アサヒ先生 さん プロフィール

  •  
アサヒ先生さん: アサヒ先生の『教育&子育てダイアリー』
ハンドル名アサヒ先生 さん
ブログタイトルアサヒ先生の『教育&子育てダイアリー』
ブログURLhttp://hidede.exblog.jp/
サイト紹介文小学校教員アサヒのブログです。教育に関する内容について、日々の出来事で感じたことを発信していきます。
自由文拙書「授業をアクティブにする!365日の工夫 小学2年」
初の単著です。ぜひお手に取ってご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/dp/4182722205/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1489962878&sr=1-2&keywords=%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%82%92%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%81%EF%BC%93%EF%BC%96%EF%BC%95%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%B7%A5%E5%A4%AB
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/12/30 22:54

アサヒ先生 さんのブログ記事

  • 「読むこと」と「書くこと」は別物。
  • 今回の研究授業は、「『読むこと』で学んだ構成や書き方を生かして、自分だけのポスターを書く」という言語活動を行った。すなわち、最終的には「書くこと」がゴールである。「書くこと」のゴールのために、「読むこと」で構成や書き方を学びましょう、ということである。しかし、やってみて痛感した。「読むこと」と「書くこと」は別物である。すなわち、「読むこと」で構成や書き方を読み取れていても、それを生かして自分... [続きを読む]
  • 国語の研究授業、終了。
  • 金曜日に、1年生国語「はたらくじどう車」の研究授業を行った。子どもたちは、本当によくがんばった。その時間に何をするのかを理解し、どの子も精一杯取り組んでくれた。子どもたちのがんばりは300点!その反面、私(教師)の手立てには、改善しなければいけないところがあった。事後研で、もっと子どもたちの学びを深めるためにはどうすればよいか、参観された先生方と話し合った。本校のよさは、こ... [続きを読む]
  • 学級づくりセミナー「子どものやる気スイッチオン!」のご案内
  • 私が所属している教育サークルで、11月18日(土)に、以下のような「学級づくりセミナー」を開きます。仙台から、鈴木優太先生と尾形英亮先生をお呼びします。残席がわずかとなってきました。よろしければ、下のセミナーページからお申込みください。(以下、セミナーページより引用)ある教師が指導すると,子どもたちは無我夢中で取り組みます。ところが,別のある教師が指導すると,同じ内容を指導... [続きを読む]
  • 「学級だより」で心がけていること
  • <「学級だより」で心がけていること>・毎日出すこと(これを自分に課している)・子どもたちの活動の様子を紹介すること(保護者の方が一番知りたいのは、学校での我が子の様子である)・ネタは新鮮なものにすること(刺身と同じで「鮮度」が大切)・子どもたちの写真を載せること(写真があると、活動の様子がわかりやすい)・文をなるべく短くすること(1分以内で読める程度)・文は... [続きを読む]
  • 朝と帰りに心がけていること
  • <朝に心がけていること>・子どもたちを教室の入口で迎える。・「おはよう!」とあいさつをしながら、ハイタッチをする。・「元気?」「外は寒かった?」「髪切った?」と一声かける。<帰りに心がけていること>・忘れものはないか、全員の机を確かめる。・教室の後ろに並ばせて、出口で一人一人を見送る。・「さようなら!また明日ね!」とあいさつをしながら、ハイタッチをする。朝と帰りには、この... [続きを読む]
  • 小1教育技術11月号掲載「静かな時間のつくりかた」
  • 先日発売された「小1教育技術」(小学館)の11月号に、原稿を書かせていただきました。「子どもも教師もホッとする 静かな時間のつくりかた」という特集です。もしよろしければ、お手にとってご覧ください。次は、1月号に原稿が掲載される予定です。↓リンクはこちら↓【書籍紹介】3月に発売された私の本です。「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な... [続きを読む]
  • 朝の貴重なおしゃべり
  • 以前にも書いたが、私は早朝に職場に着いている。(その後、一度家に戻り、子どもたちを小学校と保育所に送って、また再出勤する)これまでは早朝仲間がおらず、一人で黙々と仕事をしていたのだが、今年度から早朝仲間ができた。ある若手の先生である。その先生と一緒に、早朝に仕事をしていると、いろいろな相談を受ける。クラスのこと、授業のこと、校務分掌のことなど、相談内容は多岐にわたる。それら... [続きを読む]
  • 我が子の運動会を通して
  • 昨日、我が子の運動会だった。本当は先週の土曜日だったのだが、雨で延期になり、昨日になったのだ。まず、我が子のこの一年間の大きな成長を感じた。・開会式や閉会式で、他の場所に行かず、列の中にいることができた。・かけっこで、最後まで走りきれた。・ダンスを全て踊りきることができた。・他の競技を見る間、ずっと応援席にいることができた。「そんなの当たり前のことだ」と思うかもしれないが... [続きを読む]
  • 「書くこと」による振り返り
  • 私は、日記をかれこれ15年以上続けている。毎日、「その日にあったこと」「自分はどう思ったか」「これからどうしたいか」など、その日の振り返りを書いている。人は、ついつい「次のこと」「先のこと」ばかり考えてしまいがちである。それはそれで大切なことだが、実は自分の力を伸ばす宝は「振り返り」にあると感じている。様々な振り返り方法があると思うが、私にはこの「書くこと」による振り返りが合って... [続きを読む]
  • 見通しの甘さを反省
  • 1年生は、校内研究で「はたらくじどう車」という学習材を扱う。私は、今週の金曜日に授業をする。それに合わせて、指導計画を立てたつもりであった。しかし、見通しが甘く、当初の計画では間に合わないということがわかった。そのため、子どもたちには申し訳ないが、国語の時間を増やすこととなった。1日に2時間、国語を行う日が数日出てしまった。私もそうだが、同じ授業を2時間連続というのは、集中... [続きを読む]
  • 5つの「かける」
  • 先日の教育セミナーからの学び。授業中に、ある課題について協働的に取り組むとき。一人一人の友達に対して、どう接するか。そのポイントは、「5つの『かける』」。①「気」をかける。②「目」をかける。③「声」をかける。④「時間」をかける。⑤「願い」をかける。一人で考えたい子もいるだろう。友達と話し合いたい子もいるだろう。その子によって、その時によって、状況は様々。大切な... [続きを読む]
  • 子どもたちによる「漢字指導」と「絵本の読み聞かせ」
  • 2学期から、子どもたちによる「漢字指導」と「絵本の読み聞かせ」を行っている。<漢字指導>※誰がどの漢字を教えるのか、前もって決めておく。①朝学習の時間になったら、その漢字を教える子が前に出る。②その子がお手本となり、「読み方」をみんなで確認する。③「その漢字を書く時のポイント」を、その子がみんなに伝える。④その子がお手本となり、「空書き→なぞり書き→鉛筆書き」を行う。<読み... [続きを読む]
  • 模擬授業における「授業者として」の目線からの反省
  • 先日の教育セミナーでの私の模擬授業の振り返り。①「設定」を、もっと細かく参加者に話すべきであった。(模擬授業本時までに、どういう指導をして、子どもたちはどういう状態なのか)②ワークシートを用意すべきであった。(実は作っていたのだが、時間的に厳しいと考え、配らなかった)③参加者が対話をしている時間に、どんな対話をしているのかを知るために、近くに寄るべきであった。(近くに寄らず、任... [続きを読む]
  • 教えていないことはできないし、一度ではできるようにならない。
  • 例えば、算数の授業でのこと。ある文章問題の解き方を、みんなの前で説明させようとして、ある子をあてる。しかし、その子はうまく説明できない。それって、その子のせいだろうか。はたして、その子に説明の仕方を教えているのだろうか。何事もそうだが、教えていないことはできない。説明できるようにさせたいのなら、①教師が説明の「お手本」を示す。②それを、ペアで真似させる。これを練習す... [続きを読む]
  • 自分の限界を知ることは大切。
  • 「自分はここまではできる。しかし、これはできない」そうやって自分の限界を知ることで、「これはできない」と思うことは人に聞ける。頼める。その結果、自分の限界以上のことができる。そして、自分の限界も少しずつ上がっていく。これは、授業でもそう。「自分はこの課題がわかる。しかし、これはわからない」そうやって自分の限界を知るからこそ、わからない問題を人に聞いて解決しようとする。自分... [続きを読む]
  • どうして「対話」ではなく、「対話的」なのか。
  • 新学習指導要領の授業改善の視点は、「主体的・対話的で深い学び」である。どうして、「対話」ではなく、「対話的」なのか。文科省の資料を読んだ上での私の考えを以下に述べる。「対話」というと、どうしても「教室の中で子ども同士が話をする」というイメージになりがちである。しかし、新学習指導要領は「社会に開かれた教育課程」という前提のもとで進められている。なので、ただ友達や教師と教室の中で... [続きを読む]
  • 対話のよさ
  • 例えばクラスに30人の児童がいるとして、そのうちの10人が困り感を抱えているとします。その10人の困り感に、教師一人で対応しようとすると、その比率は1対10です。しかし、みんなで対話して認識を共有することで、困り感に対応すると、その比率は20対10になります。困り感を抱えている子への手立てになることはもちろんのこと、他の子どもたちも友達と対話して認識を共有することで、考えが広がった... [続きを読む]
  • 学びが生きているのを実感。
  • 国語では、「だれがたべたのでしょう」という説明文の授業をしている。1年生にとって、2回目の説明文である。授業をしていて、6月に取り組んだ「すずめのくらし」という初めての説明文での学びが生きているのを実感している。・「問いの文」と「答えの文」・段落の分け方とまとまり・「まとめ」とは何か・学んだ構造を生かしてのポスター作り「すずめのくらし」では、こうしたことを一つ一つ丁寧に教... [続きを読む]
  • 模擬授業の練習
  • 今週、サークル主催で「模擬授業セミナー」を行う。先週のサークルで、サークルメンバーの前で実際に模擬授業をやってみた。結果は…散々。サークルメンバーから改善点をたくさん伝えてもらった。それを踏まえて、もう一度流れを練り直した。そして今週。職場の若手の先生に子ども役として模擬授業を受けてもらい、練習している。たくさんの人のおかげで、ようやくまとまってきている。本当にありがた... [続きを読む]
  • 校外学習に行ってきた。
  • 先日、動物園に校外学習に行ってきた。校外「学習」なので、「学習のめあて」がある。・「班のめあて」を守る。(班のめあては、「みんなで行動する」「時間を守る」など、班ごとに決めさせた)・動物の観察をする。(班ごとに、観察カードに書く動物を決めさせた)子どもたちには、この「学習のめあて」を達成しようねと事前指導をした。子どもたちは、大満足の1日だったようだ。私のチェックポイン... [続きを読む]
  • 教育談義に花を咲かせる。
  • 先日、ある方と飲みに行き、3時間教育談義に花を咲かせた。行き詰まった時期があり、自分のあり方と実践を見つめ直したことについて。「はじめに子どもありき」の実践でありたいということについて。学年主任として、若手の先生への声かけの仕方について。学びの場と、学びのあり方について。様々なことを聞き、話し、学んだ。「人との出逢い」に感謝。この縁を大切につないでいきたい。【書籍紹... [続きを読む]
  • 休み時間、外に行きたがらない子に対しての対応
  • 「休み時間は、外で元気に遊ぶもの」「元気に外で遊べるクラスは、いいクラス」こうした言葉を私も聞いたことがあります。それって、子どもたち全員に当てはまるのでしょうか。クラスの中には、外に行くよりも、教室で本を読んでいたい子もいます。いつもいつも無理に外に行かせようとすると、その子との心の距離が開いてしまいます。↓↓外に行きたがらない子には、その子なりの理由があります。まずは... [続きを読む]