souy さん プロフィール

  •  
souyさん: souyのブログ、“ケセラセラ!”
ハンドル名souy さん
ブログタイトルsouyのブログ、“ケセラセラ!”
ブログURLhttps://vivavivasouy.muragon.com/
サイト紹介文スペイン、バルセロナからのびっくりオモシロ情報!
自由文目をつぶって地図を指したらバルセロナーーーそれでスペインに移住しちゃいました!! そのドッキリハラハラ移住談やスペインでのビックリ生活をお届けしちゃいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/12/30 20:58

souy さんのブログ記事

  • 変わりモノ動詞、“ある”(“exist”)
  • お待たせしました!! 『 チガイがわかる・おもしろ日本語入門! 』第三章 日本語、コノ表現 & その極意!!  その4、 動詞“ある” (“exist”)の特異性  が、まもなく発刊されます!! 登録、バックナンバーは、以下からどうぞ。 http://www.mag2.com/m/0001673594.html にほんブログ村→ http://vivavivasouy.muragon.com [続きを読む]
  • 匂いも音痴のスペイン人?
  • メルマガ、知ってびっくり!地中海の不思議の国・バルセローナ 第54回みんなアベコベ、日本とスペイン!= 匂いも音痴のスペイン人? =が、まもなく配信されます! 登録、バックナンバーは、以下からどうぞ。 http://www.mag2.com/m/0000129218.htm 日本ブログ村→ http://vivavivasouy.muragon.com [続きを読む]
  • この地にピカソやミロ、ダリ、ガウディが育まれた理由とは?
  • (第22回)最終回・・・美意識(センス)のない世界!?                ケツロン!!        = 美意識(センス)がないから美が育まれた? = オーラー、その後日本の景気はどうですか? 聞こえてくるニュースによれば、自民党 政権は躍起になって経済に取り組んでいるとか。いくらか回復してるんでしょうか?? こちらスペインの経済は依然ズルズルと泥沼 [続きを読む]
  • 女の強さは世界一?
  • “ みんなアベコベ、日本とスペイン!” 今回は = 「女性は愛すべきもので、理解すべきものではない!」 =  でーす!! →http://page.mixi.jp/run_page_apps.pl?page_id=255339&module_id=1434011 日本ブログ村→ http://vivavivasouy.muragon.com [続きを読む]
  • 日本人の思考を枯渇させたもの
  • 「わかった!」と言う時、人は思考を停止させる。そして 「わからない!」とアキラメる時、また人の思考は停止する。 「なぜ?」「どうして?」と問いかけた時はじめて、あなたの脳は活動を開始する。 子供たちの疑問にフタをし知識偏重の「わかりました!」だけを埋め込む学校教育が、日本人の思考を根底から枯渇させた。 [続きを読む]
  • 「デブのどこが悪いのんや?」
  • メルマガ、知ってびっくり!地中海の不思議の国・バルセローナ 第53回みんなアベコベ、日本とスペイン!= デブのどこが悪いのんや? =が、まもなく配信されます! 登録、バックナンバーは、以下からどうぞ。 http://www.mag2.com/m/0000129218.htm 日本ブログ村→ http://vivavivasouy.muragon.com [続きを読む]
  • 道ばたの稚拙な(?)絵に“ピカソ”のサインを見つけたら??
  • (第20回)続×15回・美意識(センス)のない世界!?            =道ばたの稚拙な(?)絵に“ピカソ”のサインを見つけたら??= オーラー、ご機嫌いかがでしょうか? こちらは残念ながら、ちょっとナナメです。 というのも先日息子が10年ぶりに日本からやって来て、紺碧の空や地中海、サグラダ ファミリアなどガウディの建物を見、焼きネギ料理を堪能し、イベリコハムなどお土産 を持って帰ったのはい [続きを読む]
  • 今日も、興奮さめやらぬカタルーニャ人たちは・・・
  • 昨日の住民投票で90%の“S I ”(独立だ!)を勝ち取ったカタルーニャ人の興奮はますますエスカレート。今日も我が家の前で車道をふさぎ、集会とシュプレヒコールです。      もしやこれもマリアノ・フランコ・ラホイ(?)のお陰??  あんな国家警察の暴力的強行介入がなければ、“N O”の住民も選挙に出かけたでしょうし、カタルーニャ人のココロをこれほど燃え上がらせることもなかったことでしょう。    [続きを読む]