余利家「出逢い・ご縁・感謝」 さん プロフィール

  •  
余利家「出逢い・ご縁・感謝」さん: 余利家「出逢い・ご縁・感謝」
ハンドル名余利家「出逢い・ご縁・感謝」 さん
ブログタイトル余利家「出逢い・ご縁・感謝」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/systech2311
サイト紹介文日々、出逢い・ご縁・感謝にかかる出来事を気楽に綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2016/01/06 09:39

余利家「出逢い・ご縁・感謝」 さんのブログ記事

  • がんセンターの公開講座「免疫治療・・・」
  • テーマ:免疫治療の新しい展開先程、帰ってきました免疫とは・・・、から始まり最新の免疫治療の展開を講演いただいた愛知県がんセンターの三先生が登壇とても、解り易い説明をいただいた医療側の言葉を、出来るだけ一般の言葉に患者や家族中心の聴講者に配慮した進め方病院の姿勢を強く感じた他の講演会で、二週間程前に聴講した時同じくがんセンターの先生の講演を聴いたやはり、聞き手目線に努めて話されるのを感じた患者側の医 [続きを読む]
  • 同じものが違って見える時
  • 書籍から、もう一つの学び現在、タブレットに130冊ほどの電子書籍すでに数年前以上になるが、なかなか増えないことあるごとに、つまみ読みをする時には、前からではなくあとがきから目を通したり何か、新鮮に感じることが・・・よくある今となっては、新刊ではないはずが・・・読み流していたところに、改めて関心や興味がまた、今までの理解や受け止めに変化が生れたり当たり前のことですが、書籍に書かれた内容は変化なしその [続きを読む]
  • がん治療後の初検診
  • 活き場探しに集中今日は、肺がんの告知から検査〜手術〜抗がん剤と一年間気がつけば、二年目に突入して予後・治療後の経過検診日だ一週間前に、CT検査を済ませて呼吸器科に始まり外科、耳鼻咽喉科の診療特に、異常は診られずドキドキ〜ヤレヤレへ胸痛を申告して、急遽心電図とエコー検査実施いずれも異常はなく、経過観察になった今日の検診で一安心、以後三ヶ月毎のCT検査積極的に、活場所探しに集中したい [続きを読む]
  • 活き様が変わると活き場も変わる
  • まわりが少しづつ変わっていく環境受容かな今日も某出版社からの、電話=飛び込み営業があった15年6月出版書籍を、電子書籍にしないか・・・と登録図書を見ての天和であるとの切り口での営業出版業界の厳しさが、ヒシヒシ・・・と、伝わってくる出版時、検討はしたが電子書籍にはしなかった電子版で、一人でも多くの人に読んでもらっては・・・第二弾「余利力」の原稿も15年末には下書きを書き終えた16年度に、日々の実践を [続きを読む]
  • 「あの一言」活かすは自己受容から
  • がん患者へ「一言」言葉の重み「がん」ですと、言われた時の受止は本人の言葉への評価や認識の具合でさまざま同様に、治療・療養中の外部からの言葉かけその時々に、いろいろな感情につながる響き良くも悪くも、それぞれのケースで言葉の重みを受けるしかし、言葉を発信する側と受け取り側の関係が存在する時に、長所と短所が表裏になるように言葉の重みも、表裏に展開されることがある相手があることなので、調和が難しいこともあ [続きを読む]
  • がん治療QOLにジョハリの窓&活き場
  • 自分らしさへQOL今、治療の現場では緩和ケア外来など・・・自分らしさをテーマに課題取り組みがなされている「らしさ」とは、なんだろうか?から始まる取り組み自身を、見つめ直すところから始まるそこには、がんというキッカケからの見つめなおし「がん=死」〜身の回りの環境条件の変化で見直すことでそこには、その変化によって見えてくる現実の受止の多様心理的・哲学的・・・な、思考からの見える化が進み受止の内容に醸成 [続きを読む]
  • がん患者の「活き場」≒最適居場所
  • がん患者の求める「活き場」がんの疑いや告知を受けたその時多くの想いが、不安と迷いが巡らされる色々な場面で、活き場が求められる検査や治療にあたるとき治療を受け、経過観察を受ける時経過観察から定期検診観察を受ける時などが、時間の経過とともに来ますそれに、個々の患者・家族の事情が絡みます「生」×「活」とメンタルマネジメントです特に、『活』は重要な要素です時間の経過にしたがった「活」&「メンタル」それぞれ [続きを読む]
  • 人生は活場所探しの一人旅
  • 二度のがん治療から、思うこと人は、日々「生活」をしています生活は、「生」+「活」と、分けて考えられる昔から「活」を深掘りし、勝手解釈で思考することが多い「活」≒活きる、活き方につながり、心身共に良い居心地へそこで、居心地の良い場のことを、勝手に「活き場」としてます人は、活き場を探し求めて生きているのでは・・・先日のがん患者会のメンバーも、それぞれの活き場求め情報共有出来そうな人が集まり、話しに花が [続きを読む]
  • 2月10日は肺がん記念日
  • 記念日を振り返り2年目へ昨年の今日、いつもの定期検診日主治医から笑顔がなくなり・・・ひとこと肺にカゲがあり、それも二つだと肺がんの疑いだと言われ・・・始まった治療当初は、7年前の大腸がんの経験から勝手に半年はかかるのかと思った結局、昨年末まで治療にかかり年明けに、ご褒美と気分転換の台湾旅行へやっと一段落、約.一年がかかった検査に時間がかかり、4ヶ月超その後、手術 〜 抗がん治療に7ヶ月トータル11ヶ [続きを読む]
  • 患者会は、個人の想いを共有する同好会
  • がん患者会:「おしゃべり会」準備会議に参加13名ほどのスタッフの集まりでした準備会議+治験勉強会のスケジュールでした相変わらず準備会議は、結果は議して決まらずおしゃべり会の会議より、スタッフ自身の治験研究会でした患者会としての、病院側の意向も受けての案もなく個々の雑談に花が咲く、がん患者の「治験+臨床」研究会とても、広く患者や家族の居場所にはならずそれでも、マッチングする人もいると思う自分には、チ [続きを読む]
  • がん哲学外来:メディカルカフェ
  • メディカルカフェへ参加申込今日、カフェへ参加の連絡をした事務局へmailしたが、快く対応いただいた2/28開催のイベントですが、見学してきますなんと事務局の方が、在宅支援クリニックに勤務そのクリニックの院長は、以前「がんサポート研修」を受けた際、講演をいただいた全5回のカリキュラムで、お話をいただいたやさしく、分かり易いお話で感謝の講演でしたカフェ参加希望で、あれこれ調べているうちに分かりました何か、 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療から定期検診
  • ワクワク・ドキドキ昨年末=12月に抗がん剤治療を終え初の定期検査:CT検査+血液検査を明日受けます造影剤使用の為、明日朝から絶食です異常がなければ、当面は3ヶ月に1回のサイクルで検査まずは、1回目は無事クリヤーして欲しい来週末に、外科に始まり耳鼻咽喉科、呼吸器科の3科へ外科では、手術の経過とCT+血液検査の話が耳鼻咽喉科では、声帯の回復を内視鏡で診てもらい呼吸器科では、抗がん剤投与以降の経過をCT [続きを読む]
  • 今、この時間を精一杯
  • リゾートスタッフ出張面接久しぶりの応募スタッフ出張面接思いのほか話に、時間をいただきました20代の女性でしたが、真の強そうな方でしたハッキリと意見・意思が感じられリゾート応募に対して、リゾートの枠を超えての話をした彼女も興味深く、聞いてくてました本心かどうかは・・・、聞いていただいたことにお礼入り口から枠を超え、発展する話を良かったのかどうか時間を久々にいただきました、ご縁でした昨年の、がん治療で [続きを読む]
  • お題に参加「間違いやすい・・・」
  • お題に参加中いくつもありますが、最近気になったのが『もうこりた』です「もう懲りた」と、書いてありました過去に「蒙古利他」と、間違えることがあったような???本当は、「忘己利他」で、天台宗:最澄の教えです自己を捨てて、他を利するの意味だったんですが難しい言葉は、もう懲りたにも通じます [続きを読む]
  • 講演:がん治療と自分らしさ
  • 今日は、セミナーを聴講緩和ケアのテーマである、自分らしさQOL=生活の質の向上の条件にもつながるもの自分らしさの生き方をこだわる中の、がん治療とかく、治療に引きずられる療養生活の改善患者のみならず、家族も含めての内容がありましたこれらは、治療中の診察室では聞けない話です総じて、患者側&医療側との寄り添い=考え方の共有の大切さ更に、「緩和ケア外来」の話に関心が高く学びがありました従来の狭義の緩和ケア〜 [続きを読む]
  • 孫には、おおらかになります
  • サッカーでもラグビーでも応援します今日は、正月以来の次男家族が来ました孫3人が元気に来てくれましたUSJへ行ってきたと、お土産持参でした食事に行きましたが、5年生の長男の食べっぷりまもなく6年生ですますますの食べ盛り、今人気のサッカーをやってます息子は、ラグビーで花園も経験していたので孫にも小さい時から、ラグビーを進めていたのですがうまくいきませんいまでは、孫のやりたいことを応援してます1年生の次 [続きを読む]
  • 平安無事を、お願いしました
  • 龍泉寺へお参りに明日、3日の節分を前に毎年前夜祭にいお参りします今年の恵方は、笠寺観音のようですいつも近場の龍泉寺に行きますこちらは、馬頭観音ですが・・・もう40年以上、続けています若い時は、自分の厄払いをお願いするときが今では息子たちが厄払いを受けるような年に時間の経過を感じさせられますが・・・境内では、お店=屋台が並び昔のままです家族にとって、関係者にとって・・・なに事もない、いつもの年であり [続きを読む]
  • 活き方の選択に一歩踏み出す
  • メンタルケアに関わりたい二月が始まりました今月は、8日が検診日、15日が3科の診察日ここから経過観察がスタートしますまずは、何事もなくスタートできることを願っています今日は「がん哲学外来」の取り組みに参加の意を伝えがん哲学外来市民学会事務局へ仮登録いたしましたここでは「言葉で治療・・・」など、専門医療技術ではなく腑に落ちる言葉の交換などで、治療に余裕をもつことビジネスで学んだ余利思考を応用したくチ [続きを読む]
  • がんとの共存生活の始まり
  • 来月から経過観察検診のスタートです昨年2月から始まった肺がん治療12月に抗がん剤治療を終えて年越し新年1月も今日は31日月末です昨年は、2月から通院と入院を繰り返してきたこの1月は、病院へ一度も行きませんでした1年ぶりに、通院もない1カ月をすごしました術後の胸の痛みを感じたり、発熱を気にしたり治療のその後を引っ張ってはいますが病院に行かない月を久々に味わった気がする以前は、これが普通であったのだ来 [続きを読む]
  • マネジメントサポートで感謝
  • お客様から友人まで感謝です名古屋から豊橋まで愛知県を西から東までドライブでした3年になるお付き合いです息子さんの後継者教育をサポート創業70年を超え100年を担当する後継者30人を越える従業員をかかえて責任をもって経営にあたってもらうために支援をしてます久々のサポートに時間差を埋めるところから感じもつかめて楽しいひと時でしたがん治療中、カバーしてくれた友人との同行往復の車中=2時間以上のコミュニケ [続きを読む]
  • 声がつぶれてインパクトが
  • 肺がん手術から、満七カ月超になります手術直後、主治医と交わした会話・・・と、言っても実は声が出ないことを伝えるだけ検査で分かったことは、声帯のダメージでした10日程まえに、元に戻った気配が感じられたが昨日、今日の状況は、会話は出来るが発音は異常知人にも、同じ肺がん手術を受けて同症状の人やはり、6ヶ月で元に回復した話を聞いていた先生からも、半年程度の回復事例が多いとすでに、7ヶ月超でちょっと心配にな [続きを読む]
  • 友は最良の財産
  • 昔から持つべきものは「友」今日日曜日、24〜25日の発熱からの回復家内と買い物に出かけましたすっかり、体調の回復を確認した感触を確かめたスーパーでの買い物、さすがにこの時期冬物のバーゲンもあちらこちらの売り場で・・・人が集まっているところは、そのバーゲン売り場人数が多く、自身もマスクが離せません三割超くらいの人が、マスクを着用中には、インフルエンザを注意されてる方もいるのか各地で、雪に絡んだニュー [続きを読む]
  • ケセラセラ:なるようになる
  • 二日間の休養をとった一昨日から微熱と胸の手術あとに痛み二日間で随分睡眠をとる結果になった昨年12月に抗がん剤治療を終えて初症状37.7度の熱があったが、体力と免疫力の低下へ注意をするよう担当医からの指導もあったので風邪なのかと気になったが、二日目は落ち着いた36度代の熱になり、何より胸の痛みがやわらいだ昨日は、半日自宅で業務処理をして前日同様睡眠をとったそのせいか、何とか今日は通常に戻った感じで一息これ [続きを読む]
  • 肺がん抑制か?受動喫煙防止
  • 見える化が治療をすすめる現代受動喫煙防止は大賛成できる自分は、両親が二人とも喫煙者でした父親は、痴呆症でタバコの吸い方も忘れてなくなった更に、自身も若い頃からの喫煙者でしたそして19年前から禁煙しましたので安心していたところ禁煙20年目にして肺がん発症でガッカリ最近では、煙がでない、匂いがないタバコ職場スタッフの喫煙者が気にして努力してるのが見える見えるところは、それぞれが考動していることがわかる [続きを読む]
  • 定期検診でリスク対応と社会貢献
  • 定期健康診断の促進今、二回のがん発病〜治療を受けて思うこと自己管理の強化と定期健康診断の受診です初回は、2009年11月大腸がん:Ⅲa自覚症状なし、腸閉塞からの検査〜発見二回目は、2017年2月肺がん:Ⅲa自覚症状なし、大腸がん治療の定期検診から発見いずれも、自覚症状はなく結果として発見された思うことは、定期検診の大切さ・・・今は、早期発見・早期治療で完治の期待できる医療の進歩=医療力生活習慣〜定期 [続きを読む]