石葉 さん プロフィール

  •  
石葉さん: 探索の日々
ハンドル名石葉 さん
ブログタイトル探索の日々
ブログURLhttp://inves.seesaa.net/
サイト紹介文日々の感懐をつづっています。音楽、art、本 2014年にIMRT治療した前立腺がんについても少し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2016/01/01 12:47

石葉 さんのブログ記事

  • 陽水 ジェラシーを日銀の中庭で歌う
  • 井上陽水が菊池成孔のサックスをバックに日銀の中庭で歌う「ジェラシー」を聴く。ジェラシーを朗々とうたう、辰野金吾の建物はそう、この二人のDUOのために建てられたかのようだ。湿りを帯びさせる心情が乾いたジェラシーに至る。・Duet 10 陽水with菊池成孔 ジェラシーもう一曲、youtubeにあった。・Duet 11 陽水with菊池成孔 背中まで45分生陽水をみたのはいまから30年以上前、結婚してすぐに渋谷公会堂で妻といったコンサー [続きを読む]
  • かかと落としで骨粗しょう予防
  • かかと落としで骨粗しょう症防ぐ カルシウムも補給を|ヘルスUP|NIKKEI STYLEという記事をよんだ。page 2に以下のようにかかれている。骨粗しょう症の予防は、運動や食事など生活習慣の改善が基本になる。山王メディカルセンター(東京・港)女性医療センター長の太田博明氏がすすめる運動は「かかと落とし」。両足をそろえてまっすぐ立ち、かかとを上げる。つま先立ちの姿勢から、かかとをストンと落とす。2秒に1回のペースで [続きを読む]
  • グリーソンスコア 3+4 と4+3の組織像
  • 病理医の ぱそのすけ さんのブログ、前立腺癌の組織像。Gleason 3+4 と 4+3。をみた。これは文字通り「みた」ということにつきる。3+4 と 4+3 の区別はつかない。それは素人として当たり前のことだろう。病理医の仕事は大変なことはわかる。時間的制約のある術中迅速病理診断も的確に行う必要がある。以下のように書かれている。3+4 か 4+3 か迷うときにはなるべくアンダーにしておく方針で、3+4にします。とくにコアの10%以下のよ [続きを読む]
  • Gleason スコア 最も高いスコアを代表値として採用
  • グリーソンスコア が例えば3+4 と4+4 であった場合、グリーソンスコアは4+4 と高い値をいうと思っていた。ただ、そのことを陽に書いたものをなかなかみいだせなかった。がん診療連携拠点病院等の院内がん登録支援サイトの院内がん登録テキストダウンロードより以下のPDFファイルを確認した。・24 前立腺以下のように書かれている。【針生検の場合】1.1本ずつにGleason スコアをつける。2.最も高いスコアを代表値として採用す [続きを読む]
  • 「矢切の渡し」レッスン Jim O'Rourke はすなおにうける
  • 香港 とか SW さんの tweetよりジム・オルークが古賀政男音楽博物館内のけやきホールで四方章人氏に歌唱指導を受けたことをしった。なんかの企画かと思った。ジム・オルーク (ミュージシャン) - Wikipediaには以下のように書かれている。新・平成歌謡塾(BS朝日、2011年1月16日 )- スペシャルレッスン生として四方章人から「矢切の渡し」の歌唱指導を受け、「日本語の情感をたっぷり表現できている」との評価を得た。あのジム・オ [続きを読む]
  • ちあきなおみ - 東京の花売り娘
  • 「東京の花売り娘」といえば戸川純のアルバム「昭和享年」の戦後のジャズのテイストを味付けしてなおかついつもの戸川節でうたったものを愛好していた。そうしてアルバムでは60年安保のときにでうたわれた「アカシアの雨がやむとき」が続き、これもずらした意味を愛でていた。今日、ちあきなおみ大全集 〜黄昏のビギン〜 [Disc 1]よりちあきなおみの歌う「東京の花売娘」を聴いた。きれいにジャズでアレンジされたバックに若い娘で [続きを読む]
  • 医者を見たら死神と思え
  • 2018年もそろそろ終わろうとする頃に不穏な表題だが、がんもどき理論で有名な近藤誠氏がビッグコミックに監修者として連載されたマンガの題名である。緩和ケア医師の平方眞氏が blog、「がんになっても、あわてない」で、あらすじを紹介し論評していて、以下の記事を読んでいた。「ビッグコミックにK氏監修マンガ」「ビッグコミック『医者を見たら死神と思え』第2回」「『医者を見たら死神と思え』第3回」「『医者を見たら死に神と [続きを読む]
  • マグミット錠
  • 九州大学病院別府病院 放射線科の前立腺がんの治療を受ける方へで「前立腺がんの放射線治療(外部照射)を受ける方へ」、「治療前の注意」に次のように書かれている。可能であれば同時に排便、排ガスをすませておいて下さい。直腸がガスや便などでふくらむと前立腺の位置がずれることがあります。私が治療した病院では当初よりマグミット錠(主成分:酸化マグネシウム)が処方され、排便に関してなんら問題はなかった。病院によって対 [続きを読む]
  • 患者会
  • NPO法人 腺友倶楽部は患者会といっても治療法、治療した病院を限定しているわけではないが、病院が立ち上げ、その病院で治療した患者に限定した患者会は存在する。・TOMOの会 /江戸川病院|トモセラピーによる前立腺がん治療以下のように説明されている。『TOMOの会(ともの会)』  江戸川病院でトモセラピーによる前立腺がん放射線治療を受けた男性限定の患者会です。*「トモセラピー」と「友の会」をかけて『TOM [続きを読む]
  • 小津安二郎の映画 動画より先に静止画があった
  • 小津安二郎の映画を映画館でみたことはなかった。テレビ画面でみて俳優のものいいが人工的であり、ことさら非日常的なできごとは起らず、淡々と時は流れいつのまにか終わってしまう。退屈としかいいようがないと思っていた。もちろん、しみじみとした感情を醸し出されるという効果はあるにしても評価が高いことがよくわからなかった。別の世界、遠い時代のできごとを描いた映画だとその高評価を訝しく思いながらも遠ざけていた。た [続きを読む]
  • ネット上の体験記 重粒子線治療
  • Googleで検索し、imas さんのブログに至る。「重粒子線治療」のブログ記事一覧-重粒子線治療患者の生きた証し 第二章 by imas及び「重粒子線治療」のブログ記事一覧-重粒子線治療患者の生きた証し by imasより治療の経緯を従来のようにまとめてみた。前立腺がん確定時(2010年12月)の年齢、病期など年齢 不明PSA:4.46グリーソンスコア:6病期:T1cN0M02011-6/7〜2011-7/01重粒子線治療 を受ける。PSA推移2011年 7月 9.41 8月 [続きを読む]
  • その角はどこから来たんですか
  • 7月2日は待った記念日で藤井聡太段の反則について書いた。昨今、立て続けに反則が続いている。その中で衝撃的なのは10月18日に行われた第77期将棋名人戦・B級1組順位戦での橋本崇載八段と菅井竜也七段でのことだ。角をと金を飛び越して移動させるという反則である。中継されていなかったので、そのときの状況は分からなかったが、優勢の局面、まさかの反則 「相手の駒飛び越え…」 将棋・B級1組:朝日新聞デジタルに記載さ [続きを読む]
  • 放射線治療計画ガイドライン 2016
  • JASTRO 日本放射線腫瘍学会の放射線治療計画ガイドライン2016をみる。総論に次のように書かれている。悪性腫瘍に対する放射線治療計画の最初の過程は,必要な体積を三次元的に描出することである。描出すべき体積とは,肉眼的腫瘍体積(gross tumor volume:GTV),臨床的標的体積(clinical target volume:CTV),計画標的体積(planning target volume:PTV),リスク臓器(organs at risk:OAR),計画リスク臓器体積(plannin [続きを読む]
  • 阿部展也―あくなき越境者
  • 埼玉県立近代美術館で開催されている阿部展也―あくなき越境者展を昨日、観た。阿部展也の作品をはじめてみたのは銀座の画廊であり、その画像の名前はいまでは定かではない。抽象作品であり、ローマで生活していたということが印象に残っており、その他の展覧会でも幾何学的な抽象作品をみかけ、その数は少なく纏まってみたいと思っていたので、今回の展覧会は楽しみであり、いそいそとでかけた。エンコスティック(蜜蝋を焼き付け [続きを読む]
  • 同一部位への根治的放射線治療は生涯1回
  • 以前、「放射線治療学総論」と題された東京慈恵会医科大学放射線医学講座の学生(3年生)向けの授業の資料が一般も参照可であった。東京慈恵会医科大学放射線医学講座・3年生スケジュール表の講義内容で現在も同じ表題で講義していることが分かる。こう書かれている。講義ファイルは学内イントラネットの講義資料掲載のページに掲載しています。その講座資料の最後には以下のように書かれている。同一部位への根治的放射線治療は生 [続きを読む]
  • John Cage - String Quartet in 4 Parts
  • ラサール弦楽四重奏団の演奏する「4部の弦楽四重奏曲」をきく。なんら衒いのない曲であることにおどろく。甘美に曲はすすみ、まだみたことのない風景を提示する。それはあたかも生の後の廃墟のようだ。棘を感じながらの時間、その先は退屈な日常。youtubeJOHN CAGE String Quartet in Four Parts (1950) - LaSalle QuartetNAXOS Music LibraryCAGE, J.: String Quartet in 4 Parts / LUTOSŁAWSKI, W.: String Quartet (LaSalle Qu [続きを読む]
  • Brachytherapy and You
  • IMRT and YouでUCLAのIMRT and You - Prostate Cancer Program, UCLA Urology - Los Angeles, CAを紹介した。今回、Brachytherapy and Youを少しみてみた。HDRの場合は「24〜36時間病院にいる」、LDRの場合は"You will go home the same day you have your seed implant." ということで、小線源治療をしたその日に家に帰るということで、病院に滞在できる時間は少ないといえる。副作用について詳しく書かれていて疲労や疲れ に対 [続きを読む]
  • Shredding the Girl and Balloon 赤い風船はどこへ
  • バンクシー絵画の細断は失敗だったを読み、youtubeの動画、Shredding the Girl and Balloon - The Director’s half cutをみる。サザビーズのオークション風景はなかなか優雅である。絵画の価値が求める人の競り合いで高まっていく。私にとってとても遠い世界だ。そうして、裁断された『風船と少女(Girl with Balloon』は新たな作品として『愛はごみ箱へ(Love is in the Bin)』となったということだ。・バンクシー「切り刻まれた [続きを読む]
  • エレファントカシマシ - 翳りゆく部屋
  • 荒井由実の「翳りゆく部屋」をカバーしたエレファントカシマシの動画をみた。エレファントカシマシ、名前はしっていたが、ヴォーカルの宮本浩次に至っては名前すらしらなかった。どういった経緯でいきついたかいまとなっては分からない。ユーミンの「翳りゆく部屋」は知ってはいたが、暗い曲だという印象しかもっていなかった。エレファントカシマシの「翳りゆく部屋」の意味を女性サイドからの歌から脱却させる。エレファントカシ [続きを読む]
  • 5つの免疫チェックポイント阻害薬の違い
  • 2015年、放射線治療終了後1年経たない頃、赤倉功一郎氏の講演をききに秋葉原UDXにでかけた。その日のことはサイトにAKIBA Cancer Forum 2015と題して書いた。その中でがんと・ひとを・つなぐオンコロのブースで300ml入りのミネラルウオーターのペットボトルをもらったことを書いている。オンコロのサイトはその後、充実し(当時はサイトの認知をあげるために水を配布)治験情報、がん情報など詳しいものとなった模様である。オプジ [続きを読む]
  • 片山さつき氏 ドレスをデパートで調達
  • 第4次安倍改造内閣は日本経済新聞 電子版によると内閣支持率5ポイント減50% 改造「評価しない」44%ということで通常のご祝儀の支持率のアップはなかった模様。毎日新聞の改造内閣:片山氏、ドレス調達でドタバタと題された記事によると「内閣府から事前説明に訪れた職員から「上下同色のロングドレスで、(色は)シルバーなどが典型的」」といわれたことから準備していた「黒の上着に薄紫のドレスと、ベージュの上着にうぐいす色 [続きを読む]
  • 滋賀医科大事件関連時系列の整理
  • 滋賀医科大事件関連の整理で書いたことをまとめてみた。係争中の事柄について更に書くのはあまり意味のあることではないが、滋賀医科大学の寄附講座でかなりしつこく寄附講座について書き続けた(追記の形式で)こともあり、ここで、時系列に整理してみようと思う。参考にしたのは以下の資料、ページ(及びリンクされたページ)他(一部、Facebookのページをリンクしているが、そのページはFacebookユーザでないとみることはできな [続きを読む]