pucayu さん プロフィール

  •  
pucayuさん: Who stole my sheep? ひつじ泥棒2
ハンドル名pucayu さん
ブログタイトルWho stole my sheep? ひつじ泥棒2
ブログURLhttp://whostolemysheep.hatenablog.com/
サイト紹介文気になったこと、旅のこと、どうでもいいような話を書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/01/03 15:37

pucayu さんのブログ記事

  • 上海の夜の公園
  • 1日中降り続いた雨の日のあと、夏から秋の空気に入れ替わった感じです。ようやくお散歩の季節になってきた気がします。上海の夜の公園でよく見る光景。音楽がかかり、人が集まって踊っているわりとアップテンポな歌謡曲っぽい、歌詞の最後が「ウォーアイニ〜(愛してる〜)」というレトロな雰囲気の音楽に合わせ、男女のペアが思い思いに踊っています。決まった振り付けがあるわけではなく、反時計回りに進みながら、自由に踊 [続きを読む]
  • 九州乳業「プリンは」みどり、なに?
  • プレーンスーパーで二度見した「プリンは」。「プリンは」はどこにかかるのか。「プリンは純粋」なのか「純粋プリンは」なのか。はたまた右上に小さくあるみどりにかかって「プリンはみどり」なのか。もしくは「プリンは」で完結しているものなのか。九州乳業とありますが、そもそも日本の会社なのか。すぐ疑ってしまうのですが、2012年のジェトロのビジネス短信によると、日本の九州乳業と中国の武漢市政府が出資する日中合 [続きを読む]
  • 上海の日本(クラシファイド広告)
  • クラシファイド広告とは、《classifiedは「分類された」の意》簡潔な文章を一覧掲載する形式の広告。多く、地域や内容別などに分類・配列される。古くは新聞の三行広告、近年ではクラシファイドサイトのような形態がある。クラシファイドアド。https://kotobank.jp/word/クラシファイド広告-1818979随分前は、TOEICのような英語のテストにもクラシファイド広告の「アパート貸します」「ルームメート募集」などを読む問題が取り [続きを読む]
  • プラハ盛り(プラハ散歩7)
  • その他、まとまらなかった寄せ集めもくじ のりもの クルテク 駅ピアノ 知らない国 知らない言葉 プラハの印象のりもの24時間券 110Kc ≒ 550円このチケットでトラムや地下鉄が乗り放題。他にも1回券や、90分券、72時間券などいろいろなバリエーションがあります。1日券じゃなく、24時間というシステム、非常に良いと思います。みんなそうしたらいいと思う。初回のみ地下鉄の改札やトラムの中で打刻。検 [続きを読む]
  • 食べものエトセトラ(プラハ散歩6)
  • もくじ チキン ポーク ココナッツ 京都チキンウィーン乗り継ぎでプラハまで、オーストリア航空には初めての搭乗です。機内のBGMが「美しく青きドナウ」、さすがオーストリア航空。座席に着くとほどなくしてCAの方が「Do you speak English? (英語話せます?)」と声をかけて来ました。「これを中国語で書いてほしいんだけど、お願いできるかしら」彼女の手にはBeefとChickenと書かれた紙。(あ、チキン… [続きを読む]
  • シュコダ博物館、チェコの車窓から(プラハ郊外5)
  • もくじ シュコダ(ŠKODA)とは シュコダ博物館(ŠKODA Muzeum) 反省 チェコの車窓からシュコダ(ŠKODA)とはシュコダとは、チェコの自動車メーカーで、チェコ産業界最大企業(現在はフォルクスワーゲングループ)のひとつです。日本で見かけることはほぼありませんが、個人輸入するマニアな方とかいるのかしら。その昔、西東京の東伏見にやってきたことがあるそうです(博物館資料)シュコダ博物館(ŠKODA [続きを読む]
  • プラハ観光:わたしの気になる6選(プラハ散歩3)
  • もくじ 悲劇のプラハ城 プラハ城の悲劇(1) プラハ城の悲劇(2) プラハ城の悲劇(3) ぎゅうぎゅうカレル橋 愛の橋(正式名称不明) 有名人のお墓(ヴィシェフラト/Vyšehrad) 世界最古のキュビズム建築「黒の聖母の家」 踊るダンシング・ハウス(1996)悲劇のプラハ城プラハ城の悲劇(1)お城のある街に来たら「とりあえずお城行っとく?」となり [続きを読む]
  • 意外と意外だった(プラハ散歩1)
  • もくじ プラハの滞在日数は 意外じゃないプラハ 意外だったプラハ(前半) 暑い 臭い 不可 韓国 マック プラハの滞在日数はチェコの首都プラハは、人口約130万、街全体が歴史地区として世界遺産にも登録されています。チェコや中欧の他の都市とあわせて、数日立ち寄る旅行者も多いでしょうし、ヨーロッパ各国からですと飛行機や電車ですぐなので [続きを読む]
  • 旅先は/旅のブログについて(0)
  • もくじ 旅先は(1) 旅のブログについて(1) 旅のブログについて(2) 旅先は(2)旅先は(1)ワールドカップをテレビで見ながら何度か繰り返された「夏休みどこに行こうか」の会話。見ているものや、聞いているものにひっぱられがちなわたしは、ロシア開催のワールドカップということもあって、当然(?)ロシアもいいなあと思っていました。外は恐ろしい暑さで、深夜のワールドカップのゲームの時間帯に [続きを読む]
  • そんな日はやってくるのか
  • 食べ物の美味しい国にやってきてしまいました。特に今の季節はフルーツがとても美味しいです。街のそこら中に果物屋さんが並んでいるので、ぷらっと買うこともありますし、この国もデリバリー大国のようで、スマホでしゅしゅしゅっとお会計まで済ませると、自分でキッチンでもたもたと洗ったり切ったりするよりもずっと早くピンポーンと切りたてのおいしいやつをお部屋まで持ってきてくれます。ここは大きな果物屋さんどこのお店 [続きを読む]
  • 「定番」中国風ニッポンと、日本風チャイナ(三)
  • 日本風チャイナの定番と言えば、やっぱりこのあたりでしょうか。ムヒ風の何か。漢字を読むとかゆみ止めであろうことは想像できるのですが「の本」とか「清涼かゆみ液」とかいろいろ不明なことだらけ。かゆみマークを停止お肌にしみたいこども版もありました。ちなみにですが「ムヒ」は「池田模範堂」、こちらの「サデ」は「京都上源堂」。いろいろ気になるところだらけ。「お肌にしみたい」という若干攻撃的なフレーズも、ベビ [続きを読む]
  • 外干しの国と、部屋干しの国
  • お洗濯物をどこに干しますかというお話。こどもの頃に読んでいたような絵本とか、お洗濯物はお日様の下で、白いシャツやシーツをぱーんと広げてといったCMのようなイメージ。これぞお洗濯!と思っていました。でも、国や地域によって全然違うものです。今でこそ日本でも地域によって増えているようですが、初めて「景観のためここのエリアはベランダに洗濯物を干してはいけません」という街のことを知った時には、そこそこ衝撃 [続きを読む]
  • なんでもいいと思っていたけれど、なんでもいいわけではない
  • 引っ越してきてから荷物が届くまでの一ヶ月ほど期間、手荷物で持ってきたものと、アパートの部屋にもともと備え付けであるもので、とりあえずやり過ごしていました。とりたてて困ることはなく、あるものでなんとかなっているのでこのままでもいいんじゃないかと思っていました。……と思っていたのは、気のせいでした。荷物が届いて、いつものをものを使って見ると、やっぱりとりあえずのものと、いつものものは全然違いまし [続きを読む]
  • ミントティー
  • 友人のSNSをみて、つい勢いでミントの鉢を買ってしまいました。わりとすぐに影響されるタイプです。そうしたら、おまけで袋いっぱいのミントの葉をいただきました。大量のミントをどうしようかと思い、いつも飲んでいるコーヒーのうちの1回をミントティーにしてみようと思います。パート1お湯を沸かし、ミントの葉を洗うお好みの甘いもの(お砂糖やはちみつ)沸騰したお湯にブラウンシュガーを投入ミントの葉も投入し、蒸らし [続きを読む]
  • 「舞!舞!舞!」中国風ニッポンと、日本風チャイナ(一)
  • 外国語の中にいると、ひときわ目につきやすい母国語、日本語。日本のもを中国的に解釈するとそうなるのか、または、中国のものを日本風にアレンジするとそうなるのか。それとも、まったくの別物なのか。気になったものをいろいろと思いついた順に書いてみます。ダンス・ダンス・ダンス村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」、中国語にすると「!」でつなぐんですね。そして「!」の位置は縦書きの句読点と同じく右寄り。 [続きを読む]
  • はじめての上海飯は香港飯、チャーチャンテーン
  • 上海に来て一番最初のごはん。お昼ごはんには遅く、夜ごはんにはまだ早い時間だったのですが、何かを食べたい。何が食べたい?なんでもいい。というやりとりが嫌いな方も多いと思いますが、この日はものすごく疲れていてまさにそんな気分でした。私生活において、負荷のまったくないのんびり気ままな毎日を過ごしているので、ストレス耐性がまったくなく、わずかな出来事がすごいストレスに感じたりします。要は引っ越しがいやだ [続きを読む]
  • ご機嫌アイテム
  • 随分前のことですが、出張荷物の中にワインオープナーと安くて丈夫な(でもかわいい)ワイングラスを常備していた時期が数年ほど続きました。夜中に一杯飲むだけなのに、しかもコンビニワインとかなのに。ビジネスホテルのマグカップとかグラスで飲むのがどうしても嫌だったみたいです。どうせなら飲むワインにこだわったらいいのにと今なら思うのですが。気分良く仕事をするためのチャームのようなものでしょうか。コーヒー豆と [続きを読む]
  • ワールドカップが終わった、飲みに行った
  • ワールドカップの隣りにアヒル(?)の像ワールドカップが終わりしばらく経ちましたが、ワールドカップが鎮座していました。いつまで置くのかしら。ワールドカップって優勝以外はみんな敗者なんだなあと、決勝戦や3位決定戦を観ているといつも思います。今回のモドリッチしかり、前回のメッシしかり、疲れ切って、からっぽになった顔の男たちが、目の前ではしゃぐ勝者たちを眺める画。その場はもちろん、何年経っても準優勝 [続きを読む]
  • イケメンたちはどこに…… ワールドカップ、セミファイナルへ
  • わたしのイケメンたちが一人、また一人とワールドカップのピッチを去り、手持ちのイケメンカードがなくなりました。持ち手を増やさなければと思うのですが、探さなければ見つからないイケメンはもはやイケメンではないのでは。わたしのワールドカップ閉幕。とはいえ、前回のワールドカップ記事で終了というのもなんとなく気持ちが悪いので、ここからラスト4試合のわたしの楽しみを書き残しておこうと思います。クオーターファ [続きを読む]
  • アイデンティティ・クライシス(identity crisis)
  • 引っ越してきたのは中国の上海、経済と金融のインターナショナル・メトロポリタン・シティです。雰囲気でカタカナを並べてみました。言葉がまったくわからない不安はありますが、外国人の多い大都会ということで、生活に困ることはなさそうですし、日本からの距離も近いことで、心の距離もなんとなく近く、穏やかに日々を過ごしています。中国と日本のサイズ感に改めてびっくりのんびりと過ごしてはいますが、生活面での不安が [続きを読む]
  • 中国でワールドカップ その2
  • くやしくて眠れない!と言いながら、ベットにはいって3秒で落ちました。中国でのワールドカップ観戦についてのはなし。インターネット経由で見る日本のテレビ局、英語圏、スペイン語圏の放送局などをいくつか試してみた結果、中国のCCTV-5体育という国営放送のスポーツ専門チャンネルで見ることにしました。CCTV-5体育?道?目官网_CCTV?目官网_央?网海外の放送を見るためには、専門サービスやVPNなどを通す必要はあります [続きを読む]