余利家「出逢い・ご縁・感謝」 さん プロフィール

  •  
余利家「出逢い・ご縁・感謝」さん: 余利家「出逢い・ご縁・感謝」
ハンドル名余利家「出逢い・ご縁・感謝」 さん
ブログタイトル余利家「出逢い・ご縁・感謝」
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/systech2311
サイト紹介文日々、出逢い・ご縁・感謝にかかる出来事を気楽に綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/01/06 09:39

余利家「出逢い・ご縁・感謝」 さんのブログ記事

  • がん患者は、基準・標準〜期待の見定めを
  • 基準・標準・期待の持ち方はまずは、それぞれの考え方基準:広く多くの人の平常のレベル標準:自分のある姿・あるべき姿のレベル期待:自身のありたい姿のレベルがんに罹患したということは標準が基準を割り込んだ状態がん治療は、基準・標準に戻す取り組みであるといえる治療には、三大治療+があるが、時には副作用もあるまた、治療による心身の変化が生れることもあるようだ新たな標準設定も必要になる患者自身自ら、立ち位置を [続きを読む]
  • QOL の自分らしさを人間関係に学ぶ
  • 人間関係も環境条件のひとつがん患者の「QOL」に、自分らしさが再考哲学的で、多くは答えが出てこない80%以上と云われる視覚情報や言葉など意識が創られると概ね行動が生まれるそこで、人は支えられて生きる、生かされるとは、昔からよく聞く言葉です人やもの、ことなど回りの環境条件に支えられるなかでも、人間関係は支えあいが必要だ人間らしさの基準を超え、自身の想いのままの自分と現実更には、ありたい自分に目覚めよう [続きを読む]
  • 中日新聞「発言」に投稿・・・さて?
  • タイトル:がん患者「患者力」高めて「楽しさ」引寄せ患者歴10年目よく言われている、患者力という言葉が気になったインフォームド・コンセント、納得・同意などもあるように患者の意向を優先、患者の意思で同意を完結する力それら行使できるのも患者力ということであるのだが緩和ケア医療がすすみ拡充されるいま自分らしさ、時には、人間らしさも求められる医療側から支えられる「生きる力」を十分に引寄せ患者自ら自助努力で「 [続きを読む]
  • 経過観察、定期検診
  • 順調な経過観察で気分がいい今週月曜日に血液検査とCT検査を受け本日、定期検診に行った腫瘍マーカーが、肺・大腸共に基準値内いつもの、貧血傾向と三項目ほどチェックされたが順調に経過してることの確認ができましたこれから、4年ほどの観察機関がありますがいいスタートが出来ました日々、明るく、楽しく、心がけたい [続きを読む]
  • またも人間性を疑問視する話題
  • アメフトの反則行為にかかわる人日大アメフト部の監督の不明瞭な態度人間性や倫理観を疑いたくなります事実=状況判断もできない人=監督には指導能力なし加害者を指導するのは、アメフトの直接プレイだけですか?被害者の選手とチームにお見舞いや挨拶もないのはそれでも、学生を集めて何を指導してるのでしょうこれだけ情報が飛び交う中、学生にも倫理・道徳観はないのか日大とは、どんな大学なのか?日大の体質文化が、今回のよ [続きを読む]
  • 五感〜知覚・心覚が処方箋
  • がんの治療・処方箋がん患者歴10年目支え合いやお役立ちなどの言葉に寄せられがん患者サポート・がん患者会に関心医療現場の情報も選択しないと溺れてしまう選択するにも、そのための知識が要求される何十倍…もの、知識で選択判断する間に時間切れも医療現場の主役おかれた患者自身の知識習得はどこまで?本当に「基本・基準」「標準」「期待」のレベルはどこかいずれも、医療行政・現場の域を超えることはないいくつかのサポー [続きを読む]
  • 食い違い・すれ違い、でも感謝を忘れず
  • 感謝は人を人に帰してくれる今日は、想いのまま岡崎へ一昨年岡信様のご依頼で、企業サポートをしたいろいろな事情の中、8ヵ月で終了その後、二転三転して本年4月廃業にちょうど昨年の体調不調=がん治療で情報も疎遠に先週、企業サポートさせていただいた先の社長がトラブルのすえ、亡くなられたことを伝えられた昔から、ご夫婦での意見食い違いが多く職場でも派手に喧嘩されることもシバシバ廃業の結果、お二人は自宅でご一緒さ [続きを読む]
  • お題「母の日は何・・・」に参加
  • お題に参加中「母の日は何をあげましたか?」それは、想い気持ちです母親は現在、長期療養で8ヵ月目です若い時から、病気の話題になると「延命はいらない」父親=夫が亡くなったときは、しばらく迎えに来るななどと言っていましたが、今は自分が認知もあり病院のベッドで起きれず、寝たきりの介護度「5」です顔を出しても、解らず、何もできず、・・・ひょっとすると「もういいよ・・・」と思っていないかと意思確認もできず、何 [続きを読む]
  • がんサロン・カフェ・おしゃべり会deご縁
  • 患者会の開催にアチコチ参加最近、患者会に出かけて出逢い・ご縁をいただいてます直近では、がんカフェで患者仲間は勿論、医療者の方々とがんサロンでは、二度目・三度目の患者さんや事務局のスタッフ人のつながりをいただいてます多くの人は、医療関係者というと肩書のある方に接近反面、自分は看護師さんやスタッフさんなどの患者目線に近い方とのご縁をいただいてます医師は、ノーブランドの先生に近親感を感じます人の生命にか [続きを読む]
  • メディカル ・たつせカフェ
  • 長久手でメディカル・カフェに参加昨日、カフェに参加してきました患者5名+看護師2名+医師1名=8名が参加患者はいずれも、年配者でした中の一人は、28回の手術を受けたと話された一同は驚いた、特に医師が驚きの声を上げた「日々、楽しく暮らせてますか」と、たずねると「ハイ・・・」と、返して下さりメンバーも笑顔80代の女性でしたが、笑顔でおしゃべりに参加前日の院内おしゃべり会とは大きく違いがでたここは、活き [続きを読む]
  • がん患者おしゃべり会と時間
  • 時間価値を考えるとき余利で時間を考えると到底結論がでないそもそも「おしゃべり会」の狙い期待はなにか出発点を狙い期待にしたいのだががん患者どうしがおしゃべりをするする側と聞く側、双方が話し合いそれを見聞きする人がいる60(〜90)分の時間が設定されることが多い6〜12人の数でグループをつくる初対面もあるので、簡単な自己紹介から一人が、2〜3分=15〜30分かかってしまうスタッフに参加中の、あるおしゃ [続きを読む]
  • がん患者、共有時間の価値意識
  • がん患者が余命を考えるとき人との共有時間のありがたさを考えてみる肺の手術を受けて、1年が経過する治療での、医療スタッフの方を除くと人との共有時間が少なかった気がするいつもの3Kで自己中でいくと自分の時間は自分のもの、人との時間も自分のものおかげさまで、時間は好き勝手に取り込めるものしかし、迷惑はかけられず時間をいただくことへの感謝の念が生まれるのは自然体こちらからであれ、相手側からであれ時間の共有 [続きを読む]
  • トヨタ記念病院がんサロン
  • 明日、がんサロンが、おしゃべり会へおしゃべり会も会を重ねるとリピーターが新規の仲間が少なくリピーターが増えるあるスタッフは、リピーターには感謝、ありがたいと集客を考えるとき、何であれ来てくだされば少人数=25名位ではテーマ毎には分けられないというより関心の高いテーマでおしゃべりするなら分けることおしゃべり会の為のおしゃべり会にならないよう参加する患者さんの為のおしゃべり会であって欲しい院内おしゃべり [続きを読む]
  • 患者力とインフォームドコンセント
  • 3K処理:インフォームドコンセント医療者と患者との間で成り立つコミュニケーション「納得・選択・同意」が代表的キーワードその概念は、アメリカで創られたようですが「お任せ治療」に、問題提起された結果のようです基本は、患者の立ち位置で患者の責任で処理する医療者はそれらに十分な、情報提供をすることで患者自身が、自己責任で意思決定する言い換えれば患者の意思表示に、医療側に対して同意を求めるものその為の、情報 [続きを読む]
  • がん友から、早朝メールが・・・
  • 今朝、8時前にメールが来たいつも、メールで情報交換で支え合い過日、メールの内容に元気がなかったので急遽、静岡まで会いに行ってきましたが二度の手術も、術後五年経過で良かったと語り合たそんながん友は、GWには二度もゴルフに行ったと連絡昔から、ゴルフが好きでスコアもよく自慢の趣味です落ち込んでいるのではと、気遣い静岡まで手足のしびれが治まらず苦戦してるようすで手術や色々な治療の予後が、あれこれ・・・と、も [続きを読む]
  • がん患者「院内おしゃべり会」ってなに?
  • 院内おしゃべり会:狙いや目的がよくわからず患者さんが不安や感心のおしゃべり会院内の狙いや目的、意味が分からなくヒットしない医療側・患者側・活動側の三者は、T−WINなのかそもそもおしゃべり会の期待もあいまいで不明瞭マスコミ出身者が、がんを罹患したことから活動へ自身のがん治療をべースに、・・・想いをのせて・・・に、共鳴する仲間が集まり勉強会の域に終始してるようだ共に、情報の量と質をベースに期待を持つものは [続きを読む]
  • おかげさんは、感謝と未来の原点か
  • おかげさん、おかげさま、どっちでもいいか昨日購入した、相田みつをさんの書籍好きな言葉の一つ「おかげさん」があるいつもは、『おかげさま』という言葉で使っている何故か「・・・さん」ではなく『・・・さま』になる気持でそうなってしまってるあらめて「おかげさま」でなかったことに気づいた相田さんの言葉の中には世の中には「おかげさん」でないものはないすべて「おかげさん」で成り立っていると言われてる先のように『おかげさ [続きを読む]
  • 活きる想いと考動を引き寄せたい
  • 気になる「本」が二冊買えた相田みつをさんの本が戻ってきた「にんげんだもの」「生きていてよかった」以前=30年超に出逢った相田さんの書籍仕事への取り組むに拠り所を求めて情報探し相田さん書籍も、他の書籍に何冊か含まれた当時は、ビジネスとは・・・を、多く手にしてたその頃は、先人の情報も気にしてた時だった人は財=たからと言われることにこだわりを持ちコミュニケーション=人間関係の最良化・・・とりあえず、ビジ [続きを読む]
  • 支え合いの「三合い〜三愛」へ
  • 「語り・学び・思い」の支え合い語り合うは、知り合うことで、孤独・孤立〜仲間創りへ学び合いは、教え合うことで、受け止め評価〜自己受容へ思い合うは、寄り合うことで、思いやり〜人らしさへ新しい仲間づくり、学びと成長の機会、活き場の創造がん患者経験者は、700万人ともいわれる不安や課題をかかえて、自分らしい活き方への挑戦者は告知から治療へ、転移や再発の心配を持っての生活何人の人が、がんとの共生をしてるので [続きを読む]
  • 想いを伝え、届けたくて!
  • 余利を多くの人に届けたくて先日、メディカル・カフェで気になる人に会ったカフェでヨガの先生になった彼女にヨガを紹介してもらったとても芯の強そうな女性でしたが、とても可愛い人でした情報提供したく、名刺を渡し連絡をお願いしたが連絡なし一週間ほどたってもメールがなく諦め忘れていました昨日、連絡メールをいただき感謝です嬉しくて、ありったけの情報を送りました余利からの、がん患者サポートや患者力について語り切れ [続きを読む]
  • 患者の立ち位置で自己治療すべし
  • 患者力は、自身の内から活性化するもの昨日も患者会で「患者力」が話材に出た夜は気になる患者力をネットであさった正に、自己責任で「知って、掴んで、動かす」患者自身が納得して、自分の意思で治療をその為に必要な「力」をつけ、行使すること医師はその手助けを専門家として行うもの私は、患者になったものは治療を受けること自ら治療を治癒させる意思と行動の必要性、責任が医療者に多く語られ発信される情報のみならず患者自 [続きを読む]
  • 肺がん患者会参加
  • 今日も無難に過ぎた・・・本日は、トヨタ記念病院の「肺がんサロン」の打合せ患者会と病院の患者サロンの協働取り組み開催です患者会からは、9名が参加しました・・・欠席でも良かったか?いつもの流れのまま、打合せはまとめられ代り映えのないもの他の参加者はどうであったかは、解りませんがリーダーも今後の期待を話し始めても話弾まずこのままでは、成り行きで行き当たりになりそうですあまり口を出すと手を出さざるをえなくなるの [続きを読む]
  • がんに「言葉の治療」を考える「患者会」
  • がん哲学外来のキーワードの一つがん治療に、言葉の治療を考える余利思考で、患者力で追求する先の「活き力」活き力には「心療・緩和 × 意識・意欲」を定義そこには、専門医療者による働きかけのみならず「我以外皆我師」・・・「人の振り見て我が振り直せ」「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。そして、 聖者は経験から悟る」・・・「三人寄れば文殊の知恵」など人は、言葉に支えられることはしばしば・・・ですがん哲学外来でいわ [続きを読む]
  • がん治療、リハビリへ
  • 8年振りのウオーキング昨日、久々のウオーキングに参加した名古屋市地下鉄「駅ちかウオーク」地下鉄駅から、地下鉄駅までの8Km超のコース8年ぶりチョット控えめに6Kmで△2Km、1時間半かけて健脚の人に先を譲って、マイペースでゴールして参加賞夕方頃から足が張って、気にしてたが今日は大丈夫今日は、孫にお付き合い四つ葉のクローバーを探したいと1時間公園と付近を、腰を丸めて捜し歩いた首のコリでウオーキングよ [続きを読む]
  • がん患者の「らしさ」の道づくり
  • 目がさえて眠れず意識、気持ちは眠りたいが、思考が眠らせず先日からの「患者力」について引っ掛かるインフォームドコンセントにも関連して治療方針を選択=承諾or拒否を患者の意思で医療者は、患者が最適、最良の意思判断へ寄り添う適切かつ最良の情報提供に最善を尽くすまた、個々の患者の理解力を効果的にサポート患者側は、医療者側からの情報を適切に評価その受け止め評価力こそ患者力の原点とする思考があるやはり自分はその [続きを読む]