先久SR さん プロフィール

  •  
先久SRさん: 経営者のちょっといい話
ハンドル名先久SR さん
ブログタイトル経営者のちょっといい話
ブログURLhttps://ameblo.jp/srsrsr-1/
サイト紹介文経営に役立つ情報、障害年金を含む公的年金に関する情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/01/03 11:14

先久SR さんのブログ記事

  • 労働者名簿の作成
  • 労働者名簿というのをご存知でしょうか?労働者名簿は労働法関連で言うところの法定三帳簿の一つで、労基法第107条の規定により作成せねばならないものです。作成義務があるにも関わらず、会社に作成しているか聞いてみると、作っていないところが多いように感じます。代わりに履歴書は保存してある、と回答されることが多い印象です。 作っていない会社には作るように指導をします。法律で決められている以外に労務管理上、非 [続きを読む]
  • 就業規則の周知
  • 新年、明けましておめでとうございます。 今年も、このブログで経営者に役立つ情報や、年金のお話、巷で噂になっている話にツッコミを入れたり。とにかく、気になったことをそこはかとなく書いて行こうと思っておりますので、お付き合いの程よろしくお願いします。 今年最初は就業規則の周知についてです。 就業規則を作成したら、周知しなければなりません。労働契約法では、労働契約締結時や労働条件変更時に、就業規則が有効に [続きを読む]
  • それは一斉休暇闘争というものだよ
  • 大量に従業員が同じ日に辞められたらどうします?何のことやらさっぱり分からなくなりますよね (°Д°;≡°Д°;) これだけでも大変なのに、その上有給休暇を申請して次の日から来なくなったら。。。手に汗握るお話ですね。オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ こういうことは現実に起こるのですが、会社としては有給休暇を認めざるを得ないのでしょうか。有給休暇は労働者の権利だから、泣き寝入りするしか道はないのか。 この点を扱った [続きを読む]
  • 老齢厚生年金の満額は!?
  • 先日、経営者相手に年金の話で盛り上がりました。 経営者は税金とか銀行の話には強いのですが、年金や社会保険の話になると分かっていない人が結構多いです。今、国年何号被保険者なのかとか、自分が死んだら妻にいくら年金がいくのかとか。 ある社長がたくさん役員報酬もらってるからその分年金もたくさんもらえるだろうと話していたのですが、そんなことはないですよ教えるととても驚かれました(残念な感じで(汗))。 厚生年 [続きを読む]
  • ジャルジャル、うーん
  • 楽しみにしていたM1がおわり、しばらく経ちました。 色々な面白い漫才師が出ていましたが、一際異彩を放ったと思ったのがジャルジャル。 一風変わったネタで、ジャルジャルらしい漫才だったと思います。かなりウケていたのに、審査を見てみると点数が伸び悩み、結局ファイナルにはいけませんでした。 審査の終わった時の福徳さんの悔しがりようといったらマジでしたね。見ているこちらもジーンときました。 けれども、彼らの漫才を [続きを読む]
  • 人を思い通りに動かす難しさよ
  • 人を思い通りに動かすってとても難しいですよね。 会社の社長のみならず、部下を動かすこといるポストにいる人なら誰でも悩んでいることでしょう。私の経験で、人に関係の無い物品管理の仕事でも、予想外の動きや要求をしてくる人がいて苦労したことがあります。労務管理でもなのに、管理とつく仕事は多かれ少なかれ人の管理の要素もあるようです。 「俺は自分で考えて動いていたのに、なぜ部下たちは動いてくれないんだ?」最近、 [続きを読む]
  • 会社に必要かの選別
  • 「会社を守るために就業規則を作りましょう」とよく言われます。 就業規則作成に関するホームページやチラシなどを見ていると、良いことが書いてることが多く、業務の参考になります。しかし社労士にとって参考になることであって、経営者には必要かどうかと思うことも多いです。 なぜなら大会社では必要かもしれないが、中小零細企業には不必要ではないか、実際にできるのかと思われる内容がたくさんあるからです。たとえば連帯保 [続きを読む]
  • さらば大和選手。。。
  • 阪神の大和選手がFAでDeNAへの移籍が決定しました。 阪神の中でも人気のあった選手ですし、球界を代表する守備力の持ち主が阪神から去ってしまうのは残念なことです。しかし、使われ方を思えば、大和選手は所詮、控え選手なんだと考えても仕方ないかもしれません。とくに今シーズン前半はルーキーの糸原選手の方が目立ってましたし。とにかく移籍先での活躍を祈るばかりです。 さて、移籍先のDeNA。今年は見事にクライマックスシリ [続きを読む]
  • パワハラに対する一考察
  • 最近、パワハラに関する相談をされました。 関係を簡単に言えば、先輩が後輩にパワハラしている構図。 おそらく先輩は後輩に指導しているつもりなんでしょうけど、傍からはパワハラにしか見えないというくらいひどいとのことです。きつい言葉や、あたりの物を蹴り上げてたり。なんとかしたいけど、どうすればよいかと頭を抱えているようでした。 厄介なのは、やってる本人がパワハラと思っていないことです。仕事に非常に真剣にう [続きを読む]
  • 自分の子供は可愛いけど。。。
  • 最近初めて自分の子供が産まれて、育児の大変さを思い知っている今日この頃。でも自分の子供はこれでもかっていくらい可愛いですね。しかしめちゃくちゃ可愛くても、長い時間ギャン泣きされると、疲れるし面倒見きれんわ!なんて思ってしまいます。 先日、子供がギャン泣きしているのをほっといて仕事をして、嫁さんから呆れられました。当然ですよね、反省、反省。 さーて、こんな話を枕に持ってきたのは、熊本市議会で自分の子供 [続きを読む]
  • 変わらないと変わらない
  • 先日、所属している経営者団体で講演を聴きましたがとても素晴らしかったです。 講演した社長は、かつて「中小企業は99%社長の器で決まる。」という話を聞いたことがあり、本当にそうだと実感されたことをしみじみと話されていいました。 印象に残っている言葉を以下に挙げておきます。 「経営理念とは経営者の人生そのものである」 「会社の成長とは業績が上がることではなく、社員がより豊かになることである。それが出来て業績 [続きを読む]
  • 社員の引き止めに限定正社員制
  • 先日、社員が辞めたいと言ってきている社長からの相談で、限定正社員制を提案しました。 その社員というのは、今の職種の中にある仕事の一つがどうしても嫌で、それをやらされるくらいなら転職したいと。その仕事以外は好きとのことでした。 社長はその社員の経歴が、他の社員にはないものを持っており、みすみす辞められてしまうのもどうかと悩んでおられました。そこで、その職種の仕事を見直し、当該社員の嫌がる仕事を除いた職 [続きを読む]
  • 経営者のバランス感覚
  • ある従業員が「もっと働きたい、もっと稼ぎたい、そのために残業をもっとさせて欲しい。」と申し出があったとしましょう。 経営者なら、自分にとっての都合しか考えない残業は許可はしませんよね。問題がその程度なら簡単なことですが、この申し出が会社の売上に大きく貢献するというなら、簡単に残業を認めないとは行きません。やっぱり売上に貢献し、残業も積極的にやってくれる従業員はかわいいと感じてしまうのも人情です。 し [続きを読む]
  • 怒鳴り屋にでもなっちまえ
  • 少し前「このハゲー!!!」で有名になってしまった豊田真由子議員のテレビ出演や会見がありましたね。それらの印象をや意見を見てみると、「反省してなさそう」とか「メイクとか髪型を変えてイメージを変えようとする計算が丸見え」とか総じて否定的な意見が占めていた印象です。私も同感で、もう国会議員は無理だろうと思います。 なんでも懲りずにまた選挙に出るつもりと聞きました。おそらく落選するでしょう。流石にあんな人 [続きを読む]
  • その残業は従業員を笑顔にしていますか?
  • 残業代を正確に払ってない会社って多いですよね。いわゆるサービス残業って奴です。社労士としては、払っていない残業代は払うように指導しかできないのが現状です。しかし、会社にとっては残業代を払うと経営に支障が出ることがあるので簡単には解決できません。従業員の能力に問題がある場合もありますし。 ここで一度会社に考えて欲しいのは、請け負っている仕事についてです。残業させてまで、従業員を疲弊させてまで請け負う [続きを読む]
  • 不当な請求から会社を守れ!
  • どういう訳か最近、未払い賃金とか未払い残業代とかの相談が立て続けに来ました。世間的に流行っているとはいえ、いざ自分の所に相談が来るとびっくりするものですね。 会社に行って相談に乗る。請求の経緯や請求した元従業員について色々と聞く。払っていない残業代があるなら、計算して交渉材料などを考える。また交渉するならどの弁護士に頼もうかとか。 この手の請求で出てくる問題に「賃金の全額払いの原則」があります。とく [続きを読む]
  • 振替加算の支給漏れ
  • 一定の条件で老齢基礎年金につく振替加算が支給漏れになっているというニュースがあった。主な原因として共済組合と年金機構の情報連携不足が挙げられている。 共済との連携不足もさる事ながら、年金相談で、振替加算の支給漏れの恐れがある場合と言えば、いわゆる年上女房のケースである。 日本の年金のモデルは夫が年上で厚生年金を長く掛けている(専門的に言えば厚生年金を20年以上かけている)、妻は専業主婦で厚生年金は結 [続きを読む]
  • イップスというよりも
  • 阪神ファンにとって気がかりなことに藤浪投手のことがあるだろう。私もずっと気にしている。最近登板した試合でも死球から明らかに投球がおかしくなっていた。もう今シーズンはダメかもという印象を強く受けた。 よく「藤浪はイップスではないか」という声が聴かれる。スポーツ選手特有の精神的な病気。素人の私ですらイップスだろうと思う。 それと特に気になったことがある。藤浪投手が「最近野球が面白くない」とか「当たり前に [続きを読む]
  • 心の距離は大丈夫?
  • 経営者との話で悩みごととなると、必ず人の話になる。 先日、とある会合で経営体験報告を聞いたが、やはり部下との関係がうまくいかず、悩んだ時期があったと話の中で述べられていた。 関係がうまくいかなかったことを今改めて分析してみると、コミュニケーション不足や心の距離が離れていたのではなかったか、とのこと。当たり前なことだが、心の距離って経営者の考える以上に難しく、簡単に離れていくものらしい。だからこそ、常 [続きを読む]
  • 祝 鳥谷選手の2000本安打達成
  • 9月8日に阪神の鳥谷選手が2000本安打を達成した。この偉業に敬意を評したい。おめでとうございます。 特に嬉しいのが阪神の生え抜き選手が達成したこと。阪神で今まで達成した生え抜き選手が藤田平氏しかいないところを見ると、この球団で達成することってとても難しいことなんだと思う。注目度が高く、マスコミや熱狂的なファンのなかでプレーをし続けるには、強靭な精神力が必要だろう それに加えて、キャリアの大部分をシ [続きを読む]
  • わんダフル
  • 17歳になるダックスフンドのメスが、泥棒逮捕に貢献し、警察から感謝状を送られるというニュースがあった。 犬で17歳とは人間で言うと80歳代後半になるらしい。そんな老犬が泥棒逮捕に一役買うとは大したものである。 このニュースを見て、犬飼いたいという思いが。昔、実家で4匹飼っていたもので。しかし、死ぬまで面倒みるのが大変だし、死んだらペットロスに悩みそうで怖い。 イギリスでは諺に「子供が出来たら犬を飼い [続きを読む]
  • 日野皓正問題
  • 日野皓正の中学生に対するビンタが世間の話題になっている。体罰問題にからめてだ。近年の日本社会は「体罰=悪」という風潮で、ワイドショーなどでは批判的に取り扱われている印象である。 体罰はダメなことは分かっている。では「体罰の定義とは?」となると、とたんに分からなくなってしまう。おそらくは行政では定義されているとは思うのだが。(不勉強で申し訳ない)。なぜ体罰はダメか。それは他人の子供に手を上げるからか? [続きを読む]
  • 助成金のもらい方
  • 私の仕事の範疇に助成金申請がある。(私のブログの名前に助成金が入っているので、仕事なのは当然だが。) 経営者は非常に助成金について興味をもっているものの、具体的にどういうものがあるのか、どうすればもらえるのかを知らない。よく知っていてキャリアアップ助成金程度だろう。 助成金を詳しく知っていれば、採用計画や入社後の教育、待遇を考えるときに、利用できる場合が多いので有効な資金調達の手段になる。もちろん、 [続きを読む]
  • 新卒は全滅する
  • 社員の採用について悩んでいる経営者は多い。 そんな悩みを抱えつつ、人を確保し経営を軌道にある程度乗せることが出来たら、次なるステージとして経営者は新卒採用を考える。これが非常に難しい。 ある程度人を定着させることが出来ているから、新卒も大丈夫だろうと考えて採用したが1年たたないうちに全員辞めてしまった、そのショックで新卒採用に二の足を踏んでいる、という話も聞く。新卒採用と中途採用の違いをよく理解して [続きを読む]
  • 北朝鮮のミサイル
  • 先日、北朝鮮から発射されたミサイルが日本の上空を事前通知なしで通過下というニュースが世間を賑わせた。その日の朝から、ずっとそのニュースをしており、今でも、ニュースの話題として取り上げられている。日本の安全保障上重大な問題なので政府はしっかりと取り組んでほしい。 このニュースを語るのによく出てくるものに「Jアラート」がある。気になるのが、その批判的な意見だ。例えば「日本を通り過ぎた後に鳴っても意味がな [続きを読む]