kingbananaqueen さん プロフィール

  •  
kingbananaqueenさん: Je voudrais pas crever
ハンドル名kingbananaqueen さん
ブログタイトルJe voudrais pas crever
ブログURLhttps://ameblo.jp/kingbananaqueen/
サイト紹介文アートメインにしようかと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/01/03 12:52

kingbananaqueen さんのブログ記事

  • Lot and His Daughters
  • 『ロトとその娘たち』天からの硫黄と火によって滅ぼされたとされる都市ソドムとゴモラ天使から事前にそのことを知らされたロトは妻と2人の娘と共に逃げるしかし妻は振り返ってはならぬと言われたのに振りかえってしまい塩の柱になってしまうロトと2人の娘はその後山中の洞窟に移住2人の娘はロトを酒で酔わせて近親相姦に及びそれぞれ男の子を生むそれぞれの男の子はモアブ人とアンモン人の祖となったと言うお話Lucas Cranach the E [続きを読む]
  • Samson and Delilah
  • 『サムソンとデリラ』敵のデリラという女性を愛するようになった怪力の英雄サムソンそのデリラに力の秘密を密告されてしまう力の源である髪を寝ている間すっかり剃り落とされて力を失ったサムソン目を抉られて牢で粉ひきをさせられ見世物にまでさせられてしまうしかしサムソンは神に祈って力を再び取り戻し柱をへし折って神殿を倒壊させ大勢の敵の人々を道連れに命を落とすと言うお話Lucas Cranach the Elder Samson and Delilah c [続きを読む]
  • Justice
  • ローマ神話に出てくる剣と天秤を持つ正義の女神『ユスティティア』ギリシア神話だと『テミス』ある時期から目隠しをしているものになるがこの頃はまだないLucas Cranach the Elder Allegory of Justice 1537こんあのもあるLucas Cranach the ElderJustice1534他の人の作品Hans von Aachen The triumph of Truthc.1598RaphaelJustice, from the 'Stanza della Segnatura'1509-11The Rolling Stones - Rough Justice [続きを読む]
  • Lucretia
  • コッラティヌスの貞淑な妻『ルクレティア』その彼女を襲ったセクストゥス彼女は父と夫を呼び事の顛末を話し貞操を無理やり奪われたとして短剣で自分の胸を貫きその命を絶つ場面Lucas Cranach the Elder Lucretia c.1510/13Lucas Cranach the Elder Lucretia 1529Lucas Cranach the Elder Lucretia 1532もちろんこの主題の作品は他にも色々ある本人のものや工房のものまで相当な数だLucas Cranach the Elder Lucretia c.1530Lucas C [続きを読む]
  • Adam and Eve
  • Lucas Cranach the Elder Adam and Eve (The Fall)1509Lucas Cranach the Elder Adam and Eve (The Fall)After 1537 『アダムとイヴ
    (堕罪)』時代が違うとこれだけ違う他にアダムとイヴを描いた作品をいくつかLucas Cranach the Elde
    r Adam and Evec.1508-10Lucas Cranach the Elder Adam and Eve c.1510-1520Lucas Cranach the Elder Adam and Eve1520-25Lucas Cranach th
    e Elder Paradise1530他の人が描いたものをいくつかMasac [続きを読む]
  • The Judgement of Paris
  • Lucas Cranach the Elder The Judgement of Paris 1508この主題である『パリスの審判』はギリシア神話の一挿話『トロイア戦争』の発端とされる事件海の女神であるテティスと英雄ペーレウスの結婚を祝う宴席招かれなかった争いの女神エリスが『一番美しい女神へ』と書いた黄金の林檎を宴に投げ入れるこの林檎をめぐってヘーラーとアテーナーとアプロディーテーが争うゼウスは仲裁をイリオス王プリアモスの息子イデ山で羊飼いをして [続きを読む]
  • Venus and Cupid
  • Lucas Cranach the Elder Venus and Cupid c.1508/09ここで描かれているヴィーナスは随分とふくよかだクラナーハのものと言う感じがあまりしないけれどクラナーハは他にもヴィーナスとキューピッドを色々描いている工房のものもあるかもしれないけどいくつかLucas Cranach the Elder Venus and Cupid 1509Lucas Cranach the Elder Venus and Cupid c.1525Lucas Cranach the Elder Venus and Cupid c.1537クラナーハの作品を元にピ [続きを読む]
  • St. Christopher
  • 『グラフィズムの実験─版画家としてのクラナーハ』では国立西洋美術館所蔵の作品が並んでいたみたいだそれは以前にアップしているので出ていなかったアムステルダム国立美術館の『聖クリストフォロス』Lucas Cranach the Elder St. Christopher c.1509『キリストを背負うもの』と言う意味の『クリストフォロス』この作品もキリストを背負っている無償で人々が川を渡るのを手伝っていたレプロブスある日男の子が川を渡りたいと頼ん [続きを読む]
  • Portraits
  • Lucas Cranach the Elder Princess Maria of Saxony 1534『ザクセン公女マリア』は衣裳が何だかスゴイこの豪華な衣装と真珠を編みこんだ冠は花嫁を表しているみたいだ肖像画がこのあたりは色々出ていたようなのでまとめてしまおうこの2つは対になっている『ザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒ寛大公』とその妻『ジビュレ・フォン・クレーフェ』Lucas Cranach the Elder Elector John Frederick the Magnanimous 1532Lucas Cranach [続きを読む]
  • Exlibris of Christoph Scheurl
  • Lucas Cranach the Elder Exlibris of Christoph Scheurl c.1510『クリストフ・ショイルルの蔵書票』『蔵書票』って本の見返し部分に貼って持ち主を明らかにする為の小紙片のことこれって結構色んなものがあるから見ているだけで意外に面白い初期はそうでもないけどBookplate for Hilprand Brandenburg of Biberach1480Exlibris of Hanns Igler Knabensberger1450-70Albrecht DürerBookplate of Willibald Pirckheimerc.1502Ex li [続きを読む]
  • St. Jerome and St. Leopold
  • Lucas Cranach the Elder St. Jerome 1515アンブロジウス・アウグスティヌス・グレゴリウス1世と並んで『四大ラテン教父』の1人とされている神学者がこの聖ヒエロニムスヘブライ語の『旧約聖書』とギリシア語の『新約聖書』をローマの一般民衆が読めるラテン語に翻訳した人獅子とともに描かれているのは茨のとげが突き刺さっていたライオンを助けてあげたという話があるからだそれにしてもここに描かれている獅子の顔が何だかとぼ [続きを読む]
  • The Martyrdom of St. Catherine
  • Lucas Cranach the Elder The Martyrdom of St. Catherine c.1508/09『聖カタリナの殉教』並はずれて優れた知性と美貌を備えていたと言われ聖カタリナ信者がその名を呼ぶことで難を救ってくれるとされる聖人『十四救難聖人』の1人でここでは大釘を打ち付けた車輪の刑に処せられるカタリナが描かれている結局車輪はこの絵のように打ち砕かれ刑は失敗に終わるがその後斬首されて殉教したと言う他にもクラナーハはこのテーマで作品を [続きを読む]
  • The Holy Family Surrounded by Angels
  • Lucas Cranach the ElderThe Holy Family Surrounded by Angels[the Left Wing of a Lady Altar]c.1510/12Lucas Cranach the ElderEducatio
    n of the Virgin Mary[the Right Wing of a Lady Altar]c.1510/12『天使に囲まれた聖家族(「聖母伝」を表わした祭
    壇画の左翼パネル)』と『聖母の教育(「聖母伝」を表わした祭壇画の右翼パネル)』やはりこ
    の人の描く子供や天使は可愛くないぞそういう問題じゃあないにしてもだまあ『Angel [続きを読む]
  • Rest on the Flight into Egypt
  • Lucas Cranach the Elder Rest on the Flight to Egypt 1509『エジプト逃避途上の休息』これを題材にした作品って色々ある新約聖書『マタイによる福音書』2章16節〜18節のエピソードで新しい王がベツレヘムに生まれたと聞いて怯えたユダヤの支配者ヘロデ大王がベツレヘムで2歳以下の男児を全て殺害させる為に兵を放つお告げでこの危機を知った聖ヨセフと聖マリアと幼子イエスはエジプトへと逃れたためイエスは殺害を免れたと言うお [続きを読む]
  • Christ Child Adored by the Little St. John
  • Lucas Cranach the Elder Christ Child Adored by the Little St. John c.1515/20『幼児キリストを礼拝する幼き洗礼者聖ヨハネ』ルカ福音書にはヨハネの母エリサベトとイエスの母マリアが親戚だったと書かれているなので幼き二人を描いた作品は多いが知っている限りでは聖母子とヨハネと言うものが多いように思うがどうなんだろうそんな中でこの作品と同じように幼き二人を描いた作品と言えばムリーリョの描いたものくらいしか思い [続きを読む]
  • The Virgin with Child
  • Lucas Cranach the Elder Elector Frederick the Wise Adoring the Virgin c. 1512/15『聖母を礼拝するザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公』色が付いていないヴァージョン時代は異なるけどクラーナハが『聖母子』を描いた他の2作品Lucas Cranach the Elder Virgin and Child c. 1515Lucas Cranach the Elder Virgin and Child with the Little St. John After 1537クラーナハの『聖母子』を探すとクラーナハの工房やクラーナハの追 [続きを読む]
  • Frederick the Wise, Elector of Saxony
  • ちょっと『クラーナハ展−500年後の誘惑』に出品されていた作品を見ながらまたあちこち寄り道していこう最初は『ザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公』Lucas Cranach the Elder Frederick the Wise, Elector of Saxony c. 1515この感じは実物はもっと良いんだろうと思わせる服の描き方とかが特にそんな感じだこの神聖ローマ帝国においてドイツ王に対する選挙権を有した諸侯の家柄ザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公ヴェッティン家の出 [続きを読む]
  • Lucas Cranach the Elder-The Garden of Gethsemane
  • Lucas Cranach the Elder - The Garden of Gethsemanec.1518ルカス・クラーナハ(父)の『ゲッセマネの祈り』ゲッセマネはエルサレムのオリーブ山の北西麓にあった地名アラム語で『オリーブの油搾り』とか『オリーブの酒舟』を意味するらしいイエスと弟子たちが最後の晩餐の後に祈りを捧げた場所そしてイエスがイスカリオテのユダに裏切られ捕えられた場所メル・ギブソンがメガホンをとった2004年の映画『The Passion of the Chris [続きを読む]
  • Rogier van der Weyden - Portrait of a Man
  • Rogier van der Weyden (follower of) - Portrait of a Man1430'sロヒール・ファン・デル・ウェイデン(派)『ある男の肖像』これも『派』が付いちゃう『帰属』とか『と工房』とか仕方ないのだけれどそれにしてもこの陶磁器のようなツルっとした感じの肌の描き方なんだかちょっと怖いさてロヒール・ファン・デル・ウェイデンと言えばやはりプラド美術館の『十字架降架』だろうプラドを訪ねた時にボクはこの作品を見ただろうか?修 [続きを読む]
  • Adrian Isenbrandt-The Madonna & Child Enthroned
  • Adrian Isenbrandt (attributed to) - The Madonna and Child Enthronedアドリアーン・イーゼンブラント(に帰属)『玉座の聖母子』この『玉座の聖母子』を描いたものって沢山あるただこの作品は聖母子も素敵なのだがやはり玉座を囲む背景の彫刻模様がスゴイ他の『玉座の聖母子』を描いた作品をいくつか沢山あるんだけれどなかなかこれはいいぞと言うものはボクには少ないRogier van der Weyden - Virgin and Child Enthronedc. 14 [続きを読む]
  • Bartolomeo Montagna - Landscape with Castles
  • Bartolomeo Montagna (attributed to) - Landscape with Castlesバルトロメオ・モンターニャ(に帰属)『城の見える風景』この時代としてはこう言った風景画は珍しいようだ確かにあまり見かけない何でも自然は危険で人間に敵対するものとして考えられていたらしくそれ故画題にならなかったようだなるほどそう言いものなんだただ一説にはもっと大きな絵の一部とも考えられているらしい意外に人物が描かれていてこれは背景だったりし [続きを読む]
  • Francesco Botticini - St. Nicolas and…
  • Francesco Botticini - St. Nicolas and Sts. Catherine, Lucy, Margaret and Apolloniaフランチェスコ・ボッティチーニ『聖ニコラウスと聖カタリナ、聖ルキア、聖マルゲリータ、聖アポローニア』真ん中に座っているのが聖ニコラウスサンタクロースの原型になったと言われている貧しくて娼婦にさせられそうになった三人の娘を助ける為に窓から投げ込んだ金を手にしている車裂きの刑に処せられそうになった聖カタリナが左端粉砕した [続きを読む]
  • Dirk Bouts (follower of) - Mater Dolorosa
  • Dirk Bouts (follower of) - Mater Dolorosa/Christ Crowned with Thornsディーリック・バウツ(派)のこの作品妙に印象に残るそれぞれの額縁の下には『O VOS OMNES QUI TRANSITIS』『RER VIA ATENDITE ET VIDETE』と書かれていてこれは旧約聖書『哀歌』第1章12節『すべて道を行く人びとよ、汝ら尋ね見るべし』のラテン語のようだそう言えばこれに似た感じの作品があるアードリアン・イーゼンブラントの作品だただキリストは長袖の [続きを読む]
  • Portrait of a Young Man as David
  • Tintoretto (Jacopo Robusti) - Portrait of a Young Man as Davidc.1555-60染物屋の息子(ティントレット)だったヤコポ・ロブスティは6世紀後半のヴェネツィアの代表的画家の作品ダビデとして描かれている男の奥に頭と胴体が切り離された男が倒れていてさらにその奥には逃げる軍隊旧約聖書の『サムエル記』に登場するペリステ人の巨人ゴリアテをスリング(投石器)だけで倒した羊飼いダビデとして描いているわけだイスラエルの英 [続きを読む]