、スピードを落としたサーブが来ます。セカンドサーブでは、ベースラインより内側に構えるようにします。軽いフットワークで動ける [続きを読む]
  • 前衛のボレーしやすい位置に返るボールを打とう
  • ダブルスの場合、攻撃的な形が2人がネットにつめることになる平行陣なので、相手を平行陣にさせないほうが有効になります。このため深いサーブでネットに出てきにくいようにするのが有効になります。ダブルスは前衛がいるので、シングルスよりもサーブする位置がサイドになるケースが多くなりますから、サイドに打つ方がより外にボールが切れていき有効になります。センターに狙ったサーブは、レシーバーが角度をつけてリターンす [続きを読む]
  • 変化するサーブを身につけよう
  • サーブは、フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブの3種類あります。フラットサーブは回転の少ないまっすぐなボールで、速いサーブを打つときに有効になります。プレーヤーが右利きの場合、スライスサーブはワンバウンドしたあとに左に切れるボールで、右コートからのサーブで打つと、相手をコートの外へ出すことができます。スピンサーブはワンバウンドしたあとに右に跳ねるボールで左コートからのサーブで打つときに有効 [続きを読む]
  • 深いサーブはレシーバーのタイミングを狂わします
  • テニスの試合の時に、サーブをするとき考えるのは、相手がレシーブをしにくい場所にボールを落とすことです。ですから、相手のバックハンドを狙うことが考えられます。ボールがバウンドしてから相手に届くまでの距離が短いと、レシーバーはタイミングがとりにくくなります。したがって、サーブは、サービスラインぎりぎりを狙って打つのが有効になります。ワイドに狙う場合は、角度をつけて短く打つボールが有効になります。こうす [続きを読む]
  • バックハンドのショート乱打
  • バックハンドのショート乱打は、サイドラインに立って、ネットの近いところで、対角線にバックハンドでラリーをおこないます。これをすることによって、短い距離でのラリーで、テニスラケットや面の使い方、体の使い方を覚えることができます。速いボールやゆるいボールのラケットや手首の使い方を覚えることができます。この練習を行っているときは、テニスボールの回転に気をつけましょう。あとは、テニスラケットの面で持ち上げ [続きを読む]
  • サーブはレシーバーのタイミングを狂わすように狙う
  • テニスの試合になったら、サーブをするときに相手がレシーブしにくい場所にボールを落とすことを考えましょう。特に相手のバックハンドを狙うのが有効になります。テニスボールがバウンドしてから相手に届くまでの距離が短いと、レシーバーはタイミングがとりにくくなります。サーブをするときは、サービスラインぎりぎりに深く打つのがとても有効になってきます。角度をつけて短く打つボールも有効になります。こうすることでサイ [続きを読む]
  • サーブを打つ時
  • テニスの試合の時に、サーブを打つとき、大声がでてしまっても相手のプレーの妨げにならなければ問題はありません。ただし、あんまり大声を出しすぎると相手のプレーヤーに嫌がられるので注意しましょう。観客が大声を出してプレーヤーがミスをしたら、それは失点と見なされます。サーブを打つ体勢に入ってから、いつまでも打たないとタイムオーバーになる可能性があります。ひとつのポイントが終わって次のプレーにうつるまで20 [続きを読む]
  • ショート乱打を練習しよう
  • 二人一組になり、お互いにサービスラインの後ろに立ちます。ここで、ドライブ対ドライブのラリーをしていきます。このとき、できるだけ手首を柔らかく使いながらテニスボールの回転を意識して行います。できるだけラリーが続くように何回も練習しましょう。次に同じようにドライブ対スライス、スライス対スライスでのラリーをやっていきます。それぞれの打ち方を変えたときのボールの回転を意識して行います。なるべくコンパクトな [続きを読む]
  • ボレーとボレー
  • 二人一組になってネットをはさんで、サービスラインとネットの間に立ちます。ボレーのみでラリーをおこない、ノーバウンドで相手に返球します。お互いがあまり動かずに、その場でボレーで打ち合うようにコントロールします。最初は、足をとめて手だけで合わせて打つようにし、慣れてきたら軽くステップしてボレーするようにしていきましょう。この練習をどんどん繰り返すことにより、ノーバウンドでの返球方法を身につけることがで [続きを読む]
  • サーブに変化をつけたときの注意点
  • テニスの試合の時に、トスをするときのテニスボールの高さには、とくに制限はありません。しかし、いい位置にボールを上げるのには技術が必要ですし、ボールを打つタイミングをとるのも難しいです。ジャンプサーブを使うことに問題はないのですが、打つ前に少しでもベースラインを踏んでしまうとフォールトになるので注意しましょう。打った後にベースラインを越えるのは問題はありません。フェイントをかけた時間差のようなサーブ [続きを読む]
  • コリアンバック
  • コリアンバックができるようになると、左手を使ってとてもパワフルなボールを打つことができるようになります。これは、一般的なバックハンドと異なり、利き腕とは反対の手でスイングを支えているのが特徴になります。さらに高い打点で早いタイミングでボールをとらえることで、パワフルなボールを打つことができるので、是非、練習してものにしてください。 テニスボールのバウンドに合わせて打点の位置に入ります。ラケットのテ [続きを読む]
  • 試合中に空振りするとフォールトになる
  • テニスの試合の時、サーブを打つ体勢をとってトスを上げて、振り下ろしたときにテニスラケットにボールが当たらなかったときは、サーブをしたと見なされフォールトになります。また、サーブを打つ体勢でテニスラケットを振ったけれど、ラケットが手から離れてしまった場合もフォールトになってしまいます。サーブの場合は、まず、サーブを何回も練習して、必ずラケットにボールがあたるようになり、コートに入るようになってから [続きを読む]
  • アンダーストローク
  • アンダーストロークは、ヒザの高さに来たテニスボールを安定感あるショットで打ち返します。基本としては、軸足の位置をできるだけ早く決め、腰を落として素早く打点に入ります。軸足に重心をのせて、右肩を入れてテニスラケットを後ろに引きます。前足へと重心を移動させながらスイングします。手首をしっかりと固定したまま、踏み込んだ右足よりも少し前でインパクトします。テニスボールの進行方向に向かって腕を伸ばし、テニ [続きを読む]
  • フットフォールトに注意しましょう
  • テニスの試合の時に、サーブの体勢に入ってからテニスボールがラケットに触れた時までに、次のような行為をするとフットフォールトになるので注意しましょう。私も、最初は緊張して、フットフォールトになった経験があります。テニスボールがラケットに当たる瞬間までは、足をベースラインの外側におきましょう。この時、足がベースラインを踏んでいたりラインより中へ入っていたらフットフォールトになります。テニスボールがラ [続きを読む]
  • アンダー・サイド・トップストロークの基本
  • 利き手の反対側に来たボールを打つときは、バックハンドストロークを使います。このバックハンドストロークは打点の高さで3種類に分けられます。バックハンドは、苦手な人も多いと思いますが、どんどん練習をすることによって、利き手よりうまくなっていきますので、練習を重ねてものにしていきましょう。体重移動と身体の回転が、すべての打ち方に共通する基本となります。 [アンダーストローク]ワンバウンドしたテニスボールを [続きを読む]
  • ダブルフォールトしてしまうと相手にポイントがはいってしまう
  • ダブルフォールトをしてしまうと相手にポイントが入ってしまうので注意しましょう。テニスの試合がはじまると、サーブを打つための定められた場所に立ち、手でボールを放り投げ、それが地面に落ちる前にテニスラケットで打つというサーブの条件をサーバーが犯したときにフォールトになります。あとは、サーブをされたボールが定められた位置に落ちなかったとき、フットフォールトをしたとき、ボールを打とうとして打てなかったと [続きを読む]