mihoko さん プロフィール

  •  
mihokoさん: *〜名前のない果実〜*
ハンドル名mihoko さん
ブログタイトル*〜名前のない果実〜*
ブログURLhttp://nanonaikajitu.jugem.jp/
サイト紹介文既婚アラフィフです。昔の彼に再会しました。 もう、そういうこと ないと思っていたのに...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/01/02 17:17

mihoko さんのブログ記事

  • 勘違いしてしまいそう
  • 彼の指を口に含んで舌を這わせ...そして左手で逞しいカレを確かめるように擦ってみる「 あ...気 持 ち イ イ ...」珍しく声に出しながら挿入って来ると少し動いただけで、彼すぐにイッてしまいました予期せぬ事態に何故か二人で笑ってしまって彼を抱き締めながら自分の体に凄く魅力があるような勘違いをしてしまいそうでした(笑)* * * * *それからお風呂に...狭いと言っても二人で入るには充分なサイズ透明なガラ [続きを読む]
  • そのままで、いい
  • 後ろから抱き締められて髪から首筋から、唇が辿っていつの間にか脱がされて行くドラマは最終回を迎え全話の登場人物が出て来て次々とまとめの台詞を言っているのに…深く口づけると少しの酔いも手伝って頭の芯がクラクラとしてもう、エンディングなんてどうでも良くなる(笑)やさしく丁寧に下へと進み私の脚を左右に開く...バスタブにお湯も溜まっているけど彼が良いなら私も、そのままでいいその滑らかな舌触り愛されている安堵 [続きを読む]
  • R.O.M.A.N.E.S.C.O.
  • 二人でワンショットのウイスキーを飲んで「 まだ牡蠣しか食べてないよ 」「 いいの? 」って彼は言うけどそんなにハシゴする余裕ない早くゆっくりしたい私いつものスーパーに寄って、ビールそしてまた唐揚げを二個ずつ買って路地裏へ歩きました前回初めて行ったホテルが まだ未知数だからと興味本意でもう一度チャレンジ(笑)部屋はそれなりにスタンダードでしたがバスルームがアパートみたいに狭くて彼はちょっと笑ってました今日 [続きを読む]
  • 舌の上で転がすように
  • 一杯だけ軽く飲んで お店を出ました近くの商業施設で某市の物産展をやっていると、昨夜検索していて見つけたので美味しいウイスキー目当てに覗いてみましたお酒に詳しい知人から聞いたことのあるとても人気で手に入り難いという銘柄、ボトルで欲しいほどの興味はないけれどショット売りしているなら試してみたくて…オープンスペースのキッチンカーの前で世界に誇る地元の銘品を熱く語るお姉さん「 舌の上で転がすように味わってみ [続きを読む]
  • 牡蠣と ビールと そして煙草
  • そして11月の末、三週間ぶりに会えました都内のいつもの駅で待ち合わせ彼の方が早く着く電車でした「 煙草吸った? 」「 吸ってないよ 」いいのかな?と思いながら歩き出しました朝から開いているお店を調べ直してみたのですが、やっぱり限られていて…目新しい洒落たカフェを見つけたもののメニューもオシャレ過ぎて、ちょっと入りズライ(笑)結局いつもの昼呑み出来る界隈をブラブラ『 牡蠣 二個と生ビールのセット1100円〜 』と [続きを読む]
  • 選 ん だ 言 葉
  • 三日間 彼と過ごした翌日出社すると同僚のひとりに言われました「 なんか最近、綺麗になってる!恋でもしてるんじゃない? 」普段から私のこと「 色っぽい 」と唯一言ってくれる人(笑)こういう時「 そんなワケないじゃん! 」と完全否定出来ないのが私の弱いところ...「 だって私、1ヶ月前からコラーゲン飲んでるもーん 」とりあえず、そう答えておきました (事実だし)* * * * *この後、職場で流行っていた風邪を貰ってし [続きを読む]
  • 会 / 計 / 報 / 告
  • だいぶ前のことになりますが『 お二人のデート費用の負担はどのようになっていますか? 』というコメントをいただいたことがありますご自分たちの関係に置いて疑問や不満があったのかな?ごめんなさい、その時はスルーしてしまいました(笑)人それぞれですよね...と思いつつこの間の温泉旅行のこともあるので一度書いておこうと思いますざっくり言って外での食事とホテル代は殆ど彼が出してくれますコンビニやちょっとした買い物 [続きを読む]
  • 母が言ったこと
  • 同窓会の日、実家に一泊しました何時の新幹線に乗り何時に〇〇駅に着きタクシーで会場に向かった と乗換案内を予め調べて暗記しておきました* * * * *翌朝、食後のお茶を飲みながら母と話していました「 〇〇ちゃんに会ったよ、30年ぶりに 」何人か、母も知っている友達の名前をあげてひとしきり話し終えると母が言いました「 ほら、よく家へ来ていた〇〇さん、あの人はどうしてる? 」彼のことです「 あぁ… 来てたよ でも、 [続きを読む]
  • みっかめ 〜 暗 く な る 前 に
  • 名物のうどんを美味しくいただいてお店をあとにしましたコーヒー飲みたいね ってことでコンビニに寄ってもらって普段は(めんどくさいから)ボトル缶しか買わないという彼に、淹れたてのコーヒー自分にはカフェオレを買いました外で煙草を吸っていた彼そういえば 泊まったのは喫煙可の離れだったのに、部屋では一切吸わなくて食後に喫煙コーナーに行った程度荷物に匂いが付くのを気にする必要がなかったですあとはひたすら走るのみド [続きを読む]
  • みっかめ 〜 お昼は うどん
  • 高速に乗って泊まった温泉郷を通り過ぎ彼がいつも帰るコースで一緒に帰る本当は とても無駄なことでも それが出来るのなら、したいと思う* * * * *一昨日走った道をまた二人で引き返しますお天気は回復していて、またもドライブ日和柚子の木、柿の木...そして、牛小屋( 今度はデジャ・ビュなんかじゃない )「 〇〇うどんに挑戦してみる? 」そういえばお昼にちょうど良い時間です「 うん! 是非 」すぐに私が検索すれば良い [続きを読む]
  • ふつかめの その後 と みっかめの 朝
  • 朝ごはんが終わって、ヘアとメイクを整えます(笑)時間ギリギリまでかかるかも?と言っておきましたが、意外と早く済みましたチェックアウト後、彼が提案してくれた 滝 を目指します『 日本の滝 百選 』みたいなものに入っていて名前は知っていても今まで行ったことはありませんあまりにも渋滞していたら、途中で引き返すコトになるかもしれない と彼午後まではフリーなので それでも構いません順調に流れていて無事に到着し車もタ [続きを読む]
  • ふ つ か め 〜 朝 ご は ん
  • 朝食は8時からカウンターにズラリと並んだ飲み物まずは自家製のトマトジュースを選んで昨夜と同じ個室に着席しました色とりどりのお皿に少しずつ盛られた和食ホウレン草のごま和え ひじき きんぴらごぼう たまご焼き 茄子の味噌炒め ポテトサラダ 納豆 温泉たまごetc...鮭など、バイキング形式なら二切れは取ってしまいそうな薄くて小さな一枚なのですが網に挟んであり自分で焼いて食べるスタイルお味噌汁もピッタリお椀一杯分 [続きを読む]
  • ふ つ か め の 朝
  • 目が覚めて、暫くは抱き締められる幸福感に浸っていましたそれからスマホに手を伸ばすと「 何 時 ? 」彼も起きていたみたい6時半はだけた浴衣を直し、顔を洗いすぐにコンタクトレンズを着けて、お風呂に行きます縦に長ーい長方形の湯槽の真ん中を横切るように窓があり、開け放つと露天風呂風になります朝の冷たい空気が本当に清々しくて普段は長風呂じゃない彼も、いつまでも入っていられるくらい湯船の縁に腕を掛け、うつ伏せて [続きを読む]
  • いちにちめ の 終 わ り
  • 二人でコタツに寝転んでドラマを観ながら眠ってしまった私...こういう時って何故だか終わった瞬間に目が覚めますよね(笑) 並んで敷いてある布団の隙間がなくなるようにくっ付けてから潜り込みました隣に彼が横になったトコロへ寄り沿って行きます「 もう寝る? 」さっきまでウトウトしていた私を気遣って聞いてくれましたが「 寝 な い...」そう答えて、唇が重なるように抱き締めましたすぐにやさしく口づけてくれる待ち焦が [続きを読む]
  • いちにちめ 〜 幸 せ な 夜 の こ と
  • お風呂は二ヶ所使用中でしたが運良くまだ入っていない所が空いていました屋内に+の形、外に丸い露天風呂円の真ん中にお湯が湧き出る柱(?)があり座った時に撫で回すのにちょうど良い高さ何となく男性のそれを連想させるので「 大きいね 」なんてくだらないことを言って笑い合いましたすっかり暗くなった夜の露天はやはりどことなく艶っぽい気分にさせますがそれ以上は敢えて触れずにすましていましたまた髪を洗い躰も隅々まで磨き [続きを読む]
  • いちにちめ 〜 夕 食 の 時 間
  • マッサージチェアで暫し寛いでそれから彼と交代しましたやがて夕食の時間を知らせる電話が入り個室になった食事処へ溶岩プレートが備え付けてある横長のテーブル向かい合って椅子に掛けます自分好みに焼く 豚、牛、鶏肉がメイン添えられた野菜の中にシイタケがありまるごと一個だと彼は苦手で食べられないので二つとも私がエリンギは大丈夫だそう(笑)他にも何品も美しい料理が並んでいるうえに川魚のお刺身・塩焼き、地場野菜や舞茸 [続きを読む]
  • いちにちめ 〜 宿 に 到 着、そして
  • 何度もホームページで見ていた通りの外観古民家を改造し、囲炉裏があって廊下まで新しい畳敷きの館内チェックインを済ませて部屋へ離れの12畳の和室入り口は隣の部屋と並んでいますが、入ると三方に窓があって明るくて例年より早く出したというコタツがあるのがより落ち着く気がして 嬉しい立派なマッサージチェアも隅っこにドーンと構えています窓からの眺めなど確認し 荷物を整理したら早速お風呂へ行ってみることにしました好き [続きを読む]
  • いちにちめ 〜 夕 方 ま で
  • お昼のラーメンを食べたあと市街地を抜けるまで暫く走ります山道に入る前にコンビニでコーヒーを買いトイレ休憩、彼は煙草を一本緩やかなカーブが続く田舎路デジャ・ビュのような のどかな牛小屋熟した色の実をつけたままの柿の木や大きく育った柚子の木を、所々横目に見ながらの心地好いドライブ紅葉とか桜とかの、名所と呼ばれる観光地は全国に沢山あるけど誰にも知られてないような ごく普通の山道が案外 凄く綺麗だったりするよ [続きを読む]
  • いちにちめ 〜 昼 ま で
  • 予報では曇りだった気がするのですが流石 晴れの得異日、明るく気持ちの良い朝予定通りに家を出ました三度乗り換えて待ち合わせた駅に着きましたトイレに寄ってから、改札を出ようとすると『 ピンポン 』扉が冷たく閉まりますSuicaにはたっぷりチャージしてあるのに…「 あの、出られなかったんですけど 」係員さん「 新幹線に乗られますか? 」ワタシ、新幹線乗り場へ入ろうとしてたようです(笑) ( どうでもいい話ですが、彼が笑 [続きを読む]
  • 出 発 ま で
  • 夏の終わり頃 同窓会のお知らせが届きました秋の三連休の二日目、当日は実家に泊まることになりますひとりで帰省するのは そんな時くらい…前日から出掛けても不自然じゃない、彼と一泊するチャンスでは?と直ぐに思いました自分からは言い出さずにいると彼は具体的に宿まで指定して誘ってくれました10室に貸切風呂が五つ、静かで落ち着いた感じ露天風呂付きの部屋では敷居もお値段も高く今の私たちには贅沢過ぎますがここならとて [続きを読む]
  • 張り切り過ぎて失敗する例 【 3 】
  • そして、出発の二日前のこと眉も整えて置かなきゃね、とコーム付きのハサミで右側の眉頭からジョキジョキしました何だか今日は良く切れるなぁ そんなに伸びてたのかなぁと思いながらハサミをスライドさせようとしてハッとするコ ー ム が 付 い て な い !ケースから取り出す時に外れたみたいで刃が直に当たっていたため眉頭がバッサリと無くなってました(笑)描き忘れても それなりにちゃんとしていて自分の顔のパーツの中では結 [続きを読む]
  • 張り切り過ぎて失敗する例 【 2 】
  • 一年くらい前にショートボブにしてから何度かマイナーチェンジしながらミディアムの長さを保っていましたが今回はウェーブヘアにしたくて美容院へ行きました「 ゆるふわな感じで 」「 若く可愛くしてください 」( 無理難題 )以前はよく雑誌の切り抜きを持って行ってイメージを伝えていたけど、今回は口頭で…出来上がったのは思っていたより短くて強めのクルクルヘア(笑)美容師さんは「 お似合いですよ 」と言ってくれたし、私もウ [続きを読む]
  • 張り切り過ぎて失敗する例
  • 来るべき日に備え やっておくことが沢山ありますまず、エイジング化粧品のお試しセットを注文普段は500mlで1000円もしない化粧水をバシャバシャと浴びるように使っていますが今こそ120ml数千円のリッチなものに挑戦する時です!( トライアルセットだけど )...もったいなくてちょっとずつしか使えないっていうか、この量だと三日しかもちませんいつもので充分に潤してから、美容液のように大切につけます他にもホントの美容液や [続きを読む]
  • 彼の部屋に入った女
  • 二人で会うようになって まだ三ヶ月くらいの頃今では通い慣れたS市で初めて待ち合わせた時帰りに車で送ってくれたことがありました思いがけないロングドライブ後から彼が「 喋り過ぎた 」と言ってたけど何故だか過去の女性の話になって(笑)当時よく飲みに行ってたお店の女のコが夜中に電話してくるようになりどういうつもりなんだろうと思っていたら休日、肉じゃがを持って部屋にやって来たのだそうまあ何となくそんな感じになる [続きを読む]
  • 密かな楽しみ
  • 「 電車、決まった? 」「 〇時〇分着で 」次の予定もかなり具体化して来ました彼の住む町まで行ってピックアップしてもらいそこからドライブです「 あなたの部屋に行ってみたい 」何度も言おうと思ったけれどどうしても言えなくて...でも、何も言わずに連れてってくれるかも…そんな淡い期待も抱いていたのですがつい先日、電車の乗換案内をスクショした画像が送られて来て「 これだったら、〇〇駅でいいよ 」あと数駅のところ [続きを読む]