ピアニスト谷真子official blog 「message」 さん プロフィール

  •  
ピアニスト谷真子official blog 「message」さん: ピアニスト谷真子official blog 「message」
ハンドル名ピアニスト谷真子official blog 「message」 さん
ブログタイトルピアニスト谷真子official blog 「message」
ブログURLhttp://masakotani.jp
サイト紹介文谷真子公式サイトよりブログ「message」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/01/03 12:00

ピアニスト谷真子official blog 「message」 さんのブログ記事

  • 連日の雨
  • 秋雨前線の影響で1週間連続雨の日が続いております。 洗濯物は太陽で乾かしたいと思い、乾燥機は使いませんが、緊急でピアノ除湿器の力を借りております。 洗面場に洗濯物を並べ、下からピアノ用の除湿器を動かすと、洗濯物が乾きます。 雨が続くとピアノも湿気ますので、早く太陽が見たいこの頃です。 スマホで天気予報をチェックすることが多いですが、一週間近く雨が続くそうです。 母が数日前からぎっくり腰で体調がよくなく [続きを読む]
  • 楽譜の購入
  • 当教室では楽譜は教室の方で用意し、生徒さんに必要に応じてお渡ししておりますが、生徒さんの楽譜は三木楽器のネットショップでよく求めます。昨日も楽譜が届きましたが、まとめて5,000円以上購入すれば送料が無料になりますし、翌日には配達されますので、大変重宝しております。子どもさんは新しい教本がもらえると手応えとなり嬉しいようです。また私自身が使用する輸入版の楽譜は東京の本郷にあるアカデミア・ミュージッ [続きを読む]
  • 発表会のプログラムを作成しました。
  • 教室の発表会のプログラムはレッスンの合間に毎年パソコンで手作りで作成しておりますが、今年のプログラムも完成致しました。台紙はネットで見つけた可愛い台紙ですが、猫の挿絵の入ったものです。最近はきらきらネームも多いですので、生徒さんのお名前を一人ずつ確認しながら入力していきます。スペースが許せば、生徒さんのプロフィールや写真、曲目紹介も掲載したかったのですが、紙面の都合上割愛致しました。講師演奏もあり [続きを読む]
  • 秋の訪れ
  • ぶり返しの残暑で暑い日々が続いておりましたが、秋雨前線とともに気温も下がり、本格的な秋の訪れとなりそうです。気温の寒暖のせいで風邪を引きレッスンをお休みされた生徒さんもおりますが、私も来週の東京行に向けて人混みを避け自宅で安静にしております。来週は、中学・高校とお世話になった先生のコンサートにおうかがいするため東京文化会館まで行ってまいります。コンサートは夕方からですが、朝早く出かけ、上野の国立西 [続きを読む]
  • ポリーニとミケランジェリのCDを購入しました。
  • 12月10日(日)の豊中市立芸術文化センターで演奏する曲目のドビュッシの前奏曲集のCDとベートーヴェンの後期のソナタのCDを購入致しました。最近はお店まで行かなくとも、ネットショップで購入できますので、大変便利です。ドビュッシーの前奏曲集は第1巻と第2巻から成り、各12曲ずつ収められています。各曲には古代ギリシャなどを彷彿とさせるタイトルが付けられており、イマジネーションが膨らみます。ドビュッシーのピア [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノコンペティション
  • 私はピティナの指導者会員となっておりますので、自宅へピティナの要項や会報等が送られてまいります。先日結果特集号が送られて参りました。今年の特級のグランプリは我が母校東京音楽大学の3年生の学生さんのようです。当教室でもピティナはお勉強になりますので、希望される方には参加して頂いております。優秀賞を頂いた事もあり、参加する以上は頑張ってほしいと、私も全力で応援させて頂いております。来年の課題曲の発表は [続きを読む]
  • フォーレ 舟歌
  • フォーレの舟歌はフランスの作曲家のフォーレが作曲した13曲からなるピアノ曲集です。舟歌とはベネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来しますが、川を漕ぐ舟や波の揺れを表現したものです。たゆたう水の流れは安らぎを与えてくれます。♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • ノーベル文学賞
  • 今年のノーベル文学賞は英国籍のカズオ・イシグロさんに決まりましたが、ご本人もまさかの受賞に驚いていらっしゃるようです。カズオ・イシグロの本は「日の名残り」を昔読んだ事がありますが、日本人でいらっしゃるにもかかわらず、英文学を彷彿とさせる作品に、心地よく読んだ覚えがあります。イギリスではすでにブッカー賞も受賞しておられ、知る人ぞ知るという作家でいらしたと思いますが、今回の受賞を機にその才能が広く世に [続きを読む]
  • 京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。
  • 昨日は京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。レッスンして頂いた曲は、シューベルトの即興曲Op.90-2とショパンの木枯らしのエチュードとベートーヴェンのピアノソナタ31番です。いつも弾いて下さるのですが、今日も素晴らしい演奏で、何よりのお勉強になりました。12月10日の演奏会は時間に制約があり、ベートーヴェンのソナタは時間オーバーになり、先生にご相談しましたら、シューベルトの即興曲と何かフラ [続きを読む]
  • シューベルト 即興曲Op.90-2
  • 12月10日の大阪豊中市立芸術文化センターで演奏するシューベルトの 即興曲Op.90-2について書きます。シューベルトの即興曲Op.90-2はシューベルトの4つの即興曲Op.90の第2番目の曲です。シューベルトが晩年の1827年頃に作曲した曲ですが、同時期に作曲された4つの即興曲Op.142に比べると、それそれが自由な旋律美を示した彩りある作品です。Op.90-2はロンド形式で三連符の無窮動となっており、ピアニスティックな技巧 [続きを読む]
  • ドビュッシー 花火
  • 12月10日大阪豊中市立芸術文化センターで演奏するドビュッシーの花火について書きます。ドビュッシーの花火はドビュッシーの作曲した24曲のピアノのための前奏曲の中の一曲です。第1巻と第2巻に分かれ、それそれ12曲ずつ収められていますが、花火は第2巻の12番目の曲です。7月14日のフランス革命記念日の情景を描いたもので、「遠くlointain」の賑わいから始まり夜空に光る花火の様子を表していますが、ドビュッシ [続きを読む]
  • 体験レッスン秋季キャンペーン中
  • 通常は体験レッスンは有料となっておりますが(30分レッスン子供2,500円、高校生以上5,000円)、10月体験レッスンを申込みされた方でご入会された方には、初回のレッスン料から体験レッスン料をキャッシュバックさせて頂いております。この際、現役ピアニストのレッスンを受講してみられませんか?お問い合わせは0742−46−2302(谷ピアノ教室)かメールでお願い致します。♪体験レッスンお問い合わせフォ [続きを読む]
  • エル・システマ
  • 南米のベネズエラで1975年に始まった教育プログラムにエル・システマというプログラムがありますが、日本の福島県の相馬市でもその南米の知恵を取り入れたプログラムが実行されているそうです。ベネズエラのエル・システマというのは貧困層の子供に楽器を与え、オーケストラ演奏を目指す事で、生きる力を育むのが狙いで世界の50以上の国・地域に広がっているプログラムです。福島の相馬市の課題は貧困ではありませんが、東日 [続きを読む]
  • ブリッランテな日々
  • 私が中学・高校とピアノ・レッスンでお世話になっていた先生が、ご本を出版されましたのでご紹介させて頂きます。 先生は日本でお勉強された後、イタリアに長く滞在されていた方で奥様もイタリア人の方です。 その長期にわたるイタリア生活と国際結婚から感じられた日伊の文化や風習の違いを一さつの本にまとめられたものですが、大変読みやすく納得させられる事も多くあります。 イタリア人はストッキングまでにもアイロンをかけ [続きを読む]
  • つかこうへい作の演劇を見に行ってきました。
  • 大阪のあべのハルカスのスペース9までつかこうへい作の演劇を見に行ってきました。父の友人の息子さんの時津真人さんとおっしゃる俳優さんが出演されるので、家族で伺わせていただきましたが、時津さんのご両親様には私の演奏会にもいつも足をお運び頂きお世話になっております。プログラムは「熱海殺人事件」という少し物騒なタイトルですが、出演者は4人だけというお芝居です。時津真人さんは大学で哲学を専攻され、その後演劇 [続きを読む]
  • 12/10(日)演奏会の曲目の変更
  • 私の公式ホームページでお知らせしておりますが、12/10(日)、豊中市立芸術文化センターで「サロンクラシック設立30周年記念コンサート」が開催されます。オーナーの中西淳子さんから出演を依頼され私も弾かせて頂く事になっておりますが、演奏曲目が変更になりました。時間の都合で、シューベルトの即興曲Op.90-2とショパンの練習曲集Op.25-11「木枯らし」の2曲の演奏に変わりました。どちらも有名な曲ですので楽しんで頂ける [続きを読む]
  • 忙しい今週末
  • 今週末は外出が続きます。土曜日はいつもお世話になっています芦屋のサロン・クラシックまでパリ国立高等音楽院のイヴ・アンリ教授のレクチャーリサイタルを聴きに出かけます。サロン・クラシックのオーナーの中西淳子さんから是非聴きにこないかと誘われましたので、聴きに伺う事に致しました。日曜日は全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門小学校の部を聴きに大阪のフェニックスホールまで出かけます。 私が師事して [続きを読む]
  • 懐かしいメール
  • 昨日、思いかけず懐かしいメールを頂戴致しました。私は中学3年から大学を卒業して帰阪するまで東京在住のピアニストの関孝弘先生のご自宅でプライベートでレッスンをして頂いておりましたが、昨日思いかけず関先生から演奏会のご案内のメールを頂戴致しました。関先生とは大学を卒業して関西に帰阪して以来、ずっとご無沙汰申し上げていたのですが、私のホームページを見られた先生から思いかけずメールを頂き、久しぶりに演奏会 [続きを読む]