くろやっこ さん プロフィール

  •  
くろやっこさん: くろやっこのでぢかめ写真館 ブログ版
ハンドル名くろやっこ さん
ブログタイトルくろやっこのでぢかめ写真館 ブログ版
ブログURLhttp://kuroyakko.sblo.jp/
サイト紹介文鉄道写真と鉄道音声がメイン。日本各地(時々海外)で記録した写真や音声を雑感とともにお送りします。
自由文今年で開設から6周年を迎える、鉄道写真と鉄道音声をメインに据えたブログです。
最新の旬なネタよりも、これまで撮りためてきた「すでに過去のものになった何気ない日常」といった要素を多く含んだ記事で構成されています。
撮影・更新ともにまったりとしたペースで行っていますので、お暇なときで結構です。どうぞ肩の力を抜いて、ゆったりとした気持ちと広い心をもって観てやってください。(=゚ω゚)ノ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/01/01 19:35

くろやっこ さんのブログ記事

  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…8
  • 今日で10月も終わりですね。そしてこれまでタラタラと続けていた「紀州鉄道廃線跡めぐり」も、今回が最終更新となります。最後までよろしくお付き合いくださいね。前回の更新でご紹介した踏切跡を背にして南方向を見ると、このような光景が目に飛び込んできます。これまでただただ単線を貫いていた線路が、ここだけポイントを介して3線になっています。その線路の先は、日高川の高い堤防と民家が…どうやら、ここが今回の小さな [続きを読む]
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…7
  • 紀州鉄道廃線跡めぐりも、この更新で7回目になります。こんなにボリュームたっぷりの連載になるとは…。(;´Д`)ここで掲載しきれない写真もたくさんあるのですが、全部に手をかけると時間も手間もさらにかかりそうなので、やむなく省略ということで。あともうちょっとだけ続きますので、よろしくお付き合いのほどをお願いします。腕木式信号機のある場所から、南方向を向いてみます。…あらまぁ、立派な家庭菜園だこと。( ゚Д゚) [続きを読む]
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…6
  • 前回の更新から1週間ほど間が空いてしまいました。楽しみにお待ちいただいた方におかれましては、大変申し訳ありませんでした。「紀州鉄道廃線跡めぐり」は今月中にすべてご紹介する予定です。来月以降も続けて更新があるのか、それは私のモチベーションとか時間の余裕も絡んできますが…できるだけ頑張っていくつもりですので、引き続き温かく見守っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。前置きはさておき、本題 [続きを読む]
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…5
  • 今回も「紀州鉄道廃線跡めぐり」の様子をご覧ください。まだ写真のストックがありますので、もうしばらくはこのネタで引っ張っていく予定です。これだけ長期間にわたる連載記事は、当ブログとしては初めてのことになります。もしかしたら「飽きた!」という方もいらっしゃるかも知れませんが、どうぞよろしくお付き合いのほどを…。次の撮影地を探してフラフラ歩いていたところ、ふと細い路地が目に留まりました。時間にも余裕があ [続きを読む]
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…4
  • 紀州鉄道の廃線跡めぐり、まだまだ続きます。もうしばらくお付き合いください。先ほどの場所から道路を迂回して、軽トラの止まっている地点まで出てきました。ここで北方向を眺めてみます。ここにはなぜか、立ち入り禁止の注意書きなどは見受けられません。そのせいか、風景としてはかなりナチュラルな感じになっています。19年前には列車の往来があったはずなのですが、今ではすっかり近隣住民の生活道路然とした様子になってい [続きを読む]
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…3
  • 引き続き、紀州鉄道の廃線跡めぐりをお送りします。しばらく道なりに歩いてみたところ、割と近い位置に再び線路と合流する場所を発見したので、北方向にカメラを向けてみます。ここまでずいぶん距離を歩いたような気がしましたが、よくよくあたりの景色を確認してみると、まだ西御坊の駅が見える位置までしか来ていませんでした。(´Д`;)この画像から察するに、せいぜい直線で150メートル程度でしょうか…。色々と荷物を抱え [続きを読む]
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…2
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり、続きです。前回の場所から道路伝いに進み、線路と再会します。細い路地が横切っていますが、かつてここには踏切があったのでしょうか…。それっぽい形跡が見られないので、もしかしたら廃線後に新たに造られた道路なのかもしれません。アスファルトの舗装で、線路は埋められていました。北を向くと、奥の方に目立つトラ模様の柵が見えますが、あれが西御坊駅。今回の廃線跡めぐりの出発点になります。そこか [続きを読む]
  • 紀州鉄道廃線跡めぐり…1
  • 引き続き紀州鉄道の話題で攻めていきたいと思います。この時(2008年)に紀州鉄道を訪問したのは、キハ600形に会うためという大前提があったのですが、実はそれとは別にやってみたいことがありまして…。東京を出発する前にネットをチェックしていたところ「紀州鉄道には廃線跡が残っている」という情報が目に留まったんですね。「それじゃ、いい機会だからその様子も撮ってみようじゃないか!」ということで、私の鉄道趣味 [続きを読む]
  • 西御坊駅の北口・南口
  • 西御坊駅の駅舎の様子を、佇む列車と共に一枚。この入り口は北側に存在していることから「西御坊駅北口」と呼んでも問題ないのではないかと思います。その駅舎は木造トタンづくりで、見た目からして年期を感じさせます。きっとずいぶん前から、変わらぬ姿でここに存在しているのでしょう。ローカル線の駅舎としては、非常に味わいがあってよろしいのではないかと。しかしこの建物には、ここが駅であるという旨の、看板などの案内表 [続きを読む]
  • 西御坊で佇んでいると
  • 西御坊駅で折り返しの発車を待つ、紀州鉄道のキハ603。年季の入った…今どきトラックでもこんなのないよ…といった感じのアイドリング音と白煙を吐き出しながら、ぽつぽつと数少ない乗客を受け入れていきます。そんな列車の様子をラッチ外から見つめていたら、自分でも気づかぬうちにシャッターを切っていました。…ラッチといっても、今どき役に立つかどうかも分からない程度の柵があるだけ。そして、乗車券を買うための券売機 [続きを読む]
  • 構内試運転 〜サンパチの場合
  • 東海道本線の岸辺駅から、113系3800番台「サンパチ君」の様子を1枚。一見側線っぽく見えるこの線路はJR吹田工場から伸びているもので、区別としては同工場の構内となっており、旅客線にはつながっていないのだとか。そんな理由もあって、ここは同工場からの出場を控えた列車がよく試運転を行う場所として知られ、格好の撮影ポイントとなっているようです。ネタによっては同業さんがつめかけることもよくあるそうですが、 [続きを読む]
  • 大阪環状線の一風景
  • 381系の特急「くろしお」と離合する、大阪環状線の103系。天井から床までストーンと一直線の103系と、振り子仕様で低重心を意識した381系とのフォルムの対比が面白いのではないでしょうか。また、色彩の差も見どころとなるでしょう。白地に濃淡のオーシャンブルーが爽やかな印象を与える381系と、目立つけどなんだか野暮ったい印象のオレンジバーミリオン一色の103系。特急電車として非日常感を演出する列車と、 [続きを読む]
  • おわら臨、あの頃
  • お盆の時期はとっくに過ぎてしまいましたが…。毎年9月に富山県で開催される「おわら風の盆」に合わせて運転される、いわゆる「おわら臨」の列車。この時は「臨時特急おわら号」に、往年の国鉄特急型気動車キハ181系が供されていました。…と言っても、最初からこの列車を狙っていた訳ではないんですよ。塚本駅で普通列車をまったり撮っていたのですが、時間の経過とともに少しづつ同業さんが集まってきまして。近くにいた人に [続きを読む]
  • 大阪環状線の「1」
  • 103系のトップナンバーである「クハ103−1」。実は私が大阪を訪れるたびに、ひそかに楽しみにしていた車両です。今回はこの車両のお話を思い出しながら、つらつらと書いていきたいと思います。趣味として初めて大阪入りしたのはもう20年近く前のことなのですが、偶然にもこの車両に出会って「すっげー!1番かよ!」と感動したのをよく覚えています。しかし残念ながらその時の撮影データは不慮の事故のために残っておらず [続きを読む]
  • ギリギリトワイライト
  • それは東海道線の写真を撮影していた時のことでした。「同じ東海道線でも、東京近郊のそれと比べると関西は電車のバリエーションが豊富で面白いなー」なんて思いながら、まったりとした時間を過ごしていたところ、カーブの向こうから何やら見慣れない色の機関車がやってくることに気づきました。何だろな?とよく目を凝らしてみると、トワイライトエクスプレスではありませんか。「え、今日は運転日かいな!下調べしてなかったわー [続きを読む]
  • 残りわずか!環状線の103系
  • 皆さま、お久しぶりでございます。ここ数か月ブログの更新が一切なかったので、「くろやっこの奴は生きているのか?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんけど、きっちり生きていますのでご安心ください。しばらくクリエイティブな作業から遠ざかることによって、創作意欲の「充電」をさせていただいていました。今日をもって完全復活!…となればよかったのですが、そこまで到達するにはもうちょっと時間が必要だと考えていま [続きを読む]
  • E193系、わ鉄で脱線
  • 昨日(22日)の午後、わたらせ渓谷鉄道の水沼駅〜花輪駅間にて、JR東日本の検測気動車・キヤE193系(Easti-D)が脱線事故を起こしたようですね。夕方から夜にかけての報道で取り上げられていたので、すでにご存じの方も多いかと思われます。現時点でわたらせ渓谷鉄道は、大間々駅〜間藤駅間で終日運転を見合わせて、バスによる代行輸送を行うことを決めているようです。…脱線の原因がわたらせ渓谷鉄道の線路にあったのか [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • 皆様、ご無沙汰しております。長い間更新が滞ってしまい、大変申し訳ございません。その原因は大きく2つ。最近になって急に公私ともに忙しくなったことと、鉄道写真の撮影とブログ更新に必要なモチベーションが著しく低下していることが挙げられます。しばらく経てばこれらの原因も何らかの形で収まってくると思いますので、皆様におかれましては何卒長い目で見ていただいて、もう少し私に時間を与えていただければ幸いです。…い [続きを読む]
  • 有名スポットで北勢線を
  • 楚原駅を出て20分ほど歩いたでしょうか。田んぼが広がる見晴らしの良い場所にでると、今回の目的地が見えてきました。通称「めがね橋」。正確には「明智川拱橋」と言うそうですが、北勢線では有名な撮影地なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。いよいよこの場所で撮影するためだけに東京から担いできた三脚の出番です。ずっと肩にかかっていた重さを解放して「あー、楽になったわー」と一息つく暇もなく、いそいそとセ [続きを読む]
  • 9年ぶりの駅から
  • 先日の記事からの続きですが、リニア・鉄道館を離れてしばし。このような場所にやってきました。この写真を見ただけでピンとくる方は、相当なツワモノかと存じます。|д゚)早々に大きなヒントを明かしますと、このレール幅はナローゲージです。…とくれば、もうお分かりですよね。以前は近鉄が保有していた、現在では三岐鉄道が運営するローカル鉄道の北勢線です。このナローゲージの写真は、起点の西桑名駅で列車のいないうちにサ [続きを読む]
  • 0系の食堂車を見てみよう
  • 先日公開した0系新幹線先頭車の次位には、食堂車が連結されています。今となっては食堂車のある新幹線車両は存在しませんから、当時の雰囲気をよく残す貴重な資料として、写真を撮影させてもらいました。まずはこれ。食堂車のピクトグラムとともに、席の状況を表すランプが装備されています。また、木目調の壁紙が高級感と特別感を演出していますね。ここでは「ただいま満席です」のランプが点灯していますが、これって利用客の状 [続きを読む]
  • 300系を降りた後は…
  • 名古屋駅で300系新幹線から下車し、何とも感慨深い気持ちで列車を見送った後、あおなみ線に乗り換えて金城ふ頭まで行きます。あおなみ線の金城ふ頭という点で、すでにピンと来ている方も少なくないと思いますが…私の向かった先はここです。2011年にオープンしたばかりの、JR東海の鉄道博物館「リニア・鉄道館」です。ここを訪れた時点では、オープンからまだ1年くらいしか経っていないせいか、どこを見ても非常にきれい [続きを読む]
  • ラストラン300系、側面から
  • 先日の記事の続きとなります。(=゚ω゚)ノ300系ラストラン編成の側面に回ってみます。先日の写真よりも、くっきりと文字を読むことができますでしょうか。まぁ停車中の列車の写真なので、それでもブレたりピンボケしていたら余程カメラの腕がないんだな…と思われてしまいますよね。(;^ω^)改めて「もう16日にはラストランを迎えて、300系も引退なのかぁ…」と何となく眺めていましたが、私の中ではまだそれほど現実味があり [続きを読む]
  • 最後に一目でも…
  • 前回の記事でそこはかとなく匂わせていましたが、この日東京駅に訪れたのは、こやつと相見えるためでした。雪がちらつく残念な天候の中、ブレがある上にピントもイマイチですけど…私が300系の前面を撮影したのはこのカットが最後ということで、敢えて掲載させていただきます。|д゚)車体にはご覧の通り、300系ラストラン告知のステッカーが張られています。3月16日がそのラストランの日と書かれていますが、その日はあい [続きを読む]
  • 新幹線ホームの駅員さん
  • この日の東京は、3月だというのに雪の降るひときわ寒い朝を迎えました。幸いながらちょっとした着雪程度で済んだものの、自宅を出た頃の降りっぷりを見て、これはもしかしたら新幹線にも遅れが出ているかもしれない…と危惧しながら東京駅に向かいました。しかし、それはまったくの取りこし苦労に終わることになります。いざ着いてみると、さすがは日本の誇る高速鉄道ですね。バッチリ定時で動いていました。…簡単に「定時で動い [続きを読む]