snoflinga さん プロフィール

  •  
snoflingaさん: snöflinga 未来日記
ハンドル名snoflinga さん
ブログタイトルsnöflinga 未来日記
ブログURLhttp://snoflinga.hatenablog.com/
サイト紹介文一寸先を望む未来にするために思いのまま書き綴り、心地よく癒しの言葉を奏でることを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/02 01:31

snoflinga さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 久しぶりの、更新に
  • 更新の間が空きすぎてしまいました。押葉通信のブログは、時々更新しておりました。久しぶりの、OSHO禅タロット一枚 CREATIVITY 創造性(画像がちょっと粗くてすみません)創造的なのは、アート活動の中だけに限らないと思います。たとえ素晴らしい芸術作品がそこにあったとしても、ただそれだけでは、「何か」を生み出すことはできないと思っております。誰かの目に触れることで、分かち合うことで、生きてくるのではないの [続きを読む]
  • これからの半年をおもう〜流れとともに行く
  • 一年の折り返し地点に到達しました。これまでの半年は仕方がないので、自分を多めに見てあげたいと思います。これからの半年相変わらずなペースでいきたいと思います。自分のペースを貫くためには、ベストを尽くしたい。そんな漠然としたことに思いを馳せ、またまたカードを一枚引いてみます。注:タロットの専門家ではありません。独断と偏見に満ちながらやってます。GOING WITH THE FLOW流れとともに行く私は、 [続きを読む]
  • 未消化の読み物より〜ダイアンフォーチュン「心霊的自己防衛」
  • 未消化の読み物よりダイアンフォーチュン「心霊的自己防衛」この本を購入した時期は、不安が多く、心の中の絡まりを、どうやって払ったらいいか悩んでいた時に、購入したものです。心霊的自己防衛作者: ダイアンフォーチュン,Dion Fortune,大島有子出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2008/11メディア: 単行本購入: 1人 : 8回この商品を含むブログ (3件) を見る「何か、魔法のようなことで、心が晴れはしないか」 [続きを読む]
  • 新年に久々の更新です
  • 久々の記事更新となります。ご訪問頂いている皆様、ありがとうございます。本年も皆様にとって穏やかで、良い一年となりますように。相変わらず引き篭もりがちな日常ですが、新年なので、今年一年にちょっと思いを巡らせてみます。タロットカードの専門知識はないのですが、引っ張り出して遊んでみます。以下好き勝手な解釈を述べます。(注意・本物の解説とは違うものです。)EXISTENCE存在、実在、現存・・ただ、存 [続きを読む]
  • 境界線
  • 境界線を引いたその日から、その分断された境目の、隣り合わせは「こっち側」と「あっち側」になりその合間に、火種が降ってくるとたちまちモヤモヤと煙が出やすくなるかもしれません。社会的立場に影響する境界線についても雇用とか、立場とか、責任範囲とか、安定する、しないなど、その線引きの合間に、大きな溝を刻むほどにその溝からの往来は難しくなるのかもしれません。その境界線の「こっち」と 「あっち」の二者択 [続きを読む]
  • 強制的に断捨離して身軽に進む
  • 最近は、必要に迫られて、絶賛断捨離中です。普段目に止まらない場所に、置いていた紙物などを引っ張り出して整理していたのですが、改めてみると・・・ほとんどいらないものばかりで愕然とします。もちろん、これからも、大切にとっておきたい物もあるのですが、選別できておらず「いらない物」に紛れていたのが現状です。ここ十年あまりの中で「その当時では」必要とか、良かれと思っていた物は今の自分にとっては、 [続きを読む]
  • お盆を迎えて 夢の備忘録
  • お盆を迎えるので、せめて近しい先祖に思いをよせてみます。相変わらず私の見る夢は断片的なのですが、今年の2月頃に、夢に母親が登場した備忘録を記しておきます。以下夢の中(2016年2月にて) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーどこからともなく、私の眼の前に母親が現れます。母親は、横を向いたまま、私を見ようともしません。そのため横顔からの表情しかわかりません。なんとなくムッとしたよう [続きを読む]
  • 隣り合わせの色彩に浸透する
  • 自分の年代より、少しでも若い世代の人たちが既存のものにとらわれず、新しい価値観のもとに行動する様を見て「自分もその(若い)年齢の頃にできていたらよかったな。」とか「いいな、羨ましい。恵まれている。」などとちょっぴりジェラシー気味な思いを、かすめがちになります。けれども、「いいな。」と思う様子や現象を目にすると言うことはその「過去」にはできなかった物事を叶えやすい環境になっていてチャンスが訪れ [続きを読む]
  • 胃腸の不調に効果があった方法
  • 「休むことが一番」という言葉をよく耳にしますが、つい反射的に「それができたら苦労はしないよ。」と、反応しがちです。胃腸が一番不調なときには、その思いが特に強く休む以外の方法から、あれこれと試しました。症状により、緊急性を要する対処が必要なこともあるかと思います。けれども、私の場合は幸い明確な病気ではありませんでした。アロマ、漢方薬、ハーブティー、ストレッチなどなど、どれも日常に取り入れて体に [続きを読む]
  • デトックスと瞬間移動(役立たずの妄想)
  • 連休中は、引きこもりながらも、以下の感じで楽しむことができました。ブログ閲覧 記事を読んだり、素敵な写真を鑑賞して、その瞬間、部屋にいながら別世界に赴くことができます。長風呂 好きなアロマオイルにハッカ油をプラスすることで暑さを少しでも和らげます。長風呂をした後は、以下の妄想会話です。私)「長風呂で、たくさんデトックスできたかも。」  「あ、でも体のほとんどが老廃物だったら、消えてしまうのか [続きを読む]
  • 海の日を前に 海辺の遠足の記憶
  • 幼稚園の時の海辺の遠足の思い出です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー幼稚園のある夏、海へ遠足に行きました。当日は、それなりに楽しんで遠足を終えました。後日教室で、先生がこのように言います。「海辺の遠足での様子を絵に描いてみましょう。」「水着を着て水泳帽を被って海で泳いだ様子や、みんなで楽しんだ様子を描きましょう。」私は心の中でこう思います。「何を描こうかな。・・・水着と水 [続きを読む]
  • 新しい道を探る夢
  • 寝ている時にみる私の夢は、大抵覚えているものは断片的で、おぼろげです。おぼろげな夢は、時間の経過とともに、さらにうっすらとしていくのですが、数日経過しても印象が残った夢だったので、以下記しておきます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーある建物の中をさまよっている中、休憩時間になったのでエレベータに乗って地下を目指して降りていきます。エレベータが止まったので、慌てて降りる [続きを読む]
  • 伝え聞いた昔話(銀行破綻)
  • 伝え聞いた昔話の備忘録です。ーーーーーーーーーーーーーー年代 97年頃場所 地方のある企業 登場人物  A部長  若手社員T銀行H銀行ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーある地方の企業がメインバンクとしていたT銀行が経営破綻しました。その銀行は、その地域唯一の都市銀行でした。破綻のニュースは、その地域で号外が出るほど大きな出来事でした。破綻のニュースが駆け巡る中、若手社員は、ただ漫 [続きを読む]
  • もやもやの憂さ晴らし
  • 個人的な、もやもやの憂さ晴らしのため、短い妄想です。たとえ、悲しみや怒りそのものが簡単に癒えたり、小さくなることが難しくてもせめて、その原因となった対象を小さなイメージの呼び名で扱うことで、その対象が、どんどん小さくなってしまえばいいスポンサーズリンク [続きを読む]
  • 色と音と言葉
  • もし、色彩が発するイメージに合わせて、音が流れ出てきたらどんな世界になるでしょう。もし、発する言葉とともに、鮮明な色が映し出されていたら、どのような世界になっているでしょうか。相変わらず、妄想ばかりしています。私は、いわゆる共感覚の持ち主ではないため、このような妄想をするのでしょう。もし、共感覚補助器のようなものが、この世界に存在しているのならば、試してみたいです。その共感覚補助器は、その [続きを読む]
  • 選びとること
  • もし、人間に「リアル検索エンジン」がついていたら、どんな世界だろうかと妄想してみました。眼前に現れる現象は、過去の情報収集履歴や、体験に応じたものが現れてくるのでしょうか。もしかすると「あなたに今おすすめの」ものが、リアルに現れてくるのかもしれませんね。けれども、自分の情報収集パターンがマンネリ化していると、「おすすめ」されるものも、はじめのうちはよくても、人によっては、飽きてくるかもしれま [続きを読む]
  • 伝え聞いた昔話
  • 伝え聞いた20数年前の話の備忘録です。設定場所:地方のある企業(登場人物)管理職1:職人管理職2:システム推進派新入社員ーーーーーーーーーーー概要ある新入社員が入社した会社は、手書きから、コンピューターへ移行をはじめたばかりでした。新入社員は、上司が手書きで書いた伝票をひたすら、入力していました。あるとき、システムを推進している上司は、職人上司にこう言います。「入力したデータをもとに、伝票 [続きを読む]
  • 未消化の読み物 アカシャ年代記より
  • 本を読み進めていくとき、その読み物によって、どんどん読み進められるときと、なかなか読み進められないことがあり、ペースにムラがあります。また、一度最後まで読んでみたものの、未消化な読後感なため、手放せない本達が手元にあります。きっと私の理解が追いついていないのでしょう。でも惹かれてしまう。さっさと手放せばよいものを、手放せず、時々読み返しています。そのうちの一冊数年前に書店でふらっと購入 [続きを読む]
  • 色を重ねる
  • キャンバスに色を重ねて行くときに、選んだ色が「あっ、この色違ったかも。」と思うことがあるように、一つの選択が、「ちょっと違ったかも。」と思うことがあります。意地になって同じ色を塗り続けても仕方がないので、一旦ひと呼吸おき、うまく折り合いをつけるように心を巡らせます。「ちょっと違ったかも。」と思っていた色をも、うまく生かして、彩ることができたらその重なりあった色たちは、独自の輝きをもって、想像 [続きを読む]
  • 夢中になるとき
  • 「時がたつのを忘れるくらい、何かに夢中になる。」もし、このようなひとときの間、本当に時間から自由になっているのであれば、どんな世界になっているのだろう。と、寝起き前のぼんやりとした頭のなかで、妄想がひろがってきました。全ての人々が時を忘れるくらい夢中になったら、この世界は「時間」から自由になり、時間とは違う次元での繋がりやコミニュケーションをとるようになるのでしょうか。それとも、あえて、時 [続きを読む]
  • 思うようにいかないとき
  • 「自分が行きたいと思っている道は、スイスイと進むことができるに違いない。」こう思い込んでいたために、度々、思うように行動に移せないことに疑問をもちつつも、正面から向き合うことができずにいました。その根底にある、思い込みと、恐れている何かを解消できていないのかもしれません。私の中に一定数存在している、”ぐだぐだチーム”はこのように言います。「好きな事なら、もっとバリバリと精をだしてやるべ [続きを読む]
  • 嗅覚回復
  • 先週より弱っていた嗅覚が、おかげさまで徐々に復活してきました。においが分からない時期も、アロマオイルを使用し続けていましたが、時折香りがわかるようになり、徐々に「わかる」頻度が増していった感じです。あらためて、あたりまえのように与えられている感覚の大切さを感じました。この感覚を十分に味わい、最大限に生かしていくことで、普段の生活が、より豊かになるかもしれません。 [続きを読む]
  • 【GW番外編】ひきこもって楽しむ
  • ゴールデンウィーク前半より、ほぼ引きこもりながら過ごしています。今日はポストカード展示の為、珍しく外出したのですが、強風は大丈夫でしたが、予想外の日差しの強さでへろへろと帰宅して参りました。www.designfestagallery.comひきこもりがちな私が思いつくGWの楽しみを挙げてみます。【時間を気にしないで眠る】「朝○時におきなくては」といった制約が一気にはずれてしまいます。特に出かける予定をたてないため、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …