くまこ さん プロフィール

  •  
くまこさん: ** ベタ メダカ 時々レインボーフィッシュ **
ハンドル名くまこ さん
ブログタイトル** ベタ メダカ 時々レインボーフィッシュ **
ブログURLhttps://ameblo.jp/kumada-kumaco/
サイト紹介文ベタ/メダカ/シュードムギル・ティミカの飼育日記とカラムナリス症の治療記録など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2015/12/31 22:38

くまこ さんのブログ記事

  • 死にかけた稚魚は復活
  • イチゴは確実に人物を見分けていた。 お義母さんが水槽を覗きこんでもノーリアクションだったのにその後すぐ父ちゃんが様子を見に行ったら大喜びですっ飛んで来た。 イチゴ「ちらないいきものがいた」 普段より賑やかな事は面白いらしく終始ご機嫌なイチゴちゃん。なんだかニコニコ顔で愉しげ。 お腹を上にして、ひっくり返っていた稚魚は元気に。 2匹ともずっと底でおとなしくしていたから虚弱なのかと思っていたけれどなん [続きを読む]
  • 死にかけた稚魚
  • 仕事から帰宅したら、お腹を上にして動かなくなっていた稚魚。 ゾウリムシ与えてるから高水温で水が一気に痛んだのだろうな。エラが真っ赤だった。 一か八か、超スロー点滴で水換えしつつ薬も滴下していたら3時間後には上の画像のとおりぎこちないけれど泳ぐようになった。 どうかな。どういうわけか、もともと弱くてあまり活発ではなかった2匹だから生存率は五分五分ってとこかな。 メダカ用にファンをつけるのは初めて。で [続きを読む]
  • 昨日も今日も12時間労働でした。
  • 繁忙期が終わって閑散期になったので連休をとって色々なメダカ作業を片付けてしまおうと思ったけれどまる2日間やって両日とも12時間労働だった。 これは泡巣だと思う。 でも、これは違うと思う。 だって、こんなだから。 スミレちゃんにちょっと気になる事があってレッドスタースメルチとグラナータを使ってみたところ開始から3日目の今日、泡が立ってしまいました。 ふーん ああ やっぱりね そうだろうね 何もか [続きを読む]
  • 早っ!メダカの卵が何日で孵化したか。
  • この子が宅配便で到着したのが5月5日。 水合わせ中にポロっと落ちた卵を26℃固定の水槽に。 これがいつ孵化したと思いますか? 5月12〜13日です。 孵化積算温度は250〜300℃くらいって言われてますよね。 じゃあ何日間お腹に卵を大切に着けたまま泳いでいたのでしょう?(^^) 今わかっている事は採卵当初に発眼の確認はできていない卵だった事だけです。 くまだくまこが人生で初めてメダカの卵の孵化を待った時はま [続きを読む]
  • メダカが旅立つ季節になりました
  • こんなシーズンになりました。今回は取りに来て下さる近郊の方なので簡易梱包。 メダカ飼育をしてみたい方は発送を承っています。 ※ 興味が無いのでウチには新種は居ません。まことに申し訳ございませんが譲渡には条件がありまして。去年から、飼育環境に応じた数、とさせて頂いております。 理由は色々あるのですがメダカの調子が悪くなった、どんどん死ぬ、と言いつつも「水はだいじょうぶです、検査してるし何も異常は無 [続きを読む]
  • 今年のホモ度合は最悪
  • これが♂しか居ないのでパンダスケルトンの♀で繋いでみる事にしました。 何故?ってアルビノ楊貴妃で繋いでおこうと思ったのですがアルビノも♀が少なかったのです。 マジで、なんなんだよ今年のこのホモ度合。♂ばっかりのわりに案外平穏に過ごしているから気が付かなかった。メスが居なきゃ居ないで雄同士の争いにならないって事なのだろうか。 おメメがパンダになっちゃうと可愛いけどクールな容姿じゃなくなっちゃいますね( [続きを読む]
  • 保護犬を外科手術の実験台にする病院が潰れますように
  • もう他に何も願えない。幼稚園児が裁縫したような縫合に無用な抜歯。研修生の実験台にしても杜撰すぎて目を覆ってしまいます。 そんな医者と提携する保護団体も無くなってほしい。 くまだくまこは日頃から動物病院をチェックしています。アクアリウムに関係ないだろと思ったら大間違い。万一の時に必要な抗生物質は対人用では個人輸入で届くまで半月以上かかるのです。 小魚1匹であってもこんなヤブ医者には相談したくない。 にほ [続きを読む]
  • 冷蔵庫にいたり水槽の水の中にいたりする子
  • アシダカグモ 数日前から「あれ捕ってよ」と頼み続けてるのだけどなぜか翌日また家の中に居るわけ。なんか、こう 「ウフッまた来ちゃった」 みたいな態度で。しかも移動が広範囲。前日に1階にいたけど翌朝は2階。 それで捕獲して外に捨ててもらっても2日後、今度は冷蔵庫を開けたとたんに 「こんにちは!寒かったです」 とアシダカグモ。 更に外に捨ててもらったのに今日はまた2階の、ミカンちゃんの水槽の中で「ど〜も [続きを読む]
  • イチゴちゃんの瞳の色は赤い
  • 写真に撮ると目は真っ黒で真ん中に瞳があるのが薄っすらわかるくらいだけれど実はそのイチゴちゃんの瞳は赤い。 主に眠たそうな時、ボンヤリしている時にその赤さがはっきり見える。アルビノじゃないのに赤く見えるって何故なのか。 真ん中だけが赤いからこの世のものとは思えない時もある。ぼーっと赤く光って見える時もある。 何か不思議な力を発揮されそうで正直言って恐い。 実在する建築士の名前を語った人の設計した [続きを読む]
  • メダカには不運なのに飼い主がラッキーだった珍事。
  • ヘルメットかぶったブチャイクな子がいるなと思ったら。 うちの絶滅危惧種、紅白の中に。 紅白も頭に赤が入るものだけを選別して大事にしてきたのですが終わったも同然かもしれません。現在ホモ度合抜群で、たった1匹だけ生存しているメスを大事にしなければいけない末期状態です。 だから、余剰な♂の身体検査を行ったところ10匹の♂のうち、2匹これだったという転んでもタダで起き上がらなくても良かった、っていう飼い主 [続きを読む]
  • 再現するための必要な要素は揃った
  • これとか。 これとか。 実は、これの良さがわからないです。どこまで行っても完成形とは言わないようないつまでも変貌を続ける品種だからかな。 自分が求めるものの要素を多量に含んでいるのでこれを入手したのだけど。 ここから始める謎作業。自分が死ぬまでに再現したいメダカがある。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 去年と比べれば微妙に大きくなったのかな
  • これが 去年の夏はこうだったのだからだいぶ成長しているのかもしれない。 チョボのことを小さい小さいと言っていたけれどこれはこれでまたセンセーショナルなほど小さかった。 郵便屋さんが夏の暑い盛りに「これ、生き物が入ってるんですね?(;'∀')」と大急ぎで届けてくれた小さな小さな箱の中からくまちゃんが出て来た時のあの衝撃…。 ほんとに小さかった。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 誰の子? 知らない子 でも綺麗
  • 何処でどうして産まれたのか記憶に無い子。なぜかシニア容器の中で2匹も発見。どうしてそこに入れられたのか。まだ老齢ではないから、何かの理由があって入れられたには違いない。 新魚導入はヒレ長以外は何年もしていないしどこから涌いたものなのかわからない。 チャレンジャーくまだくまこっていうのは今はもう居ないので変な異種交配はやめようと思っていたのだけどじっくり見ると渋めでかっこいい。そして内側が薄っすら [続きを読む]
  • 稚魚にも案外と学習能力があった。
  • これ、食べ残されると浮いてるうちに回収しないと回収困難になるんですよね。 亡きチョボちゃんに作ったものです。 チョボちゃんは泳ぎが苦手で一生懸命に泳いでも、普通の子のようにスーッと進めませんでした。次第に浮上が困難になり餌が流れて行ってしまうと追いかける事が難しくなったのでこんなもので餌を堰き止めていました。 メダカのチビども飼育をしながら少々困っていた事もこれで概ね解決できる事もわかりました [続きを読む]
  • くまちゃん1歳。ごはんの時間が大好き。
  • 1歳のわりに、とても小さいと思う。 食欲はあり過ぎるほどあるし食べ過ぎるとお腹が苦しくなってしまう様子なのでくまちゃんに関しては、もう一体どのくらいまで食べるのだろう?という試行は一切していない。何度か疑問に思って試行した結果が、あまり良くなかったから。 どうして何度も試行したかと言うと「もうこれでおしまい!」と言うとこんなにおっとりした子がこんな事をするのだろうか?とびっくりしてしまうほど「イヤ [続きを読む]
  • 泡巣は大事だし構って欲しいし忙しい
  • 泡巣を見張るみかんちゃん。 飼い主の足音がすると泡巣はどうでもよくなっちゃうみかんちゃん。 相変わらずヒレは皺くちゃ。食も細いし食べる時の勢いも無いし遅い。どっか悪いんだろうけど内臓に関してはどうしようもない。 やっぱり泡巣が心配なみかんちゃん。 忙しい。 でもやっぱり飼い主が気になるみかんちゃん。毎日ずっとこの繰り返し。 イチゴちゃんが推定で2歳と6カ月に。ウチに来たのが1月末でとても短い [続きを読む]
  • Freeze!
  • そんな事言ったってメダカに通じるわけもなく。 ずいぶん鰭が伸びた子がいるので記録に残そうと思ったのにぜんぜん静止してくれない。 どこかにも居るみたいですけどこのヒレ長のオスもDV気味ですwww メスを先に入れて、メスの縄張り化しておいてそこに、後からDV野郎を入れ直そうかな、と思っています。7割くらいの確率で、これで上手く行くことがあるので。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 放置していたクロレラ / メダカの性別の偏り問題
  • 複数のクロレラ入りボトルに照明を当ててローテーションする中でなんとなく部屋の中にナチュラル放置していたボトルが1本ある。 その1本だけ、まったく増殖しないどころか水が透明になってしまい底に僅かに沈殿する緑色のものがあるだけになった。 それを今月初めまでずっと放置していた。えーっと、何か月放置したのかな。よくわかんないくらい何か月も放置していたんだけど(汗) それが最近になって突如盛り返してきてだい [続きを読む]
  • ベタを買う時に時々は思い出してほしい事
  • 小さければ長生きするからと小さな個体を選びたい気持ち小さな可愛らしい子を買ってもあなたが用意する飼育環境が劣悪であればすぐ死ぬのです。一桁の水量でベタが飼育できると思わないほうがいいです。無濾過ボトル育成されたベタの多くがエラに問題あり、というのがくまだくまこの最新の見解です。 綺麗で珍しい個体に執着する気持ち稀少で高級な美しい個体を買ってもあなたが用意する飼育環境が劣悪であれば変わり果てた姿にな [続きを読む]
  • 水槽は大きければ大きいほど良い。
  • ビフォー アフター キッチン出窓の水槽がサイズアップ。頻回のメンテナンスが若干面倒くさくなった為。 メダカ3〜4匹とは言えども10Lそこそこの水量で維持するのは非常に厄介なのです。50%以上の水替えを週2回しない限り無理だから。 無理じゃないと思う人の9割は単なる過信です。 何故そんな断言をするのか?と言えばご存知の通り、くまだくまこは異常なくらいのマッドサイエンティストなので自分でやって来たか [続きを読む]
  • 各細菌感染症に対して治療薬が有効に働く濃度
  • 何かお気づきでしょうか。 私はエロモナス菌が複数ある事だけは知っていましたが。 フラボバクテリウムカラムナーレっていうのがここではEK28とLP8の2種類しか載っていませんが実は菌株系統が3タイプになっていて全部で20株を越える種類が存在し菌株によってヒットする薬の有効濃度が異なるようです。 知らなかったけれど、なんとなく薄々、どこかで感じてはいました。どう言えばいいのか。つまり、フィーリングって事な [続きを読む]