fmount32 さん プロフィール

  •  
fmount32さん: 学びと食、ときどきランニング
ハンドル名fmount32 さん
ブログタイトル学びと食、ときどきランニング
ブログURLhttp://scotchhayama.hatenablog.com/
サイト紹介文ウイスキー、牡蠣、コーチング、対話、マラソン好きのアラフォーのおっさんが日常をゆるーく切り取ります。
自由文英語力向上のためTED Talkの紹介もしてます。本や漫画もよく読むので紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/01/02 08:48

fmount32 さんのブログ記事

  • 月をつくる仕事
  • 月と器とウイスキーというイベントを9月24日に開催する予定である。whiskymaestro0924.peatix.comお月見ということで、ロック用の丸氷を月に見立てて楽しむというのをやりたい。そのために丸氷をつくる練習をしている。この動画は板氷を8等分するところから解説されているので参考になる。www.youtube.comアイスピックも2種類買ってみた。長いのと短いの。実際に丸氷を作ろうとすると、なかなか苦労する。まず板 [続きを読む]
  • ラフロイグ10年のハイボール
  • 僕はウイスキーを愛しています。特にラフロイグ10年は僕にぴったりのウイスキーです。将来はラフロイグ10年になりたいくらいです。グラスに氷をたっぷり入れ、ラフロイグ10年をメジャーカップで30ml計り注ぐ。ゆっくりと氷に添わせるように冷やしながら。 よく冷えた炭酸水を開栓する。プシュッと爽快な音を聴き、仕上がりを想像する。ゆっくりゆっくり炭酸水を注ぐ。愛を込めて「美味しくなーれ、美味しくなーれ」と心の中で呪文 [続きを読む]
  • 旅ランのすすめ
  • ランニングは2通りあるいつものコースを走るランと旅ランであるいつものコースを走るランは、走ることについては何も考えなくていいので、本気のトレーニングか、瞑想的なものになる走ることについて何も考えないと、頭がぽっかりして、良いアイデアが思いつきやすい。でもすぐに忘れるので、帰ってから書き留めたほうがいい旅ランはいい。僕は泊まりの出張があると必ずランニングセットを持っていく。セットといっても、 [続きを読む]
  • バーテンとバーテンダーの違い
  • 僕はバーに行くのが好きである。バーはいい。仕事と家庭に疲れた身体を癒してくれる。そんなバーにいるのがバーテンダーさん。バーテンと呼んではいけない。バーテンダー - Wikipedia日本では、主にシェイカー等でカクテルの調合をする人物を指す場合が多い。また、多くの辞書に載っているように"バーテン"と略されることがあるが、これは"バー"と"フーテン"を組み合わせた差別的な意味を強く含んだ造語であると言われてい [続きを読む]
  • 紀三井寺ガーデンホテルはやし〜片男波公園の先まで朝ラン
  • 朝6時スタート1kmほどで海が見える。鹽竈(しおがま)神社に寄る。この辺は絶景の宝庫らしい。小野小町の袖掛の塀にしては新しい。徳川頼宣が寄進した灯籠の復元根戻り松どうやって出来たんだろう?神社を出てすぐのところにカフェとイタリアンレストランが併設されてる。海を眺めながらのひとときを過ごすにはいいだろう。片男波公園は片側が海水浴場、反対側が公園になっている。野良猫に合うそこそこ遊具が [続きを読む]
  • TEDxKyoto2018キックオフパーティーで出したウイスキー達
  • グレンリヴェット・ファウンダーズリザーブ約200年前、創業者のジョージ・スミスが創業当時に思い描いていた理想的な製法・レシピを、現在のザ・グレンリベット蒸留所のマスターディスティラーであるアラン・ウィンチェスターが忠実に再現し、現代に蘇られせたシングルモルトスコッチウイスキー。創業当時から変わらない、首が長く釜の幅が広いユニークなランタン型のポットスチルによって生まれるニュースピリッツを、伝統的な [続きを読む]
  • 42歳の誕生日の過ごし方
  • 42歳になった。42歳はおっさんど真ん中な感じがする。昨晩は主催したイベントでハイボールを作り、たくさん喋ってたくさん飲んだ。帰って疲れて寝てしまったので、朝ベトベトの身体を洗い流した。風呂上がりに家族からおざなりな「誕生日おめでとう」と言われる。特に誕生日プレゼントはなかった。朝ごはんを食べてゼルダをしてだらだら過ごす。早めの昼ごはんに素麺を湯がき、一人で先に食べる。一人で気兼ねなく食 [続きを読む]
  • ハイボール、スコッチで
  • 東京メトロ銀座線に浅草から渋谷へ向かっている。浅草で角打ちをし、サッポロエビス生ビールを2杯飲み、ほろ酔いである。ふと中吊り広告を見ると、ハイボール、スコッチで。その「ひと言」でうまさは変わる。というキャッチコピーとともにオダギリジョーがジョッキのハイボールを片手に満面の笑みを浮かべている。手にしているスコッチは何だろう?と見てみるとホワイトホースだった。その隣りに缶入りのホワイトホー [続きを読む]
  • 音と自然と人が交わるTEDxSaikai2018でウイスキー
  • 前前前日から降り続く雨で大雨警報や交通機関の運休、高速道路の通行止めが頻発し、開催が危ぶまれたTEDxSaikai2018僕は佐世保に母方の実家があるので墓参りに寄るため車で行こうとしていた。しかし西日本、山陽道は特にひどいようなので車で行くことを前前日に諦め、伊丹から飛行機で行くことにした。前日、長崎空港に着いたら雨がやんでいた。レンタカーで1時間ほどで会場の音浴博物館に着いた。旗やテントの設営 [続きを読む]
  • 河村食堂で白ワイン系で攻める
  • Impact HUB Kyotoで発酵デザイナー小倉ヒラクさんの登壇イベントを聴いてテンションが上がっていた。イベント中に嫁からのLINEで「おめーの晩ごはんは用意してねーから」的なメッセージを受け取ってたので、しょーがなし(ウキウキしながら)に河村食堂へ向かった。何を食べようかなー?昨日は飲み会で、今日も昼まで胃腸の調子が良くなかったので白ワイン系で攻めてみよう。18:30の時点でほぼ満席だったけど、一番手前 [続きを読む]
  • 神保町・さぼうる1で感じた多様性
  • 東京出張で時間が空いたので久しぶりに神保町に行き、にゃんこ堂で猫の小説を買い、喫茶店で暇をつぶそうと思った。神保町には喫茶店が多いので選択肢に迷ったが、やはり老舗のさぼうるにした。2は食事メインとのことだったので1にした。15時半なのに満席。カウンターで少し待たされた後、2階のテーブル席に案内される。生ビール大とツナサンドを頼む。ピーナッツが付いてくる嬉しさ。たっぷりツナが入ったトーストサンド [続きを読む]
  • 日本酒と季の美のハイボール
  • 京都の隠れ家でバーテンダーになった話。SAKE Springを主宰する藤田さんにお誘いいただき、日本酒と手巻き寿司を楽しめる人数限定のイベント。いろんな具材をオーダーしたら流しの寿司職人さんが手巻き寿司を作ってくれるというシステム。日本酒は3種。その他の酒は持ち込み可ということで僕はタリスカーを持ってきた。スカイ島のシングルモルト。潮の香りのウイスキー。寿司に合う。カウンターの向こう側に行かせ [続きを読む]
  • 河村食堂のパスタランチで涙出そうになった!
  • 今日は一日京都市内を外回りである。午前の会合を終え、雨の中バスに乗り移動。ランチは前日から決めていた。久しぶりの河村食堂。前回はハンバーグランチにしたけど、ここはパスタがめっちゃ美味いのでパスタランチにした。アマトリチャーナは食べたことがあるので、期間限定の牛肉のラグーソースにした。大盛りで。赤ワインも頼んだ。パスタランチはサラダとパン付き。サラダが来た。ドレッシングが絶妙。パスタ [続きを読む]
  • 超交流会2018年に出演したウイスキーたち
  • 今年も天気が良く、気持ちの良いスタート。僕は1分スピーチのトップバッターだったらしいけど、若干遅刻してしまった。すでに3番目くらいの人がスピーチしてた。司会者の今村さんの近くの最前列に座ったのでいずれ呼ばれるだろうと出番をじっと待つ。PCつなぐ人がもたついたので、間を持たすために僕の名が呼ばれた。いつもどおりウイスキーの宣伝。昨年もブース出展しましたが、今年も3種類持ってきてます。僕が出すハイ [続きを読む]
  • PechaKuchaNight Kyoto Vol.29で話したウイスキーのこと
  • 今回のテーマは「女性」ということで、ウイスキーと女性についてストーリーを作った。店にはタラモアデューとメーカーズマーク、バランタイン、ラフロイグが置いてあったので、タラモアデューのロックを飲みながら話した。タラモアデューといえば、僕がウイスキーの世界に深く関わるきっかけとなった村上春樹のエッセイ「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」でアイリッシュパブにいた老人を思い出す。いつものカウン [続きを読む]
  • 大阪・日本橋でちょい呑み。寿司と生で1000円。
  • シリコンハウスからの帰りにこんなマップを見つけたので、ちょい呑みして帰ろうと思った。はじめは串カツかたこ焼きと思ってたけど、寿司5貫と生ビールで1000円という看板に惹かれて入った。生はプレモルだった。泡が細かくて美味い!美味しい生ビールを注いでくれる店は間違いない。寿司きた!マグロから順に食べる。ネタが大きくて脂がのってて美味い!黒門市場が近くにあるから安くて良いネタが仕入れやすいのだろう。 [続きを読む]
  • ネコビル2周年パーティでハイボール
  • 今回は家にあったマッカラン12年、イーラッハ(アイリーク)、フェイマスグラウス(中身は色々なブレンド)を持っていった。イーラッハはアイラの若めのやつでコスパいいので最近よく買ってる。しかし、中国製の安いスキットルに移してた分を戻したのが良くなかったのか、ステンレス臭がきつくなっていた。これをお客様に出すわけにはいかないので、新規に調達せねばと思った。あさか首相のありがたいお話を聴いて、啓ちゃ [続きを読む]
  • 京都の角打ち
  • 会社の近くの酒屋で角打ちができる。最初は人事の人に誘われて行った。ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワインと色々な酒を飲める。つまみは乾き物と缶詰を温めてくれる。ふつうのスーパーに並んでない缶詰もあるので、色々と楽しめる。今日は角打ちミーティングをする予定だったけど、相方はまだ来ない。瓶ビール2本目空けて、次に何を飲むか?悩む。 [続きを読む]
  • とらやの羊羹とウイスキーのマリアージュを楽しむ
  • 僕は7年前「アイデアのつくり方」という本に書かれていた一つ原理に心を奪われた。アイデアとは既存の要素の組み合わせ以外の何ものでもないということである。この原理を導き出したもととなった考え方はパレートの法則で有名なイタリアの社会学者パレートが「心理と社会」という本の中で書かれていたことらしい。パレートは、この世界の全人間は二つの主要なタイプに大別できると考えた。彼はこの本をフランス語で書いた [続きを読む]
  • 玉ねぎのぬか漬けとカレー
  • 発酵食堂カモシカのワークショップでぬか床をもらって以来、毎日ぬか漬けを作っている。家族は苦手らしいので、一人分を漬けて自分専用で食べている。色んな野菜を漬けてみて、やはりキュウリが簡単で美味しい。毎日キュウリを半分に割ってぬかを混ぜて漬けて翌朝取り出してカットして食べる。しかし毎日キュウリだと飽きてくるので、ニンジンや大根など他の野菜もたまに漬ける。そんな中、玉ねぎのぬか漬けが意外に美味しい [続きを読む]