ささじまつとむ さん プロフィール

  •  
ささじまつとむさん: テレビ離れない
ハンドル名ささじまつとむ さん
ブログタイトルテレビ離れない
ブログURLhttp://tvbanarenai.seesaa.net/
サイト紹介文テレビのスペシャル番組、またはバラエティの新番組を中心にレビューします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/12/30 22:52

ささじまつとむ さんのブログ記事

  • 芦川誠や横須賀昌美
  • ジャパンカウントダウン今朝テレ東の「JCD」を見た。昔は土曜の深夜にやっていたやつ。日曜朝になって久しいが初めて見た。ナレーターは変わってない。ずっと昔は山本シュウさんだったと思う。今もロッキンオンがやってる番組だと思うが、乃木坂の生駒さんという人が卒業みたいなのがトップニュースだった。昔はチャートにはあまり関係ない電気グルーヴやらがインタビュー受けたりする番組だったが、坂道などのアイドルは扱わない [続きを読む]
  • 貴さんの新番組と二刀流・大谷さん
  • 貴さんのフジテレビの新番組タイトル思い出す気もなくて申し訳ないが第一回放送を見た。ゲストは工藤静香。工藤静香をテレビで見るのは久しぶりで驚いたが、徐々に見慣れた。セットはバーみたいなところにミッツマン云々がいる感じでスタート。ミッツさんはBSとかでもそんな感じのシチュエーションが多い。工藤静香がミッションのピンクのポルシェを乗り回していた話。とんねるずは「夕ニャン」で基本おニャン子とプライベートに話 [続きを読む]
  • オイコノミア最終回など
  • 松尾伴内とラッシャー板前徹子の部屋で見た。松尾はここ数年女物のファッションなのだが、それが徹子さんのツボに入っていた。松尾とラッシャーのトークはたけしファンにはおなじみの話だったりするのだが、何度も話してるはずなのになんか面白く聞こえないのが不思議だ。私が聞いていても構成に難がある。逆すべらない話というか。でもそれが軍団っぽいグルーヴで良いと言えば良い。しかし軍団の特にこの二人はテレ朝に少しだけだ [続きを読む]
  • 岩下志麻と岸恵子
  • ストックボイスMXでザラ場の時にやってる「ストックボイス」、時計代わりにでもないがワイドショーやNHKよりは少しマシなので、平日家にいる時はつけてたりするが、カブドットコム証券の山田という人と司会の櫻井という人のクロストークは全く聞いてられないし、時間の無駄なので止めたらどうか。少なくとも私はそれにぶち当たったらテレビを消すか、別のチャンネルにしている。もう何年もそうだ。小川さんは良いと思う。三遊亭圓 [続きを読む]
  • 小椋佳、イン・ザ・ハウス
  • 小椋佳先週の何曜だったか「徹子の部屋」を見た。小椋佳って今、どんな感じなのかとフッと思って。吉永小百合さんの絡みでの出演だったようで、北のなんとかという映画の主題歌を吉永さんとあと誰か忘れたが男優と三人で歌うVTRが流れたのだが、小倉さんのみ座って歌唱していて、相当身体が弱ってるのかと思ったら、たまたま座ってただけで、年間百本だかのライブを今もこなしているそうな。誰が行くんだろう? という素朴な疑問 [続きを読む]
  • 盲人が優勝したR-1などの感想
  • このブログは一つの番組に一つの記事、てな感じで書いてたのですが、更新するのが楽しくないとようやく気づき、見た番組を適当にタラタラと書くことにしたいかと。まず、先日のR-1ぐらんぷり、司会の雨の二人が「史上最高に面白い」みたいなことを毎年途中でいうが、どうも学芸会のようで今年もあまり楽しめなかった。紺野ぶるまさんは好みだが、ネタは、まあねぇ、という感じ。男に指輪をもらうが、もう少しだけ出会いがあるか様 [続きを読む]
  • お正月の隙間テレビ
  • なんとなくテレビの感想。 NHK「超入門!落語THE MOVIE」一挙放送 元日の夜11時半から4時くらいまでの番組。落語を聞きながら眠るのが好きなので、せっかく映像化されてるのが売りの番組だが、目をつぶりながら聞き、聞きながら眠る。どのネタからみはじめたか忘れたが、「替り目」だったかな、すぐに眠ってしまった。これは褒め言葉。バラエティとかだと集中して聞く気になれず入眠できない。落語は睡眠に程よい。NHK『2018年 ニ [続きを読む]
  • 実写版「鉄人28号」と『遊星少年パピイ』
  • CSの無料放送の時に実写版の「鉄人28号」と『遊星少年パピイ』がワンパッケージでやっていた。途中で三ツ木清隆の街歩きみたいな謎のコーナーがあったが、そちらには触れません。三ツ木清隆さんって引退したかなんかしなかったっけか? そんなことはないか。子役時代から有名なので懐かし番組の合い間のMCに起用されているのかな。いや三ツ木清隆はどうでもいいんだ。で、鉄人もパピイも私の世代からはちょっと前なので両方とも [続きを読む]
  • マイティジャックはウルトラシリーズの交差点
  • CSの日活NECOというチャンネルだと思うけれど「マイティジャック」やってたので見てみた。1968年、円谷プロの作品でフジテレビで放送されたもの。CSではしょっちゅう放送されてるようだが基本無料の時しか見られないので初見であった。余談だがマイティジャックは「大4JOE半」(TOTEM ROCK)という曲で引用されている。かせきさいだぁと木暮晋也氏のユニット。フジテレビの円谷作品といえば「ミラーマン」だが、視聴率的に振るわなか [続きを読む]
  • ホリエモンのテレビ論
  • テレビ番組の感想を書いているこのブログ、書きたい番組もあったが、ついつい日が経ってなんとなく旬じゃなくなってという感じで二ヶ月くらいが過ぎてしまった。ブログだからある程度分量を書こうと思うと面倒になるのでtwitter的な寸評にしようかと模索。さて今回は堀江貴文「刑務所わず」の文庫本を読んだのでその感想を。スラッと読めて、最後のマンガでは泣かせる。出所のシーン。別に私はホリエモンの全てが好きな訳ではない [続きを読む]
  • 懐かし映像の正しい処理について
  • Love music 毎週(日)24時30分〜25時25分こないだの日曜深夜、ムッシュかまやつさんのいろいろ珍しい映像が出るというので見てみました。ラブミュージック。日曜の深夜はテレ朝で関ジャニの番組があって、こちらもあってとなぜか音楽番組、力が入ってますよね。どちらも月に一度くらいは見てます。で、Love music、司会はいつもの森高千里とアンジャッシュ渡部ではなく、ユーミンがナビゲートしていた。ナレーションは従姉妹だっ [続きを読む]
  • 「イマジン」ってどこがいいの?
  • ファミリーヒストリー「オノ・ヨーコ&ショーン・レノン」オノヨーコさんということでNHKの人気番組を見ました。オノさんは余命いくばくもなく痴呆が進んでいるというニュースが数ヶ月前にありましたが、特段そんな様子はありませんでした。またかつて景観的に問題になった胸の谷間を露出するようなファッションでもありませんでした。オノさんは華麗なる一族の出身で祖父は日本興業銀行総裁、父は東京銀行の常務取締役を務めたそ [続きを読む]
  • 「ラストアイドル」は究極ではなく方式
  • テレ朝の土曜深夜に始まった新番組「ラストアイドル」という番組の初回を見ました。鳴り物入りな感じだったので。秋元康監修だかなんだかそういう番組。ラストアイドルのラストには複数の意味を持たせているのだろうが、思ったのとは違った。AKB48や、神宿や、有名、それなりに有名、みたいなアイドルからゴッドハンドと交渉力で選抜チームを作る、そんな番組なのかと思っていた。番組は意外なスタートだった。曲もあって、衣 [続きを読む]
  • 佐々木信也、プロ野球ニュース降板を語る
  • 「新・週刊フジテレビ批評」(8/12)毎週土曜朝にやってる「週刊フジテレビ批評」を見ました。司会は西山喜久恵さんと、あと昔不倫かなんかして問題になった男のアナウンサーとか。今回は夏休みスペシャルみたいな感じで変なコメンテーターがいなかった。よかった。この番組に出てくる物分りの良さそうな、痛そうなところをついてるようで、急所は外すというか、矛先が丸まってるみたいな人たちを私は全く見たくないのだ。永遠に見た [続きを読む]
  • Creepy Nuts 対 甲斐バンド
  • お盆です。木曜深夜にラジオを色々ザッピングしていてTOKYOFMの「スクールオブロック」なるものを聞いていた。クリーピーナッツという今度デビューするラップグループがコーナーMCのように出てきて面白かった。未確認フェスなる10代のアーティストを発掘する企画で彼らは当然ラップ部門。クリーピーはテレビ朝日「フリースタイルダンジョン」の若きモンスターとしてもお馴染みR指定とDJ松永によるユニットだそうである。で、松永氏 [続きを読む]
  • ガッツ星人、活動限界に言及
  • ウルトラセブンが毎週水曜日のMXテレビでやってて大体見ているが、そう面白いものでもない。いや面白い回もあるが、もう何回も見ている放送回が多いし、セブンは名作が多い的な歓喜は少ない。見るたびに新たな発見がある式のこともなくはないが(年齢が上がると見るポイントも異なってくる)、よほどじゃないと毎週見る必要はないだろう。でも私は見ているのだが。ところで先週と今週は「セブン暗殺計画」で明日放送分は後編である [続きを読む]
  • 若尾文子は声である
  • 「月曜スペシャル『銀幕の大女優〜BS12人の女〜』」BS12で今年度一年間、3月までチャンネルの名前にもちなみつつ、12人の女優特集みたいなのをやっていてたまに見ている。その感想。4月は吉永小百合。「愛と死をみつめて」「キューポラのある街」「映画女優」。多分全部過去に見ていてまた見たい感じもないのでパスした。5月は香川京子。「近松物語」は何度も見るものでもないのでパス。「おかあさん」は見忘れた。で、黒澤 [続きを読む]
  • 「冬が来る前に」の謎
  • 「徹子の部屋」に紙ふうせん今週の「徹子の部屋」。今日はあべ静江、明日はビリーバンバンだ。私が見たのは水曜「紙ふうせん」の回である。昭和の懐メロウィークだかなんだか知らないが人選がなんとも徹子の部屋という感じ。紙ふうせんは夫婦デュオで若く見えたが同学年だという二人は70だそうな。紙ふうせんの事はよく知らないし、普段思い出しもしない。「赤い鳥」とかの世代ではない。大所帯であった赤い鳥は枝分かれしてハイ [続きを読む]
  • 「ツインピークス」と若い日々
  • WOWOWで「ツイン・ピークス The Return」の第一回目を先行放送で見ました。テレビシリーズだか、映画の「ローラパーマー最期の7日間」だかで25年後に云々というセリフがあっての続編だそうだ。程よい年数の区切りだ。気が向いて事情が許せば続きを作ろうと思っていたのだろう。「ツインピークス」、日本での放送当時はやたらと「テレビブロス」が特集していたのを思い出す。私は一人暮らしを始めた頃で新聞は当然取らないわけなの [続きを読む]
  • ビートたけしが400億円だとすると、秋元康はいくら稼いだ?
  • 2017年06月02日 24:55〜26:55  NHK総合「秋元康の10時間ラジオ」ゴールデンウィークにNHKFMで放送された「秋元康ソング三昧」を2時間のダイジェストにしたものを見ました。「三昧シリーズ」は好きですが、今回ラジオのは聞いてないです。・秋元氏と古舘伊知郎氏とは相当プライベートでも仲が良さそう。・稲垣潤一さんとはいつものおきまりの話な感じ。・堤幸彦氏は「コラとん」というか「コラーッ!とんねるず」のディレク [続きを読む]
  • 仲代達矢版「どら平太」
  • BSフジで夕方の2時間ドラマ枠で今週は仲代達矢のものばかりやっている。本編オンリーかそれに近い印象もある役者だが、意外とテレビムービーみたいなのにも出ていたのだなと思う。私が見たのは1981年の「着流し奉行」。原作は山本周五郎で、のちに市川崑が映画化したもの。その時の主演の役所広司も、チラッと出演している。「どら平太」だ。役所広司といえば仲代達矢の無名塾だ。「着流し奉行」の方の監督はなんと岡本喜八 [続きを読む]
  • 仲代達矢と「探検バクモン」
  • NHK総合「『探検バクモン』 仲代達矢84歳・演じる、育てる、遺す in 無名塾」 2017年5月24日(水)20:15〜20:43「海辺のリア」なる新作の公開に応じて仲代達矢がtwitterを始めたりしている。そしてこの俳優は梅宮辰夫じゃないわけだからテレビのドバラエティには出ないが、NHKの「探検バクモン」には仲代さんなりの美学でOKなのか出演していた。「探検バクモン」という番組はほぼ見てないが最初は面白そうなところに行っていて、 [続きを読む]
  • 「トップスターショー 歌ある限り」
  • 「ザ・ベストテン」前夜の番組1977年だかの番組がCSでやっていたのを見た。無料放送の日に。私が見たのは1977年9月の回。{トップスターショー}司会はリーの父こと二谷英明さん。番組は一周年で「不慣れながらも一年間司会を務めてきました」などと言っていた。出演は五木ひろし、沢田研二、布施明、森進一。豪華である。四人はこの番組で「東西南北(トンナンシャーペー)」というグループを結成していて、その二回目の集まりだった [続きを読む]
  • もう二度と「笑点」は見ない<br /><br />
  • 「笑点」を定点観測してきたが、およそ1年くらい見続けてきて、結論が出た。もう笑点は見ない。理由はいくらなんでも見る必要がないからだ。・林家三平氏、目をパッチリとさせ元気にやってて最近は妻以外の身内ネタも多く、 スタッフが打開策を探しているのだろう。・司会の春風亭昇太氏、ホープの頃から高田文夫さんに褒められたりしてたが何が面白いのか 新作落語含めよくわからない。強いてあげれば山田隆夫の紹介が面白いと [続きを読む]