ナナドゴブ さん プロフィール

  •  
ナナドゴブさん: いつかあなたに逢いたい
ハンドル名ナナドゴブ さん
ブログタイトルいつかあなたに逢いたい
ブログURLhttps://msnt91726.muragon.com/
サイト紹介文結婚を約束していた最愛の彼を亡くし、彼に再び逢える日だけを希望に生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/01/03 20:15

ナナドゴブ さんのブログ記事

  • 1ヶ月ぶりのお墓参り
  • 土日は実家に帰っていたので、彼のお墓参りに行った。 1ヶ月以上ぶり。 ここ1ヶ月は仕事もプライベートも目まぐるしかったので、その報告をした。 仕事のこと・・ 同志の方と会ったこと・・・ 遊びに行ってとてもとても楽しかったこと・・ 最近、とても暑いこと・・ 彼がどう思ったか、返事をしてくれたのかはわからない。 でもお墓参りをしている間、右腕の肘の部分が熱かった。 誰かが腕を握ってくれているみたいに。 [続きを読む]
  • 死にたいという感情も、全部
  • ※人によっては不快かもしれません 今日はある研修に行ってきた。 『自殺を予防するためには』という題で、自殺予防に取り組んでいる医師からの講演。 とても丁寧でわかりやすかった。 その講演内容の中で一つ、相当驚いたことがあった。 それは・・・ 『自殺を仄めかされた時、真剣な気持ちで自殺の内容についてまで触れてほしい』というもの。 例をあげると、誰かから「死にたい・・」と言われた時「方法は考えているの? [続きを読む]
  • 何となく疲れている
  • ここ数日は・・先週末遊び倒した影響からか、帰ってきたら最低限の家事だけして寝る日々だった。 眠れるのはいいことなんだろうけど・・・ 7時間くらい眠っているのにまだ眠い。 エアコンの影響もあるのか・・何となく身体が重い感じがする。 やっぱり体力が落ちてきているな。 ちなみに・・ あちらの世界では、疲れることも病むこともないって聞いたことがあるけれど、本当なんだろうか。 彼もこちらでは体力がない方だっ [続きを読む]
  • 帰ってきた
  • 3日間(正確には3日半?)遊び倒してきた。 楽しかった。本当に楽しかった。 久しぶりに笑っている時間が長かった気がする。 金曜日、あれだけ悩んでいたことも、今考えるとたいしたことないように思えてしまうから不思議。 明日から、頑張ろうって素直に思える。 自分は悶々と悩んでしまうし、悩み事が解決するまでそれに囚われてしまいがち。 でもこんな風に一旦逃げてみるのもいいのかも・・なんて思えた。 そうするこ [続きを読む]
  • 皆様、ありがとうございます
  • こんばんは。ナナドゴブです。 前回や前々回の記事に対して、コメントや連絡をたくさんいただきました。 どれもきちんと目を通しています。 大変励みになっています。 しかし出先で人といることが多いので、個別に返信が全くできていません。 でも必ずお返事はいたしますので、もうしばらくお待ちください。 いつもたくさんの方に支えられていることを実感しました。 本当に感謝しています。 とりあえず、今は楽しむことが [続きを読む]
  • 楽しむと決めた
  • ここ最近。 仕事がうまくいかなかったり、あの時のことを思い出したりして、精神が不安定な時もあった。 特に昨日は、あのクソ坊主のことを思い出して、あの時のように腹がたっていた。 良くないな、と思う。 自分で自分を追い込み、それに翻弄されているところが。 むしろ滑稽かもしれない。 なのでこの3連休は少し遠くに遊びに行く。 というよりもう来てる。 一旦嫌なこととかもやもやしてることとか、全部横に置いて、 [続きを読む]
  • 信じられない言葉
  • 一昨日の記事の続き。あの時のこと。 今回の記事は少し汚い言葉を使います。 火葬が終わるまでは時間があるので、斎場に戻ることになった。 私は彼のお母さん、お坊さんと一緒にタクシーに乗り、向かうことになった。 私は助手席、後ろの座席に彼のお母さんとお坊さん。 彼のお母さんとお坊さんは何か後ろの座席で話しておられたようだが、私は遺影を持ったまま、ぼんやり空を見上げていた。 しばらくすると、お坊さんが私に [続きを読む]
  • そして・・・火葬
  • 前回の記事の続き。あの時のこと。 霊柩車に乗りながら、私は彼に語りかける。 いや、正確には棺に向かって。 心の中で、だけれど。 ”〇〇、早く起きてよ。目を覚ましてよ。早くしないと焼かれちゃうんだよ。それは嫌でしょ?何か声を出してよ” もちろん何の返答もない。 一方で、”何を馬鹿なことを考えているんだ。彼が応えてくれるなんてあるわけない”なんて冷徹に考えている自分もいた。 自分自身を処理しきれずに、 [続きを読む]
  • 彼の顔を見て、遺影を持って
  • 前回の記事の続き。あの時のこと。 斎場から弔問客がいなくなり、棺の周りに彼のご家族と親族が集まった。 私もその中に入れていただく。 彼の棺の顔の部分が再び開けられた。 花を入れるために。 斎場の方が順番に花を配っていく。 私の番。 彼の顔の左側にそっと花を置いた。左側は私の定位置。 ”ねぇ何で起きないの?何か反応してよ・・” そんなことを思っていた。 彼は相変わらず目蓋を閉じたまま。 眠っているよ [続きを読む]
  • 葬式
  • 1ヶ月ぶりの続き。あの時のこと。 斎場には少し早く着いた。 昨日と同じように、親族席に案内される。 本当は棺にいる彼の顔を見たかった。 でも他にもまだいたし、そんなことを言い出せる雰囲気ではなかったので言えなかった。 葬式の間は・・周りでどんなことが起こってたかあんまり覚えていない。 彼のご家族と一緒に最初に焼香させていただいたことは覚えている。 葬儀の最中も彼との楽しい想い出が・・次々にフラッシ [続きを読む]
  • 七夕の夜に願ったこと
  • 『一年に一度でいいから会いたいよね』 七夕の短冊をを見た時、同志の方と話していたこと。 一年に一度でも会えたなら、その日まで何とか頑張ろうと思うのに。 でももし実際会えたら・・更に欲張りになってしまうんだろうな。 もっと話したい、一緒にいたいって。 会えないことはもう、わかってるから。 せめて彼が、あちらの世界で穏やかで幸せに暮らしていますように。 そして今、西日本で大変なことになっている。 どう [続きを読む]
  • 無題(4)
  • 私は女子力が低い(もう女子という年齢でもないが) 彼はよくこんな私を好きになってくれたよなぁ・・といつも思う。 今の時期。 これまでだったら肌の手入れなんてあんまりしていなかった。 ”湿気があるから乾燥することもないだろ〜”なんて思っていたし、実際に肌の調子が悪くなったことはこれまでなかった。 でも今日、シャワーを浴びた後なんだか肌がガサガサする。 ・・・結構ショックだった。 でも急なことでボディ [続きを読む]
  • 31回目の月命日
  • 今日は31回目の月命日。 ついに30回を超えてしまった。 なんだかんだで彼に会えなくなって2年と7ヶ月。 もう少しで3年になるんだ・・ 少しずつ、彼との距離が離れてしまっているような気がして切ない。 今日もいつも通り花を買って夕食を作り、彼に供える。 今日は茄子の肉味噌炒めと豆腐サラダ。 あとはケーキ屋で買ってきたさくらんぼのタルト。 夏野菜・・特に茄子が好きだったから、喜んでくれているといいけれ [続きを読む]
  • 無題(3)
  • もう、一緒に生きていけないのなら。 せめてお別れの言葉を言いたい。 もう一度、会って。 彼の目を見て。手を握って。 最期の時に言えなかった、ありがとうって言葉を今度こそ言いたい。 でもそれは私のエゴ。 私が楽になりたいだけの思い。 これから負の感情とどう向き合って、そしてどう生きていくか。 自分で答えを出さなくちゃいけない。 自分で踏み出さなくちゃいけない。 彼の言葉を聞いていないから、とか考えが [続きを読む]
  • 彼が見せた?
  • 夢をみた。 同志の方の所から帰る途中、パーキングエリアで仮眠をとっていた時のこと。 3時間以上寝ていたから、仮眠とは呼べないかもしれないけれど。 何個か夢をみて、その中の一つが彼に関する夢だった。 彼の毛布を被って寝ていたからかな。 彼に会いたくて会いたくていろいろ奔走する夢。 距離的にはそんなに遠くないのに、何か決定的な壁(?)のようなものがあって会えないという設定。それを何とかして突破しようと [続きを読む]
  • 久しぶりの彼からのサイン?
  • 今日、所用があってショッピングセンターへ。 その時、久しぶりに彼を感じられた気がする。 まず、最後に彼と外食した店へ猛烈に行きたくなった。 そして店内に入ると、彼と座った席に案内された。 座ると、向かいに彼がいるような感じがした。 本当に何となく・・だけれども。 そしてメニューをみると、私が好きなメニューが3日間限定で増量中だった。 もちろん、それを頼んだ。 美味しくて美味しくて。彼の計らいなのか [続きを読む]
  • さて、どこへ行こう?
  • そういえば、最近彼(の写真)とドライブデートに行っていない。 ここ最近の休日は予定が入っていたし、梅雨のせいもあったから。 ゆっくりする時間がとれていない。 前は本当に気の赴くまま・・いろいろな場所に出かけていた。 主に想い出の場所とか2人で行ってみたかった所とか。 でも今は、時間が限られているせいか悩んでしまう。 どこに行ったら彼は喜ぶかな?と。 やっぱり2人の想い出の場所? それとも初めて行く [続きを読む]
  • 無理だって、わかっているけれども
  • 富山県で痛ましい事件が起き、2人の尊い命が奪われてしまった。 日常生活も、未来も、突然奪われてしまった。 亡くなられた方の無念もそうだが、ご家族の心情を考えると胸が張り裂けそうになる。 というより、今は現状認識すら無理なんじゃないか。 ずっと帰ってくるのを待ってしまうんじゃないかと思う。 事件が事件だから、しばらく報道機関が現地に押し寄せるだろう。 でも、せめて・・ 被害にあわれた方のご家族はそっ [続きを読む]
  • 鏡をみて
  • 今朝、自分を鏡でじっくりみて思った。 なんか老けた・・・と。 肌のツヤはおちてるし、なんだか全体的に身体がだるんとしている感じ。 髪ものばしているせいか、枝毛が増えている。 20代後半でこれはないわ・・と自嘲した。 以前はちょっと無茶をしても、身体は全然平気だった。 睡眠不足でも、ちょっと暴飲暴食しても大丈夫だった。 老けたな、なんて思うことはなかったように思う。 彼がいなくなってから、なるべく自 [続きを読む]
  • 自分と重ねて
  • 昨日までの疲れが溜まっていたのか。 今日は昼まで寝倒した。 そして午後からは久しぶりのアロママッサージ。 全身をほぐしてもらい、とてもリラックスできた。 その後、スッキリした身体で彼のお墓へ行く。 日中はかなり暑かったけれど、夕方は心地よい風が吹いていた。 墓地へ着くと相変わらずそこには誰もいなかった。 花とお菓子を供え、線香をあげて彼とゆっくり話をする。 今日は天気も良く、時間がゆっくり流れてい [続きを読む]
  • イライラした
  • せっかく今日は仕事が順調だと思ったのに。 最後の最後で他の部署とトラブルになった。 そこの部署の人から嫌味を言われて、思った以上にムカムカした。 いつもならさらっと流せるのにどうしたんだろう、自分は。 私は人に対して批評できるほど偉い人間じゃないけど、それでもやっぱり腹がたったし何なんだって思ってしまった。 私にも悪い所はあったし、言い返さなかったけれど。 こんなにイライラを引きずるのは久しぶりか [続きを読む]
  • 何なんだ
  • やけくそ気味なタイトル。 でも私の本音。 数日前、彼と同じ外傷性くも膜下出血で運ばれてきた人がいたと書いた。 しかも出血の仕方が似ていると。 なのにまた・・ 同じような方が来られた。 しかも今度は転倒して後頭部を強打。 彼と状況まで似ている。 そのせいか、出血の仕方も更に彼と似通っていた。 公私混同してはいけない。 わかっていてもどうしても・・ あの頃の気持ちが甦る。フラッシュバックする。 表面上 [続きを読む]
  • 10年前、彼はここに
  • 今日、午後から他の病院で研修があった。 本当は行きたくなかった。 彼が入院していた病院だから。 私と出会う前。車椅子になるきっかけの事故の後、入院していた病院。 今から約10年前のこと。 病院に到着すると車椅子の方や脚に装具をつけた方が、一生懸命リハビリをしているのが見えた。 どうしてもその姿に彼を重ねてしまう。 彼も頑張ってたんだ、ここで。 自立した生活を取り戻すために、必死にやっていたんだ。 [続きを読む]
  • 大阪の地震
  • 今回の地震で被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 突然、日常が一変することだってある。 大切な人がいなくなることだってある。 彼がいなくなってそのことを嫌というほど思い知ったのに、時間の流れというのは怖ろしい。 この感覚を忘れかけていた。 こんなところに時薬は効いてほしくないのだけれど。 自然災害は私達人間にはどうしようもない。 私だっていつその被災者になるかわからない。 もしかしたら [続きを読む]
  • 父の日
  • 今日は父の日なので、家族で買い物へ。 枕がほしい、ということで買うととても喜んでくれた。 こちらが驚くほどに。 ”子どもからのプレゼントは何だって嬉しいもの”なんだそうだ。 彼がいなくなってから、父は私のすることにあまり干渉しないで見守ってくれた。 これからも親孝行はしたいと思う。 でも怖い。 私は両親とは別居だ。 あと何回、父に会えるだろう。 たまにそんな思いが脳裏を掠める。 突然日常から大切な [続きを読む]