ahagon さん プロフィール

  •  
ahagonさん: てんとてん琉球
ハンドル名ahagon さん
ブログタイトルてんとてん琉球
ブログURLhttp://www.ten-ten.ryukyu/
サイト紹介文沖縄が琉球という一つの国だったころの歴史や、沖縄の歴史スポットを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/01/06 18:52

ahagon さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 泰期(たいき / たいち)
  • 進貢貿易の立役者残波岬の泰期(たいき)像読谷村の残波岬にある泰期(たいき)像。「商売の神様」とされた泰期は琉球で14世紀後半に活躍した実在の人物だった。「商売の神様」とされる理由残波岬に立てられた泰期像の台座には、”…並外れた勇気と使命感、統率力、国際的ビジネス感覚で大交易時代を先導した泰期を「商売の神様」として象徴化し…”と刻まれている。1372年、浦添世の主であった察度(さっと)のもとへ中国明より来 [続きを読む]
  • 久高島(くだかじま)
  • カベール岬から見る久高島琉球とともに歴史を刻む神の島南城市知念の安座真港から高速船で15分。神の島として知られる久高島がある。久高島は琉球開闢の神アマミキヨが最初に降り立った場所として有名な島だ。久高島は「選ばれた人しか上陸できない。島が拒み波が荒れ船が出せなくなる。」という噂が秘かに流れるほど聖地として名高い。島外から来たウチナンチュは、徳仁港に着いたら道なりの坂道は登らずに左側の漁港の先にある『 [続きを読む]
  • ヤハラヅカサ
  • アマミキヨが降り立った聖地の証し沖縄県南城市百名にある百名ビーチの海中に『ヤハラヅカサ』と刻まれた石碑がある。これは、琉球開闢の祖とされるアマミキヨが本島を作るため、久高島から渡り、降り立った場所とされている。アマミキヨはこの砂浜の山側にある浜川御嶽のある場所にしばらくの間住んでいたという。琉球王国が成立してからも、ここは聖地として語り継がれ、国王自ら聖地を巡礼する「東御廻り(あがりうまーい)」の [続きを読む]
  • アマミキヨ(阿摩美久/アマミク)
  • 様々な伝説を持ち沖縄各地で慕われている琉球開闢の祖琉球王府の正史にも登場する阿摩美久(アマミク/アマミキヨ)は琉球開闢の神と言われている。1650年に編纂された正史『中山世鑑』では、アマミキヨは天の最高神に命ぜられて海に降り立ち、天より土石や草木を給わって島を作り、各地に御嶽を作った。その後、最高神の御子の男女が琉球に降りてきて子が生まれ、人々が誕生した。そして、人々は農耕を知らず、繁栄しなかったので [続きを読む]
  • フィールド追加テスト用
  • 残波岬の泰期(たいき)像一般投稿のカスタムフィールドを追加したのでテストです。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テ [続きを読む]
  • 具志川グスク(糸満市喜屋武)
  • 残波岬の泰期(たいき)像一般投稿のカスタムフィールドを追加したのでテストです。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テ [続きを読む]
  • 琉球歴史本紹介-視野が凝り固まってしまったときに読む本
  • 琉球の歴史を調べていると、一つの物事について深追いしてしまうことがある。歴史本を何冊も読み比べたり、記念碑の文言を読み込んだりしているうちに、一つのことだけに対してヒートアップして視野が凝り固まっている時がある。そういうときにいつも開く本。教科書の編集も手掛ける山川出版の『県史47沖縄県の歴史』。沖縄諸島の古代を含め、琉球時代から現在までの沖縄の歴史を幅広く解説していて、大人向けの教科書みたいな本だ [続きを読む]
  • 泰期(たいき / たいち)
  • 琉球の歴史を調べていると、一つの物事について深追いしてしまうことがある。歴史本を何冊も読み比べたり、記念碑の文言を読み込んだりしているうちに、一つのことだけに対してヒートアップして視野が凝り固まっている時がある。そういうときにいつも開く本。教科書の編集も手掛ける山川出版の『県史47沖縄県の歴史』。沖縄諸島の古代を含め、琉球時代から現在までの沖縄の歴史を幅広く解説していて、大人向けの教科書みたいな本だ [続きを読む]
  • 黄金宮(黄金庭・クガニナー)察度の居住跡
  • 琉球の歴史を調べていると、一つの物事について深追いしてしまうことがある。歴史本を何冊も読み比べたり、記念碑の文言を読み込んだりしているうちに、一つのことだけに対してヒートアップして視野が凝り固まっている時がある。そういうときにいつも開く本。教科書の編集も手掛ける山川出版の『県史47沖縄県の歴史』。沖縄諸島の古代を含め、琉球時代から現在までの沖縄の歴史を幅広く解説していて、大人向けの教科書みたいな本だ [続きを読む]
  • 察度(さっと)
  • 琉球の歴史を調べていると、一つの物事について深追いしてしまうことがある。歴史本を何冊も読み比べたり、記念碑の文言を読み込んだりしているうちに、一つのことだけに対してヒートアップして視野が凝り固まっている時がある。そういうときにいつも開く本。教科書の編集も手掛ける山川出版の『県史47沖縄県の歴史』。沖縄諸島の古代を含め、琉球時代から現在までの沖縄の歴史を幅広く解説していて、大人向けの教科書みたいな本だ [続きを読む]
  • 奥間大親(おくまうふや)
  • 琉球の歴史を調べていると、一つの物事について深追いしてしまうことがある。歴史本を何冊も読み比べたり、記念碑の文言を読み込んだりしているうちに、一つのことだけに対してヒートアップして視野が凝り固まっている時がある。そういうときにいつも開く本。教科書の編集も手掛ける山川出版の『県史47沖縄県の歴史』。沖縄諸島の古代を含め、琉球時代から現在までの沖縄の歴史を幅広く解説していて、大人向けの教科書みたいな本だ [続きを読む]
  • 浦添城(うらそえぐすく)
  • 琉球の歴史を調べていると、一つの物事について深追いしてしまうことがある。歴史本を何冊も読み比べたり、記念碑の文言を読み込んだりしているうちに、一つのことだけに対してヒートアップして視野が凝り固まっている時がある。そういうときにいつも開く本。教科書の編集も手掛ける山川出版の『県史47沖縄県の歴史』。沖縄諸島の古代を含め、琉球時代から現在までの沖縄の歴史を幅広く解説していて、大人向けの教科書みたいな本だ [続きを読む]
  • 舜天一族の拝所
  • 琉球の歴史を調べていると、一つの物事について深追いしてしまうことがある。歴史本を何冊も読み比べたり、記念碑の文言を読み込んだりしているうちに、一つのことだけに対してヒートアップして視野が凝り固まっている時がある。そういうときにいつも開く本。教科書の編集も手掛ける山川出版の『県史47沖縄県の歴史』。沖縄諸島の古代を含め、琉球時代から現在までの沖縄の歴史を幅広く解説していて、大人向けの教科書みたいな本だ [続きを読む]
  • 過去の記事 …