Russian Rose さん プロフィール

  •  
Russian Roseさん: Russian Pink 〜薔薇とピンクと陽だまりと〜
ハンドル名Russian Rose さん
ブログタイトルRussian Pink 〜薔薇とピンクと陽だまりと〜
ブログURLhttp://russianpinkcat.blog.fc2.com/
サイト紹介文東京の片隅の小さな庭で節約&手抜きしながらローズガーデン作成中☆ロシアンブルーのピンクのお話も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/01/03 13:23

Russian Rose さんのブログ記事

  • アジュガとレースフラワー そしてオダマキデビュ〜♪
  • 今まで、バラ以外のものも結構仕入れてきましたが、ほとんど姿を消してしまいました。バラ様以外は、放置プレイの R&R Rose Garden 。バラ以外のお世話になかなか気が回らず、クレマチスでさえ、咲いたら咲きっぱなしで、ようやくお世話に目覚めたこの頃なのです(^.^;バラ、クレマチス、クリロー、アジサイ以外に生き残ったものは。。。アジュガ、レースフラワー、オルラヤ、クローバー。葉物のヒューケラ、ホスタ、つる日々草、ヤ [続きを読む]
  • マダムビオレ 2017春 すべてはこの薔薇から
  • 我が家のファースト・ローズのマダムビオレです。とっても整った高芯剣弁の花形です。妹が買った新苗ちゃんでした。とっても美しいバラですが、香りがないのがちょっぴり残念です。樹形は横張りで、枝もけっこう暴れます。サンルーム前のバラ花壇の真ん中にいるのでアイスバーグやガブリエルとこんな風に写ったりします。このマダムビオレは側蕾を取らずに、ふらりパンダみたく咲かせた花です(^.^;ナエマは後列でお隣に反対側には [続きを読む]
  • エンジェルフェイス 2017春 元気一杯?
  • この子も、近所の園芸店からお迎えした子です。エンジェル・フェイスです。近所で買った子で、元気に育っているのはこの子くらい(^_^;)でも、サンルーム前の陽当りが一番いい場所のせいかも知れません。うちの子は何故か、とっても華やかな色合いに花形なのです。「モーブラベンダー色にルビーの縁取りが入る 波状弁の中輪花です。葉は濃い緑色です。強いレモンの 香りがあります。 アメリカ・1968年・S&W作出」と、園芸ネットさん [続きを読む]
  • ピンクフレンチレース 2017春 本家より元気?!
  • 前記事のフレンチレースの枝変わりです。こちらは、日本作出だそうです。この子は、近所のコーナンで出会った子。やはり、生育がイマイチです(´ε`;)ウーン…いつもはだいたい、バラの家からお迎えしているのだけど本当に育ち方が違い過ぎて。。。結局、枯れてしまい、バラ苗専門店から同じものを買った品種もあります。もう、絶対にそこら辺で間に合わせるのはやめようと誓いました(-_-メ)それでも、このピンクフレンチレースは、 [続きを読む]
  • フレンチレース 2017春 未だ一本杉です(T_T)
  • ふらりパンダローズのフレンチレースです。フレンチレースとか言いながら、実はアメリカンローズなのです(^.^)アメリカのワーナーのバラです。卷き方がとても美しいバラなのです。この上品な花は大好きです?昨年は、隣のピンクフレンチレースの影になり、やっと少しだけ咲いてくれました。裏の園芸店で買った苗なのですが、苗業者にまんまと騙されて、ひと鉢にしょぼい苗が2本入っていたのです(~_~メ)(※詳細はこちら)あれから [続きを読む]
  • レイニーブルー 2017春 ん?!もしかして。。。(・・;
  • 最近のうちでの人気は、ガブリエルをしのぐでは?!と思うのは、mimihaさんがブログで幾度となく宣伝してくれているからかも(^m^)ドイツ タンタウのうなだれちゃんのレイニーブルー。ものすごい多花性で、側蕾までちゃんと咲いてくれる、優秀な小型のつるバラです。淡い紫〜白っぽく退色するまで、グラデーションも綺麗です。最近、過去写真を見ていたり、今年の蕾を見て。。。ん?!(・・;もしかしてサンルーム側の方が、花つき [続きを読む]
  • ターンブルー 2017二番花 夜明けの青
  • ターンブルーの二番花です。たまたま早く目覚めた朝。庭に出ると、ターンブルーの二番花の青がとっても美しくて?やはりまだ薄暗くてピントが合っていませんが(^.^;この写真が、かろうじてタグの写真に似ているかしら?樹勢は弱そうなのに、すごい「咲きたがり」さんなのです。貧弱な株なのに、すぐ蕾をつけてくれるし、二番花はミニバラちっくで美しかったりして(*_*;実は、花形がわたしとしてはイマイチで心の片隅で密かにリスト [続きを読む]
  • ナエマ 2017春 ナエマの花束
  • こちらも昨年ちょこっとあげたきり、出し惜しみしていたら、急に忙しくなってそのままでした(^^ゞデルバールの一番人気、四季咲きのつるバラ、ナエマ。ナエマが咲き始めた庭に出るのはロザリアンとして至福の瞬間?と言ってもいいでしょうね(*‘ω‘ *)庭にこの香りが満ちてくると、そろそろ一番花も終わりを告げる頃になります。遅咲きなのですよね。つるバラとしては、ステムが長く大型なので、広いお庭かフェンスでないと難しい [続きを読む]
  • ガブリエル 2017 二番花
  • 河本ローズのガブリエルの二番花です。一番花よりだいぶ小ぶりなのですがやっぱりどんな花でもフォトジェニックなお方?たとえ傷んでしまっても、変わらない美しさでさすがの花形ですね(*‘ω‘ *)この頃までは元気だったガブ様なのですが。。昨年は、隣のアイスバーグのパワーに押され、伸長したレースフラワーに押され、日陰がちとなり、毎年出ていたベーサルが出ませんでした(;_;)おまけに、ベーサル2本もダメになり。。。年末 [続きを読む]
  • 来年の幸せのために? その2
  • クレマチスもゴージャス系が好きなRussian Rose(〃∇〃)でも、バラとコラボ出来るゴージャスクレマってなかなかなくて、やっと遅咲きと噂の子を見つけてお迎えしました。「マズリー」という品種です。バラは花期が短いので、サンルーム前のラティスには、なるべくクレマも植えていこうと思っていて、このマズリーは、ビアンヴニュと色や雰囲気が似合いそうかな〜って♪さて、来年はコラボなるか?!Nさんから頂いた、ゴージャスク [続きを読む]
  • 来年の幸せのために? & とんでもない一日でした(~_~メ)
  • (´∀`*)ウフフ、買っちゃった?すごい久々に覗いたコーナンの園芸コーナーで、みよしのクリローちゃん達が売れ残っていて買ってしまいました。ダブルブラック達のメリクロン苗。メリクロン苗は、実生苗と違って、違う花になることはない苗で、挿し木みたいな感じですぐ花も咲くのよ〜♪(´艸`*)(まぁ、今買ったら来年までは無理だけど知ってたら去年のうちに仕入れたのに(TдT))なんかね。。。昨年リベンジしたダブルブラックち [続きを読む]
  • カインダブルー 2017春 挿し木苗が順調すぎて(^_^;)
  • 3〜4年前の国バラで発表され、一番人気だったコルデスのバラです。世界で日本が先駆けて発売になった品種です。一昨年バラ友Nさんから、剪定枝を戴き挿し木にしました。3つ成功して、ひとつはご近所バラ友さん宅へひとつは、rekuぼたんさんちへお嫁に行きました(*^^)vでもって、更にNさんが「ラドルチェヴィータの挿し木だよ〜♪」って持ってきたのが、咲いてみたら「カインダブルー」で(^_^;)またついこの間、更にもうひとつ [続きを読む]
  • いいもの見つけた〜♪ 続・ホワイトラティス計画
  • 今年は、サイクルポートに白モッコウをちょっぴり誘引してみたのですが。。。ふと通路の白い門扉からサイクルポートの間にも、ホワイトラティスを置きたくなって、ふらふらと楽天で「プランター ラティス 樹脂」で検索してみたところ、良さげな物を発見!(※これ以降画像は全てお借りしたものです)その名も「ぽんと置くだけラティス」って(*´艸`*)高さは3種類あって、180センチタイプなら、ブロック塀が隠れちゃう〜♪色違 [続きを読む]
  • シンデレラ 2017春 日陰に強い四季咲きのつるバラ
  • コルデスの四季咲きのつるバラ シンデレラです。愛らしいピュアなピンクの中輪で、多花性です。耐病性がとても強く、丸みのある丈夫な深い緑の照り葉をしています。日陰に強いバラとも言われていて、アーチの向こう側の日陰でも、枝の茂り具合や花つきは確かにいいです。四季咲きですが、うちでは夏剪定をしても、秋にはほとんど咲きません。花を楽しめるのは、夏の終わり頃までです。もともとは、アーチ用にお迎えしたのだけど、 [続きを読む]
  • 今年のクリロー畑
  • rekuぼたんさんからのリクエストで今年の日陰花壇のクリロー畑を紹介します(=゚ω゚)ノ♪ただ、最近この日陰花壇のイチジクで爪を研ぎ、おしっこしていくとんでもない女がいまして。。。男好きシャム子ママです(▼へ▼メ)割り箸やら&猫よけグッズ満載と、手入れしていない日陰ゆえの苔とか、オルトランの白い粒は見ないフリでお願いします(^.^;こちらは、そばかすつきのダブルホワイト毎年花つき多すぎのダブルレッド一番好きなダブル [続きを読む]
  • ピンクも花粉症?! そして悲しい過去が判明(= ; ・ ; =)
  • 花粉の季節ですね。わたしも昨年から、目の周りがうっすらとかゆい感じがしています。食物アレルギーがおさまってきたピンクさんですが、何故か最近目ヤニと鼻水が酷いのです(^_^;)食物アレルギーだと、だいたい顎の下にハゲが出来るのですが、それは見当たりません。どうやら猫も花粉症になるらしく、アレルギー体質のピンクは発症してしまったみたいです(>_右目は元々綺麗だったのに、アレルギーだと両方に目ヤニが出てしまいま [続きを読む]
  • My Lemonade ?(10)
  • 「人生が君という人間に与えた最も酸っぱいレモンでなんとかレモネードを作った経験を」初めてこの言葉を聞いた時、静かな衝撃がありました。瞬時に全身全霊でもって、その意味を理解してしまいました。胸の奥で疼く痛みを、シンプルで的確に言い当てる言葉と出会って、改めてその正体に気づいたのです。そんなふうに、全てが突然クリアになる瞬間が時々あるけれど、これはわたし史上最高でした。「人生が与えた最も酸っぱいレモン [続きを読む]
  • My Lemonade ?(9)
  • 母とチビを亡くした年、庭をバラ庭にしようと決め、ピンクを引き取り、アーチを設置しました。年が明け、少しずつバラをお迎えして、ピンクも5月に全抜歯して口内炎も劇的に良くなりました。でも、長い通路を通る時の胸の痛みはなかなか消えませんでした。途中に門扉をつけて、通路の印象を変えたいなと思いました。見た目的に距離も半分になるし、庭も広く見えるかもと思ったのです。いつもの視える友人に相談すると「胸が痛むの [続きを読む]
  • My Lemonade ?(8)
  • 捕獲された「グレちゃん」を手渡されて、すぐに動物病院へ連れていきました。年齢は推定4歳とのことでした。健康状態は、熱があり、ガリガリで2.5キロしかありませんでした。猫風邪からのひどい口内炎で歯茎が真っ赤に腫れていて、前歯が上は半分、下は全部抜け落ちていました。左目は膿んで腫れ、お腹には寄生虫がいました。鼻水もひどく、これは治らないだろうと言われました。当面の抗生物質とステロイドの注射をしていただき [続きを読む]
  • My Lemonade ?(7)
  • チビの突然死によるペットロスは、正直かなり堪えました。母の突然死を慰めてくれた唯一の「癒やし」の存在だったのですから。実際、母を失った時よりも、激しく泣いていたと思います。もっと一緒にいたかったのに。。。という想いで一杯でした。母がいなくなってから、いつもおやつをあげた後で姿が見えなくなるので探すと、チビは決まって母の部屋にいました。嬉しい気持を報告に行っているみたいでした。わたしが母の部屋に見に [続きを読む]
  • My Lemonade ?(6)
  • 今回は、もうひとつの小さな悲しいレモンのお話になります。前記事にあったように、その頃我が家にはチビという、白黒のタキシードキャットがいました。うちの裏で、野良猫さんが産んだ猫でした。母がごはんをあげて、我が家の猫になった子でした。チビは母の猫でした。チビも母が一番好きで、よく甘えていました。春頃から、近所の野良猫嫌いの人が、毒餌を野良猫にやっていたようで、4月〜5月にかけて、最初に茶トラの猫が、う [続きを読む]