手賀沼日記 さん プロフィール

  •  
手賀沼日記さん: 手賀沼日記
ハンドル名手賀沼日記 さん
ブログタイトル手賀沼日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/watanabe_march
サイト紹介文手賀沼徒然草
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/01/02 21:15

手賀沼日記 さんのブログ記事

  • 珍しく夕立
  • 昨日は珍しく夕立が降った。短時間であったが、かなりの豪雨だった。夕立の後、近くの船戸の森に出かけてみた。特に変わったことはないが、時節柄、捕虫網を持った子供たちが目立つ。お目当てはカブトムシのようだが、この森でもそう簡単に見つかるものではない。この森は周辺部に樹木が茂っており、すぐそばの手賀沼がほとんど見えない。ほんのちょっと見えるところから、沼の写真を撮った。 [続きを読む]
  • 今年は蚊が少ないと思ったら
  • 今年の夏は蚊が少ない。不思議に思っていたら、それなりの理由があった。蚊は気温が35℃以上になれば、あまり活動しなくなるそうだ。したがって今年は蚊取り線香の売れ行きが悪いという。昨日テレビで、殺虫剤メーカーの人が話していた。もっともこれから少し涼しくなり、気温が下がれば、蚊の活動も活発となり、売れるのだろう。 [続きを読む]
  • 下積みを嫌う若者
  • 昨日ネットで「下積みを嫌う若者」という記事を見た。全く同感だ。わが国では下積みの時期が長すぎるし、その間将来の展望が開けない。さらに我が国企業の場合、一括採用で将来どんな仕事をさせるのかも明示しない場合が多い。おかしな話ではないだろうか。ここまで書いて、私自身サラリーマンに向いていない性格だなあとよくわかった。続きは日を改めて。 [続きを読む]
  • 米国勤務の思い出―カリフォルニアペナルテイ
  • 昨日の山火事で思い出したのだが、米国勤務時に「カリフォルニアペナルテイ」California penaltyとでも呼ぶべき事情があった。米国は土地が広く時差がある。東部の9時はカリフォルニアなど西部ではまだ6時。したがってカリフォルニアの私の勤務先では、全米を相手にする営業部門は、東部客先の朝一番の注文を受けるため、朝6時に仕事を始めなければならなかった。もっとも全員集合の必要はなく、当番制でやりくりしていた。カリフ [続きを読む]
  • 米国カリフォルニア州の山火事
  • このところ自然災害のニュースが多い。米国カリフォルニア州で大規模な山火事が発生、数人の死者や多数の消失家屋があるという。全くお気の毒である。カリフォルニア州、特に南部は半砂漠の乾燥地帯で、山火事が起こりやすい。ご存知の方も多いとおもうが、山の稜線あるいはその近くに道が作られている。あれは何だといぶかしく思ったが、山火事に備え、消防車が通る道を作っているのだ。この道は普段はマウンテンバイクの連中が利 [続きを読む]
  • インドネシア ロンボク島の地震
  • 8月5日、インドネシアのロンボク島でM7.0 の大地震があった。7月29日にもほぼ同程度の地震があった。今回の地震では、今のところ約100人の死者、200人以上の負傷者、数千棟の家屋倒壊が見られるという。日本人女性の負傷もあったらしい。被害を受けた人々は大変お気の毒だ。ロンボク島は、深いロンボク海峡をはさんでバリ島の東にある、東西南北とも80キロの大きくはない島だが、250万人が住んでいるという。3,700メートルを超える [続きを読む]
  • 大学入学者制限について思い出した
  • 私は総合商社勤務終了後、マレーシアの大学で、2年間国際ビジネスを教えるという珍しい体験をした。マレーシアでは、人種別に入学定員があり、事実上の入学制限であった。すなわち、マレー系(ブミプトラ)を優先していた。したがって中国系、インド系は成績が良くても入れないが、マレー系は成績が悪くても、一定の枠に入れば合格と言う現象が生じた。たしかに不合理であるが、ブミプトラ政策の一環として実施されていた。私の大 [続きを読む]
  • 手賀沼の花火
  • 昨夜は手賀沼の花火大会。北岸の我孫子市と南岸の柏市の計4個所から花火が打ち上げられた。手賀沼公園あたりでは、場所取りで大混雑だが、私の場合自宅近くの耕作地の土手から、眺めることができた。湖面からの打ち上げ花火は素晴らしい。 [続きを読む]
  • 医大の不正
  • このところ東京医大の、裏口入学や女子入学制限が報じられている。同大学は袋叩きにあっているようだ。この大学だけか、あるいは氷山の一角か知る由もないが、いずれにしても、ひどい話だ。ここまで来ると、汚名回復は簡単ではないだろう。抜本的に見直し、医学部を欲しがっている大学へ身売りし、〇〇〇大学医学部として生き残る道はどうだろう。 [続きを読む]
  • 暑いので思い出した
  • 毎日暑いので辟易、何とかならないかなあ。わが国では40℃が一つの指標となっているようだ。昔暮らした米国南カリフォルニアでも、ほぼ同様であった。100?(約38°Cに相当する)となると、通行人が減り、車も減り、町が静かになった。もっとも年に数日位だが。しかしながら、夜になると気温が下がるので助かった。我が国では夜になっても、気温が下がらず暑いので、非常に辛い。 [続きを読む]
  • パソコントラブルが解決しない
  • 数日前からパソコン画面が、かってに上下に揺れ、マウスで制動できない状態が続く。画面が読みにくく非常に困っている。NECのアドバイスに従って操作しているのだが、トラブル発生の前の状態に戻す作業がうまく行かないのだ。「正しく完了できません、不明なエラーが発生しました」とのメッセージが出て、お手上げの状態だ。思い出せば、このパソコンでは、マザーボード損傷で6万円の修理代を払ったこともある。買い替えるべきかな [続きを読む]
  • あじさいの終わり
  • 今朝近くの森を歩いていると、数株のあじさいが目についた。老醜と言うか、そんな感じがしないでもない。世間にあじさいが好きな人は多い。いっぽうあじさいの終わりに老醜を感じる人もいて、あまり好きでない人もいるらしい。 [続きを読む]
  • 手賀沼南岸の蓮
  • 今年は蓮の咲きっぷりが良くない。そこで昨日手賀沼南岸の蓮を見に出かけた。こちらは手賀沼そのものに蓮が咲いており、その面積は相当広い。期待していたのだが、実際は写真の通り、咲いている花が非常に少なかった。近くの満天の湯で足湯に入り、引き上げた。 [続きを読む]
  • 手賀沼周辺の森
  • 手賀沼周辺は、古来森であったらしい。沼の干拓や周辺住宅地の開発が進み、森は少なくなったが、まだまだある。昨日の写真の場所を背にして沼の反対側を見ると、沼の周辺の森は下記写真のとおり。通称「船戸の森」で古代人の生活遺跡がある。大正時代には、この一角に武者小路実篤が住んでおり、その旧居は持主は変わったが、今も大切に保存されている。手前の小さな森の中には、水神社がある。その向こうの小道がいわゆる「はけの [続きを読む]
  • 手賀沼夏の花
  • 今朝は突然、曇り空の涼しい天気となった。手賀沼周辺の夏の花と言えば、先ずこれ。蓮の花だが、咲いている数が増えたようだ。ひまわりもあるぞ。今日からここでひまわりの迷路歩きなどの行事があるらしい。 [続きを読む]
  • 煮え切らない男
  • 岸田文雄自民党政調会長が、総裁選への立候補を見送ったという。煮え切らない男だなと思うのは、私だけではあるまい。おそらく期待の禅譲はなく、今後政権にいいように扱われるだけではあるまいか。岸田政調会長には、それなりの考えがあってのことだろうが、「煮え切らない男」という印象を一般に与えるようでは、政治家としていかがなものだろう。 [続きを読む]
  • エアコンは20世紀最高の発明
  • 熱中症がすさまじい。まさに「猛威」だろう。被害にあわれた方々はお気の毒である。数年前に同じ題で記事を書いた記憶があるが、エアコンは大変ありがたい発明と思う。昔は東南アジアへ赴任すると、気候に合わず苦労する人が多かった。東南アジア滞在年数だけ、その人が本来持っている寿命が短くなると言われたものだ。今はエアコンの普及で、そんなことは言われない。我が国の夏は東南アジアと同じ。エアコンを活用して健康に過ご [続きを読む]
  • おっかなびっくりウオーキング
  • 熱中症の威力はすさまじい。各地で事件が報道されている。しかしながら、日曜に家にじっとしてることもできず、手賀沼北岸15キロのウオーキングに出かけた。中高年の人も結構多かった。熱中症を警戒しつつ、15分おきぐらいで緑陰で一休み、スポーツドリンクを飲む。涼しい建物があれば入り、しばらく休憩。こんな調子でのんびり歩いたので、時間がかかってしまった。その間飲んだスポーツドリンクはアクエリアス3本。夏のウオーキ [続きを読む]
  • 熱中症(日射病)の思い出
  • 今は昔、熱中症が日射病と言われていたころ、何回か日射病にかかったことがある。当時は今ほど大きな問題とはならず、私自身日射病にかかっていることを認識できなかった。1 症状 体がだるくなり、動けなくなる。吐き気がする。何となく気分が悪くなる。2 季節 春、6月ごろ急激に暑くなる日。盛夏の7月や8がつではなかった。3 回復 1時間ほど休んでいると自然に回復。回復中はなぜか非常に気分が良くなり、元気も   り [続きを読む]
  • 貿易アドバイザー試験―続き
  • (昨日記事の続き)貿易アドバイザー試験に合格すれば、一般社団法人貿易アドバイザー協会の会員(一般社団法人法の社員)になれる。会員相互の貿易のみならず広い範囲での国際ビジネス情報交換ができ、協会が受注する事業案件に参加することもできる。近い将来、国際ビジネス分野で活躍をしたい方には、絶好の資格であろう。もちろん、会員(社員)になるかならぬかは個人の判断である。 [続きを読む]
  • 貿易アドバイザー試験
  • 今年もAIBA認定貿易アドバイザー試験と受験対策ゼミが実施される。この試験はかって日本貿易振興機構(ジェトロ)が行っており、現在一般社団法人貿アドバイザー協会が実施している、貿易分野での最高水準の試験である。1 試験日および場所:(1次)11月23日(金) 祝日・勤労感謝の日に、全国7会場(東京・大阪・名古屋・広島・福岡・仙台・札幌)、(2次)2019年 1月 東京、大阪2 試験科目:貿易実務、国際マーケティング、 [続きを読む]
  • 困った!メール送受信ができない
  • 昨日午前1000ころ、Outlookのメール送受信ができなくなった。マイクロソフトに問い合わせたところ、ソネットのシステムエラーらしいと分かった。ソネットに問い合わせると、システムエラーを認めたが、いつ頃復旧するか不明と言う。困ったなあ。夕刻1630ころやっと復旧した。このような社会インフラが、突然機能しなくなり、復旧予定も未定とは本当に困る。 [続きを読む]