風と水の記憶 Mitsuhiro's Photo Page さん プロフィール

  •  
風と水の記憶    Mitsuhiro's  Photo Pageさん: 風と水の記憶    Mitsuhiro's  Photo Page
ハンドル名風と水の記憶 Mitsuhiro's Photo Page さん
ブログタイトル風と水の記憶 Mitsuhiro's Photo Page
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/seagullsp
サイト紹介文日常のこと。旅先のこと。生き物達のこと。つれづれを写真と一緒に。自然界のペンギン・クジラ・クマ・鳥た
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/12/31 01:41

風と水の記憶 Mitsuhiro's Photo Page さんのブログ記事

  • また行きたいと思うマダガスカル
  • 風景写真の整理中。なるべくスッキリさせたいと思い、出来るだけ削除していますが、ななかなかふんぎれない。マダガスカルはもう一度訪れたい国です。師匠とは「今度は人間を中心に撮りたいね。」と話しています。マダガスカルは東はミクロネシア系、西は東アフリカからの移入に加え様々な人種が混ざり合って今に至っています。その所為かキレイな方を沢山見かけます。トラディショナルな衣装を身につけて、頭に荷物を乗せている女 [続きを読む]
  • ボツワナ/モパニの森 (ついでと言ってはなんですが・・)
  • 2013年の画です。モパニという木で成り立つ森。木が倒れて枯れています。多くがゾウのなせるところ。もう一つ。モパニワームという蛾の幼虫がモパニの葉を食い尽くします。モパニの森はゾウとモパニワームによって駆逐されてゆきます。それにしても殺伐とした美しい森です。朽ちてゆく美しさ、滅びの美しさとでもいいましょうか。本当に美しい森です。 [続きを読む]
  • アフリカ・夕景 つづき
  • こんなのもありか!?落日直後で光がギリギリで、被写体も捉えてない。夜更けの思考は昼間のそれをやたらと誇張してしまう傾向があります。夜更けに書いたラブレターを翌日に読み返す恥ずかしさ。それでも否定しきれない思い切りの悪さと、拒絶。それを破って捨てるか、机の引き出しの奥の方へ隠すようにしまい込むか。新しいものを創り出す使命感と自信はそうぞう力と記憶力にかかっているか。まだ昼日中・・・アフリカではよく見 [続きを読む]
  • アフリカ・夕景
  • 夕景の中のアフリカゾウを印刷するのにアフリカの画を探していて、目に留まった夕景の画像です。アフリカのサファリでは、概ね地平線を遮るものも少なく、動物や風が舞い上げる砂塵の効果で美しい夕陽の色を見ることができます。そんな画を見ていると気持ちが高揚してきます。真っ赤っか。ヌー。アフリカゾウ。        [続きを読む]
  • 個展、無事終了
  •  田園調布の「田園茶房」様で開催させていただきました個展「African Elephant」も無事終了しました。 個展に来ていただきました皆さま、応援をしていただきました皆さま、一期一会のお話をしていただきました皆さま、個展を開催するのにご協力くださいました皆さま、写真を観ていただきました皆さま、「田園茶房」のスタッフの皆さま、たくさんの皆々様、有難うございました。たいへん失礼ながら、こちらにて御礼申し上げます。 [続きを読む]
  • 個展最後の日曜日
  • 10月いっぱいの「田園茶房」さんでの個展も残す所数日になりました。本日はその最後の日曜日。友人が友達と一緒に来てくれました。楽しくお話をさせていただきました。また、愛犬を連れて「田園茶房」さんに来店していた秋吉久美子さんともアフリカやインドの話をさせて頂きました。自分の中ではど真ん中の女優さん。ユニークでチャーミングな気さくで可愛らしい方でした。 [続きを読む]
  • 田園茶房写真展パーティ
  • 昨日、皆様のお陰さまで無事、個展のパーティーを楽しく終了いたしました。開催時間に土砂降りの雨が降るというハプニングもありましたが、なんとなくホンワカと会ができました。御来場の皆様、田園茶房のスタッフの皆様ありがとうございました。その晩、宿泊した目黒のホテルから、翌朝真っ白な富士山が見えました。 [続きを読む]
  • 秋の散策
  • 近くの山里に秋を見に出かけて来ました。群馬の低山では紅葉はまだ色付かずにいます。遊歩道を歩いて東屋で休もうとするとテーブルの上に一冊の本。誰かのイタズラか・・・里ではそろそろ稲刈りも終わりです。 [続きを読む]
  • Deco's Dog cafe 田園茶房にて
  • 東京田園調布にある「田園茶房」様にて在廊しています。雨も上がって良い日和になりました。今日は何年振りになるか、高校時代の同級生が来てくれる予定です。高校、大学時代には色々な思い出を共有してくれた友人です。田園調布近郊の「せせらぎ公園」を散歩して来ましたが、今日はイベント会場になっていました。少年サッカーや出店など賑やかでした。公園の池にはカルガモなどもおりまして緑も豊富な公園です。        [続きを読む]
  • 「優しき巨獣 アフリカゾウ」 個展の告知・パーティーのお誘い
  • ☆ 来週、10月1日からボツワナ、ケニア、ナミビアで撮影しました「アフリカゾウ」の写真を東京田園調布の”田園茶房”さまにて飾 らさせていただきます。☆ また、10月20日(土)にはパーティーがあります。予約を伺っておりますが、まだ、たくさんの空きがございます。準備の関係上 10月6日ごろまでに人数の把握をしたいと思います。ご出席できます方はその頃までに田谷までご連絡ください。また、ご家族ご友人 等 [続きを読む]
  • 花畑とモンシロチョウ
  • 群馬はキャベツをたくさん作っています。モンシロチョウの幼虫、アオムシはキャベツが大好き。モンシロチョウはキャベツ農家の天敵ですが、白い羽でふわふわと飛ぶモンシロチョウは見ていても楽しいです。もっとも写真に撮るとなると、その変幻自在な飛翔は結構難敵です。下の画のモンシロチョウは羽がボロボロです。生きるのはたいへん。 [続きを読む]
  • ウスバキトンボ
  •  見かける時はやたらと見かける、あまり名前を知られていないトンボ。「ウスバキトンボ」。アキアカネ「アカトンボ」よりも若干大きい。  我が家の庭で休憩中。グライダーのような飛行ができ、飛翔能力が優れていて、長距離の移動に耐える。飛んでいるのはよく見かけるけれどあまり地上に降りて休んでいません。  とてもよく見るトンボですが、その生態は不思議です。  東南アジア方面から北上してきて、北海道あたりで移動を [続きを読む]
  • 「African Elephant」個展のお知らせ 2
  • 九月にはいりました。先月、告知させていただきました写真展の2度目の告知です。田園調布の”Deco's Dogcafe田園茶房”様において個展「African Elephant」を開かせていただく運びになりました。____________________________________________《写真展》 「African Elephant」田谷光宏 場所:Deco's Dogcafe 田園茶房 (田園調布駅東口より徒歩2分)    http://decosdogcaf [続きを読む]
  • 「African Elephant」個展のお知らせ
  • この度、田園調布の”Deco's Dogcafe田園茶房”様において個展「African Elephant」を開かせていただく運びになりましたのでお知らせいたします。____________________________________________《写真展》 場所:Deco's Dogcafe 田園茶房 (田園調布駅東口より徒歩2分)    http://decosdogcafe.xsrv.jp/ 期間:2018年10月1日〜10月31日まで。 時間:月〜金10 [続きを読む]
  • 群馬の夏休み 2
  • シシウド(たぶん)。群馬は3分の2が山。なので、関東平野にやっと掛かっている下界を離れれば、いくらかこの猛暑から逃れることができます。割と容易く避暑できる場所に居るということは、この時期ありがたいことでもあります。オオハンゴンソウ(特定外来種)          アガパンサス(南アフリカ原産)           [続きを読む]
  • 群馬の夏休み
  • 旧盆の夏休み。群馬は山と川で遊ぶしかないので少し涼しい山の方へ行きました。写真はハナトラノオ(たぶん)に留まるアキアカネ(赤とんぼ)。          ラベンダーに留まるアキアカネ。            ラベンダーに留まるキチョウ。 [続きを読む]
  • 群馬・嬬恋のキャベツ畑 2
  • 前回の続きです。流石に1400mの高原となると爽やかです。雨後ですのでキャベツもしっとりとしています。どこまで行ってもキャベツ畑です。因みに、美味しいキャベツをサラダ油と塩でつけただけのものが我が家の常備菜です。何にでも使えて便利です。 [続きを読む]
  • 群馬・嬬恋のキャベツ畑
  • 先日、群馬嬬恋に高原キャベツの畑を見に行ってきました。標高800〜1400mの高原に広大な畑が広がります。ここのキャベツは全国のキャベツの50%のシェア。当日は台風の影響か午前中雨模様。途中、倉渕からの峠越えでは豪雨。それでも昼過ぎの現地は時折晴れ間ものぞくまずまずの天気になりました。気温は最高気温が25度ほどだったと思います。畑は収穫を終わったばかりの畑、出荷を待つ畑、苗を植えたばかりの畑、少し [続きを読む]