かたつむり さん プロフィール

  •  
かたつむりさん: 七転び八起きなケアマネのひとりごと
ハンドル名かたつむり さん
ブログタイトル七転び八起きなケアマネのひとりごと
ブログURLhttp://nanakorobiyaoki2.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文紆余曲折を経て就いたケアマネの仕事で感じた事等を叫びます。娘として肺がんの父を自宅で看取りました。
自由文覚悟はしていたけれど、ケアマネの仕事はすごく大変!!でも、利用者様と家族の笑顔が見たいから、全力投球します!!失敗してもただでは起きません!!父の介護を通して、家族として、在宅での介護の過酷さを知りました。父の介護を通して、学んだこと経験したことは、あまりにも沢山ありました。この経験をケアマネの仕事に活かして行きたいと思います。そして、彼岸にいる父とこれからも向き合い続けていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/01/02 22:10

かたつむり さんのブログ記事

  • 大みそかの『晩御飯』
  • 仕事の追い上げを年内に終わらせるという『目標』は達成どころか、逆に『仕事の山』が高くなっているような気がします。年越しは、なかば徹夜で仕事をするつもりでしたが、仕事が『休み』に入ったとたんに『鼻風邪』を引きまして、BOXティッシュが手放せない状態で、あっという間にひと箱消費しました。母親からは『徹夜禁止令』が今、発令されました(^^;今、晩御飯を食べたところです。我が家、というかウチの両親は、夕方 [続きを読む]
  • ケアマネとして『大切なこと』
  • 「お父さん、良くなるといいわね。」私は、職場の会議で、父の検査結果と再発と思われる癌の発病、今後の検査と診察の予定を報告しました。そして、父はもう、外科手術ができないこと、化学療法しかできないであろうことも伝えました。その私の話を『聴いていた』同僚が発したのが、「お父さん、良くなるといいわね。」でした。怒りでその場で、同僚を殴り倒したかったです。私の説明を聴いていれば、ケアマネであれば、父の『この [続きを読む]
  • 告知
  • 父の検査結果と両親と一緒に聴いた。「9割、ほぼ間違いなく癌でしょう」医師の言葉は、予想通りのものだった。事実上の『がん告知』見せられた『画像』は、私が想像していたものより『大きかった』。100%ではないのは、細胞検査がまだしていないからだ。だから、年明け4日に気管支内視鏡で組織をとり最終検査をする。でも、それは癌かどうかを調べるのではなく、『癌細胞の種類を特定する』ためのもの。その結果を受けて今後の治療 [続きを読む]
  • 告知
  • 父の検査結果と両親と一緒に聴いた。「9割、ほぼ間違いなく癌でしょう」医師の言葉は、予想通りのものだった。事実上の『がん告知』見せられた『画像』は、私が想像していたものより『大きかった』。100%ではないのは、細胞検査がまだしていないからだ。だから、年明け4日に気管支内視鏡で組織をとり最終検査をする。でも、それは癌かどうかを調べるのではなく、『癌細胞の種類を特定する』ためのもの。その結果を受けて今後の治療 [続きを読む]
  • 大黒柱
  • 私の家は、経済的には苦しい家だと、幼いころから自分なりに認識はしていた。3畳と6畳の二部屋、一畳半ほどの台所、もちろん風呂はない。そんなアパートで家族4人で暮らしていた。銭湯も冬は1日おき。家に車など当然ない。私が大人になるまで、そんな生活だった。礼儀などに対しては、両親は厳しかった。それでも、私は両親に甘やかされて育った。9歳までは・・・。9歳の冬だった。6学年上の姉が高校受験で公立高校を落ちてしまい [続きを読む]
  • 大黒柱
  • 私の家は、経済的には苦しい家だと、幼いころから自分なりに認識はしていた。3畳と6畳の二部屋、一畳半ほどの台所、もちろん風呂はない。そんなアパートで家族4人で暮らしていた。銭湯も冬は1日おき。家に車など当然ない。私が大人になるまで、そんな生活だった。礼儀などに対しては、両親は厳しかった。それでも、私は両親に甘やかされて育った。9歳までは・・・。9歳の冬だった。6学年上の姉が高校受験で公立高校を落ちてしまい [続きを読む]
  • あと、1週間
  • 今日、仕事を土曜日に振替にして休みにして、父の、精密検査に付き添ってきた。結果が出るのは1週間後の26日(月)。もちろん、私も一緒に行く。その結果次第で、我が家の今後の全てが大きく変わる。もし、癌であれば、もう父には手術は出来ないのだから、『抗がん剤治療』か『放射線治療』のどちらかになる。82歳のわりには体力があり、釣り仲間からは『妖怪』『化け物』とまで言われている父だが、でも、82歳は82歳。化 [続きを読む]
  • あと、1週間
  • 今日、仕事を土曜日に振替にして休みにして、父の、精密検査に付き添ってきた。結果が出るのは1週間後の26日(月)。もちろん、私も一緒に行く。その結果次第で、我が家の今後の全てが大きく変わる。もし、癌であれば、もう父には手術は出来ないのだから、『抗がん剤治療』か『放射線治療』のどちらかになる。82歳のわりには体力があり、釣り仲間からは『妖怪』『化け物』とまで言われている父だが、でも、82歳は82歳。化 [続きを読む]
  • 『M様へ』ご質問への私なりの返答
  • M様へコメントの質問文、拝見いたしました。お母様のご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。お返事を、このようにブロクに載せる形でご返答させていただくこと、どうかお許しください。そのため、お名前をアルファベット表示とさせていただきました。たぶん、同じようなお悩みをお持ちのご家族もおいでだろうと思い、ブログでの返答をさせて頂きました。もし、ご不快でしたら、質問時のお名前でまたご連絡を頂ければ、すぐに削除い [続きを読む]
  • 『面接技術』についての持論
  • ご無沙汰しております。父の一件で、少し動揺してましたが、どうにか覚悟はできました。万が一、『癌』と言われたときに、すぐに次の行動ができるように、今できることは、やったつもりです。後は、来週の検査を受けて、26日に結果を聴くのみです。このところ、仕事がかなりドタバタしていまして、『twitter』では、騒いでいましたが、ブログを書く余裕がりませんでした。プライベートのメールの返事さえもなかなか書けない状態 [続きを読む]
  • 父の肺に影(3)
  • 今日は11時出勤だった。勤務時間の調整のために。父は近所の公園の釣り堀に朝から出かけていた。だから、出勤前に父のことで母に色々と話した。実は、5年前の手術が終わった直後、医師より家族だけに手術の説明があった。その最後に『万が一、再発した場合』の事を言われていた。とても短い言葉だったが、厳しい内容だった。でも、母も姉も覚えていなかった。姉には話した。母には話すべきか迷った。でも、母が知らないまま、最悪 [続きを読む]
  • 父の肺に影(3)
  • 今日は11時出勤だった。勤務時間の調整のために。父は近所の公園の釣り堀に朝から出かけていた。だから、出勤前に父のことで母に色々と話した。実は、5年前の手術が終わった直後、医師より家族だけに手術の説明があった。その最後に『万が一、再発した場合』の事を言われていた。とても短い言葉だったが、厳しい内容だった。でも、母も姉も覚えていなかった。姉には話した。母には話すべきか迷った。でも、母が知らないまま、最悪 [続きを読む]
  • 父の肺に影(2)
  • 今日は、あえて早く帰ってきた。連日残業では、さすがにバテる。今日(29日)・明日(30日)・明後日(1日)は一度少しペースを落として、2日から元のペースで仕事をするつもり。でも、仕事は持ち帰っているちなみに3日(土)は、父の病院付き添いで休む日の振り替えで半日だけど出勤する。「検査の時は来なくていい」と、父は言ったけれど、母が「不安でひとりで検査中に待っているのが辛い」と、いってきた。母はちょっとしたこ [続きを読む]
  • 父の肺に影(2)
  • 今日は、あえて早く帰ってきた。連日残業では、さすがにバテる。今日(29日)・明日(30日)・明後日(1日)は一度少しペースを落として、2日から元のペースで仕事をするつもり。でも、仕事は持ち帰っているちなみに3日(土)は、父の病院付き添いで休む日の振り替えで半日だけど出勤する。「検査の時は来なくていい」と、父は言ったけれど、母が「不安でひとりで検査中に待っているのが辛い」と、いってきた。母はちょっとしたこ [続きを読む]
  • 父の肺に影
  • 先ほど、仕事から帰ってきたら父から言われた。「手術したほうと反対の肺に白い影がある。 レントゲン写真を見せてもらったが、5年前の時と似ている」「PET検査をすることになった。」私は父に訊いた。「検査結果を訊きに行くのはいつ?」と。父「(12月)26日だ」私「わかった、26日は一緒に行く」父「頼む」私「検査の日はどうする?私も行こうか?」父「その日は検査だけだ、お前は仕事へ行け」私「わかった」父は、約5年前に [続きを読む]
  • 父の肺に影
  • 先ほど、仕事から帰ってきたら父から言われた。「手術したほうと反対の肺に白い影がある。 レントゲン写真を見せてもらったが、5年前の時と似ている」「PET検査をすることになった。」私は父に訊いた。「検査結果を訊きに行くのはいつ?」と。父「(12月)26日だ」私「わかった、26日は一緒に行く」父「頼む」私「検査の日はどうする?私も行こうか?」父「その日は検査だけだ、お前は仕事へ行け」私「わかった」父は、約5年前に [続きを読む]
  • 原点に戻って。
  • 先週の月曜日、社長と話し合いをしました。私が、謝罪しようとしたら、社長は「その話は、もういいよ」と言いました。社長が水に流してくれたのですから、社員である私は、『引くべきだ』と、思いました。具体的な話は、私のこれからのステップアップについて、未処理な事務仕事の山、私の体調のこと。そして会社のこれからのこと・・・でした。社長からは「これからもかたつむりさんの意見を言ってほしい」とのことでしたので、今 [続きを読む]
  • 謝罪
  • 先ほど、管理者(=社長)にメールを入れました。今までの社長の言動に傷ついたし社長に対して言った言葉も会社のことを考えていってました。でもその時の発言は、社員の立場での発言であり、経営者としての社長の立場までは考えていなかったのです。このことを伝えたうえで、自分が社長に対して発言するときに自分が社長から言動を受けたと時に経営者としての社長の立場や気持ちを考えることができていなかったこと、社長の立場を [続きを読む]
  • 自分の悪いところを教えていただきました。
  • 今、休憩時間に書いています。私のネット上の書き込みを見て『苦言』を下さった方がいました。 その方が送ってくださなった文章を読んでいて、自分が未熟さを自分の思い上がりを突き付けられました。ネット上に書く言葉を自身では感情的に書いたつもりではありませんが、誰が見るかわからないものということも認識していたつもりですが、それでも、配慮が足りなすぎると気づかされました。 ひとりひとり [続きを読む]
  • twitter始めました
  • ケアマネとしての『叫び』や『ぼやき』、オタクな『発言』、趣味の音楽のこと、日常のこと、いろいろぼやいてます(辛口毒舌あり)。『どんな話でもOKだよ、なんでもド〜ンと来い』という方は、覗いてやってください。(注意:オタクなサイトと共通ですので、『くれぐれも』ご注意ください)    ↓ ついった〜。 [続きを読む]
  • 張り詰めていた『糸』切れた
  • 今月に入ってから、体調が悪い。はたから見れば体調管理が悪いと思われているだろう。特に管理者(=社長)には。でも、体調不良には理由がある。酒の席での○○さんのことば。「かたつむりさんは、いろいろ言ってくれるから助かっている。 聞き流すことも多いけれどね。」これを、新入社員に言っていた、3回も。私の聴こえるところで。私は、○○さんに対して、色々苦言を言い続けてきた。個人的感情ではなく、会社の為・そのひ [続きを読む]
  • 死ぬまで抱えていく『後悔』(長文です)
  • 昨日、ある利用者様のお宅へモニタリングへ行った。   ※専門職以外のかたへ:モニタリング=定期訪問を思っていただければと思います。私は、利用者様やそのご家族にに合わせて、モニタリングの時間をかえている。短いお宅は20分。長いお宅は2時間以上。管理者(=社長)には、「かたつむりさん、『モニタリングは1時間以内にして!』」と、いつも注意されているが、私は先方からクレームが来ない限りは、このスタンスは変える [続きを読む]
  • ケアマネの『仕事』とは?(毒舌辛口注意!)
  • 先日、新入社員の歓迎会をやった。正直、私は楽しくなかった。管理者=社長が、やたら新入社員をほめるのだ。『あなたは仕事が出来る』と。たったひと月でその人の何がわかるのだろうか。 社長はやたら懇切丁寧に、彼女に仕事を教えている。4月に入った人の時もそうだった。私の時と全然違う。私は、初めの1年は社長の『誉められた』ことはない。いつも注意ばかりだった。まともに仕事も教えてもらえなかった。 [続きを読む]
  • 『モチベーション』をどう保つか(長文です)
  • 『給料』は、労働の対価。これをわかっている人は、果たしてどれだけいるだろうか。 給料が入るから仕事をするのではなく、充分な仕事をこなして、はじめて『給料』を受け取れるのである。やるべき仕事をせずに、給料だけもらおうとするのは、『ただの馬鹿』である。これは、どんな仕事でも基本である。ところが、福祉業界は、これが成り立たない。特に、介護業界は、どんなに仕事を一生懸命やっても、事業所に入ってくる『売 [続きを読む]
  • 職員が増えたけど・・・
  • 先週の月曜日に、訪問から戻る途中で、自転車ごと転倒して、額を強打しました。その日の夜にCTをとり、異常はありませんでしたが、もともと頸椎ヘルニアで首を痛めていたので、火に油を注いだようなことになり、ようやく落ち着い体調だったのに、また、身体の調子がおかしくなってしまいました。大分落ち着いてきたものの、身体も打っていたのでしょうか、背中や腰に痛みがあり、首をかばっているためか、身体中が凝って辛いです( [続きを読む]